· 

どの自分もOKにするということ

善の自分と悪の自分の葛藤から統合へ


人には誰もに天使と悪魔が存在してるんですよ。


他者に向けて、負の言葉やネガティブな態度や行動をとった時

実は同時に自分も傷ついています。

 

今日はそんなお話です。

 

先日、関西エリアでの番組になるかと思いますが

「そこまで言って委員会」って番組があって時々見ています。

 

その番組内で女性アナウンサーが

「天使(善)」と「悪魔(悪)の役を演じている場面が出てきました。

 

この二人が一つの話題について ポジ的な言葉、ネガ的な言葉を交わす。

 

結構見てて面白かったのですが(私的にはね。)

 

この二人は実は誰もに

一人の人間の中に存在していてお互いを嫌い合っている。

 

っていうことが起きてるなってふと思ったんですね。

 

例えば、ちょっとリアルなお話を一つね。

 

学校へいってると社会見学とか臨海学校とか修学旅行とか遠足とかありますよね。

 

そこでいくつかのグループに分かれて組みますね。

 

中にはペア行動とかね。

 

この時、いつも自分は入れてもらえるグループがなくて余り者同士でくっつけられる人もいると思います。

 

この時に 「あ〜さん」は「私はこの人とは一緒になるのは嫌だ。」

 

内心ならともかく、つい口から出てしまった。

 


良い子と悪い子二人を会話させてみる


この時、あ〜さんは本当に嫌だったんです。

それで正直に言ってしまった。

 

一緒になるのは嫌だと言われた「い〜さん」はもちろん傷付きます。

 

子供同士ですから幼ければ幼いほど

まだ相手の心を考えられない時期なら尚更あることです。

 

あ〜さんはい〜さんの何かに反応していて嫌なんですね。

 

でもこの時、実は、あ〜さんも同時に傷ついています。

 

あ〜さんの何かに反応して言ってしまった言葉に対してもありますが

ひどいことを言ってしまっている自分に対しても怒りを感じ

自分の中の「善」が「悪」に怒ってるんです。

 

人を否定したりジャッジしたり嫌ったりしてはいけません。

 

という「善の自分」が「悪の自分」にお説教です。

 

「悪の自分」の話は聞いてくれない。

 

なぜ嫌なのか、もしかしたら過去に何かあったかもしれない。

どこか自分が受け付けない何かがあるのかもしれない。

 

だけど善はキラキラさんなので

悪のそういう黒いブラックな部分を受け付けないんです。

 

ここで対話をしてみます。

(以下は善と悪のほんの少しの会話の一例。

人によっては善と悪の会話の内容は違って当たり前。)

 

善は悪の話しに初めて耳を傾けてみます。

 

悪「本当はい〜さんにあんなことを言ったあなたも、その前に傷ついている。」

 

悪にそう言われた善は初めて「ハッ!」とします。

 


自分は「誰か」にはなれないからね


善は必死で良い子をして来たんですね。

 

だけど、それは本当の自分ではなく「誰かが望む姿の自分。」

 

だけど悪はそうじゃない。

 

否定されても反対されても

やりたいこと好き放題やっちゃうから

善からしたら羨ましかったかもしれませんね…

 

善は悪が好き放題、言いたいこと言うので迷惑しており

悪のお陰で自分は生き辛いと思って来たんですけど💦

だから

悪はブラックだと思って来たんですけど💦

 

実は悪がキラキラしていて眩しかったのかもしれませんね。

 

この後二人は手を取り合い仲良しになり一つになりました。(統合です。)

 

統合されたことで自分をどちらも否定しなくなり

ジャッジもしなくなったので生きやすくなった。

 

つまり完璧じゃない自分をOKにできた瞬間ですね。

(100%善人なんて居ないし、

もしそうなら人間界にいなくて良いじゃないですか😂)

 

傷つくことを言ってしまったり傷つくことを言われる経験によって

言葉を選んで話せるようになっていく。

 

人によってそのプロセスも違って当たり前。

 

だから、時々SNSで目に余ることも起きたりしているけれど

だから、やっても良いってわけじゃないし

だから、言われても仕方ないってわけじゃないけれど

 

その育みが幼少期であってほしいなと個人的には思います。

 

環境がそれぞれ色々あって、ストレスフルな社会だからこそ

自分のためにカウンセリングを受けること。

(特に子育て中や組織の中で部下育てをされている方)

 

自分のメンタルケアを大事にしていきたいですね。

カウンセリングを受けようと行動を起こすには

それ相当の勇気が必要だと思います。
その勇気、私は歓迎いたします。(^^)
 
にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ