· 

妻の手料理以外は食べられない夫


でも、「ふぅ〜ん、惣菜の方が美味しいのに。」

と、夫は私に平気で言う😂


私は今の持病が発症してから3年目になるけれど

野菜もお鍋も自力で切れないし、持てないので

もっぱら週に五日は宅配弁当に頼り切っている。

 

子供たちが小さい頃はおやつも手作りやったし、惣菜は一切使わなかった。

 

今や惣菜様さまです。

 

ご飯は土鍋で炊きます。

無洗米ね。

 

味噌汁は具を切らなくて済むし出汁を取る必要がない「しじみ汁」に

お世話になっています。

 

土日だけ油で揚げるだけの冷凍や夫に助けてもらいながら何とか作っています。

 にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ

先日テレビだったかネットだったかで

「奥さんの手料理しか食べられない旦那さん。」

という話が耳に入ってきた。

 

その話を夫にしたら

 

「ふぅ〜ん。惣菜の方がよっぽど美味しいのに。」

 

と私に平気で言ってのけた。

 

おいおい💦

 

過去の私は一生懸命作ってたんですけど?

 

って心の中で思ったけれど腹は立っていない。

 

むしろ、楽ちんな夫だわと思う。

 

だけど、「私の手料理しか食べられない我が旦那さん。」

の姿に幸せを感じる人もいるとも思う。

 

どっちがいいとかではなく、当事者がどっちが良いかなんだよね。

 

ちなみに、私としては例えば

「私、友達と出かけてくるから適当にお昼やっといてくれる?」

 

って言えるので、私としてはありがたい。


つまり夫婦の形に決まりはないんですよ。


時々、、、

う〜ん、そうね、

外にいる時に聞こえてくる他人の会話に

 

幸せマウント合戦

 

を感じる時があります。

 

あ、これは私のフィルターに引っ掛かるものだから

私だけが感じているのかもしれませんが…

 

幸せの定義とか

幸せの決まりとか

幸せの形とか

 

全くないんですよね。

 

今の自分に満足していなければ、他人が満ち足りて生きているように見えたりして

勝手な色眼鏡を装着して他人に自分の不満をあてがっているかもしれません。

 

そうは言ってもな、気になってしまいますよね。

 

相手が昔からよく知っている関係性であればあるほど。

 

過去の相手は私より下だったのに!

 

とかね。

 

いやいや、そこもね、そもそも下も上もなかったんですけど、

相手を下だと感じるように誰かから色眼鏡を付けられて教えられたか

もしくは

自分が何かの不安や恐怖から逃れるために

相手をそういう状況に仕込んで自分の思い通りになっていたのに

相手はいつの間にか自分の思う通りにはならなくなった。

(人は変わるからね。)

 

というところから負のループにはまって抜けられなくなったのかもしれません。


妬んだり、蔑んだりして怒りを感じている自分。


ネガティブな自分を見るのって勇気がいりますよね。

そしてSNSでもよく見かける「キラキラ」な他人。

 

自分も「キラキラ」を投稿したい。

 

うんうん、ええとこ見せたいね。

そう思っても良いんです。

 

まず、そう思っている自分を素直に認めてあげよう。

羨んでいる自分にも

 

「だって私、〇〇だったんだもん!」

 

この〇〇に入る言葉を自分で探してあげても良いかもしれませんね。

 

ただ私からはこれだけは間違いなく言えます。

 

あなたは(私は)この世で唯一無二の存在です。

 

デカイことが出来なくても

今は起きて寝るだけが精一杯でも

 

OKです。

 

 

 

出来ることを丁寧に。

 

他人が気になる方も、自分に満足できていないという方も

 

その積み重ねを自分に対してしてみてあげてください。

 

まずはそこからですよ〜!


カウンセリングを受けようと行動を起こすには

それ相当の勇気が必要だと思います。
その勇気、私は歓迎いたします。(^^)
 
にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ