どれだけ失敗を容認され寛容に受け止め流されてきたか。これ大事!親子夫婦関係

 
昨日は
「Andyとふじたカウンセリングの
人生こんなに楽しくて委員会」
のトーク会でした^^
やっと、、、アンディに会えた!!
そんな感じした^^
奈良駅までお迎えに行きましたが
一瞬ですぐに見つけました^^
沢山参加してくださった方が
写真を撮ってくださいました(^.^)
ありがとうございます!!
親睦会(^-^)
15時から18時までの予定が、、、
気が付けば20時!!
びっくりしました!!
アンディは歌手でもあり、
将棋氏の先生でもあり、
大学留学生の「人間学」の講師でもあり、
落語家でもあり、、、
 
引き出しが沢山です(笑)
人を楽しませることが大好きなアンディ^^
そのアンディから沢山の学びを
私も含めて参加者さんも
お持ち帰りされたと思います^^
ちょっとね、守秘もあるので
内容までは言えませんが、
今回は、こんなことを感じました。
私たちは自分の人生を
どう生きればいいのか、、、
分からないで迷子になるときがあります。
余裕がなくて生きることに精一杯だった
戦後と今は時代が違います。
私たちの世代はあの戦後の時代を知らない。
 
ありがたいことに
恵まれすぎているのかもしれません。
「この国は平和ボケしてる。」
親睦会ではそんな声も聞かれました。
そうです。
だからこそ、余裕ができて、
自分の人生について考えたりできる時間も
生まれたんだと思います。
ならば、その時間をどう生かし使うかです。
私たちは
「経験するために生まれてきたんだよ。」
私の先生はそう言われます。
幸せになるためじゃないんです。
経験するために神様に志願して志願して
やっとその経験をさせていただくために
契約してこの世に命を持っ
て生まれてこられたんです。
でも、その経験は時には怖くて
怖気づいて逃げたくなったり、
自分の人生を放棄して
誰かに任せたくなったりするもんです。
チャレンジすることの恐怖は
失敗への恐怖です。
その失敗は幼少期にどれだけ経験し
どれだけそれを容認され寛容に扱われ
成功までのプロセスを応援されてきたか…
 
によります。
子育ても失敗の連続です。
だって分からないから。
自分が受けてこなかったものを
どう子供に与えていけばよいのか
分からなくて当たり前なんですよ。
だから、親にもサポートが必須なんですね。
そして、一個でも多く
子供に失敗の経験を積ませて
成功までの伴走が一個でも多くできたら
それだけで十分素晴らしい経験が
親子でできている。
と言えるのではないでしょうか?
もう3年前の記事ですが、3年前の今日
Facebookでこんな投稿をしていました。
 

中三のべっぴん娘がアメリカのシアトルから
無事に帰宅しました(≧▽≦)
今回も帰宅途中にトラブル発生…
 
イケメン息子も中三の時に行きましたが
サンフランシスコから成田へ向かう時、
二時間の足止めを食らい
成田から関空へ向かう連絡が間に合わず
半泣きで空港の人に話をして
何とか別の便で帰宅…
 
べっぴん娘はもっと最悪でした。
シアトルから成田へはスムーズに到着。
でも、成田から関空へ向かうピーチが20分遅れ。
そのせいで生駒への帰宅は断たれました。
 
で、どうしたか。
 
ありがたいことに藤田の実家が大阪です。
娘はジジへ℡し、受け入れ許可をもらいます。
ですが又問題が。
 
最終電車にそもそも間に合わない可能性も
出てきました。
知らない空港でたった一人で知らない駅まで
ダッシュしなければいけません。
ピーチは第二ターミナルなので
駅までシャトルバスを使用します。
それは知っていたようで、
とにかく荷物が出てくるのを待て
人の流れに乗ってシャトルバスへ。
 
私と夫(単身赴任先から)は家族のlineで
娘を応援し、空港にも私が電話して
電車の時間やルートを確認し
lineに流します。
 
で、無事に実家の最寄りの駅まで到着。
零時を過ぎておりました。
 
実家の両親には本当に感謝です。
 
改めて人は
サポートがあってのことなんだなって思いました。
 
勿論、やるのは本人です。
傍に私たちは居ないわけですからね。
 
でも、傍にいるよ^^
って言うメッセージは大事かなって
思うんですね。
 
イケメン息子はこのlineを変にメッセ入れずに
ただただ見守っていました。
 
これも経験ね^^
 
今回の教訓。
 
帰りの飛行機は 終電に十分間に合う時間を
選ぶべし。
 
前回の教訓
 
乗り継ぎは 二時間以上空けるべし。
 
前回の教訓は生かしてたんですけどね^^
 
ではでは、皆さま 台風に気を付けて…
 
 
ピンチの時って、ハラハラしますね。
偶然の重なりは奇跡だと私は思います。
その奇跡を経験出来て感謝です^^
若いうちにする失敗は、
大人になってからする失敗に比べたら
たかが知れています。
一個でもたくさん失敗の経験をしておくと
大人になった時その経験の数が
自信にきっと繋がります!!
そのためには、その失敗の経験を
容認され寛容に受け流してくれる
サポーターの存在は必須です。
そしてそのサポーターにも
サポーターは必須んでんすね^^
 
今日は昨日のアンディとのトーク会から
 
「どれだけ失敗を容認され
寛容に受け止め流されてきたか。
これ大事!親子夫婦関係」
 
ってお話しでした!!
 
アンディ!
そして参加してくださった皆様!
 
ありがとうございました!!