· 

嘘をつくことで最初は自分を守れても最後には守りきれなくなるんです。


自分に嘘をついたり我慢を強いたりし続けることは自分を辛く苦しくさせますね。

誰も守ってはくれないから。


小さな嘘は

やがてその綻びを維持するために

また嘘をついて取り繕うことになる。

 

そしてまた、それを維持するために嘘を重ねて…

綻びはやがて埋められない程の大きな穴となる。

 

メッキはメッキ。

本物の金ではないので、やがて剥がれ落ちるのと同じ。

 

自分に嘘をつくと

ずっと、本当の自分を抑え続けて生きていかなくてはならなくなります。

 

それは辛いことです。

 にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ

それは本当に必要か?と、自分の気持ちに問うてみる。


自分の内側に不要なものを取り込むと苦しくなりますよね。

それは本当に欲しいものではないから。

 

時々それが

本当に欲しいものなのか

本当は不要なものなのか

自分ではわからない。

 

と言う人がいます。

 

それは自分の気持ちより誰かを優先して生きてきた人に多いかもしれません。

 

分からない時は一度入れてみてから出しても良いかもしれません。

 

そうやって練習していきましょう。

 

自分の気持ちや感情を置き去りにして

誰かの思いや気持ちや心配ばかりして頑張ってきたからこそ

分からなくなったのだから。

 

急にできるようになるわけがないのです。

 

少しずつ始めましょう。


大切な誰かの為ならいいんですよ。

それは自分の為なのか?誰の為なのか?


嘘をつくのも

誤魔化すのも

本当は本意ではなかったはず。

 

だけど、いざ目の前にしてみると

 

誰の思いで動いているのか

誰の思いで決めているのか

誰の思いで欲しているのか

 

混乱して分からなくなるんですね。

 

 

誰かの意を汲むことで生き延びてきたからこそ

それが正しいと思ってしまう。

 

その「誰か」を

「私」に

 

その「誰かの為」を

「自分の為」に

 

いきなり変えることは 怖い事です。

 

監視の目を感じたり

我が儘だと誰かに言われている気がしたりして。

 

だから

一度入れてみて、やっぱり無理している自分に気がついたら

出しましょう。

 

そうやって少しずつ進めばいいです。

 

 

一度入れて出すのも怖いですか?

 

そうですね。

 

そしたら

 

「怖い」っていう感情に対して

「今まで頑張ってきてくれて、ありがとう」って伝えましょうか。

 

 

今まで「それは怖いからやめておけ。」って

あなたに教えて守ってきてくれたのですからね。

 

今日は

「嘘をつくことで最初は自分を守れても最後には守りきれなくなるんです。」

ってお話でした。


あなたの気持ちが一番大事なんですよ。


誰かを優先させて

誰かの意を汲むことばかり考えて行動し続けていたら

そりゃ誰だって

自分の本当の気持ちが分からなくなるってもんです。

 

そしてそれについて誰も責任を取ってはくれません。

 

だったら

 

自分の考え

自分の気持ち

自分が欲するもの

 

それを大事にしてあげませんか?


カウンセリングを受けようと行動を起こすには

それ相当の勇気が必要だと思います。
その勇気、私は歓迎いたします。(^^)
 
にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ