· 

言葉は魔法の杖。使い方次第で相手に届く届き方が変化する。親子・夫婦関係

「言葉は魔法の杖。使い方次第で相手に届く届き方が変化する。親子・夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事

 

今日は目に見えないけど

確かに存在するものについて

届けたいなと思います^^

 

最近読者登録最近してくださった方から

こんなブログをみつけました。

 

「夫が家事育児をしない理由は「仕事が忙しい」は本当ですか?」

 

 

この方、正直だなって思います^^

 

私も子供たちが小さいころは

必死に家事と育児をこなしていたので…

 

読み聞かせする時間にはバタンキューで

一緒に寝てました、、、

 

夫は毎晩早くても日付変更線が

変わるころに帰宅。

遅いときは夜中の二時三時ってことも

ありました。

 

当然、最終電車に間に合わずに

タクシーで帰宅することもあったし、、、

 

色んな上司が居るので転勤で変わるたびに

夫自身も大変なわけです。

 

今思えば鬼嫁だったね~~~私www

 

でも

好きで鬼嫁やってたわけでは

ありませんから(笑)

 

本当は真逆の自分で居たいのですが

余裕がないし

キャバはとっくに超えてましたので、、、

母子家庭状態でしたしね。

 

同じマンションの旦那様方は

公務員の方が多くて18時には帰宅して

お風呂入れてもらってましたし、、、

 

うちはイケメン息子2歳3か月で

べっぴん娘が生まれているので

一人でお風呂を入れるのが本当に大変で

毎日が戦争でした💦

 

だから余裕がないからね、

 

言葉は鋭いナイフのように

トゲトゲしてました。

 

でもね、これ、自分を庇うわけではないけれど

言葉を知らなさ過ぎたと思います。

 

っていうか、、、言葉だけではなく

自分の本当の気持ちを知る術や

自分が助けを求めたいときの求め方を、、、

 

知らなさ過ぎたんだということです。

 

誰にも頼ってはいけない。

一人ですべてを責任もって

こなさなければいけない。

だって、迷惑かけてはいけないのだから、、、

 

そう自分に言い聞かせてきたんですね、、、

 

言うまでもありませんが

これは私の「思い癖」です。

その癖、この私の状況を見て

察して助けてくれないと、、、

相手に対して怒りがわきます。(苦笑)

 

人は自分に助けを求めたいとき

求め方を知らない人は

相手にそのことを分かってもらえない怒りや

理解してくれない怒りや

察してくれない怒りを抱え持って

相手には到底理解できないような

態度や言葉や接し方で訴えを起こします。

 

何故私の大変さを分からんのじゃ!!!

察せないあんたは薄情じゃ~~~~!!!

普段私はこんなに大変やのに!

日常私がやってることを見ていたら

想像つくやろ!!

それくらい自分でやってぇや!

なんで分からんの?見とったら分かるやろ!

朝から私が起きてきて今まで一時も休まず

動き回ってんのに何で知らん顔して

テレビつけてゲームしてられるん?

 

などなど

 

ふとした切っ掛けを狙って

不満を心の中で呟く、、、

もしくは吐き出す。

 

「言葉は魔法の杖」です。

 

良いエネルギーを使いこなせていれば

良き波動を出して相手に届けてくれます。

 

ですが、使い方を一つ間違えば

 

邪悪なエネルギーを使って

悪の波動を出し

相手に届けることも可能なわけです。

 

勿論上記の場合は

お互いが良い氣で関係性が循環しますが

 

下記の場合はお互いを汚し

氣が枯れてしまいます。

(氣枯れる。穢れる。)

 

最近、言葉ってすんごいエネルギーを

宿してるんだなってことを

改めて気づかせていただいた出来事が

ありました。

 

最近私に講話をする機会を

与えてくださる先生なのですが…

 

その先生から、教わっていることは

 

その言葉を発した時の

自分の心がどうなのか?

 

ってことなんだと思うんです。

具体的に教えてはくれません(笑)

なんかね、職人さんみたいな感じかな、、、

いえいえ、

長嶋監督みたいな感じかしら^^

うまく言えませんが

体感覚で伝えてくれてる感じ。

言語化できないんだよね、、、

こういうのって、、、

 

ただ、言えることは

やっぱり私は上記のような氣で

参加してくださった方々と

循環させたいと思うんです。

 

だから、私の言葉から出ているエネルギーを

もう少しステージを上げたいな。

 

って思うようになった。

 

同じ言葉を言ったとしても

どこからその言葉を出してるか。

 

ただ単に喉から?腹から?

 

それだけではない

もっと別のところから出して

話せるようになりたい。

 

それはクライアントさんと対面で

お話を聴かせていただくときもそうです。

 

このことを意識して学びを深め

これができるようになれば

私から講話を聴いてくださった皆さんや

クライアントさんに

目には見えないものだけれど

良い氣を感じてもらえ

なにかしらを持ち帰っていただき

カウンセリングの大きな一助に

なれたらいいな、、

 

…と考えています。

 

その根底にあるものは

 

「愛」です。

 

先日この先生から

歌を聴かせていただいたときに感じたものは

それだったのではないかと思うんです。

 

自然から得られる癒しのエネルギー

歌から得られるエネルギー

そして

人から与えられる語りの声質から

得られるエネルギー

 

どれも大きなその人へのギフトとなり

その人の中にある一つ一つの細胞に

届くんじゃないかと…

 

だから

特に敏感な人には分かりやすいほど

感じる他人の感情。

 

夫婦で親子でお友達との間で

交わす会話の中に

言うてることと感情の不一致があると

違和感を感じて混乱する。

 

まず、自分が相手に伝えたい事は何なのか。

そしてそれを伝えるのに

どう話せばいいのか

どんな言葉で

どんな思いで伝えたいのか。

 

マイナスの言葉ではなくプラスの言葉で。

プラスの言葉でも口先ではなく。

 

お食事でも怒りながら作った料理より

おいしくな~れ!

って思いながら作った料理の方が

美味しいように^^

 

そんな言葉から出る波動や氣を

良い意味で

発信できる人になりたいなと^^

 

講話も

セミナーも

一対一の対面カウンセリングも

今年は氣を意識して

参りたいと思っております^^

 

最初の話から少し脱線したように

思われるかもしれませんが、、、

 

ようは

夫婦であろうが

親子であろうが

人間関係であろうが、、、

 

自分から発せられている

エネルギー(氣)って、、、

 

相手の反応をみれば分かるもの。

 

って話。

 

よく言われますけど、、、

 

相手を見て何かに反応しているときは

自分の過去とのリンクだったりね、、、

そのモヤモヤ感は

自分の清算しきれていない

問題だったりする。

 

それを教えてくれているのが

今まさに目の前で起きている

問題だったりする。

 

だから「人は鏡」って言うんだよね…

大抵は「見たくもない鏡」だよねwww

 

でも、そこに反応しなくなった時

自分の問題を乗り越えた。

 

ってことじゃないだろうか。

 

だけど、ハードル高過ぎるときもあるよね、、、

 

そんな時は、もう少し自分自身を

成長させてから挑めばいい。

(今生ではないのかもしれないよ?

こじれるから無理しないこと^^)

 

ステージ上げた後なら

ハードルそのままでも

高いと感じないくらいになるし

きっとまた超えられる^^

 

(それが来世でもいいんです^^

今生で精一杯やりつくした後なら^^

今生ではここまでってことよ^^)

 

だから、学びは一生なのですね^^

 

今日は

 

「言葉は魔法の杖。使い方次第で相手に届く届き方が変化する。親子・夫婦関係」

 

ってお話でした^^

 

目には見えなくても

感じる五感は誰もが持っていますでしょう。

そして第六感も。

 

感じると苦しくなるから見ないようにして

生き抜いてこられた方もおられるでしょう。

私なんかはその質です。

 

だって、面倒くさかったんだもの~~~www

 

おっほっほ!!

 

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook