· 

嘘か本当かわからない言葉によって母体のメンタルは崩壊し臨月の赤ちゃんの心臓は止まりました。


その投稿の意図は何ですか?その投稿で誰かが救われる内容ですか?

今日と明日は亡くなった子供達二人の月命日。


その意図は?

時々思うのです。

その投稿の意図は何?

たわいもない平和な投稿はほのぼのしていて好きです。

誰かを勇気付けるような投稿も好き。

 

だけどビビらせたり脅すような投稿はなんの意図があってのことなのかと。

 

そこに救済される内容は全くなくて

不特定多数に向けて無責任な内容に残念に思う。

 にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ

今日は意を決して言って舞います。


私は過去に電話で

 

「貴方の担当医は医療ミスが多いらしいよ。

お腹の赤ちゃんと貴方の問題を抱えた滅多にない腎臓をお持ちだから

伝えておこうと思って。」

 

臨月でした。

 

同じマンションに住んでいて時々仲良くしてもらっていた先輩ママで

その地元の方から言われたのです。

 

うちの玄関まで歩いても1分かからない同じマンションなのに

電話で言われました。

 

夫はまだ帰宅しておらず夜遅い時間で、私は一人電話を切った後

その場で力を無くし座り込んで立てなくなりました。

 

お腹の赤ちゃんを不安で一杯になりながら抱えてただ震えておりました。

 

帰宅した夫に話すと、「とても困ったことを言われたぞ」

という顔しておりました。

 

別の病院を紹介してくれたわけでもない。

転勤してきたばかりの俺らにどないせいっていうねんと。

翌日は産科検診。

怖くなりました。

だけど行きました。

 

その産科検診後、胎動が感じられなくなり、

いつもなら話しかけたら元気にお腹を蹴っていたのに反応がなく

零時を過ぎておりましたが病院へ電話すると

 

心臓の音を聴かせてあげるからおいで。

 

と言われ行きました。

 

あの夜中に行った道も今でもはっきり覚えています。

 

そしてエコーで音を取ろうとしても見つけられず聞こえて来ず

先生が呼び出され心臓が止まっていることがわかりました。

 

息子の心臓が止まったのは私のメンタルのせいだと私は私を責めました。


言った人はそれで終わってるかもしれない。だけど聞いた人はそこから始まるんです。


その後の諸々は長くなるので書きませんが、ざっくり言うと、

その時住んでいた土地のかかりつけ医と実家の産婦人科の二人の先生に

確認に行きました。

 

母親にショックのなことがあると、

その後胎児の心臓が止まることはありますか?と。

 

二人とも先生は即答で「それあると思います。」と答えられました。

 

ああ、やっぱりか。

 

そう思って私は夫に謝った。

 

私さえしっかりしていたら今あの子はここに居たのに…

ごめんなさい。ごめんなさい。本当にごめんなさい。

 

だけど夫は

「違うねん、それは違う。(ちぃが悪いんじゃない。)」

 

そういうのが精一杯でした。

 

不安にさせられたことによって母親のメンタルがストレスフルになり

胎児に影響が起きた。として裁判起こしてやろうかと一瞬考えましたが

 

このことについて

私自身は自分のメンタルだと確信があっても

医学的に証明することはとても難しい。

 

言った人はそれでおしまい。

だけどね、言われた側はそこから始まるんです。

 

私は今でも「殺された。」と思っているし

 

その人を赦すことは今後もないです。

 

だけど世間一般では私の自己責任って言うんですよ。こういうの。


ここからは何のことか察して読んでください。その言葉は出したくないので。

つまり、この電話は気軽にできるSNSの投稿とほぼ同じ。


ここ数年、あることについての投稿が私の目に止まる。

 

それは専門家が出してるわけじゃなく拡散されてのもの。

その内容は一部だけを抜粋したもの。

さらに酷いのは大元に連絡しても答えてもらえないというケースもあるという。

 

だから、その投稿の意図は何?

 

って思うんです。

 

びびらすだけびびらせておいて

救済の道を付けていない。

 

組織に属する人たちは集団で行うことが多く断れないケースもある。

ましてそれが、こんな噂があるから…って言えない人がほとんど。

 

私の東洋医学の先生はこう言われました。

 

「僕達治療者は治療をするのが仕事です。

なったものは治る。

できる限りのことはすると決めました。

もし、その後何らかの症状が出たら来られた方を拒否はしない。

だって、会社なんかじゃ断れない人もおられるでしょう。」

 

それでも、断るべきだと投稿している人は言うかもしれない。

 

だったら

嘘か本当かわからないその情報を信じて断って

あげく今流行りのものに罹患して亡くなったら、

それはそれで誰が責任を持つのか?

 

私も夫も子供達もその情報が本当なら来年中に死ぬということになる。

何なら年内に死んでいてもおかしくはなかった。

そして世界中の人口がほぼ死ぬ。

そういう意味の情報です。

 

どっちにしろ死という恐怖を煽ってることに違わないのです。

 


だから、その投稿の意図は何?本音に気が付けてるか?


その投稿によって何を訴えたいと思っているのでしょうか?

何をしたいのでしょうか?

そして

本当に誰かを救いたいとか助けたいという思いがあるのでしょうか?

 

あるのなら

 

脅したり、びびらせたり、不安を煽ったりする内容で終わらせるのではなく

 

打ってしまった人たちにも救済の道まで案内して出すのが

本当じゃないのでしょうか?

 

私はそう思います。


メンタルで人は死ぬこともあるんだから伝え方を考えてほしい。


今日と明日は二人の子供の月命日。

毎月23日と24日は何年経っても、いつも以上に心で思う。

 

不安になることで寿命が縮む、死ぬこともあるんだということ。

 

今日は、こういう日だからなのか冬至明けだからか、

意を決して出してみました。

 

私自身生い立ちの中でよく脅されたり不安を煽られることが多かったせいか

人に伝える時、どうしてもそういう伝え方しか出来なかったし

今でもうまく伝えられているだろうか?と思うことがあります。

もちろん何を受け取るかは受け取り手の自由なんだけど。

 

ただ、不安や恐怖を煽ることで言うことを聞かせようとするやり方は

やっぱり違うと思う。

 

本当に相手を思い救済したいと願うのなら、どうしたら相手に伝わるか。

 

考えて参りたいですね。

 

そうでないと、言いっぱなし、やりっぱなしは

聞かされた相手は

 

私たちはこっち側にいるのよ!いいでしょ!

あなた達はもう手遅れね!お気の毒に〜〜〜

 

って言われているように受け取りかねない。

 

それが本意でないのなら、やはりもう一度考え直して欲しいなと私は思う。


カウンセリングを受けようと行動を起こすには

それ相当の勇気が必要だと思います。
その勇気、私は歓迎いたします。(^^)
 
にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ