エネルギーが枯渇したらサポートを受けることを自分に対してOKに^^

「エネルギーが枯渇したらサポートを受けることを自分に対してOKに^^」☝本日のアメブロ記事

 

生まれたばかりの赤ちゃんは

誰かに気を遣うこともなく

お腹がすけば

「びえ~ん💦」って泣くし

おむつが濡れて気持ち悪くなったら遠慮なく

「びえ~ん💦」って泣く。

体調が悪くて熱を出したときも。

 

自分ではどうすることもできない時だけ

泣くんです。

 

それまでは

「たすけて~~~」って訴えない。

 

っていうことを頭に置いておいてです。

 

私たちの体はうまく行ってるときは

エネルギーが循環しています。

 

植物で例えるとこんな感じで。👇

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

土の下から水分を力強く吸い上げて

双葉になりやがて花を咲かせます。

これは人にも言えます。👇

 

大地からエネルギーを頂く。

これをアーシングっていうそうですね。

裸足で土の上を直接歩いて

余計なエネルギーを解放して整える。

 

電子レンジとかアース線ありますやん。

原理的にはあれと同じらしいです。

 

このあたりになってくると

スピリチュアルな感じですけど。

 

私はこの辺のことは詳しくないので

そっと横に置いておいて。(笑)

 

人の体はエネルギー体と言うのなら

吸い上げる力が弱っている時だってあります。

そんな時は「助けて~~~」って

言うてもええんですよ。

外から補ってもらってうまく循環させる。

 

枯渇した状態では植物なんかそうですけど

枯れてしまうでしょ。

 

人間は外からそれは見えないので

無理してしまうんですね。

 

困った時は

サポートを頼む自分をOK^^

にしてあげてくださいね。

 

 

さて、ここでもう一つ。

 

サポートを頼まれてもいないのに

勝手にサポートをしたがる人も居ます。

 

それが前回のブログと繋がるところ。

人によってOKな距離感は違う。

見守るのも立派なサポートです。

 

命の危険がある場合を除いて

「見守りのサポート」も立派なサポートであり

あなたに出来ることです。

気の長い見守りになったとしても

その方が本人にとって

楽であったり

いい経験に繋がることもあります。

 

「もう無理~~~」って訴えがきたら

一緒に取り組んであげればいいんです。

 

ただし、

 

主体は本人が行うことです。

 

一気には無理なら徐々に

そういう方向でサポートを。

 

親は子供の奴隷でもないし

子供も親の奴隷ではありません。

 

対等な関係で。

 

ちょっとこの辺はブログでは書ききれぬ。

 

更に

何故

勝手にサポートをしようとしてしまうのか?

 

そこに何かが隠れている。

ということでもあります。

 

ここは人によって中身が違うと思うので

「本当の自分さん」との出会い直しができると

見えてくるかもしれません。

 

ってことで今日は

「エネルギーが枯渇したらサポートを受けることを自分に対してOKに^^」

ってお話しでした。

 

 

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 
#カウンセリング
#奈良
#親子
#夫婦
#子育て
#人間関係の悩み
#心療内科
#鬱
#サポート
#見守る
#エネルギー
#アーシング
#対等な関係
#本当の自分