怒ったらアカンのじゃないんです。怒りのエネルギーの使い方に問題があるんです。親子.夫婦関係

「怒ったらアカンのじゃないんです。怒りのエネルギーの使い方に問題があるんです。親子.夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

今日はね、アメブロで繋がっている

「ろぷのーるさんのブログ」をご紹介したいのです。

 

まず読まれてみてください^^

 

こちらね^^

「その治療の意味は...治る人と治らない人の違いはここだよね...」

 

 

 

ろぷのーるさん、ありがとうございますm(_ _)m

 

この記事、、、深いやろぉ~~~

 

いずれ ろぷのーるさんもセラピストされると思います^^

ってか、もうご自身と向き合いながら並行して

色んな方のお話を聴かれているので、、、

 

もうなってるようなもんなんですけどね...

 

さてここからは、このろぷのーるさんのブログを読んでみて

改めて浮き上がってきたものをツラツラと書いていきますね...

 

クライアントさんのなかには

怒りの深さが半端ない人が居ます。

 

もう、同仕様もなく根深い。

 

今生だけの怒りじゃないんですよ。。。

(これ、ふじたもなんですけどね...(^_^;))

 

 

そういう人は、もうね、エンドレスなので、

「怒りの感情を出し切れることはまずない」です。

 

言い切ります。

 

無いです。空っぽになんかなりゃしない。

 

だから苦しい。

 

自分の寿命を縮めてしまっていると分かっていても、、、

 

怒らずに居られない。

 

 

勿論怒りの感情は我が身を守る意味でも大事です。

 

それにしたって、、、って話です。

 

 

カウンセリングに来ても、

 

「おら!てめぇ~!治せるんだろうな!」

 

って直接は言わんですけど、、、

 

それに近い感情は伝わってきます。。。(^_^;)

 

 

 

それでもね、人は怒っていたいのです。
まずは、その怒りを出せるだけ出してから

次のステージへ繋がるんです。

怒りを抑えて、なんぼ

 

ポジティブ♬ポジティブ~~♬


なんて言うてたかって、

 

そんなものはただの誤魔化しでしか無いんですよ。

思考でそう思い込もうとする。

っま、そんで一時的には良くなったように見せといて、

無意識はそんな巨像の姿、受け入れてなんかくれませんからね

 

いつか、また隙を見て

その人に怒りのエネルギーを投入してきますよ?

で?また怒るんでしょ?

 



「なんだ!何にも変わっちゃいないじゃないか!!」

 



それも、、、、

ほんとに厳しいようですが。。。


自己責任です。

それを選んだのも貴方でしょ?


って話なんですよ。

 

 

怒りは傷ついた自分を守るためにあります。

 

だから

 

怒っても怒っても吹き出すエネルギーを止められない人は

そうとう傷が深いってことでもあります。

 

だから

 

神さんも仏さんも先祖も胡散臭い...

 

 

そんなもんが本当におるんやったら

今の自分を助けてくれてるはずや!!!

 

ですさかいね…

 

 

常に常に自分の周りが原因ですからね...

 

 

それだけ、

 

「お前が悪い」

 

と言われ続けて来たってことでもあります。

 

 

それだけ自分を守るために正当な理由さえ

聞いてもらえなかったってことでもあります。

 

「その人の内にしかない真実」ってものがあります。

 

例えそれが周りにとっては非常識であったとしても...

 

いえいえ そもそも

 

常識って誰が決めたのか知らんし…

 

 

いえいえ、そもそも、

 

各家庭にしか無い

「その家庭でしか通じない常識」ってあるでしょう?

 

 

他所では通用しないってやつです。

 

 

それと同じよ。

 

 

この説明で理解できただろうか?

 

 

自分の内にしか無い真実を

誰にも聞いてもらえずに

 

「お前が悪い」

 

はないよね...

 

 

なぜ、その人にもその人の理由を言う権利さえ

奪われなければならんのか?

 

 

だから、それが蓄積され、積り積もれば

怒りの感情を抑えていた時間が長いほど

怒りのエネルギーはパワーを蓄えますよね?

 

 

その怒りのエネルギー

相当だということも理解できますでしょうか?

 

 

今回のは否定され続け

悪者役を引き受けさせられた人の場合でしたが、

人の怒りをぶつけられ続けた人の場合ともリンクする。

 

いわゆる自分の怒りの感情を

正当なところへぶつけることが出来ない弱い人が

ぶつけやすい人のところへ向けてなすりつける。

 

この、なすりつけられ続けた人も怒りを抱えています。

 

これ 非常に多い。

 

ってか、ほとんどそうやろ?

 

 

 

怒りのエネルギーは使い方次第で有効に働く場合と

ランニングコストばかりかかる場合とあります。

 

 

つまり燃費の良し悪しです。

 

 

車で言えばアクセルとブレーキを上手に使いこなせば

燃費よく走れますけど、

 

無駄にアクセルばかり踏んで勢い出しすぎて

直ぐにブレーキ踏まないといけないような運転だと

効率悪いでしょう?

 

 

 

「治せるものなら治してみやがれ!!」

 

 

っていうのはこの状態よね...

 

 

怒り向けるところが違うでしょう?

 

 

(^_^;)

 

 

 

本気で治りたいって人は

病気でもそうだけど

治った自分をイメージして

確実にそこへ行きますもん。

 

 

メンタルだって、そこに沢山のサポートの手があるのに、

「どうせテメーらまた裏切るんだろう?」

 

...ってどの手も蹴散らかしてスネちゃうんですから...

 

 

カウンセリングは、だから、本気の方でないと

無駄に終わる事になります。

 

無駄に終わった場合、

多くはセラピスト側に怒りが向きます。

 

勿論、セラピストが自分の問題をスルーして

クライアントさんを受け入れていた場合は

上手く行くはずがないよね...って個人的には思います。

 

 

でも、クライアントさんが本気じゃない場合は

 

厳しいようですが、クライアントさんに

出直してきていただかねばなりません。

 

勿論、お金欲しさにそういうクライアントさんでも受け入れて

のらりくらりと話を聞くくらいならナンボでもします(苦笑

 

でも、恐らく、時間の無駄です。

 

愚痴聞き専門のところをご紹介します^^

 

って、そういうたぐいの方とは

ふじたは繋がっていないので、、、

 

実際のところ知りませんが...(^_^;)

 

 

ですから本気の方、お待ちしております^^

 

6月はもうご予約一杯です。

 

7月ならまだ若干空いております。

 

お早めにお問い合わせくださいまし^^

 

 

今日は

 

「怒ったらアカンのじゃないんです。怒りのエネルギーの使い方に問題があるんです。親子.夫婦関係」

 

ってお話でした。

 

 

 

誰も味方が居なかった。

 

誰も助けてはくれなかった。

 

助けを求めたけれど冷たくあしらわれた。

 

今更、何を信じろと言うんです?

 

 

 

って声が聞こえてきそうですが…

 

 

その、最後の言葉

 

今更、何を信じろっていうんです?

 

 

 

その答えもあなたのなかに^^

 

 

ふじたカウンセリングフェイスブック

こちらにはプライベートも公開中

遊びにいらしてくださいね^^