· 

大切なものを失う喪失感は経験の内容が違っても誰もが経験しているかも。必要な人へ…

「生きていれば

いろんなことが、そりゃあるわな^^」

 

大切なものを失う喪失感は経験の内容が違っても誰もが経験しているかも。必要な人へ…

本日のアメブロ記事…

 

今日のテーマは喪失感。

 

image

 

(今日は児童書☝と動画☟を貼り付けます。)

 

夜間診療も行っている動物病院へ

夜中に愛犬が大怪我して連れて行ったときに

診てくださったドクターが

私の気持ちをなだめるように

言うてくれた言葉をふと、思い出しました。

 

自分を責めて、だけども誰かのせいにしたくて

気持ちが高ぶっていたのを

察してくださったのかもしれません…

 

子供を亡くした時もそうでした。

自分を無意識に責めて

その怒りの落としどころを探して

誰かを悪者にせずにはいられない。

 

(今日は独り言です。)

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

Facebookでは沢山のお友達が

見知らぬ誰かに向けて…

必要な人に向けて…と

色んな動画を上げてくださっています。

 

その心が温かくもあり

想いが伝わって参ります。

 

私も先日愛犬の予防接種に行った時

待ち時間に見つけた動画。

 

それをFacebookでも以下のコメントと共に

上げさせていただきました。

 

 

心が折れてしまった時に、、、

そうでないときでも、、、 

私の夫は今日から

休日返上で被災地へ向けて

応援に行きました。

ネットが見れない環境かもしれませんが、、、

想いは届くと信じて。。。

 

 

 

 

無理やり前向きになる必要はないんです。

ただ、一瞬でも笑顔がこぼれたら嬉しいです。

 

 

やっぱり、私は

人の笑顔が見たいんだなって思います。

 

 

経験は時には気力も体力も生きる力でさえも

奪うときがあります。

 

そんな時に無理やり前向きになろうとすると

本当の本音はそんな気持ちになれずに

打ちひしがれて震えているのに

そこを見ないようにして頑張りすぎると

感覚がなくなってしまいます。

 

それでも

そこにフォーカスできない時も

あるかもしれません。

 

「そんなこと言うてられへん」

 

ってやつです。

 

そして

「どんな時も

自分は文句言わずに乗り越えてきた」

…って人は

人の弱さも受け入れられず

自分の弱さも勿論、受け入れられません。

 

ナニクソ根性論は通用しない時代に入ってきております。

 

 

いったん、そういったものを降ろして

 

自分の内側を見てあげてね。

 

image

 

重々ご承知でしょうが、、、

ちょっと、うんちく垂れますね。

 

子供たちが小学生のころ

毎夜の読み聞かせで読んだ本です。

 

「♪ふんふんふん ふんふんふん

塩に、コショウに、にんにくひとつ

あとは、ひみつ ひみつ 

だれにもいえない

うさぎ屋のひみつ♪」

 

この歌を歌いながら

おいしい料理を作る「うさぎ屋」

 

お料理が苦手な、あるお嫁さんに代わって

宅配でディナーを届けるというお話し。

 

 

うさぎ屋は長い時間かけて

30種類の調味料を自分で作り

美味しい料理を提供するんですけどね、、、

それらを全て

ある日

突然

盗まれてしまうんです…

 

 

長い時間

長い月日

長い年月かけて

自分でコツコツと作ってきた

30種類の調味料全てを!

 

です、、、

 

 

で、、、どうしたか?

 

 

 

生きていけないほど落ち込みました。

 

これ以上ないほどに、、、

 

(毎夜の読み聞かせをしていたあの頃

読んでいる私も

そのうさぎの気持ちがひしひしと伝わってきて

苦しくなりました。)

 

うさぎ屋のうさぎは

三日も四日もひっくり返って

わんわん泣きました。

 

それはもう、、、

大声でわんわん(ノД`)・゜・。

 

泣きつくしたんです。

 

「もう、うさぎ屋は

おわりだぁ~~~~~!!!」

 

そう叫びながら…

 

 

 

そして5日目になると

ケロリとしてこう言いました。

 

 

 

「そうだ!また作ればいいんだ!」

 

 

 

 

 

 

現実はこうはいかないかもしれない。

 

 

だけどこのお話しで作者が伝えたいことは

そういうことじゃないと私は思うんです。

 

 

このうさぎは

ちゃんと泣きつくした。

 

ということです。

 

自分で自分を

よしよしヾ(・ω・`)したんですね。

 

「泣きたいのなら泣いていいんだよ」

と自分に許可を出したんですね。

 

 

長い年月かけて築き上げたものを

根こそぎ取られたその時の気持ちは

想像より、はるかに超えたものだったと

思います。

 

 

だからこそ1日や2日では回復できません。

 

 

お話しでは5日目に立ち直っていますが

愛する人を失た喪失感

大事な物を根こそぎ持ってかれた喪失感は

そう簡単じゃない。

 

 

ここで、ちんたらうんちくたれなくても

皆様よくご存じだと思います。

 

 

 

 

決断に勝るエネルギーはありません。

 

だけども

 

決意するまでのプロセスが

その前に大事なんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

<やっぱり、私は人の笑顔が見たい>

 

 

 

 

子供を亡くした経験と

何年も一緒に生きてきた人を

亡くしてしまった人の喪失感を

同じにしたら失礼かもしれません。

 

一生懸命築き上げたものを

根こそぎ取られた喪失感と

新築して一年で転勤の辞令がおりて

島根と青森に赴任して

やっと10年たって大阪勤務になり

我が家に住めるようになったと思ったら

あちこち傷のある築一年の当時とは違う家に

戻った時の感情を

一緒にしては失礼かもしれません。

 

夫はこの家に住んだ期間は築20年たちますが

たった3年ほどです。

ただひたすら

家族が住むためにローンを支払い続けてくれています。

家を購入した本人が住めないという宿命のサラリーマンは

よくあることかもしれませんが、、、

正直、無情やなと思います。

早く帰っておいでと、毎年思います。

 

経験って

比較するものじゃない。

 

 

 

繰り返しになるけれど

 

ただ

<やっぱり私は人の笑顔が見たい>

 

それだけ(#^^#)

 

 

今、辛い状況下におられる方々へ

一日でも早く笑顔を取り戻されますように。。。

 

 

 

今日は

 

「大切なものを失う喪失感は経験の内容が違っても誰もが経験しているかも。必要な人へ…」

 

ってお話しでした。

 

 

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

ブログパーツ

 

#予防接種

#喪失感

#やっぱり私

#ストレス過多

#憂鬱

#心療内科

#カウンセリング

#教育

#人間関係の悩み

#人の笑顔