· 

謝罪って何?親子。夫婦。人間関係

「謝罪って何?親子。夫婦。人間関係」

 

☝本日のアメブロ記事

 

人が謝る姿をそんなにみたいのか…

 

今日はそんなお話です。

 

出来ればサクッと行きたい。

(まず無理なのだが、、、(-_-))

 

私は小さい頃、親に叱られると

物凄く惨めな気持ちになったのを

思い出すんです。

 

それを見るとき(感じるとき)

謝罪会見をテレビで観てるとき…

だったりします。

 

人が謝る姿=無様な姿、かっこ悪い姿

 

っていう刷り込みがある。

 

大抵どんなときも兄弟姉妹ならば

喧嘩したとき、妹、弟が悪いっ

てなるんだよ。

 

私には4っ離れた姉が居る。

 

考えてみて?

 

私が生まれた時、姉は4歳

私が4歳の時、姉は8歳

語彙力の差は運例の差があるやろ?

 

普通に考えてもや。

 

だから親は日本語が私よりうまく話せる

姉の話に耳を傾ける。

 

当然よね。

 

そして妹の私は、その事件(いたずら)を

起こす前にどんな感情の動きがあったか

など、、、語れる時間など

与えられることもなく

謝ることになる。

 

表面上は私が悪いからね。

 

でもそこにどんな理由があったか、、、

なんて、本人に以外の人に

理解などできない。

 

 

 

小学校中学年の頃

土曜日だったと思う。

 

あの頃は土曜日も午前授業あったからね。

 

お昼ご飯に母親が

サンマの開きを焼いてたのね。

 

サンマを入れるお皿を

ガスレンジの上に置いててね。

 

焼き終わって

私に食卓に持って行くように言われて

お皿を持ったはいいけど

ガスレンジ側に近かったお皿を持たされて

手に持った時にはお皿は

チンチンに熱かった。

 

それでも

 

熱い!!

 

って思いながらも我慢して

食卓に持って行く途中、、、

とうとう我慢しきれずお皿を落として

無残にもサンマは床へ

お皿は割れたわな、、、

 

叱られるわな。

 

でも、火傷した手は見る見る腫れて

水膨れになった。

 

それでも私は言えなかったよ。

 

「お皿、ガス側になっってて

熱くなってる方を持たされたから

火傷した。」

 

なんて言えませんでしたね、、、

 

 

それでも謝らなければいけなかったね。

 

 

 

謝るってなに?

 

 

 

って思うの。

 

私は、大人になって結婚して

子どもが出来て我が子たちに

こんな生い立ちだからこそ

謝れなかったよ。

 

自分に非があると分かっていても

謝れず子どもたちに謝らせてきたわな。

 

全く理不尽なことよ。

 

「年上を立てなさい。」

「年下が腰を低くして頭を下げていれば

かわいがってもらえるんだ。」

 

そんな言葉もどこかの大人の口から

聞かされたように記憶している。

 

 

謝るって何?

 

 

カウンセリングを受けて

カウンセラーになって

自分の内側が整っていく中で私は

 

「若い人のサポートがしたい」

 

と心から願うようになった。

そのためにブログ発信していく中で

うちに来られるクライアントさんが

増えるようになって、、、

 

でもね、私のブログはこれでも

遠慮して書いてるの。

 

誰に?

 

親や姉によ。

 

私のブログの例え話の多くは

自身の体験だったり

身の回りにいる人の話だったり

クライアントさんの許可をいただいた上で

の話だったりするんだけど、、、

 

でもそれは多くの人たちにも

言える話だったりもするのね。

 

一度、年齢も関係性も全く同じ人のことを

書いたとき

 

何年何月何日の記事を削除しろ。

 

っていう意味のことを言われ

しかも私の写真も顔出ししてるので

世間に知られるということで

色々言われたことがあった。

 

それ以来、私の中でプツンと

何か糸が切れる音がして

 

怒りに満ちました。

 

救いだったのは

家族の私への信頼と応援です。

 

先日も自分の親と年が変わらぬ方々から

 

私を全面的に信頼し

任してくれて

何があっても貴方を守るから行きなさい!

 

って言ってもらったとき

猛烈に感動したのですが、、、

 

このときも

イケメン息子

べっぴん娘

何より夫が全面的にバックアップして

支えてくれた。

 

だから、ブログも不定期でも

書き続けることが出来たんですね^^

 

 

 

それでも根底では

繋がりは切れていないので

監視されてるように感じて

遠慮したブログ書いてたんですね。

 

私の書くブログに反応する。

 

それって自分のことを言われていると

勝手に思うんだよね。

 

これ、投影なんだけど、、、

彼らに説明する余地はない。

 

勿論、そこには

あの時代の世代の背景もある。

 

その背景があっても、

先日の親世代の方々のような人も居る。

 

先日、大神神社さんに

登拝させてもろたでしょう?

 

あのあたりで

もう書く内容を遠慮するのはやめよう

と思ったんよ。

 

私の仕事よこれ。

 

私が好きでやってる仕事。

 

それを

監視して邪魔しようとするのではなく

本当のサポートっていうのはさ

 

子どもがどんな仕事を選んだとしても

応援し見守ってくれること

 

だと思うのね。

 

それを得られないって

本当にがっかりした。

 

他人(ひと)の人生っていう領域に

土足で入ることは

親であっても許されない。

 

私はそう思っている。

 

だから、私自身も我が子たちの人生に

介入はしない。

 

むしろ、やりたいこと見つけて

進んで欲しいと願っている。

 

子どもは

自分の人生を生きてくれることが

最高の親孝行だと。

 

私はそう思う。

 

でも、そう思えない親が居ても

不思議じゃないよね。

 

何でも対局があるんだからwww

 

で、話を戻すね。

 

若い人のサポートしてきて思うこと。

 

若い人はいつも対等でいたいと願う。

 

それは社会に出ても思うよね。

上司部下の関係でもね。

 

ここでや、

 

上司の失態も部下が尻拭いか?

 

これ、

 

これこそまさに無様で滑稽やわ。

 

恥やで。

 

 

これも傷から来てるでしょう?

 

 

謝るって行為はね

 

 

潔くてかっこいいんだよ!!!

 

 

これを謝った伝え方してるから

謝罪会見何度も何度も

関係のない人を引っ張り出して

謝らせる姿を見せつけ

さらし者にするんでしょう?

 

(これは上司部下の関係ではないけど…)

 

おもろいか?

 

そんなに観たいか?

 

人の過ち泣いて謝ってるところ。

 

 

 

アホちゃうかwww

 

わろたるわ。

 

(勿論皆が皆

そう思っちゃいないと信じても居る)

 

 

もしここで

 

 

謝るって言う行為が

 

潔くてかっこいい

 

って伝えられていたなら

 

 

あそこまでシツコク謝罪する姿

報道せんよなぁ~~~

 

って個人的に思う。

 

 

今日は

「謝罪って何?親子。夫婦。人間関係」

ってお話でした^^

 

若い人の意思を無視して

確認作業をせずに勝手な振る舞いをする

大人がいます。

 

対等っていう行為が

できない大人も居ます。

 

尊重とは?

 

権利とは?

 

義務とは?

 

襟を正して見直さないと

いけないのではないか?

 

年が上なのに丸いものを四角いと

周りに言わせる姿は

滑稽でみっともないですよ。

 

それでは

どちらが大人なんでしょう?

 

若い人たちを

大人にしてしまっているのは

誰でしょう?

 

そこに、見えない姿を見たとき、、、

 

恥ずかしい人は誰なんでしょう?

 

そして

 

そこで謝れるか否か。

 

この差は大きいね、、、

 

 

その後の人間関係に

大きな差が出ますからね、、、

 

 

ああ、、

又痛い記事になってしまいました!!

 

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook