· 

自分の力でできることとできないことを知る。いつも貴方が悪いわけじゃない。

月に一度のペースで

カウンセリングを継続していくと

「今月の私の変化」に

気がついていける方が多くおられます。

 

その変化は「以前の私」との比較です。

 

今までならば

誰かとの比較をして自分に対して虐めるようにジャッジし続けていた私→比較対象が他者ではなく「自分」へと

 

注目が変化していきます。本日のアメブロ記事はこちら

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

「今月はそんなに

しんどくなかったです(^ ^)♪」

 

と言われた時、私は必ず

 

「ほう♪それって

しんどかった繰り返すパターンがあったけど

今はそうじゃないってことが

わかってるってことですかね?」

 

っと尋ねます。

 

そうすると「そうです!」

って言うてくれたら

「そこ詳しく教えて〜」って言います。

 

そしたら

思い返して話してくださいます(^ ^)

 

話すうちに自分の内側で

まだ言語化していなかったことを

言葉にしていくと

内側でさほど感動していなかったことや

嬉しかった事、相手への感謝の念が

再認識されて「自ら再評価」していきます。

 

この作業の繰り返しは

自分を肯定していくことにも繋がります。

 

継続でカウンセリングをしていくと

この癖が日常化され

今まで脳内で設定されていた古い情報に

書き換えが起きます。

(一気にでは無いですよ。徐々にです。)

 

この書き換えが起きた時

ちょっと自信がついてますよね。

 

長い人生です。(多分)

そりゃ色々あります。

 

だけど自分を肯定できる数が増えると

その分、自分との繋がりや

信頼関係が育まれます。

 

たとえね、大きな事件が起きても

(そりゃ起きて欲しくないけどさ^^;)

 

自分の力では何ともできない問題と

自分で何とかできる問題の選別ができ

自分を責めないように

なっていかれますよ。

 

そして

仮に自分の力では及ばない

何ともできない問題に直面したとしても

自分でできる限り対応し

後は天に任せる、委ねる。

ってことができるようになっていけます。

 

例えば「祈る」とか。

 

祈るったってね

目に見えないエネルギーは

ちゃんと存在しますからね。

 

その「祈り」が

自分のできる限りってことですやん。

 

以前、明石家さんまさんが

こんな事言うてましたよ。

 

「俺は娘のこと心配しても

心配するだけで娘に直接は言わない。

娘の住むマンションに

一瞬で行けるわけや無いから。」

 

こんな意味のこと言うてました。

 

つまり自分は

スーパーマンでも神でも無いと言うことを

分かっておく。ってことですね。

分かってるようで

分かっていないってことあるからね^^;

 

 

ってことで、今日は

 

「自分の力でできることとできないことを知る。いつも貴方が悪いわけじゃない。」

 

ってお話でした。

 

もう外野の言葉に

振り回されなくてええんです。

その言葉によって

脳内でいらん設定がなされ続け

貴方にネガティブな信念を

植え付けてしまったんだと思います。

 

それもこれも貴方のせいでもないです。

その信念は裏返しにしたら

真逆の信念に変換できるのですから。^ ^

 

 

 

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 

#奈良#カウンセリング#親子#夫婦#人間関係#ママ友#幼稚園

#子育て#育児#悩み#不安#鬱#幸せ#手段#目的#気学#眠れない#不眠症#絶望

#存在の否定#執着#怒り#感情#責任#一致感#傷#単身赴任#サラリーマン#選択#責任#攻める#被害者#恥#さらし者#劣等感#コミュニケーション#コロナ禍