虐待、毒親、そこに本来の姿はない。負の連鎖を断ち切れるのはあなただけ。親子関係

「虐待、毒親、そこに本来の姿はない。負の連鎖を断ち切れるのはあなただけ。親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

先日、京都のお仲間が久々に

奈良に来てくれて

一日デートしてきました^^

 

 

二人して大吉だったので

機嫌よろしくカフェでケーキを食すwww

 

 

その時の様子をサラッとですが

書いてくれています。

大場潔さんです^^

 

「びびるチャレンジもやってくる」

 

 

 

日常では「おにぃ」と私は呼んでいます。

これには色々いきさつがあるのですが

割愛します(笑)

 

 

この数日後、私はラジオの日でね

大場さんとデートした時に

会話した内容の一つが

DJ KOCOさんとのラジオでも出てきたので

大場さんの話とともに

少し語らせていただきました。

 

 

KACOさんとのラジオは

打ち合わせ一切ないので

その瞬間出てきた内容で行きます。

 

だからこそ、緊張もしますが

ホンマのトークになりますね、、、

 

大場さんのブログに「毒親」についても

書いておられます。

今日のブログはそことも繋がる

内容になるのですが、、、

 

ラジオでも話したし

大場さんとのデートの日も

チラリと出てきた内容ですし

 

さらに、、、昨日

イケメン息子とべっぴん娘との

過去の私についても会話の中で

大爆笑しつつ出てきた話です。

 

 

毒親ね。

 

居ますよ。

 

恐らく結構ね、、、

 

すいませんね、、、

今、大半の親を敵に回したかもね、、、

 

でもね、この毒親をやってる親に対して

私は深い悲しみと怒りを感じるのです。

 

私も子供たちが幼少のころ

大概の「毒親」でした。

 

だから語るのです。

 

子供たちにリビングの椅子を

放り投げたこともありました。

 

椅子は壊れました。Σ(・□・;)

 

怒りが始まると、なかなか自力では

治まりませんでした。

 

どう止めたらいいのかわからなくて

狂いそうでした。

 

これは、はっきり申し上げますが

 

「負の連鎖」です。

 

今でも、何かの拍子に

その時の自分を思い出し

「子供たちよく無事だったわ…」 と

思うことあります(^^ゞ

 

昨夜子供たちと話しながら大爆笑した内容は

過去の私を彼らが思いだした時

「二人してお笑いして語れた。」

という過去形になっていることです。

 

イケメン息子

「あの時、俺、理不尽さを覚えたわ~~~

俺らは楽しんでお風呂の天井に向けて

シャワーで遊んでただけやのに

 

「天井からポタポタ落ちてきて

冷たいやないか!!」

 

って叱られて、、、

しかもな二人して正座させられて

 

何故叱られているのか言わされ

何を分かったか言わされ

反省は何か言わされ

 

いっつも俺に先に聞かれて、

すぐに言葉出てこんし

そしたら妹に聞いて妹はすんなり答えるし

それと同じ答えでは

絶対オカン納得せんて分かっとるから

また考えて黙っとると叱られて、、、www」

 

べっぴん娘

「私は、今本当は思ってないけど、

こう言うた方が無難やろうな、、、

と思って言うただけで(笑)

なんでか知らんけどお兄ちゃんは

要領悪いねんwww」

 

イケメン

「で、俺はいっつも妄想で

 

家出したらどうなるやろ

家出してどこへ行こう

 

そればっか考えとったわ(笑)

 

でも、現実では500円しか持ってなくて

 

これでどうやって家出しようか?

 

ってことになると諦めるしかなくて(笑)」

 

 

 

家出したいくらいこの家に居たくなかった。

安心できる場所がなかった。

 

ということです。

 

それでもね、、、

 

ラジオでも話したのですが

 

「子供はどんな親であっても

お父さんとお母さんが大好きで

悪く言う人が居たらその人を嫌います。」

 

けなげでしょ、、、

 

親は、本当は

毒親なんか好きでしていません。

 

私自身セッションを受けたときに

そこを自分自身で分かった時

素直に受け取れずに

随分抵抗しましたwww

 

それでも無意識は知っているので、、、

 

言葉とは別に

感情は大きなショックと衝撃を受け

同時に混乱し、受け取ることが精一杯。

 

たった一回のセッションでは

子供たちへの対応は変われませんでしたが

大きな一歩でした。

 

そこから繰り返しセッションを受け続け

今に至ります。

 

一気に今現在へ戻しましたが

それ相当の

対価と

時間と

学びと

気づきを

得させていただきました。

 

人が変化変容を起こすとき

大きな壁を壊すようなものであり

時間がかかります。

 

あまりのしんどさに

もう諦めようかと思うことも出て参ります。

 

いくら頑張っても壊れない壁に

疲れ果てるからね。

 

で、そこで悪魔のささやきです。

 

「もう諦め!いくらやったって無駄無駄!

今まで通り言うこと聞いといたらええねん。

説教も聞き流して我慢しといたらええねん。

この親から逃れることはできへんねん。」

 

もう一人の自分が言いに来ます。

 

周りが

変化しようとしているあなたを

以前のあなたに戻るように仕掛けてきます。

 

あなたが本来のあなたに戻り

負の連鎖を断ち切り

我が子との関係性について

新たな結びをしようとする行為を

邪魔しに来ます。

 

だって、今までのあなたで居てくれないと

困る人も出てくるからね…

 

あなたが引き受けてきた役を

降りられたら困る人が出てくるからね。

 

それで機能不全家族は

成り立ってるからね。

 

でも、どうか、、、

どうか、諦めないで

セッションを受け続けて欲しい。

 

そして、変化変容し

堂々とご自身の人生を生きる姿を

見せてあげてください。

 

それは、毒親をさせられてきた親も

本当はそうでありたかった姿かもしれません。

 

遠慮は、無用です。

 

でもね、

疲れたときは休んでください。

 

その壁を壊すための

道具や武器を装備するために

一旦撤収することも大事です。

 

つまりこれはこういう意味です☟

 

もしここでご自身の親との関係性において

良好になれなかったとしても

 

問題ないです。

 

今生では

一気に解決できないこともあるんです。

 

無理にどうにかしようとしては

返ってこんがらがることも

あるかもしれないのです。

 

ですから、そこは無理に紐解こうとせずに

置いておいてくださいね。

 

向こうはどうにかしようと

躍起に勝手になるかもしれません。

 

でもそれは

都合の良い関係に戻す作業です。

 

そして何より、その親の中には

本質が隠れているという事実も

知っおいてあげてくださいね。

 

その親は恐らく本来の自分に戻りたくても

戻れない辛さを抱えておられます。

 

でもそれも、親が選んだ人生です。

 

厳しいようですが

あなたがどうこうできる問題ではないのです。

 

あなたがどうこうできるのは

あなたの問題についてだけです。

 

そこを紐解き結びなおせれば

周りとの関係性も多分変化変容が起きる

可能性が高くなってまいります。

 

まずは、誰かをどうこうしようとするのではなく

 

ご自身のために^^

 

 

今日は

 

「虐待、毒親、そこに本来の姿はない。負の連鎖を断ち切れるのはあなただけ。親子関係」

 

ってお話でした。

 

毒親も虐待する親も

私は深い悲しみと怒りを感じます。

 

昔ほどではないけれど、、、

 

静かな怒りと悲しみと言いましょうか、、、

 

でもね、、、

 

複雑なんだな、、、

 

片方だけが存在することは

あり得ないからさ、、、

 

blogでは書けないけどね、、、(;^_^A

 

今回も長くなりました。

 

ありがとうございます(#^^#)

 

 

ふじたカウンセリングFacebook