· 

本読んで、うんうん思って、ほんでそれ、ホンマか?自分の考えか?って話

「本読んで、うんうん思って、ほんでそれ、ホンマか?自分の考えか?って話」☝本日のアメブロ記事

 

前回の続きになります。

Facebookでアメブロ投稿のお知らせしたとき

次回の内容について少し書いたのですが

 

今回は「自分の考え」について

書きたいんです。

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

時々「傾聴本は自分のことについて

ある程度知ってからの方がいい。」

 

ってことを今までに何回か

書いてきたと思うんですけどね、、、

 

例えばです。

前回のblogでも書いた

私が尊敬するカウンセラー「中尾さん。」

 

どれだけ私が

中尾さんを尊敬し恋焦がれてもです^^

 

私は中尾さんにはなれないですよね。

 

そこは分かりますやん、誰でも。

 

うん、

そりゃ無理っしょって(笑)

 

でね、そこは見た目でも

はっきりわかるからですよね多分、、、

 

身長も違うしね、顔だって違うし、、、

 

いくら髪型とか真似しても

私は中尾さんにはなれないじゃん^^

 

自分と違うところがある、

自分にはないものが沢山ある

中尾さんを私は尊敬してるのね。

 

同じカウンセラーだけど私は

中尾さんと同じようなカウンセリング

できていないと思います。

 

だけど私は私で

私のカウンセリングをしています。

 

そこに正しいも、間違いもないんですね。

 

もしあるとしたら、それを決めるのは

クライエントさんです。

 

先日ね、ある本を読んでいたんです。

 

すごく内容深いし自分としては

文字を追う目の速さがいつもと違う感じで

読んでてあっという間でしたが、途中で

 

「え?」

 

って止まるところが出てきまして、、、

 

「そこは、ん~~~~どうなん?」

 

って思っちゃったんですよ。

 

つまり、そこにその本の内容と

私の考え方の違いが感じられた瞬間

だったんです。

 

もちろん、その内容でOKって人が居ても

いいんですよ。


「ある一冊の本によって私の人生は

大きく変わりました!」

 

なんて思える本に出合えたら

それはそれで最高。


私が言いたいのは

正しいとか間違ってるとかじゃなくて

自分という人間のこと

実は自分がわかってるようで

一番わかっていなかったりします。

 

その状況で傾聴本とか読んでしまうと

「うんうん。そうかそうか。」

ってなっちゃいやすい。

 

するとまた別の本を読んだとき

前回読んだ本とはまた違う内容が出てきても

流されるように「うんうん、そうかそうか」

ってなってまう。



で、自分はどこに???

 

ってなるんです。


だけど、もし自分のことについて

ある程度カウンセリングなどで

知ることが出来てくると

誰かを見てマウンティングする必要もなくなるし

過剰な反応もしなくなるし

自分を無理して良く見せようとも思わなくなる。

 

つまり反応の質が変わってくる。

 

自分の考えもしっかり表に出てくるし

周りを自分の都合に合わせて

変化させようと思わなくなる。

 

究極、「自分との和解」が出来てくると

(全てにおいてでなくとも)

情報にも振り回されにくくなってくる。

 

昨日ね、こんなタイミングで

言うてええのか分からんけど(^^ゞ

 

ある知事がね、コロナウィルスについて

会見を行ってイソジンがあっという間に

ドラッグストアーから消えましたよね。

 

彼は軽症者を対象にホテルで療養中

うがいしてもらったところ、、、

 

と話しておられたと記憶しています。

 

感染しないとか言うてないんですよね。

 

ほんで、しかも、あれね、何でもない人は

使わんほうがええんです。

私の経験でもありますが

良い細菌まで殺してしまうんです。

抗生剤と一緒ね。

私は抗生剤副作用出るので

どれも使えないんですけど、、、

 

だけど今のこの時期だけに

勝手に脳内で「書き換え」が起きて

皆ドラッグストアーへ

駆け込んでしもうたんですね💦

 

だって大事な家族を守りたい思いは

みな一緒やからね。

 

ただね、これを発信した彼の言い方とかね

そのせいにするのも簡単です。

影響力も大きい人ですからね。


で、まずね

 

「自分の行動には

主導権が自分にあるということ。」

 

「そのためには冷静に判断する力も必要」

 

なんかなって思いました。

 

自分の考えを今まで持てずに来た人は

ひょっとしたら

「今まで誰かの指示されたとおりに生きてきた」

とか

「私のためにいつも考えてくれていた人の期待に応えるために生きてきた」

とか

「その期待に応えられない私は自分の考えなんか持つには100年早いわ!」

くらいなね💦

 

そういったものが仮に(これ一部ですけどね

他にもまだまだあると思うんですけど)

あると自分の考えを持つことに

なかなか許可を出せなかったりする。

 

ほんで無難な

 

「その他大勢に属する。」

 

比較的安全パイね。

 

だけど、内側には結構な

怒りや悲しみや噴火寸前の火種を

持っていたりもします。

 

もしね

誰の遠慮も必要なく

自分という人間と心から

(一気には難しいやろうけど)

和解できたなら背伸びする必要もなく

自分を他人から良く見せる必要もなく

そして自分にはないものを

持っている人を見ても

負の反応ではなく

良い意味で反応し

お互い心から見ることが出来るように

なるのではないだろうか。

 

一気には難しいと書いたのは

 

時には誰かのせいにしないと

居られない時期だってあるし

怒りをまず出せるようにならないと

前に進めない時期だってあるし

本丸には言えないことをしばらくは

ダミーを利用してぶつけないと

居られない時期だってあるし

 

そういうのを通過したあとやってくる

プロセスだってあると思うんです。

 

一度は頑張って日の浴びるところにいた人が

深海へこもらないと居られない時期だって

ありますよ。

 

それを通り一辺倒に

 

それには親が…とか

先生が…とかね

決めつけるのは危険だと思いますし

(そもそも背景は本人しか分からんのやし

サポート側が決めることじゃない。

親が…とか

先生が…て

言うてる人の問題だったりする。)

 

つまり何であれ、それは誰の事?です。

 

本人のことでしょ。

 

もしここで自分について

和解できていなければ歪みが起こる。

 

(その後付けでかけられた色眼鏡を一度置いてみる。)

 

「自分の考え」にしても

「それホントに自分の考えか?」

ってことなんです。

 

っま、自戒も込めて(笑)

 

まだまだ私も自分の探求は続きますわ^^

 

また長くなってしまいました💦

 

ここもね、昔、中尾さんみたいに

簡潔に書きたいと奮闘した時期も

あったんですよ(笑)

 

でも私には無理(笑)

 

おっほっほ!!💨

 

今日は

 

「本読んで、うんうん思って、ほんでそれ、ホンマか?自分の考えか?って話」

でした!!

 

自分との和解が進んでくると

昔読んだ本をもう一度読んでみたとき

反応するところが変化していたりする。

それは自分探求が以前より前に

進んだということかもしれませんね!(^^)!

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

#カウンセリング
#奈良
#思い込み
#歪み
#知事
#イソジン
#副作用
#自分の考え
#自分の人生
#主導権
#教育
#怒り
#悲しみ
#感情
 
 
反対から見れば世界は違って見えるワン!!
 
image