自分が頑張ってるからと言って、それを他人に強要する。その裏に何が隠されている?親子・夫婦関係

先日、Facebookでこんな投稿したんです。
↓途中抜粋ね。
人って、例えば職種のカテゴリーが同じでも
その人が元々持っている材料、資源って
同じじゃないんだよね。。。
だから、そこをね、使いこなせたら
きっと素晴らしい自分にしか出来ない
オリジナルが誕生する。
けど、その材料と資源は
その人にしか無いものだし、
それは素晴らしいものなのに、
それをうっちゃって、
誰かと同じようになろうとしたり
誰かと同じようにやろうとしたりしても
きっとそれは、その人にとって
ただ苦しいだけになってしまったり
ただ辛いだけになってしまったりして
無理が生じてしまう。
だったら、
誰かになろうとしなくていいんだよね、、、
その人にしか使いこなせない
道具ってあるし、
その人でなければ
できないこともあるしね、、、
例えば
カレー屋さん
中華屋さん
フランス料理のレストラン
カテゴリーが同じ
カレー同士
中華同士
フランス料理同士 でも
それぞれのお店によって味違うじゃん?
お客さんは
そのお客さんの味覚に合うお店に
行くわけでしょう?
あなたの味を食べたくてね(笑)
それなのに、
「あのお店の味を自分も出したい!!」
って思っても、、、折角持ってる自分の味、、、
亡きものにするんですか?って話。
お客さん離れていくよね、、、
自分の持ち分、本業
大事にしたいですね^^
例え真似に始まっても、、、
真似で終わらない、、、
これも大事かなって思いました^^
本業、自分の持ち味。
活かせてナンボよ!!
そんなこんなを思った今日一日でした^^
☆ミ  ☆ミ  ☆ミ  ☆ミ ☆ミ
さてここから先は、、、
もう少しエグい内容でこの先は行きますね。
「誰かになろうとしなくてもいい。」
この言葉の裏には
実はこんな言葉を私は隠しています。
「あなたと相手は同じやない。」
です。
つまりそれは、こうとも言う。
 
「あなたの常識と、相手の常識も
同じやない。」
勘違いをしてはいけない。
お料理の好みも
着る服の好みも
趣味の好みも
興味を持つ好みも
 
全て
あなたと同じやないんですよ。
 
だから、あなたの考えと
相手の考えも違って当たり前だし
あなたが出来ることと
相手ができることも違って当たり前だし
 
そこに温度差もあって当たり前なんですよ。
こうあるべき?
あ〜あるべき?
こっちはこんなに、がんばってるんだ?
だから、もっと尊敬し、我をあがめろだ?
それ
承認欲求いうんです。
それを得られなくて怒るとしたら
それじたい
ホンマにやりたくてやっとるんと
ちゃうん違います?
だったら、やらなきゃいいのです。
誰も頼んでませんよ?
それ、、、自己満言うんです。
違いますかね?
 
 
 
しつこく言います。
相手とあなたは同じやない。
男の癖に子供産めるか?
女の癖に子種作れるか?
無理でしょ!
それと同じくらい
誰かを
コントロールしたり
支配したりは
できへんのです。
伝わってます?
頭の賢さってね
学歴とかやないのですよ。
 
(ここに劣等感がある人は
人の上に立つことで、
その劣等感を埋めようとします。
でも、これ、本当は学歴関係なくです。
その人が持つ劣等感ですから。)
そりゃな、学歴、
あるにこしたことないかもしれん。
けどもや
いくら頭よくてもなぁ~(^^;
頭がえー人ってな
 
人育ては糞下手やで。
 
抑圧かけることでしか人動かされへんって人
結構、多いからなぁ…
(皆が皆じゃないですよ?)
何でかわかります?
理解するのに苦労した人はな
苦労した分、
理解できない人の気持ちが解るからこそ、
ピンポイントに教えることができるんやで?
そしたら
コミュニケーションも違ってくるわなぁ~
自分にできても
相手が自分と同じように
できるわけではないことを
よーくよーく知ってるからこそ
できない相手を攻めたりは決してしない。
だって、自分かって出来るようになるまでに
散々苦労してきてるのやから…
そして自分のやり方を
相手に押し付けたりもしない!
だから、人育てが上手いんです。
これ、子育ての親子関係
そして、夫婦関係にも
言えることです。
あかんパターンの一つに
監視の目、支配、コントロール、抑圧、
が、あります…
これ、過剰だったり、ほぼ毎日のように
上司や親やパートナーからやられると、
やる気、成長、意欲、さらに笑顔までも
やられ続けた人は、失くしていきます。
下手すれば、メンタルも、、、
崩壊しかねません、、、
いえね、子育て、人育てに
正解不正解は
正直 曖昧です。
なぜなら、子育ての場合で言うと
今、我が子に対してやってることの結果は
直ぐに出るわけではないんですよ。
10年後20年後
下手すれば30年40年後だったりする。
その時に、その子供の年齢はいくつです?
下手すれば、40超えてる。
その年で、幼少期や生い立ちなんて
誰も考えはしないかもしれない。
けどね
100%違うとはいい切れませんよ?苦笑
思春期や第二次反抗期で
出せる人はまだいい。
大人になってから出されると厄介です。
自分が幼少期、我慢してきたからと言って
いえいえ
それ、好きでやってたかもしれない。
でも、大人になって、
自分がやってきたことと同じことが
出来ない相手に対して
怒りをぶつけるとしたら、、、
やっぱりそれは、
好きでやっていなかった自分が居た
…ってことじゃないの?
だから、
「なんで、自分と同じようにやらなくても
許される奴がここにおるねん!!!」
って怒ってるんじゃん?
だとしたら、お気の毒な人。
だとしたら、かわいそうな人。
私、「かわいそう」って言葉
あまり使わないんだけど。
もっと、自分を赦しましょう。
完璧な自分に酔いしれて
(ホンマに完璧かは置いといて…)
そして、酔いたいために、
自己満足の為に、
やってるだけならまだしも、、、
酔って自己満足して
そして相手にも同じことを強要し
本当は
自分で自分の首を締めておきながら
苦しめてるのは自分なのに
そこは気が付けずに、
その苦しみの怒りを相手にぶつけるのは…
お門違いですよね?苦笑…
ああ、しまった、、、書きずぎた…
続きはまた、、、
今日は
「自分が頑張ってるからと言って、
それを他人に強要する。
その裏に何が隠されている?
親子・夫婦関係」
ってお話でした!!
 
 
隠されているもの、、、
 
 
伝わったかしら?(^^ゞ
 
〜今この瞬間・瞬間の繋がりが
未来へと繋がっていく〜
 
※写真は内容とは無関係ですが、、、
小出さんに撮ってもらった写真を
掲載したくなりまして、、、
おっほっほ!!