· 

トラウマは人生に大きな影響を与えます。


相手の全てを否定する。これ場合によっては虐待。

もう誰も私を傷つけるな!怒りで震える。


誰とも関わりたくない。

 

誰かと関われば必ず問題が起こる。

何かうまくいかないことが起きると、それは必ず自分のせいにされてきたから。

だから人と関わると

自分は追い詰められ本当の理由も言えない状況にされ悪者にされる。

 

と学習して人と交わることを極端に恐れるようになる。

 

もう傷つきたくないからね。

 にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ

機転を効かせても、どうせケチをつけられて怒りをぶつけられるだけ。


例えば

 

・あ、これもしかしたら〇〇しておいた方がいいんじゃないか?


・今日中に確認しておかないと誰か困る人が出て来るのではないか?

分かっていても

気がつかなかったことにして
言われたことだけやって

見ないフリ
気がつかないフリ
知らんフリ

 

どうせ伝えたところで、相手は

「よく気がついてくれたね!」

ではなく

「お前に言われんでも、そんなこと分かっとるわ!」

とか

「気がついたんならお前がサッサとやっとけよ!」

とかね、

怒りをぶつけられるだけですから。

 


理不尽な怒りをぶつけられ続けりゃそうなるっしょ!


かつては気を利かせて伝えたり
やっておいたりしてた自分がいるのですけど
その時、相手からケチ付けられたり
自尊心傷つけられたりして、
それを断続的に繰り返し繰り返し
やってもやっても言われ
人前で晒され続ける。

 

自分の気持ちや考えに想いを寄せてもらったことがない。

 

頑張っても頑張っても頑張ってもです。

 

そしたら人は「諦める」ということで自分を納得させようとします。

 

自分を理解してもらうことも。

自分を愛してもらうことも。

 

そして生き延びるために言われたことだけをやろうとします。


情報をシャットアウトして
見なかったことに
気が付かなかったことに
知らなかったことにすることで
私が私を守っていきます。

言われた仕事だけ
きっちりやっていれば
最小限の被害で済むからね。

 

それでも、最小限の被害に遭うのです。


でも本当は虐待から脱出したい。


社会的に経済力もあれば
そこから出て行きたい。

一人でやって行けるなら
一刻も早くです。

 

だけど、相手は「お前は無力だ。」と笑う。

 

相手は自分の内側の問題を
こちらにぶつけ続けていることに

気がついていない。


もし、

気がついていてやっているとしたら


悪質です。



そうやってターゲットを

ゴミ箱のように扱い続けるのです。


負の継承は生い立ちや親子関係からのことが多い。


知っている人は多いと思いますが
この相手も過去に誰かによって

似たようなことをされてきた経緯がある。

 

ってことが多い。

生い立ちからくる
親とか
兄弟姉妹とか
先輩とか
上司とか

だからこそ
自分を知るってことが大事。

 

自分を知れば、もう今までの自分ではなくなるから。

(ここは、「ん???」って方が多いかも知れませんが

「軽くなる。」っていう表現があってるかしらね。)


相手に対して心が反応する時は
何かのサイン。


トラウマ


大抵、心がザワついたり

身体症状が出て体のどこかが震えたり痛くなったりしたときは

その直前あたりに何か過去とリンクする出来事が起きた時だったりします。

 

私は子供を亡くした後

ニュースなどで子供が亡くなる事件が起きると激しい反応がよく起きていました。

 

怒りが湧いて涙が止まらなくなったり。

体が震えたり。

 

他人様のお子さんですが、今目の前で我が子が亡くなった時と重ねて

さもそれが繰り広げられているかのように。

 

これは原因がわかっている場合のトラウマ反応ですね。

 

震災などの後、起きる症状はこれに当たりますね。


生い立ちからくるトラウマはちょっと複雑。


断続的、継続的、いづれにしろ、もうどの記憶のことが原因か分からないほど

繰り返し与えられ続けた負の継承からくる傷は複雑です。

 

本人は日常はケロリとしていて周りからは何ともないかのように見えます。

本人も自覚ないかもです。

 

だけど繰り返しいつもやらかすパターンに陥ることがあります。

 

そのパターンに気がつけたら大きな一歩です。

 

いつも共通するキーワードを探してみてください。

 

相手の表情ですか?

ある特定の言葉ですか?

景色?

匂い?

色?

服装?

髪型?

誰かに似た人?それは誰でしょう?

 

そこから探し始めてみるとまた一つ何かが見えてくるかもしれませんね。

 

今日はトラウマについて書くつもりなかったのですが

流れでそうなっちゃいました^^;

 

ではでは、ちょっとヘビーな内容でしたが、週の中日。

この後も良き時間をお過ごしくださいね。

 


カウンセリングを受けようと行動を起こすには

それ相当の勇気が必要だと思います。
その勇気、私は歓迎いたします。(^^)
 
にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ