2018年

1月

17日

虐待、毒親、そこに本来の姿はない。負の連鎖を断ち切れるのはあなただけ。親子関係

「虐待、毒親、そこに本来の姿はない。負の連鎖を断ち切れるのはあなただけ。親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

先日、京都のお仲間が久々に

奈良に来てくれて

一日デートしてきました^^

 

 

二人して大吉だったので

機嫌よろしくカフェでケーキを食すwww

 

 

その時の様子をサラッとですが

書いてくれています。

大場潔さんです^^

 

「びびるチャレンジもやってくる」

 

 

 

日常では「おにぃ」と私は呼んでいます。

これには色々いきさつがあるのですが

割愛します(笑)

 

 

この数日後、私はラジオの日でね

大場さんとデートした時に

会話した内容の一つが

DJ KOCOさんとのラジオでも出てきたので

大場さんの話とともに

少し語らせていただきました。

 

 

KACOさんとのラジオは

打ち合わせ一切ないので

その瞬間出てきた内容で行きます。

 

だからこそ、緊張もしますが

ホンマのトークになりますね、、、

 

大場さんのブログに「毒親」についても

書いておられます。

今日のブログはそことも繋がる

内容になるのですが、、、

 

ラジオでも話したし

大場さんとのデートの日も

チラリと出てきた内容ですし

 

さらに、、、昨日

イケメン息子とべっぴん娘との

過去の私についても会話の中で

大爆笑しつつ出てきた話です。

 

 

毒親ね。

 

居ますよ。

 

恐らく結構ね、、、

 

すいませんね、、、

今、大半の親を敵に回したかもね、、、

 

でもね、この毒親をやってる親に対して

私は深い悲しみと怒りを感じるのです。

 

私も子供たちが幼少のころ

大概の「毒親」でした。

 

だから語るのです。

 

子供たちにリビングの椅子を

放り投げたこともありました。

 

椅子は壊れました。Σ(・□・;)

 

怒りが始まると、なかなか自力では

治まりませんでした。

 

どう止めたらいいのかわからなくて

狂いそうでした。

 

これは、はっきり申し上げますが

 

「負の連鎖」です。

 

今でも、何かの拍子に

その時の自分を思い出し

「子供たちよく無事だったわ…」 と

思うことあります(^^ゞ

 

昨夜子供たちと話しながら大爆笑した内容は

過去の私を彼らが思いだした時

「二人してお笑いして語れた。」

という過去形になっていることです。

 

イケメン息子

「あの時、俺、理不尽さを覚えたわ~~~

俺らは楽しんでお風呂の天井に向けて

シャワーで遊んでただけやのに

 

「天井からポタポタ落ちてきて

冷たいやないか!!」

 

って叱られて、、、

しかもな二人して正座させられて

 

何故叱られているのか言わされ

何を分かったか言わされ

反省は何か言わされ

 

いっつも俺に先に聞かれて、

すぐに言葉出てこんし

そしたら妹に聞いて妹はすんなり答えるし

それと同じ答えでは

絶対オカン納得せんて分かっとるから

また考えて黙っとると叱られて、、、www」

 

べっぴん娘

「私は、今本当は思ってないけど、

こう言うた方が無難やろうな、、、

と思って言うただけで(笑)

なんでか知らんけどお兄ちゃんは

要領悪いねんwww」

 

イケメン

「で、俺はいっつも妄想で

 

家出したらどうなるやろ

家出してどこへ行こう

 

そればっか考えとったわ(笑)

 

でも、現実では500円しか持ってなくて

 

これでどうやって家出しようか?

 

ってことになると諦めるしかなくて(笑)」

 

 

 

家出したいくらいこの家に居たくなかった。

安心できる場所がなかった。

 

ということです。

 

それでもね、、、

 

ラジオでも話したのですが

 

「子供はどんな親であっても

お父さんとお母さんが大好きで

悪く言う人が居たらその人を嫌います。」

 

けなげでしょ、、、

 

親は、本当は

毒親なんか好きでしていません。

 

私自身セッションを受けたときに

そこを自分自身で分かった時

素直に受け取れずに

随分抵抗しましたwww

 

それでも無意識は知っているので、、、

 

言葉とは別に

感情は大きなショックと衝撃を受け

同時に混乱し、受け取ることが精一杯。

 

たった一回のセッションでは

子供たちへの対応は変われませんでしたが

大きな一歩でした。

 

そこから繰り返しセッションを受け続け

今に至ります。

 

一気に今現在へ戻しましたが

それ相当の

対価と

時間と

学びと

気づきを

得させていただきました。

 

人が変化変容を起こすとき

大きな壁を壊すようなものであり

時間がかかります。

 

あまりのしんどさに

もう諦めようかと思うことも出て参ります。

 

いくら頑張っても壊れない壁に

疲れ果てるからね。

 

で、そこで悪魔のささやきです。

 

「もう諦め!いくらやったって無駄無駄!

今まで通り言うこと聞いといたらええねん。

説教も聞き流して我慢しといたらええねん。

この親から逃れることはできへんねん。」

 

もう一人の自分が言いに来ます。

 

周りが

変化しようとしているあなたを

以前のあなたに戻るように仕掛けてきます。

 

あなたが本来のあなたに戻り

負の連鎖を断ち切り

我が子との関係性について

新たな結びをしようとする行為を

邪魔しに来ます。

 

だって、今までのあなたで居てくれないと

困る人も出てくるからね…

 

あなたが引き受けてきた役を

降りられたら困る人が出てくるからね。

 

それで機能不全家族は

成り立ってるからね。

 

でも、どうか、、、

どうか、諦めないで

セッションを受け続けて欲しい。

 

そして、変化変容し

堂々とご自身の人生を生きる姿を

見せてあげてください。

 

それは、毒親をさせられてきた親も

本当はそうでありたかった姿かもしれません。

 

遠慮は、無用です。

 

でもね、

疲れたときは休んでください。

 

その壁を壊すための

道具や武器を装備するために

一旦撤収することも大事です。

 

つまりこれはこういう意味です☟

 

もしここでご自身の親との関係性において

良好になれなかったとしても

 

問題ないです。

 

今生では

一気に解決できないこともあるんです。

 

無理にどうにかしようとしては

返ってこんがらがることも

あるかもしれないのです。

 

ですから、そこは無理に紐解こうとせずに

置いておいてくださいね。

 

向こうはどうにかしようと

躍起に勝手になるかもしれません。

 

でもそれは

都合の良い関係に戻す作業です。

 

そして何より、その親の中には

本質が隠れているという事実も

知っおいてあげてくださいね。

 

その親は恐らく本来の自分に戻りたくても

戻れない辛さを抱えておられます。

 

でもそれも、親が選んだ人生です。

 

厳しいようですが

あなたがどうこうできる問題ではないのです。

 

あなたがどうこうできるのは

あなたの問題についてだけです。

 

そこを紐解き結びなおせれば

周りとの関係性も多分変化変容が起きる

可能性が高くなってまいります。

 

まずは、誰かをどうこうしようとするのではなく

 

ご自身のために^^

 

 

今日は

 

「虐待、毒親、そこに本来の姿はない。負の連鎖を断ち切れるのはあなただけ。親子関係」

 

ってお話でした。

 

毒親も虐待する親も

私は深い悲しみと怒りを感じます。

 

昔ほどではないけれど、、、

 

静かな怒りと悲しみと言いましょうか、、、

 

でもね、、、

 

複雑なんだな、、、

 

片方だけが存在することは

あり得ないからさ、、、

 

blogでは書けないけどね、、、(;^_^A

 

今回も長くなりました。

 

ありがとうございます(#^^#)

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2018年

1月

13日

千都味噌。蔵は奈良にはないです!!美味しいものは美味しいのだ!!親子関係

 
年明け早々に届けていただきました!
千都味噌の麦味噌!
味噌汁の苦手なイケメン息子でも
久々の千都味噌汁に
「これこれ(^-^)
この味よ!(*^O^*)」
と思わず漏らしました✨(*^^*)

実は12月半ばには
お味噌無くなっていたんですが、、、
バタバタしてたし
日中誰も居ない状況が続いてたので
年明けまで、すまし汁にしたり
コンソメ野菜スープにしてみたり、、、
と、乗り切りましたwww
今回はこの千都味噌について
お伝えしたいことがあります。
まず私は
千都味噌の親戚でも妻でもありませんwww
さらに、役員でもありませんwww
でもって、ワイロも頂いておりませんwww
ただ純粋にこちらのお味噌が美味しいので
ブログでご紹介させていただいております。
最初は投稿してなかったんです。
下手に投稿することによって
自分の身に降りかかるってことあるからです。
一応これでも、外部のブログランキングで
一位もしくは二位を
長年いただいている身です。
拡散早いでしょう。。。
でも、美味しいものは美味しいし
購入するしないは読者さんの自己判断です。
そう思ったので届くたびに
ご紹介させていただいております^^
でですね、、、
ちょっと気になる質問が来たんです。
「奈良の千都味噌で検索したら
普通の住宅街だった。
侑杏恵さんのブログ見て
購入したのですが、、、
Googleの写真見る限り
蔵も何もないようですが
大丈夫ですか?」
と。
 
(んなもん、知らんがな、、、
自分で聞きなはれ!!
っと正直思ったのですが、、、)
はい、無いですwww
この辺りについては直接
私がお答えするのもおかしいので
千都さんにお聞きしました。
その回答がですね
私の受け取った感じでは
ざっくりこんな感じ。
奈良は受注するところです。
 
お味噌は
 
八丁味噌→岡崎
麦みそ→鹿児島
玄米味噌→長野
 
で作られています。
とのこと^^
で、うちのイケメン息子がね
「こういう質問が来るんやったら
それぞれの蔵の長にTwitterとかで
「今日の味噌の状況」みたいなタイトルで
写真でアップしたら?
実体がないと情報社会やから
不安になるんやろ。
オカンかて関係ないのに
関わることになるやん。」
 
って言うので生意気にも私から
お伝えしてみたんです。
でもね、味噌作りって
沢山の工程があるんですね、きっと。
で、やっぱり守秘の部分も
あったりするんだよね。
美味しいラーメン屋さんなら
秘伝のタレとか出汁とかあるように、、、
だからそこは公開できないんだそうです。
ってことで、、口コミのみですね…
ただね、今では北海道や島や
色んなところの方々に
飲んでいただいてるそうです^^
で、私のブログから
購入される方が多くて私は
千都さんの親戚か?
とか
妻か?
とかいう話も出るほどだとか^^
う~ん、
もしかすると、過去性で
あったかもしれませんね、、、
何らかの関係が^^
なんて思ったりする。(笑)
だって、これもご縁ですからね、、、
美味しいものを口にすると
体も心も喜ぶんです。
それが愛情込めて作られたものだったり
食材にこだわって作られたものだったり、、、
そこには「想い」や「念」が入るでしょう?
敏感な人なら外食しに行ったとき
そのメニューを作った人の感情が伝わって
気分悪くなる人も居るくらいですからね^^;
(忙しくて
腹を立てながら作ったとか、、、(;^_^A)
だから美味しくな~れ!!
 
って呪文掛けるのも大事^^
枯れかけた花に声がけして水切りし
お水あげると元気になるようにね。
ってことで今日は
「千都味噌。蔵は奈良にはないです!!
美味しいものは美味しいのだ!!親子関係」
ってお話でした^^
お味噌汁が苦手なイケメン息子が
千都味噌のお味噌汁だけは
よろこんで、ころこんで飲む味噌です(笑)
あ、、、
 
 
こんなこと書くから
 
身内ですか?
 
って聞かれるんでしょうね、、、www
でも、自分が喜ぶことって大事だと思うの。
ただそれをたやすくしてあげるだけ。
そんな高価な金額じゃないよ
そう思ったらね、、、
自分を大事にするってどういうこと?
って思う人も居るかもしれません。
その物差しに判断できずに
止まってしまうこともあるかもしれません。
まずは、自分に聞いてみるんです。
高価なブランド物を身に着けること
=自分を大事にするってこと。
だと思ってしまう場合は、もしかしたら
過去に自分の身の回りの大人で
高価なものを相手に与えることで
その人を大事にしていることだと思って
与え続けている人が居たかもしれません。
それは自分の欲しいものでは
 
ない
 
ですよね?
自分の心や魂が震えたり喜んだり
フワッてなって軽くなったり、、、
そんな体感する経験が
必要かもしれませんね、、、
よく分からんって方は
お話ししに来てみてくださいね^^
カードやカラーボトルで
遊び感覚で体験してみるのも
いいかもしれません^^
 
(ただ、、、お待たせして申し訳ないのですが
ここ数年一か月から二か月
ご予約をお待ちいただく場合が
多くなっております。
それでもご予約いただき
本当に、ありがとうございます(#^^#))
ってことで、、、
藤田侑杏恵お勧めの
お味噌のお話でした^^
0 コメント

2018年

1月

05日

あなたは尊重され否定されない権利がある。親子・夫婦関係

 
【あなたには尊重される権利がある】
 
あなたには尊重される権利がある。
 
ひとりの人格あるものとして扱われ
考えを理解しようと努められ
大切にされる権利がある。
 
 
もしも、尊重されないならば
そこから離れる権利がある。
 
その関係を手放し
新たな仲間を探す権利がある。
 
 
意志を無視するものと関わらず
静かに離れていい。
 
 
それが肉親であろうと
仲間であろうと
そこに約束があろうと
関係ない。
 
 
尊重とは…
 
もしも仲間なら
あなたを理解し
あなたの歩むと決めた道と
その人が歩むと決めた道を
互いの想いを傷つけることなく
重ね合わせ
ともに歩める道を
模索しようと努めることだ。
 
 
もしも、他者ならば
相手のかんがえを理解しようと努め
深い理解にいたることなく
相手を決めつけたり
誘導しようとしないことだ。
 
 
また、常識や普通などの
なにかの基準を持ち出すことなく
相手の思考や心を
あるがままに理解することだ。
 
 
深い理解にいたらずに
なにものも語らないことだ。
 
 
あなたには尊重される権利がある。
 
否定されない権利がある。
 
否定されたならそこから離れる権利がある。
 
それはすべての人に備わったものだ。
 
 
否定されたからといって
あなたは「自分がダメなのだ」と
思う必要はない。
 
 
普通や常識を持ち出して
誰かを否定するのは
当たり前じゃない。
 
それは、人権を無視した行為だ。
 
 
誰かがあなたを否定したり
批判することと
あなたの価値は関係ない。
 
否定されつづけた偉人など山のようにいる。
 
 
もしも、必要ならば
徹底的に戦う権利だってある。
意義を唱え
認めるまでたたかう権利だって
当然ある。
 
 
あなたには尊重される権利がある。
 
大切にされ
理解しようと努められる権利がある。
 
決めつけられない権利がある。
 
 
尊重されて当たり前だ。
 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。
上記の言葉は最近Facebookで繋がった
森野さんの投稿です。
お借りしました(^-^)

森野さんの言葉は

優しくもあり

厳しくもある。

そもそも、人を理解することは

本当はなかなかできないし

難しいことだと私は思っている。

 

(特に心を扱う仕事をしている人間は

ここを理解しておく必要があると思っている

 

助けるとか

癒すとか

 

おこがましい。

 

自分の心の傷について

取り組んだからと言って

万人の人の心を理解できるわけもなく

 

自分の心の傷について取り組んだことは

ホンの一角に過ぎない。

 

万人に共通する魔法の言葉とか

そもそも存在しないのだから。

 

 

以前、私は

相手から自分を理解しようとされ、
そして
自分も相手を理解しようとする関係性が

とてもいい関係だと思っていた。

でも、これをしようとすると、苦しくなる。

お互いがね。

だからそもそも人は人を理解することは

とても困難だし出来なくて当たり前だと

思うようになった。

そしたらフッと力が抜けたんだよね、、、

たらねばならぬ
何々であるべき

この匂いがきつくなってたんだと思う。

でも本来は人は

この森野さんが言うておられることを

実は望んでいるし

そうでありたいと願ってもいるんだよね。

私が森野さんの言葉を借りた理由は

ただ一つ。


人をバカにして舐めんなよ。


ってことです。

(まぁ、例えば下記のような

過去があるにとって、、、って話なので💦)

 

言葉巧みに相手を騙くらかして

常に悪者に仕立て上げて

己の非を棚上げして

年齢差別をし

性差別をし

相手の言葉を抹殺し

語る時間も与えずに

抑圧だけバンバンかけて

 

「だからお前が悪いんだ!」

 

と。

まだ小さなころからそれをやられ続け
その役を引き受けさせられて

大人にならされたその人の人生

 

 

どうしてくれる?

 

 

それでも、自己責任だと?

言い切れるのか?

周りの環境たちの責任は

 

ない。

 

と言い切れるのか?

このお正月は

のんびりさせていただいたのですが

その間に観たテレビ番組で

アスリートの番組があった。

有名だったのに突然消えた

アスリートたちのその後の話。

この中で兄弟姉妹の話もあった。

そしてそこに、あきあらかに

マスゴミたちの配慮ないインタビューによって

深く傷ついたお姉さんの話もあった。

よくもまぁ

「美談」として放送できるよねと思ったし

私の家族も同じ言葉をみながら発した。

 

 

(テレビ局側にも私らには分からん

事情があるんだろうけれど、、、)


勿論その物語は

その人たちの経験です。




でも、それは当人たちだけの責任で

その経験をしたわけではない。

むしろ

経験させられたんだよ。

自分で選んでなんかない。

 

(これも含めたものが経験なんだとも思う。

だけど、それでも言いたい。)

 

周りの環境たちの

あまりにも配慮の無い行動や言葉たち。

みながら あきれた。

今一度

森野さんの言葉を読み返してみて欲しい。

尊重。

大切な人との関係で

これができているといいね。^^

 

今日は

 

「あなたは尊重され否定されない権利がある。親子・夫婦関係」

 

ってお話でした^^

 

カウンセリングを受け

深堀りすればするほどね

腕のいい人でなければ

セッションが成り立たなくなることがあります。
(私の経験上ですが、、、(^^ゞ)

 

だって先にも述べたように

 

そもそも、人を理解することは

本当はなかなかできないし難しいこと。

 

特に心を扱う仕事をしている人間は

ここを理解しておく必要がある。

 

助けるとか

癒すとか

 

そんなの、おこがましいわ。

 

自分の心の傷について

取り組んだからと言って

万人の人の心を理解できるわけもなく

 

自分の心の傷について取り組んだことは

ホンの一角に過ぎない。

 

そもそも万人に共通する魔法の言葉とか

存在しないのだから。

 

 

 

 

 

 

お分かりだと思いますが

ここに挙げる私のブログの例など

ホンの一部です。

 

だから、万人に言えることではないです。

 

その一部の誰か必要な方に

お伝えできればOKです^^

 

そして、私も未熟です。

 

お仲間や尊敬している方々の力を

お借りし、お伝え出来たら

それで満足です^^

 

 

 

年明け最初のブログでした^^

 

どなたか必要な方に届きますように…

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

12月

31日

機能不全家族、それぞれの役割をされている方々へ。親子関係

「機能不全家族、それぞれの役割をされている方々へ。親子関係」

☝本日のアメブロ記事

 

今年も暮れていきますね。

 

今年最後のブログは、機能不全家族の

それぞれの役割を

担ってこられている方々へ

向けたメッセで閉めたいと思います。

 

私のところに来られて、あともう少しで

機能不全家族の役割から

降りることができる、、、ってところで、、、

家族から引き戻そうとされるケースが

あります。

(99,9パーセントの方が

引き戻されることはないのですが(苦笑)

 

なぜ?

 

機能不全家族のなかで

やっと本来の自分を取り戻し

自由を手に入れ

今までの自分を解放するプロセスの中で

ほかの役割を担っている家族達が

たちまち困ってしまうからです。

 

その人が本来の自分を取り戻し

自由を手に入れられると

今までその人が担ってくれていた役割を

する人が居なくなり

その代わりに自分に火の粉が降りかかり

その役割を担わされてしまうことを

最も恐れるからです。

 

苛められていた人が

その役割を降りてしまうことで

今度は自分に回ってくる、、、

ってことですね。(;^_^A

 

嫌でしょう?

 

それは絶対何が何でも引き止め

その役割を担い続けていただかねば

なりません、、、

 

さて、、、

 

こちらのブログを読んでみられてください。

 

私の尊敬している

須藤雄二さんのブログです。

 

 

「アダルトチルドレンのお金の悩み!お金が入ってこない!お金が稼げない!何とか出来ますか?」

l

 

 

分かりやすくお金の傷について

書かれていますけど、、、

 

ようは

 

支配とコントロールという呪縛から

解放されましょう!

自己価値観を奪われないようにしましょう!

 

って言うてはりますね、、、

 

例えば

支配とコントロールにまみれ

例えば良い子をし続けてきたけれど

一旦その良い子では居られなくなり

優等生ができなくなって

屈辱を味わった兄弟。

 

それでも、また優等生に復活し

「条件付きの愛」でもいいからと

頑張っている自分。

 

それ本当にやりたくてやっていますか?

 

そうじゃないから、本来の自分を取り戻し

自分の人生を生きようとしている兄弟を見て

嫉妬し

羨んで

怒りが出てるんじゃないですか?

 

だから、メンタルをいじって

引き戻そうとしてるんじゃないですか?

 

そんなことやったって無駄ですよ?

 

その人には全然響いていません。

 

その人は何も困っていません。

 

あなたの思う通りには決してなりません。

 

なぜなら、もうそこから完全に

離れてしまっていますからね、、、、

 

色々ね、ちょっかい出して

生霊飛ばしていても

その人が何も反応しなければ

自分に倍以上のエネルギーで

跳ね返りますよ?

 

生霊って生きてるからね、、、

自分に引き戻ってきたときのダメージは

そりゃ相当です。

 

念を送れば送るだけ

自分のエネルギーを使い果たしていますし

それを受け取ってもらえなかったら

それ以上のダメージです。

 

っま、それもね

やってる人が覚悟のうえでされてるならば

そりゃ勝手ですけどね、、、

(あ~~痛々しい、、、)

 

次に親御さんたち。

分かりやすく言うならば

さっさと子離れしましょう。

共依存で育てられた子供たちは

親はそういうつもりなくても

子供は十二分に感じています。

 

そんなつもりなかった?

 

それは本当か?

 

本音はそうか?

 

本当は子供から

自分たちが見捨てられるのが

怖かったんじゃないでしょうか?

 

そして、そんな親御さんたちも恐らく、、、

 

 

機能不全家族で育った、、、のでしょう。

 

他人を批判し他人の不幸を笑って

他人を蔑みバカにして

自分たちが良い気分になる。

 

これが機能不全家族。

 

そんな親御さんたちにも

幼少期、適切なサポートがあれば

よかったんだろうなって思います。

 

良きモデルが無かったんだと思います…

 

 

 

ぶっちゃけな、

 

そんな人の気持ち、痛いですね、、、

 

何故痛いと感じるのか。

 

私らは自分の中に潜んでいるものを

ちゃんと認め受け入れないと

そういう人の気落ちに

寄り添えないんですよ…

 

だから、誰も責められない。

 

 

子供は、兄弟は、コントロールも支配も

 

できません。

 

もしできているとしたら

それは不健全です。

 

 

私は、この不健全を健全な関係に

一つの家族でもいいから

サポートしていきたいと思っています。

 

方法は何でもいいんです。

 

気学を使った運気上げ。

様々なブロックを解除するアクセスバーズ

免疫システムにダイレクトに働きかける

アクセスボディプロセスのMTVSS!

まずは今の状況を客観的にみるための

カラーボトルや

様々なカードを使ったセッション。

インナーチャイルドのワーク。

過去性の催眠療法

エリクソン等々

 

引き出しはナンボでもあります。

 

そこから間口を広げて

ご自身のなかで日常潜んでいて

隠れんぼしているものを見つけて

自分を開放されてみませんか?

 

まずは今、目の前に立ちはだかる問題から

始めてみましょう^^

 

今日は

「機能不全家族、それぞれの役割をされている方々へ 親子関係」

ってお話でした^^

 

誰かが自分よりも背負っている荷物を

1つでも降ろしていき

楽になっていくのを見ると

 

羨ましいと思う。

 

その裏に隠されている思いは

 

「私も荷物を降ろしたい…」

 

じゃないでしょうか?

 

そしてその荷物を降ろすことを

自分に対して許せないのは

なぜでしょうか?

 

荷物を降ろすことで

一体何を失うことを

恐れているのでしょうか?

 

では逆に、、、

 

荷物を降ろすことで

可能性として広がることは何でしょうか?

 

 

そして、

 

失うものと

可能性が広がることを

比較してみたとき

自分はどちらを欲しますか?

 

生霊を飛ばしているときの

消費するエネルギーは

どうやって補充しているのでしょうか?

 

その補充しているときの自分の姿と

可能性が広がった時の自分を比較してみて

どちらが人生、生きやすいでしょうか?

 

 

今年最後のブログでした^^

 

元日2018年1月1日13時30分からの

第一回目のラジオは

「かわいそう」についてお話します^^

 

相方のようちゃんと12月21日に

録音してきました^^

 

宜しければ聴いてやってくださいませ^^

 

今年も一年長い長い私のブログを

毎度読んでくださっていた読者様

偶然ネットサーフィンで私のブログを見つけ

登録してくださってた読者様

 

ありがとうございました!(^^)!

 

また来年もよろしくお願いいたします(#^.^#)

 

 

ふじたカウンセリング

藤田 侑杏恵

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2017年

12月

25日

大阪で講話をさせていただきました^^ そこで二人にアクシデントが…親子関係

「大阪で講話をさせていただきました^^

そこで二人にアクシデントが…親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

12月23日土曜日

アンガーマネジメント講師の「いなっち」こと

稲田尚久さんと一緒に大阪のあるところにて

講話をそれぞれでさせていただきました^^

 

いなっちのFacebookは

最後にリンクしますね^^

 

今回、いなっちと一緒に

お話させていただくのは夏以来二回目^^

 

夏はコラボでさせていただきました。

 

が今回はコラボではなく

若い人への勉強会みたいな感じで、

それぞれ、皆さんにお伝えしたいことを

お話させていただきました。

 

実はですね、この日、それぞれ二人に

アクシデントが起こっていましたwww

 

 

 

いなっち、

 

なんと、

 

資料を岡山の自宅へ忘れて来ちゃいました。

 

昨夜印刷して用意していたのに

さぁ、お話しするのに準備をしようと思い

カバンから資料を出そうとして

そこで初めて気が付く、、、

 

 

 

いなっち

「あ、、、

 

 

 

資料

 

 

 

 

忘れた・・・」

 

 

「え?

 

うそ、

 

ホンマに?

 

なんか、、、原本とか、

 

スマホにもないの???」

 

 

いなっち

「・・・

 

無いわ…」

 

 

こういうこともあるんですね

 

人間だもの、、、

 

 

で、いなっち、どうしたか。

 

 

パソコンあるし、映像でみせながらやるか、、、

 

と一瞬考えます。

 

ですが、会場の環境上

それはちょっと難しいと判断する。

 

で、そこでいなっちの頭の中の脳は

きっとフル回転だったと思います。

 

検索してたんですね、きっと、、、

 

「まぁ、ええわ。

 

これはきっと

”他の話をせい”

いうことですわ^^」

 

 

 

はやっ!

 

 

切り替わった!!!

 

 

です。www

 

 

で、いなっちは難なく講話を終えたのでした。

 

 

私はいなっちの次だったんですけどね、、、

 

なんせ私、極度の「緊張症。」

 

どうせ誰も信じないでしょうけどね、、、(#^ω^)

 

しかも「若い人のための時間」

…とお聞きしていたんですけどね、、、

 

参加される方々のお顔拝見してたらですね、、、

 

嘘やん!!💦

 

私より皆さん年上やん!!

 

っていう方も結構混じっていてですね💦

 

今までは若い人、もしくは

同世代が多かったんですけど、、、

今回は様子が違う。

確かに若い人も居ますけど、、、、(;^_^A

 

で、何度もトイレへ駆け込む~~~~www

 

 

でも、話しだしたら

通常通りなんですよね、、、

 

おっほっほ!!

 

 

私の方は、相変わらず

その時話したいと思った内容で

勝手にこのお口がしゃべりだすに任せて

終えました(笑)

 

 

そうそう、私の方のアクシデントはですね、、、

 

前夜から始まりました。

 

愛犬ちわちゃんの様子が

またおかしくなりましてね、、、

 

で、これは明日病院へ連れて行かんと

あかんなって思ったわけです。

 

で、そこで

翌日の講話の時間は

大阪で16時開始だったので、、、

朝早く連れて行けば

十分間に合ったんですね^^

 

なので、土日は混むので少し早起きして

連れて行きました。

 

そしたらですね、いつもの担当医が、、、

ネットで調べて勤務表見てから行ったのに、、、

年末で不規則になっていて

お休みされてたんです。

 

で、

「がびーん、、、」

ってなったんですが、

 

事務の方が機転利かせてくださいまして

大阪へ仕事に向かうのに間に合うように

かつ愛犬を当初診てくださっていた

副院長先生に回してくださったんです。

 

しかも、副院長先生は外科医なので、、、

今回の所見では外科医の先生に

診てもらった方がよい症状でしたので、、、

 

二重三重のラッキー~~~♪

 

まず、昨夜から症状が出ていたこと。

翌日の仕事には十分間に合うように

病院へ行けたこと。

担当医は居なかったけれど、症状からして

外科医で、しかも仕事に間に合うように

配慮していただいたこと^^

 

もうラッキーでツイていました^^

 

さて、何が言いたいか

もうお分かりでしょうか。。。

 

 

 

いなっちは、今回資料忘れた。

でも、そこで昨夜用意したのにも関わらず

忘れた自分を責めるのではなく

切り替えて「別のお話をしなさい」

ってことだなと解釈し

今までの経験を資源に

無事にお話を終えました。

 

これは、経験をさらに

強化された形ですよね、、、

 

今までにも失敗

(果たして失敗なのかは謎ですが)

されてきたと思いますが、、、

それも、きっと失敗に終わらせては

来ておられんでしょう。

 

 

 

私の方は、捉え方です。

 

ここ数週間休暇なしで

ゆっくり一日お休みした日がないです。

 

ですから、久々に

午前中のんびりして行こう。

と思ってたんですね。

 

でも、愛犬が調子悪くした。

 

それを

 

「休めない、、、」

 

ではなく

 

逆に

 

「病院へ行ってからでも間に合う時間帯で

良かった!」

 

と思えました^^

 

そしたら更にツイてることが

連続で起きます^^

 

 

私たちの脳は賢いんですよ。

 

必ず検索掛けてくれます。

 

その時、自分は何を選ぶかです。

 

 

時々宿題をクライアントさんに

出すことがあります。

 

そうするとクライアントさんは

日常では気にも留めなかった内容の宿題を

気に留めて検索して

ちゃんと見つけてきてくださいます。

 

次回のカウンセリングの時

その検索掛けることができた自分に

自信を持ちます。

 

そして、それを次は応用していくんですね^^

 

つまり

 

選べるんです。

 

何を見つけ

何を選択するか。

 

ってことをね。^^

 

今日は

 

「大阪で講話をさせていただきました^^

そこで二人にアクシデントが…親子関係」

 

ってお話でした^^

 

 

 

「今日一日最悪だった!!」

 

そんな日もあるよね。

 

そんな日は、もう顔をあげ目線をあげては

過ごせない。

 

ついついイライラ、悶々して不安と恐怖と

その恐怖を抑えるために

怒りを使って発狂したくなる。

 

するとですね、、、思考はどんどん

検索掛けるとき、悪い方悪い方へ行ってしまうんですよね、、、

 

例えば、そんな日は帰り道

対向車線から走ってくる車が

右折するときパッシングして譲ってくれても

何も感じないかもしれない、、、

 

でもね、余裕があるときは

 

「ああ、ラッキー!

ありがとうございます(#^.^#)」

 

って心から思えたりする。

 

表面上の

 

「ありがとうございます。」

 

じゃないんです。

 

ここ大事。

 

表面上の形だけの頭下げて

 

「ありがとう」

 

はね、自分自身納得してないの。

 

だから言っても心に入ってこないです。

 

 

心から、「ああ、有難い」って思って

頭下げて会釈するとね

心も体も一致してるから

 

ス~って入るよ^^

 

そしたら、些細なことでも

 

ツイテル!!

 

って思えてくる。

 

すると、どんどんツイテルことが

雪だるま式に増えていくかもしれません^^

 

捉え方=選び方

 

かもしれませんね^^

 

まぁ、これにはね

生い立ちも大きく影響します^^

 

でも、その生い立ちを

カウンセリングによってフィルター

(生い立ちからくる思い込み)を

変えることはできますし

 

過去の出来事は変えられなくても

フレームは(見方)は

変えることができます。

 

もし、今、生い立ちからくる捉え方や選択に

パターンがあって

繰り返してることがあるのなら

カウンセリングも選択の中に

入れてみてください。

 

私たちはいつだって

あなたのその勇気を歓迎いたします^^

 

 

Facebookで最近こんなことを

ブログ投稿の際、最後に

書いたことがあります。

 

「私は経験が著しく乏しい人間です。

だから社会に出たとき、とても苦労しました。

 

今でも面倒くさいことがあります。

今は自分の好きな仕事を

させてもらっているので
仕事のことで学んだり繋がったりは

楽しいと感じます。

 

だけど、ふと”面倒くさい”と

感じる時があります。

 

だからね、できるだけ経験って
しておくに越したことないんですよ…」


経験をし、失敗をしたとき、

私たち大人は子供のサポーターとして、

その失敗ごとOKにできるといいね。

失敗したことで、責められ、なじられるから

「面倒くさいことになった。」

って思う癖が付くんです。

面倒くさいことはもう

過去のあの経験によって御免だと思うから

経験できるチャンスが来ても

そこから自分を遠ざけてしまいます。

自分を守るためにね。

でもそれホント?

ほんとに自分を守れるの?

先々でも、、、

いいえ、守れませんよ。

その経験をしたことで

得る物がたくさんある。

 

そしてその得たものは
社会に出たとき、やっとそこで

闘う武器になり、

自分を守る盾になり矛になり

 

役立つんです。

 

 

 

 

 

だからね

 

子供のサポーターの皆さま^^

子供から経験は出来るだけ

奪わないで上げてくださいましね、、、

そして何より、失敗の経験を

歓迎してあげてくださいませ!(^^)!

 

 

 

稲田尚久さんFacebook

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

12月

17日

子育ての最終目的は何ですか?子育てで大事なこと。親子関係・人間関係…2

 
後半についてです。
前半では
子育ての最終目的とは
「自分の人生に責任を持つ。」
又は
「自分の人生に責任を持とうとする。」
(自分の人生の舞台では
自分が主役でしょ?
なのに脇役の人たちが
あなたの人生の舞台で
あーだこーだ言うのは
そもそも、おかしいでしょう???)
ということ。
1 自分が困ったときに
   助けを求められること。
(ただし、、、そういう関係性をその前に
築けておくこと大事ね、、、)
2 何か人生の岐路に立った時に
自分で考えて自分で選択種を色々探せて
自分で最終的に決断できること。
3 沢山、「失敗」を経験をすること。
についての2と3について書きました。
今日は残りの1について書きますね。
1の助けを求められること。
これは良く言う
「人様に迷惑を掛けなさんな。」って言う。
これは裏を返せば、
「誰にも助けを求めてはいけません。」
っていう裏メッセージを
嗅ぎ取る可能性をはらむ。
だから子供は困っても言うに言えずに
最悪の事態になってバレて大事になる。
もう一つ
「ややこしいことに首を突っ込みなさんな。
自分も巻き込まれるんやで。」
これは
「困っている人が居ても
助けてはいけません。」
っていう裏メッセージを
嗅ぎ取る可能性をはらむ。
そしたら、人と繋がることが困難になる。
人と繋がることが怖くて
人が信頼できなくなる。
更に前回のブログで書いた
2と3について
そして今回の1について
 
これらの経験が極端に少なかった
又は、あまりない場合
失敗の経験も極端に少ないか
又は、あまりないということになる。
 
そしたら・・・
人を見る目も培われないということにも
なるんじゃないでしょうか…
 
親は子供を守りたくて伝えてるんだけど…
それは実は子供を生き辛くさせる思考を
植え付けてることになりはしないか?
 
さて、もう一度問うてみる…
 
子育ての最終目的は何でしょう?
 
大半の人は親が先に死ぬ。
親が居なければ何も決められない。
誰かに誘導してもらわないと
どっちへ行ったらいいか分からない。
これね、下手すりゃ社会に出て
貢献できないことにもなりかねない。
じゃぁ、
今から全て自分でできるようにさせないと💦
と今焦っておられる方がもしおられたら…
いきなり、それされたら
今度は子供側は困惑し
「急に親から見捨てられた!!」
と思うかもしれません。
いきなり
それ、できるようになるわけじゃ
ないんです。
小さなことからです^^
例えば今日、自分が着たい服は?
そのセンスが親の目から見て
アンバランスでも、
自分で決める。
 
ということです。
誘導ではなく
子供が
自分で悩んで
自分で考えて
自分で選んで
自分で決める。
ということです。
そして
その決断を親は
歓迎したり
応援したりする。
ということです。
そんなことからですよね、、、
まだお子さんが小さい方は
そこから徐々にチャレンジされては
いかがでしょうか?
もう結構大きいお子さんなら
交渉、会話、話し合いは
ある程度できるでしょう。
(それさえ今の時点でできないほど
困難な関係になっておられるのであれば
お問合せくださいませ。)
「あなたはどうしたいの?」
「本当のところは?」
って聞いて確認していくことですね。
だからって親側は 
○○って応えて欲しい。
…とか思ったりせずね^^
子供の意思を尊重するんです。
例えば中学卒業したら
義務教育は終わりですね。
そのあと高校へ進学するのか
就職して働くのか?
これ、
本人が決める権利があるんです。
結構15歳という年齢では
大きなことです。
それを決めるには、それまでに
色んなことについて
自分で考えて
自分で選択して
自分で決める。
 
というプロセスの経験を1つでも多く
失敗の経験も1つでも多く
積んでおく必要があります。
何より大切なことは、親側に
子供が安心して何でも言える
「空気」と「環境」を用意できること。
でもね、そこで、親側にどうしても、これを
うまくできないってことが起きたなら
親の生い立ちの中にそれをさせたくない
何かが埋め込まれている可能性があります。
(凝り固まった思考の人には
なかなか通用しない考え方だからね。
例えば、世間の波に飲み込まれている。
又は世間体重視思考の人ね。
だけどそれ、
最初から持っていたものじゃありません。
刷り込まれた”もの”(思考)です。)
それを思考ではなく
メンタルから手放せたなら
すんなりお子さんのサポートが
しやすくなると思います^^
メンタルと行動、思考は
繋がっているんですね^^
今日は
「子育ての最終目的は何ですか?
子育てで大事なこと。
親子関係・人間関係…2」
ッてお話でした^^
カミングアウトしますとね…
てか、ラジオでも話したことありますけど…
私も大概な親でしたよ。
ホントに思い出しただけでも恐ろしい…
鬼ババァ〜
クソババァ〜
でしたwww
心の底ではこんな言動したくない
こんなこと子供たちにしたくない。
そう思ってるのに、
それを許さない私が居てね、、、
それはもう、夫も含めて子供たちは
大変でしたwww
だけど、、、
そこに気がつけるタイミングが
何度かあって
何度目かで徐々に行動へ
移せるようになりました。
そのタイミングは、人によって違うし
その人に丁度のタイミングでやってきます。
一気には無理です。
だから、少しずつでいい。^^
自分の人生に責任を持つ。
又は持とうとすること。
自分の人生の舞台では
自分が主役を張ること。
この気づきに親自身が出会えたなら
あとはもう一歩前へ^^
私たちはいつだって貴方のその勇気を
歓迎しますとも^^
追記…
最初の方に書いた「迷惑」について。
「迷惑をかける。」
人は誰にも迷惑を掛けずには
死んでいけません。
色んな人の手を借りて助けを受けて
人生を生きていく。
ただね、この迷惑。
「質」によります。
そこについて分かりやすく
書いておられるのが
矢野先生のブログです。
Facebookでは既に先日
シェアさせていただきましたが、、、
とっても大事なことです。
是非読んでみられてくださいまし!(^^)!

 

 

 

0 コメント

2017年

12月

11日

子育ての最終目的は何ですか?子育てで大事なこと。親子関係・人間関係

 

以前以下のブログを書いた際

「次回は子育ての

最終目的について書きます。」

と言うておきながら

なかなか書けませんでした。

 

下書きは沢山あるのですが

なかなかまとめ仕上げるまで行かない💦

 

「男尊女卑の中で育った子供の行く末。親子関係」

 

さて、本題ね。
子育ての最終目的はなんでしょう。
今日はそんなことを
書いていきたいと思います。
子育て中のお母さんお父さん
結婚していない
結婚していても子供がいないって方は
自分のご両親様とご自身の親子関係を
思い出しながら
これから先、結婚も考えている。
この先、結婚するかはわからないけれど
子供はいづれ本当は欲しいし
産み育ててみたい、と思っている。
結婚しても子供を産み育てる勇気がない…
そんな方々も宜しければ
お付き合い願えたら嬉しいです^^
ようはこのブログによって読み終えたあと
子育てを(人間関係にも繋がります。)
少しでも「重く」ではなく
「軽やかに」思えたらいいなと思いながら
書こうと思っております^^
(っと言いつつ、、、
軽やかにならなかったりして💦
おっほっほ!!)
子育ての最終目的とは
「自分の人生に責任を持つ。」
又は
「自分の人生に責任を持とうとする。」
(自分の人生の舞台では
自分が主役でしょ?
なのに脇役の人たちが
あなたの人生の舞台で
あーだこーだ言うのは
そもそも、おかしいでしょう???)
ということではないかと思います。
よくある育児書なんかで
「自立」っていう言葉があると思います。
これ大事ですね本当に…
で、じゃぁ、「自立」ってなに?です。
ここからは 藤田侑杏恵流です^^
1 自分が困ったときに
   助けを求められること。
(ただし、、、そういう関係性をその前に
築けておくこと大事ね、、、)
2 何か人生の岐路に立った時に
自分で考えて自分で選択種を色々探せて
自分で最終的に決断できること。
3 沢山、「失敗」の経験をすること。
大きく分けてこの三つかなって^^
(勿論他にも色々あるけどね。)
親は子供たちがこれをできるように
「安心」と「何でも話せる環境」を
用意できる親であること。
つまり
子供たちに対してその「場」の「空気」を
用意できる親であること。
では、その為には???
親側に幼少期に受けてきた思考や呪縛を
いったん手放す必要があるかもしれません。
例えば、、、
2で書いた、自分で考えて自分で選択して
自分で決断できるようにするプロセスを
見守る親側。
(3にも最終的には繋がります。)
見守るとは「子供を信頼して待つ。」
ということです。
待てますかね…
まず親は経験済みだったりすると
子供が何かを
思い
考え
やろうとした時に(行動に移す時に)
その結果失敗することは
目に見えていたりする。
するとその経験(失敗)をさせたくないので
最初から成功する方向に
誘導してしまったりする。
誘導されて成功したとしても、、、
子供は
「自分の力だけで
やった感じはしていない。」
だからちょっとした
”しこり”
が残る。
子供側にね。
で、不満が蓄積される。
「自分で最後までやりたいのに、
なんでいつも横からヤイヤイ
言うて来るねん!!」
とね。
でも、こういう子供からの訴えに対して
「何言うとんねん。
お前が自分でが決めたことやろう!」
「いえいえ、ちゃんと子供に聞いて
子供に決めさせたました。」
って言い切る親もいる。
(でも、抑圧掛けて「自分で決めた」
ように見せかけている
可能性もあるのです。)
勿論、親側は子供のためを思って
いつも考え行動しているつもりだし
子供に自分で決めさせているつもりだし
誘導してるつもりは
全くない…
でもね、それ、
誘導だったりします。
「誘導」
「信頼して任せる」
のは
違います。
「誘導」とは
選択種をそれしかないかのように思わせて
そこへ引き込む。
結局、子供たちから貴重な経験を
奪うことになる。
失敗を重ねることで
成功へのプロセスを経験し
その経験が未来で大切な
「いつか役に立ち使いこなせる道具」
になる。ということです。
その道具を
手にすることができなかった子供は
何も持たせてもらえぬまま、、、
又は武器も槍も矛も持たせてもらえぬまま
人生という大船に乗り込むことになります。
それって、
年齢は成人していて
見た目は大人の姿してるけれども
社会に出てどうなるかです、、、
生きる力の一つである「経験」
これは多いに越したことがない…
と思うのです。
「信頼して任せる。」とは
失敗してもその経験を積むことで
何かを得て成長することを知っている。
つまり
乗り越える力を
持っていることを知っている。
ということでもあります。
親だって長年生きてりゃ、
そりゃ失敗の経験もしてきているでしょう?
その経験をしたとき
ただでは起きて無いはず。
その自分を知っているからこそ
子供にも
その目を向けられるということです。
その大きな目(大きな広い心)で
見続けられることで彼らは安心して
チャレンジできるんです。
”失敗するんじゃないか?”
”大丈夫か?”
”失敗したら落ち込んで
がっかりするだろう。”
そんな思いしてる姿見たくない…
そういう心配の目
(監視の目?)
で見続けられたら
彼らは安心して臨めません。
では最後に残った
1 自分が困ったときに
   助けを求められること。
これについては
長くなるので次回ね、、、
今日は
「子育ての最終目的は何ですか?子育てで大事なこと。親子関係・人間関係」
ってお話でした。
 
親はいつだって
子供を守りたいと思うものです。
 
子供が苦しんでいるときは
変わってやりたいと願うものです。
 
そして何もできない自分自身に対して
苛立ち、怒り、無力感で一杯になる。
 
でもね、少し厳しいようだけれど
もう少し長い目で見てみましょう。
 
私もかつて子供たちを守りたくて
必死でしたし、上記で書いたようなことは
日常でしてました。
 
だけど、それは
子供の成長を妨げることであり、
私自身が何より自分で自分の首を
絞めているようなものでした。
 
そしてその親の姿を見て
子供たちはもっとしんどい思いを
していたんですね…
 
どの親御さんに対しても思うことは
 
「自分の人生の舞台では
主役を張って欲しい」と。
 
そしてその姿を見せることで
子供たちも生き方を学んでいく。
と思うのです。
 
そしてそれは良きモデルになる。
ということでもあります。
 
次回へ続きます…^^

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

12月

08日

安藤庵へ行ってきた!SS健康法大元です^^

「安藤庵へ行ってきた!SS健康法大元です^^」

☝本日のアメブロ記事…

 

「安藤庵」へ行ってきた!

 

「SS健康法」っていうのを櫻井詢晃さんから

伝授を受けたのですが…

 

その大元がこちらの

「安藤庵」の安藤先生^^

ツーショットお願いしました^^イエイ!!

 

ちなみに「SS健康法」とは…
櫻井詢晃さんのブログをご覧ください。
SS健康法・伝授会のご案内

 

 

ちなみに、、、

ふじたも「SS健康法伝授会」開催できます^^

お問合せくださいませ^^

 

とにかく先生めっちゃ

 

おもろい!

 
あっという間に施術は
終わってしまったのでした、、、
 
奈良からだと日中混んでると
往復3時間くらい。
 
施術時間は1時間くらい。
 
でもね、、、
それでも受ける価値アリアリでしたわ…
 
何度もお伝えしてきておりますが、、、
 
「体と心は繋がっている。」
 
私は小学校入学前の健康診断で
「不整脈」が分かり、その後、
下半身のむくみとか、頭痛とか、腰痛、首痛、胃腸弱くてすぐ壊すとか、、、
 
っま、いろいろあってね、、、
 
で、櫻井詢晃さん経由で
安藤庵の安藤先生と
Facebookでも繋がっていただき
これは年内に一回は安藤先生から
施術を受けておきたいと願ったわけです。
 
SS健康法も先生から直接
受けてみたかったしね、、、
 
 
でですね、、、施術を受けて見て、、、
 
一個だけシェア!させてください。
あ、二個だ。(笑)
 
私の不整脈は
先天性ではなかったんです。
 
そもそも、生まれつきの不整脈って
なかなかないそうで、、、
 
知らんかったわぁ~~~www
 
 
「恐らく、その小学校入学前の
健診の年になるまでに
何かあったと思うよ、、、」と。
 
まぁ、これがまた
優しいお顔でおっしゃるわけです。
 
「憂い、心配、不安、恐怖、悲しみちゃん」を
抱えて生きてきたでしょ。
だから、こんなことは言ってはいけないけど
そんなあなたがお子さんを先に亡くされた。
通常癒えるのに3年はかかる。
でもあなたの場合は
それ以上かかってるでしょ。
そしてその経験が今、
この仕事で生かされている。
通常の人より共感性は高いはずです。
慈しみの心。
ぴったりのお仕事をされていますね。
 
みたいなことを言っていただきました。
 
泣きそうでした。
(泣かんかったけど。(*ノωノ) イヤン
 
この
「憂い、心配、不安、恐怖、悲しみちゃん」
はね、人によって違うんですね。
 
体に出ている症状をみて
どこから来ているかを
安藤先生が見極めて教えてくれるので。
 
もう一つ。
腰、私ねじれてたんです。
これ自覚してました。
 
右肩も下がってるしね。
 
でも、この腰のねじれ、、、5秒で治まりました。
 
うそ!!
 
いえいえ、ホンマに。
 
で、首ね、
 
治してもらったけど、そのせいか
今日は頭痛~~~
 
でも、自力で軽くする方法を教わってるので
それやってます。
 
私の頭痛は薬では効かない。
 
神経が水膨れした状況だからだそうです。
 
これも、びっくりやった。
 
神経が水膨れって、、、およよ~~~
 
でした。
 
とにかく新たな発見ばかりでして、、、
 
おもろいし、楽しいしで、、、
 
正直
 
もーちょっと居たかった!!
 
とほほぉ~♪笑笑!
 
ってわけで今日は
 
「安藤庵へ行ってきた!SS健康法大元です^^」
 
ってお話でした。
 
子供は一心に親の心を引き受けようとする。
それは無意識に。
 
だから幼い時期に起きた出来事達は
記憶の倉庫に奥の奥へと仕舞われて
もうどこにあるのか
見つけられなかったりする。
 
それがトラウマですね。
 
トラウマって
「私これトラウマやねん💦」
って言う人居るけど、それ間違いなく
 
トラウマじゃないです。
 
トラウマはショッキングすぎて
無かったことにする。
 
でも、「ある」のね。
 
これ事実。
 
「ある」から厄介。
 
でも本人は無かったことにしてるから。。。
 
endless。。。
 
見つけられなかったとしても
セッションを受けたり
施術を受けたりすることで、
心と体の繋がりを知るきっかけにはなる。
 
体のメンテナンスが進めば
おのずと
心の方も芋ずる式に引っ張り出される。
 
またその逆もあります。
 
どっちが先でもいいの。
 
そんな体感、経験はあなたの(私の)
人生に花を添えます。
 
その経験があったからこそ
今のあなたが花を咲かせて
生きていられるのですから…
 
今のあなたは 花そのもの。
花咲かせてるんです。
 
(たとえそれが、どんな花であってもね。)
 
無自覚でしょうけどね。。。
 
おっとっと(;^_^A
いつものごとく
話がまとまらなくなってきたので
この辺で~~~
 
安藤先生~~~♡
 
ありがとうございました!!
 
安藤先生のFacebookはこちらですよ~~~^^

 

 

 

0 コメント

2017年

12月

06日

MTVSS何が起きるか分からない。メンタルと体はやはり繋がっている…

前回の、としこさんのMTVSSモニターセッション

 

 

の感想の続きになります^^
「セッションの後
”いつも通り過ごしていい。”
と聞いたので、筋トレに向かいました。
道中、高木ブーは、‘うっすら’と
脳裏にいました。
さて、筋トレ。
「なんだか体が軽い!」 
楽々いつものメニューをこなしました。
一週間前に全身マッサージ受けたせい?
きっとそうにちがいない!
なぜかそう思いたかったんです。
その日は、とてもかる〜く過ごしました。
翌朝、起きたときの体の軽いこと!
脳裏にいたおっさん⁉︎
どこか行きました(笑)
で、朝からヨガに行きました。
今日は、とにかく汚いモノを出すイメージで
呼吸に気をつけました。
『玉ねぎ頭』をイメージしてください。
玉ねぎのさきっちょから
空気が抜けていく感じで
吐いた息がカラダから抜けて行きます。
玉ねぎのさきっちょが煙突みたいな感じです。
ずっとその感じで呼吸ができて、楽でした。
おっさんをたまに思い出しますが、
存在感は薄くなってきてます。
とにかく身体が楽です。
あのコリは、マッサージだけではなかったと
思います。
じゃぁ何やったのか…?
二週間経ったいまもカラダは、楽です!
カラダの変化は、以上です。
ここからは、大切な気持ちの変化です。
「前を見る」とは、こういう感覚です。
と、言えます。
私は、心配性で
過保護気味なところがあります。
もちろんそんな風に見えません。
と言うことは、常に何かを心配してるのです。
先のことや過去のこと。
何かがあったわけでもないのに。
でも過去を引きずっているから
心配も人以上にするのだと思います。
それが、なくなった!
はい、後ろを見てません。
前しか見えてません。
誰もが一度のセッションで、
こうなるとは言えません。
でもなりたい人は、なれます!
カラダとココロの軽さを
ぜひ、ゆきえさんと一緒に
体験してほしいです。」
~~~~~~~~~~~~~
とし子さん、貴重なご感想を
本当にありがとうございますm(_ _)m
 
メンタルがここまで変化変容するなんて
本当に驚きです。
 
(実は私が一番驚いています。)
体と心は繋がっています。
blogで今までにも
何度も書いてきておりますが、、、
としこさんの感想はまさしく
それが起こったんだなぁ、、、
って感じす^^
私の方は、ただただ手から伝わる感覚で
言葉をかけているだけなので、
クライアントさんに対して
何かを期待するとか全くありませんwww
変化が起きれば、
それに越したことはないのですが、
それはこちらの「思いの押し付け」にも
なってしまうので、、、
もう、すべてご本人にお任せです^^
いつだったかクライアントさんで
こんなことを言ってもらったことがあります。
「カウンセリングでよく見るブログに
「感じろ、感じるんです、
感じることに集中するんです。」
みたいな文言を時々目にしたりするけど…
そして、
それができないから
出来ない自分を攻めたりしてたけど…

侑杏恵さんから
「感じても感じなくても
どっちでもいいよ^^」
って言ってもらった時、
初めて「感じること」ってこういうことなんだ。
って少しずつ分かるようになりました。
 
今まで思考で生きてきてたんだって。」
って言ってもらったことがあります^^
(いえ、思考も大事です^^
思考が駄目とかじゃないんです。
誤解しないでくださいね^^)
こっちの目論見って
嫌なもんなんですよねぇ~
力んじゃうんだね、、、
それは要らんね。
感じなくてもいいんです。
感じていなくても、ちゃんと潜在意識さんは
受け取っておられますから^^
おっほっほ!!
あ!
そうそう、余談ですが、、、
私、座談会とかに
時々呼ばれたりするんですけど、、、
その時は仕事で行ってないからね、
プライベートで行くのね。
そしたら、結構「的」ついて
言ってしまうことがあって、、、
で、相手はムッとする
(すんません💦)
でも、数か月とか数年後に
そのムッとしてた人から個人的に
連絡が来るwww
(あら、びっくり!!(ノ゚ο゚)ノ
で、こう言われるんです。
「あの時は、
あなたって人は、なんて人だ!!
 
と思たけど、、、
私がムッとしたのは
図星だったからであって、、、
あなたは大事なことを私に
教えてくれていたんだよね、、、
最近になって、やっとわかったの。
あの時は
ありがとうございました(#^.^#)」
え~~~!!!!
そなの?
そんなつもりは
全くなく言うてたんですけど、、、
私の無意識が言うてもうたんですね、、、
九星気学で言うところの五黄の私は
後天定位では中宮に居てます。
五黄は嫌われやすい。
全体が見渡せてしまうので、、、
ついつい隠そうとしても相手のことが
見えてしまうんです。
で、そこ言うてしまうので💦
嫌われる~~~
ってことが多々起きます。
それでも、根底にあるものは
自分もみんなも楽になったらいいな
ってところからなんですけど…
話がそれちゃった!!💦
気学の話はまた今度ね^^
今日は
「MTVSS何が起きるか分からない。
メンタルと体はやはり繋がっている…」
ってお話でした^^
としこさん、こんなに詳細を書いて
教えてくださり
ありがとうございます(#^.^#)
次回も楽しみにしておりますね!!
変化を、楽しんでくださいませ!(^^)!
 
モニターセッション残席2名様です^^
ありがとうございます(#^.^#)
お早めに^^
ふじたカウンセリングFacebook
0 コメント

2017年

12月

05日

「MTVSS!何が起こるかか分からない、、、(;^_^Aこれは貴重な体験談です…

「MTVSS!何が起こるかか分からない、、、(;^_^Aこれは貴重な体験談です…」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

「11月22日にMTVSSモニターセッションを

受けました。

ゆきえさんのブログにも

載せていただきましたが

カウンセリングにいらしてる方や

『どうしよう?…』と悩んでおられる方に

伝わればいいなと思い感想を書きました。

 

今年に入り、いろいろとゆきえさんに

お世話になっており

自分と向き合う時期かなぁと

“何気に”思っていました。

 

それとずーっと前にアクセスバーズを

受けたことがあったのを

思い出したのもあります。

 

その時は、イギリスの冒険家キャサリンと

対面した記憶があります。

 

なので、

アクセスバーズとマッサージ?

痛みを取る?

治る?

の関連がイマイチつながりませんでした。

 

最近、カラダがすっきりしなかったのもあり、

エステやマッサージだといいなぁ

と思っておりました。(勝手な想像です)

 

ちょうどその前にカラダのコリがひどい

ということを知ったところでもあります。

筋トレをしてるので、

そんなもんだと思っていて、

お灸やマッサージを受け、

こっていたんだなぁと思ったくらいでした。

 

期待しつつMTVSSモニターセッションを

受けましたが、

一向にマッサージもエステもされる気配なし!

あれれ?と思っておりましたら、

 

なにやら怪しげなおっさん登場!

 

顔は達磨、体つきは弁慶という勇ましい姿で

にらみつけられております。

 

通さない!だめ!守るのだ!

 

と、えらい剣幕です。

何を守るのかは、わかりません。

頭の中でかたくなにファイティングポーズを

とっております。

問答しても答えは出ず。

 

と、ゆきえさんが体勢を変えてくださったら

徐々に顔がゆるむではありませんか!

勇ましい達磨がなんと!!

高木ブーに変身。

ファイティングポーズから

なんか拗ねてるような雰囲気を

出してきました。

 

だれ?

 

と問うても無言で拗ねて見ています。

 

ゆきえさんと問答しているうちに

ゆっくりとすねた高木ブーが

小さくなって、影が薄くなってきました。

 

完全に消えたわけじゃないんですが、

存在感はなくなっておりました。

 

きっとこれは、人それぞれに

見える映像だと思います。

なので見えない方もいらっしゃると思います。

 

ゆきえさん曰く、

今年亡くなったおじさんじゃないかな。

とのことでした。

大好きなおじさん。

急に天国に旅立たれました。

大切な孫のことを心配しながら…。

 

叔父がなくなる前日まで孫は、

高校を中退し、

働かず周りを困らせていたのです。

 

ゆきえさんは、その叔父さんじゃないかと…。

そういわれると、合点がいきます。」

 

 

長いので

後半は次回へ持ち越しますが、、、

 

こういう方もおられます。

 

そもそも、としこさんは、ご自身では

「何も感じない見えない聞こえない、、、」

 

って言うておられますが、、、

こういう方に限って、、、(笑)

 

私も良く言うんですけど同じセルフwww

 

 

でですね、とりあえず次回へ続くので

興味が湧いた方

続きを読んでみてくださいね^^

 

次回はメンタルに大変革が起こった様子を

詳細に書いてくださっております^^

 

今日はここまでで^^

 

 

今日は

 

「MTVSS!何が起こるかか分からない、、、(;^_^Aこれは貴重な体験談です…」

 

ってお話でした^^

 

 

このモニターセッション、初回受けたら

必ず次回もどの方も

ご予約されて帰られます^^

 

有難いです!!

 

残席2名様です^^

 

 

お早めに!!

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

11月

30日

アクセスボディプロセスMTVSSモニターさん三人目&四人目の方の感想です♪

と言っても三人目の方は一回目受けたあと
直ぐに次のご予約をしてくださった
森よしこさん✨(*^^*)
ありがとうございます(*^O^*)
以下は二回目のときの感想です。(^-^)
ふじたカウンセラーのお家から出たら、
とっても、空が明るくて、美しい‼️
1ヶ月前も、そうだった
今日は、2回目のMTVS Sをしていただいた
もうね、不思議なことばかり。
初めての体験で、
可笑しすぎる‼️
まず、ベットに仰向けで寝ながら、
先生の魔術のような言葉を
聴いているだけで、
身体の力がゆるんで、いい気持ちになった。
(注意!:声に出していないのですが、、、
森さんには何か感じたようです(笑)
額と、胸に手を当てていただいてから、
私の身体に異変が起きた
胸の真ん中が痛い。
額が熱い。
頬骨の辺りの圧迫感が
徐々に上へと横棒状態で
上がっていくのを感じた。
胸の真ん中の痛みは
竜巻のような回り方で、
喉へと進んでいくんだけど、
それが苦しくて、
フッフッフッフッ
と、しか息が吐けなくて、
吸うことができない。
頬骨の圧迫感は!目の辺りまで進み、
その時は、ピンクの色が見えた。
胸の真ん中の痛みは、
口から出たがっているのに、
出そうで出ない‼️
先生が、違う方法に変えてくださると、
胸の痛みが、軽くはなったが、
こめかみに痛みを感じた。
そして、お腹の辺りが、
グルグル回っているように感じた。
上から見たら、
蚊取り線香みたいなグルグルが続く。
先生が元の方法に戻されると、
痛みが蘇った。
そして、胸側からと、額側からと、
引っ張り合っているような感覚。
引き剥がそうとされてるような〜
身体の変化もすごかったけれど、
見えたものが、傑作だった。
最初は、
階段が二、三段あって、
お店の柱みたいなところで、
大阪のおばちゃんみたいな人が
「あんた、先に行きや。」
「何いうてんの、あんた、
先行ったらええやん。」
笑えた、笑えた。
次に見えたのが不思議!!!
フラッシュが焚かれたように、
パッパッパと見えたのが、
どこか知らない国の文字が
新聞のように、横書きで並んでいる。
右下に見えた時は、
紙の端が燃えた後のような感じだった。
でも、美しかった。
お腹のグルグルは、消えていた。
うつ伏せになった時は、
大きく息ができた。
腰から足の先へと、
何が押し下げられていく感じがして、
左足が急にかるくなった。
続いて、右足も。
また、仰向けになった。
急に、背骨に沿って、猛スピードで、
何かが延髄の方まで上がって行った。
そして、咳がどんどん出てきて、
すうっと、引いた。
なんか、楽になったなあと思ったら、
今度は、訳がわからないけど、
両脇が痛くなり、
ばたんバタンと、四つのドアが開き、
外国のおっちゃんが出てきた。
私が見えたおっちゃんは、
羽のついた大きな帽子を被った
大きな鼻の、髭がピンとした人で、
黒いベストみたいなのを着ていて、
何やら、指を前に出して、
一生懸命言っていた。
手前のおっちゃんは、
少し年配の方で、セミロングのくせ毛で、
薄茶色頭。
「俺も何とかしてくれ!」
と、誰かの声が聞こえた。
もう、先生に話しながら、
大笑い
でもね、いつだったか、
ふと、右目から
涙が出そうになった時もあった。
めちゃくちゃな
嘘みたいな話だけど、
これは、ほんまに、ホンマ‼️
さっぱり訳がわからない。
でも、これだけは、きっぱり言える‼️
詰まっていた首の後ろの凝りも、肩凝りも
すっかり無くなっていた‼️
それと、心と身体が軽やかだった
爽やかだった‼️
そして、帰り道に見たのは、美しい空‼️
黄金に輝いていた‼️
北の空さえも
薄桃色が少しかかっていたんだけれど、
運転していて、
写真に収められなかった。
あぁ、そうや、
そういえば、シュタイナーの体験をした時も
雲が黄金に輝いていたんだった‼️
ひぇ〜っ‼️
信じられないことがありすぎる‼️
何が私の中で起こっているのかな?
わからないけど、
気持ちよ〜く、ぐっすり眠れそう‼️
バンザーイ‼️
ふじた先生、本当に、
ありがとうございました
四人目の方 前 斗志子さんの感想です。
こんばんは。
今日は、ありがとうございました。
体が軽い!ここ何日かすごくすごーく
身体中がこっていて辛かったんです。
筋トレ行ってるからかと思ってたのですが、今日は、軽い軽い💪

以上、現状報告でした!
そして翌日も変化を
ご報告してくださいました^^
本日の感じ
ヨガに行きました。3回目です。
少し前からアーユルベーダとか迷走…
ちゃうちゃう、瞑想とか、呼吸とかが
気になり、ヨガをしたかったんです。
1回目は、ついていくのに必死。
2回目は、頭がモヤモヤしてたような。
で、今日は、呼吸とともに
スーッと抜けていく感を感じました。
『玉ねぎ頭』をイメージしてください。
さきっちょから空気が抜けていく感じ。
玉ねぎのさきっちょが煙突みたいな感じです。
ずっとその感じで呼吸ができて、楽でした。
おっさんをたまに思い出しますが
存在感は薄くなってきてます。

とにかく身体が楽です。
あのコリは、なんやったんやろと思います。

2日目の前 斗志子でした!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
森さんは、面白かったですwww
私自身、リンパマッサージ受けてる時に
森さんみたいになった経験は
何度かあるのですが、、、
私が施術中にクライアントさんが
似たような状況になるとは、、、www
四人目の前 斗志子さんも急に
「おっさん」出て来るし、、、(笑)
前さんはブログアップする直前に
メッセでやり取りしたのですが
今でも体が軽いそうです^^
嬉しいねぇ~~~!!!
人によって色々なので、
受けられる方が楽しまれたらいいかなと^^
森さん、さん、
ありがとうございましたm(_ _)m
モニターセッション実はあと残席
お二人となりました^^
モニターセッション後は金額が
倍以上になります。
この機会にどうぞ!!
今日は
「アクセスボディプロセスMTVSS
モニターセッション3人目&4人目の
感想です^^」
でした^^
方法は何でもええんです。
自分がこれや!
っていうやつに飛び込んでみるのもありです。
人によってマッチするものしないもの。
それぞれあっていいのだから、、、
以前、私はもう少し小煩くて
耳障りな感じだったかなと思います。
だって、
ちまちま時間勿体無いっしょ!
嫌なところ避けてどないするん!
逃げてばっかおってホンマ、女々しい〜〜〜
ってなぁ〜〜〜www
それで人生終わるのも
そして
来生で頑張るのも
自由だしね。
取っ掛かりが最初はソコ!
てこともあるでしょう?
跳び箱の箱をいきなり6段から
って言われてもなぁ、、、
自分が楽になるんなら
なんでもやってみることです。
そのうちな、
それでは物足りなくなることも
出てくるかも。
そしたら、次
行ったらええんちゃうか?www
ゆるゆるっとな!!
ほな!!
0 コメント

2017年

11月

26日

褒めればばいいってもんじゃないんだよ。そこに本当に何も目論見はないのか?親子関係

まず下の動画を見てみてください。
「笑顔や感謝が
人を幸せにするわけではない。」
って動画です。
最近「星読み」の講座繋がりから出会えた
「さとかとさん」の動画です^^

 

 

ちょっとここで

さとかとさんとは別の方向から見た

私の見解ですが、、、

用は行きつくところは似ていますし、

答えって一個じゃないからね。

 

感謝ってね、湧いて出てくるもんなんだよ。

「ありがとう」って言えば

いいってもんじゃないんだよ。

 

常に笑顔で居れば

いいってもんじゃないんだよ。

無理に笑ってる笑顔なんて

気持ち悪いんだよ。

 

あのね、

口角をあげれば脳が騙されてくれるのは

しばらくの間だけ。

それ永遠には続かない。

確かに行動を変えることは

運気を変えることには繋がりはする。

 

だけど、それを根底で

何を目論んでいてのことで

何を得るためとしているのか?

 

そこに何かブラックなものはないか?

 

ここ、知っておかないとね

そのうち怒りの感情がわくんだよ。

 

怒ってはいけない

そんな風に思う自分はダメな人だ。

 

ってね、

いつの間にか自分にジャッジする。

 

その行為自体が自分に対して

最も残酷なことしてることになるんだよ。

 

でもこれ、どこから来てるの?

ここじゃない?☟

 

学校で道徳の時間

「ありがとう」って

感謝をちゃんと言える人になりなさい。

的なことを教え込まれなかっただろうか。。。

 

そして、笑顔で挨拶!ってな。

 

確かに、むすっとした顔でいるより

笑顔でいる方がいいやろう。

 

けれど、笑顔でいることで

本当は無理して笑っていたとしたら

 

こんなに私は教えを守って頑張ってるのに

何もいいことが起こらない!!

 

ってことに対して今度は怒りがわくんだよ。

 

「ありがとう」って言い続けているのに

なにも変化が起きなければそのうち

「ありがとう」って言い続けることに

怒りがわくんだよ。

 

それをひた隠ししいもって

やり続けたらどうなるか?

 

…って話なんです。

 

さて、ここで、さとかとさんのブログを

お借りして何が言いたいか?

 

 

褒めりゃいいってもんじゃないんだよ!

 

って話とリンクします。

 

 

少し前?だいぶ前?から

「褒めて育てる」っていうのが

流行語のようになった(笑)

 

でも言われ始めたころの背景を見て欲しい。

 

日本人は我が子を人前で自慢することを

良しとはしていなかった背景がある。

人前で褒めることも同じね。

 

むしろ我が子のことを人前で褒めた日には

その親は

「あほう」呼ばわりされていた。

(皆がみんなじゃないけど)

 

そう言われている人を見て

自分もそう言われないようにしてきた背景は

ないか?

 

だから、我が子に対して

褒めることができない親は結構いた時代。

 

 

 

でも、だからこそ

承認欲求を満たされていない親が

その時点で多くいたんだよね。

 

で満たされていない親が

我が子に対してできるわけがなく、、、

 

そのころに

「子供を褒めて伸ばしましょう」

って言いだしたんでない?

 

でも、、、

 

過剰な期待が人を潰すように

過剰な褒め言葉は効果下げます。

 

更に言うなれば、、、

 

褒めることで、その下に何を隠してるの?

 

そこに支配とコントロールを持っていると

子供に伝わるんですってば!!

 

 

10代の喋り場(クローズ)から

こんなやり取りがありました。

 

「大人って、俺らをこんな風に持っていきたい

…って時、色々やらかしてくれるじゃん。」

 

「?」

 

「例えばさ、ホンマにそう思って

言うてくれてる言葉か

そうではなく何かやらせたくて

言うてる言葉かで

受け取る方に違いが判るわけ。」

 

「ほぉ~~」

 

「例えば、お勉強をさせたくて

ちょっとでもできるようになると

 

もうええわ!

 

ってくらい褒めちぎって、しつこく言うてくる大人。あれねぇ~~~

幼稚園児までだよ通じるのは、、、

小学校中学年あたりになってくると

その大人に対して不信感マックスよ。

黙って聞いとくけどさ、、、www」

 

「そういう大人って

大抵自分の思うように子供をコントロール

するためにお上手言うて、、

きもいんだよね、、、口上手いし、、、」

 

「それよりむしろ

普段から対等に向き合ってくれて

頑張ってる私らを見ててくれたら

その時、褒めてもらった方が

 

ああ、本当に見ててくれてたんやな

 

ってこっちにもわかるし信頼関係も深まる^^」

 

「そうそう!それよ!!」

 

 

だそうですよ?

 

 

ようはですね、、、

さとかとさんの動画もそうやけど

ホンマに心から湧き出てきたときに出る言葉って

同じ言葉でも声音が違うし

伝わるんですよ。

目に見えないけど、感じる空気とかと同じ。

 

マニュアル通りにやっても

結果は同じじゃないですよ。

 

お料理だってそうです。

 

そこに人の思いや気持ちが入るからね。

 

だから、敏感な人は

その味の変化さえ感じるのですから、、、

 

今日は

「褒めればいいってもんじゃないんだよ。

そこに本当に何も目論見はないのか?

親子関係」

 

ってお話でした^^

 

私たちには言語がある。

私たちには言葉を使いこなす

知恵を持っている。

私たちには心もある。

 

この両方が一致して発する言葉に力が加わる。

この両方が一致して彩りが添えられる。

 

そして、そこに伝えられた言葉は

大きなエネルギーとなる。

 

上っ面の薄っぺらい言葉には

エネルギーは入らないし

当然

力も彩りもないね。

 

むしろ、

 

相手を不快にする。

 

かもしれません。💦

 

 

私の言葉は刃に衣着せんかもしれません。

 

でもね、最近さとかとさんに出会って

この方の言葉ってね

Facebookでコメントやり取りしてて

感じたんですけど

 

私以上に衣着せんwww

 

でも、でも、でもです!

 

衣着せぬは同じでも

またニュアンスが違うんです。

 

上手く説明できませんけど、、、

 

最近ハマってる私ですwww

 

よろしければ彼のFacebook

見てみてくださいね^^

 

おもろいでぇ~~~!(^^)!

 

 

 

さとかとさんのFacebook

 

 

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

11月

22日

「気学講座のご紹介」親子御案系・夫婦関係のカウンセリングでも使用しております。

いよいよ今週の土曜日ですよぉ〜〜〜!!
 
私の気学の先生、西島優由珠さんの
気学講座があります!!
 
詳細は以下にて^^
櫻井詢晃(さくらいじゅんこ)さんのブログです^^
 
 
 
https://ameblo.jp/sacrael/entry-12311243795.html
 
今年は珍しく3部構成です^^
 
初めての気学ようこそ〜〜〜♪
来年の運気の流れ〜〜〜♪
そして、、、ひ、み、つ (*^^*)
 
気学講座については
詢晃さんのblogを参考にしてください。(^-^)
 
私よりキャリアはずっとありますので(*^^*)
 
そして11/25土曜日まだお席あるかも♪
 
参加してみたい方
興味がある方
いかが?
私も参加しますよー✨(*^^*)
 
あ、そうそう、優由珠さんと詢晃さんと先日
京都での優由珠さんが主催するイベント
「こ、こ、か、ら、、、」
に行った時、パシャリ!って撮ったよ^^
どやさ!!(by詢晃さん風www)
 
めっちゃ可愛いやろぉ〜〜〜❤
自画自賛!!www
 
向かって右側が気学の先生、優由珠さん^^
向かって左側が公私ともに
大変お世話になっている詢晃さん^^
お二人とも放つ空気感、深い愛
湧き出る泉のようなんですよね、、、
 
いつもいつも、サポート頂き
助けられております^^
ありがたいです^^
 
Facebookで私と繋がっている方は
もうこの写真はご存知でしょう^^
 
他にも愉快な仲間たちと撮った写真も
ありますので、もし宜しければ
いらしてくださいね^^
 
リクエスト申請には
一言メッセをくださいませ^^
 
 
さて、やっと本題(笑)
 
気学を初めて私は
本当に良かったて思うことが
沢山あるんです。
 
恐らく、、、
 
恐らくですよ?
 
仕事で大成を遂げてる方って
何かしらやっておられます。
ご自身でチャネリングされていたり
気学もそうだしね、、、
 
最近私も始めたんですが「星読み」もそうです。
 
これ、全て何処かと何処かが
繋がってたりします^^
 
ちょっとここで気学を始めたころの話を、、、
 
クライアントさんを通じてですが、、、
目に見えない者を避けても避けても
見ないわけに行かないことが
徐々に出てきた頃でした。
 
そんなとき、詢晃さんが
 
「気学講座をします。」
 
っというブログをシェアされていて
何気なく行ったのが切っ掛け、、、
 
正直なところ、、、
 
「こんなんでホンマにきくんか、、、」
 
とか思いつつ時々、日盤を取ってました。
 
 
半年立ったころ、、、ある方が
 
「奈良にこんな人がいるよ
藤田さん近いんじゃない?」
 
ってお声がけしてくださる方がいて
思い切って会ってみましたら
そこから京都の先生へその方たちが
お繋ぎくださいました^^
 
京都の先生は
スピリチュアルカウンセラー・セラピスト・
トレーナーです。
 
恐らく国内で3本の指に入る方です。
 
京都の先生にお繋ぎいただいたことで
目に見えない世界を
分かるように見せてくださったのが
この先生です。
 
そこから徐々にですが恐る恐る
この世界も受け入れられるように
なっていきました。
 
気学の先生はその当時
私にこう言うてくれてたんです。
 
「侑杏恵さん、スピリチュアルな世界を
必要とする方が
クライアントさんで増えてきます。
そしてそれを
侑杏恵さんに求めてくる方が増えます。
だから、きっとそこに侑杏恵さん
行かざるを得なくなります。」
 
って。
 
数年前に言われたんですね…
 
そして今その通りに、、、
 
なんてこった!!
 
何が言いたいかって言うとね、、、
 
 
ご縁が変化します。
そして必要な縁は強化されます。
不必要な縁は一旦繋がっても切れていきます。
 
ではその縁はなぜ一旦繋がったのか?
 
学ぶ必要があったからです。
この先の人生においてね
「肥やし」になるからです。
だから実際はどの縁も
「不必要な縁ではない」んです。
 
流れも変わります。
 
自ら吉を取りにいけます。
そしてその術を周りから頂いていけます。
 
カウンセリングで
親子御案系、夫婦関係について
それぞれの本命星、月命星を見ることで
誰のせいにすることなく
お互いの特性を知ることができます。
(ただし、カウンセリングでは
どうにもならん時のみ使用します。^^)
 
これはね、本当に
やってみないと分からんです。
 
私の夫はね
(まぁ子供たちも含めてですが)
目に見えない者はあまり関心ないんです。
 
でもね、、、
 
何処かへ出かける際
必ず夫の最大吉方位を私は取ってから
一緒に出かけるようにしてるんですが、、、
(そこは付き合ってくれるので助かってます^^
まぁ私がそうしないと煩いからでしょうけどwww)
 
するとですね、行く方位が悪かったとしても
難を逃れる形で進みますし
行く方位が吉ならば
本当にその吉を授かります^^
 
いつだったか近畿36不動参りの時、、、
 
ちょうどのタイミングで
お参りできたことが何度もありました。
 
その日はどの日も
夫の最大吉方位を選んだのですが、、、
 
まさか、このタイミングで
お坊さん出てきますか?
 
ってタイミングとかね、、、
 
吉を取ってから出かけることで
時間調整が出来、整うんですね^^
 
ホントにお勧め。
 
あ〜〜うまく伝えきれないです💦
 
運気を上げたい方。
流れを変えたい方。
良いご縁に出会いたい方。
 
いかがでしょうか?
 
 
私も
「初めましての気学」をお伝えできます^^
(優由珠さんから
許可いただいておりますので^^)
 
リクエストいただけましたら
お一人からでもお引き受けいたします^^
宜しければお問い合わせ下さいませね^^
 
 
今日は
「気学講座のご紹介」親子御案系・夫婦関係の
カウンセリングでも使用しております。
ってお話しでした!!
 
どうせ取るなら
 
良い「気」
 
を取ればいい。
 
しかも、それが自分でできるんだから^^
 
そして自分で切り開いていけるんだから^^
 
さらに
 
「運気を下げない方法」もあるんですから…
 
まずはお試しあれです^^
 
PS
私から気学講座を受講された方で
来年の「気学手帳」をご希望の方
今週金曜日までに個人メッセにて
連絡くださいませ。
 
数名すでに聞いております^^
 
宜しくお願いします!(^^)!
 
 
0 コメント

2017年

11月

19日

「星と心がつながる講座」

今日は完全にプライベート^^

 

 

最近私は占星術に興味を持ち「星読み」を学んでます。

 

例えば今日は 2:15頃に「金星と天王星の開き」が起こってます。

 

星にはそれぞれ意味があって、そこを知りその日一日を振り返ってみたとき

何らかの気付きに出会います。

 

九星気学も私は日々取り入れていますが

この星読みはその気学ともつながっている部分があり

「おもしろいなぁ~~~」って思うんですよね、、、

 

いつ、どの星とどの星が結びを起こしたり開きを起こすのか。

そしてそれは私たちにどんな影響を与えるのか。

 

事前に知れたら日々の役に立つと思うんですよね、、、

 

でね、この星読み、もっと知りたいなと思い、

今は動画をネット配信してもらって講座受けてるんですが、、、

 

無料でこの星読みを教えている人がいます。

 

最近知ったのですが、、、

 

森野御土日古さんです。(もりのおとひこ)

 

Facebookで共通の友人からの紹介で知りました^^

 

「星と心がつながる講座」です。

 

興味がある方いかがでしょうか^^

 

今日は

 

「星と心がつながる講座」

 

っていうお話でした^^

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

11月

17日

男尊女卑の中で育った子供たちの行く末。親子関係

「男尊女卑の中で育った子供の行く末。親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

今日はクライアントさんが来られる中で

感じること思うままに書きます。

 

だから今日はえぐいです。

 

思いっきりえぐります。

 

読んでて不快になった方は

速攻で逃げてください。

私、責任持ちませんので、、、

 

読む自由

読まない事由

 

決めるのはあなた自身です^^

 

根強く残る「男尊女卑。」

 

 

これが良くも悪くも作用して

「育ち」「生い立ち」の中で人は

苦しくなってしまうんだなって思うんです。

 

「男尊女卑」を検索掛けたら

これがしっくりきました。

 

「男尊女卑だと感じる6つの瞬間や理由とは?

 

 

 

もうな、赤にしたるわwww☝

 

男尊女卑については

これを読んでもらうとして、、、

 

こういうことを家庭内で子供の前で

やらかしたらどうなるかっていうことを

今日は書きます。

 

勿論例外もあるし、皆が皆

今から書く内容のような人に

子供が育つってわけじゃないです。

 

ただ、

 

こういうケースに似たような状況を抱えて

私の所に来られる方は多いです。

 

でも、ご本人、無自覚のまま

 

なんだか辛い

生きててむなしい

どうして私ばっかり、、、

誰も理解者がいない

ワケもなく涙が出てくる

自分なんか居ても居なくても同じ

生きてる価値を感じられない

みんな私の敵

助けて欲しい

でも助けて欲しいって言ってはいけないって

教え込まれた

何をやってもうまくいかない

 

っていうモヤモヤしたもんをもって来られます。

 

 

今から書くお話は、ある方のお話です。

内容のシェアだけ許可いただきました。

 

参考になれば幸いです。

 

いわゆる厳しい家庭で育ちましたよ。

父親の権限は絶対。

テレビを観るにもチャンネル権は絶対父親

何かしたいことがあっても母親に頼んで

父親に許可をもらわねばならず

父親と直接話すなんて恐ろしくて

できませんでした。

 

母親はいつも父親の顔色見てました。

だから子供たちにも

父親が何か自分たちのためにしてくれたことが

あれば大袈裟に喜んでみせるように

演技を強いました。

 

母親はいつも身を粉にして

家族のために働きました。

いつもいつもお風呂は最後

寝るのも最後

だけど起きるのは一番最初。

 

睡眠時間がなくてもいつも通りに

家事と仕事をこなしていたし

労働時間はどう考えても母親の方が

負担が大きいと、子供だったその人にも

感じておりました。

 

それでも、父親が家事を手伝うなんてことは

一度もないし、母親が体調崩しても

心配して病院へ連れて行くとかもない。

 

父方の親戚一同からいじめられても

母親は堪えてました。

 

父親はいつも母親を

バカにして

見下して

小ばかに扱いました。

 

暴行もあり、土下座して母親が父親に謝る姿は

何度も見てきました。

 

 

 

こんな環境で育った子供は何を思っていたか?

 

怯えていました。

父親は恐ろしい人で残酷な人だと。

でも、生きていかねばなりませんから

父親について自分の身を守ってきました。

 

自分の身を守るために

「父親が正しい」と

自分で自分に思い込ませ

やがて一緒になって自分も(子供)も

母親をバカにするようになりました。

 

強い者の側についていれば

自分の身を守れるからね。

 

母親はますます孤立していきました。

 

(でもね、その人は(子供は)本当は

母親が大好き。

あの当時のことを振り返ると

後悔が走ると言います。

 

なぜ父親に声を荒げて

母親を守り切れなかったんだろうと、、、

 

子供はね、どうやったって

母親が大好きなんですよ…

 

母親が一番。

 

「おかあさん」

 

この言葉を何度となく呟いてきたと言います…)

 

だから心底では父親を嫌っていました。

 

そのうち、この父親、あろうことか

娘である子供に性的虐待をします。

 

恐怖のあまり声を出せず

母親にも言えず仕舞い。

 

それでも

生きていかねばなりませんからね、、、

 

 

やがて、大人になって結婚して

子供を持ちました。

 

ここで何が起きたか。

 

連鎖です。

 

娘の旦那さんは父親にそっくり。

 

こういう人をまた引き寄せるんですよね、、、

てか、この世代の親たちは大なり小なり

こういう親に育てられてる可能性が高いね。

 

 

そしてこの旦那さんも

「男尊女卑」の家庭で育った

犠牲者でもあります。

 

だから女性をバカにし、自分の妻を無力な人に

仕立て上げるのは簡単です。

 

(妻の方が自分より学歴が高ければ

コテンパンにしたいと思う人も居るかもしれないし

学歴が自分より下ならば、なお簡単。)

 

生きていくのがやっとの状態の中で

クライアントさん(あーさん)は

私のところに来られました。

 

数年かけて、あーさんは

カウンセリングで何が見えてきたか。

 

 

最初ね、

 

「お母さんもお父さんも大嫌い!!」

「兄弟姉妹も大嫌い!!」

 

そう言うてたんです。

 

 

でもね、本当はこうでした。

 

 

「あの小さな世界から

母親だけを救い出したい。」

 

そう願ってたんですね、、、

 

本当はお母さんが大好き

 

だから、お母さんには

一日でも早く自由になって

自分の好きなことを見つけて

自分の人生を楽しんでほしい。

 

世間の言葉に振り回されず

父親の顔色見たりせず

 

自分の考えで選択し判断し決断して

心の自立をお母さんに対して

切実に願ってたんですね。

 

(例えば、テレビのコメンテーターの言葉を

そのまま鵜呑みにしたりせず。)

 

お母さんがそうでないと

私も自分の人生を生きていいって

許可できないじゃない!!

 

そう心の中で叫び続けて

声にならない声をずっと

私のセッションルームから届けていました。

 

 

ですが、、、

 

 

 

その声は届きませんでした。

 

なんどワークをやっても

 

なんどヒーリングしても

 

彼女の母親には

そして父親には

そして兄弟姉妹には

 

届かないんです。

 

 

彼女の母親はもう、まともな会話もできないし

体はそこにあっても魂は抜けてるような感じで

全くつかめないんです。

 

今生では多分、恐らく、不可能かな、と。

 

 

だから、今生では諦めて

「あの世で理解しあいましょう!」

と伝えて閉じました。

 

 

 

強烈な何かがこのお母さんに

埋め込まれてしまったのかもしれません…

 

「男尊女卑」

 

これが良いとか悪いとかは

ここでは申しません。

 

ただ、事実としてこういう事例もあります。

…って話です。

 

この父親も兄弟姉妹もある意味

 

犠牲者です。

 

ここでは加害者ぽいけど

その前に犠牲者なんです。

 

母親は自己犠牲を何とも思わずに

子供たちを守り

父親は働きバチで本当によく働く人だそうです。

 

愛情の出し方が下手くそで

高価なものを買い与えることでしか

表現できない不器用な人だそうです。

 

でも、母親は普段そんな父親が

自分のために何かしてくれることで

愛情を確認し生き延びるんですね。

 

この家族に愛はないのかあるのかは

私には分かりません。

 

でもね、着る服を与えられ

学校へも行かせてもらい

嫁入り道具もすべて揃えてもらい

食べることにも苦労なく育ててもらった。

 

ということは分かるんです。

 

だけど、そこに贅沢かもしれないけれど

物ではなく、お金では買えない

大切な物は与えられなかった。

 

ということなんです。

 

だからね、あーさんは

繰り返すことを断ち切るために

私のところに来られ

ご実家との関係を見直されました。

 

 

カウンセリングの中で

様々な気づきやワーク

催眠療法など行うことで

クライアントさんは自分の親との親子関係が

良好になるケースが多いです。

 

夫婦関係も同時に親子関係を見つめることで

良好になっていかれます。

 

そして自分の子供との関係も同時進行です。

 

ですが、時々、今回のケースのような方も

勿論おられます。

 

 

自分の親との関係が良好にならなければ

自分の子供や夫婦関係が良好にならないか?

…と言えば、それは

 

違います。

 

前回のラジオでもお話しましたが

 

それは

 

違います。

 

勿論、そうなった方が良いとは思いますが

どうしようもないこともあります。

 

この、あーさんの場合は、ただただ

お母さんをあの小さな世界から

救い出したかっただけ。

 

なんですよね、、、

 

でもね、これ、エゴかもしれません、

 

あの小さな世界に居続けると決めてるのは

誰でしょう?

 

いつまでも自分を無力な人にして

ここから脱出できないと決めてる。

…のかもしれません。

 

そこに居ると決め、この人生を選んでいるのは

紛れもなく、、、厳しいようですが

 

お母さんですよね、、、

 

 

 

あーさんは、そこに気が付かれてから

ご実家との関係を見直し

もう自分の人生を生きると決断され

子供たちも自分の人生に責任を持とうとし

そのサポートができるようになられました。

 

むしろ、そうなってからの、あーさんの方が

子供たちは安心されたそうです^^

 

 

望む結果が他人を変えようとしてのことか

自分がこうなりたいと望んでのことか

 

そこも見直しながら進むことで

楽に生きていけるようになれたら

いいですね^^

 

今日は

 

「男尊女卑の中で育った子供たちの行く末。親子関係」

 

ってお話でした。

 

えぐかったですね。

 

だけど、ここで一つお伝えしたいことが

あるんです。

 

男とか女とか関係なく

 

誰かの前で誰かを

見下したり蔑んだりしてはいけない。

 

個人的にそう思うんです。

 

でもね、それを知らず知らずのうちに

やってしまうことありますよね。

 

だって人間だからね。

 

そして、それやっちゃってる時ね

自分も相手も含めて何かあるんですよ。

 

男尊女卑で言うならね

 

男性は男社会で、まぁ、戦ってるんですよね。

 

戦いに負けたり勝ったりね。

 

負けたとき、常に負けてる時、

又はそう感じてる時

帰宅すると弱い者へその怒りを向けるのね。

 

で、向けられた母親は

子供へ向けたくなるかもしれないよね。

 

向けられた子供はどうするの?

 

ため込むんだよ。

 

ため込んで大人になって

あんな大人にはなりたくない。

って思いながら、

やっぱりやっちゃってたりする。

 

反面教師でできる人も居れば

できない人も居るからね。

 

で?

 

誰が悪いの?

 

誰が犯人?

 

あぶりだせます?

 

親の親の親の親の親の親のそのまた親?

 

もう死んでるよ(笑)

 

かりにあぶりだしても仕方ないわ。

 

男たちにやられっぱなしだった女たちは

いつしか力を付け声をあげて

男社会へ踏み出した。

 

このあたりもね

私はセミナーで時々話すんだけど、、、

 

思うことあるんよね。(;^_^A

 

 

よく考えてみて欲しい。

 

子育ての最終目的は何ですか?

 

次回はそこへ行きますわ。

 

 

長いブログにお付き合い

ありがとうございました(#^.^#)

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2017年

11月

13日

MTVSSモニターセッションお二人目の感想です^^

今日はアクセスボディープロセスの一つMTVSS

モニターセッションお二人目の感想です^^

☝本日のアメブロ記事

 

 

アクセスバーズMTVSSについての詳細は

こちらから^^

 

免疫システムにダイレクトに働きかける。MTVSSについて

 

 

今回はKさまに受けていただきました^^

 

Kさんとは以前別のセラピスト養成所で

出会っています^^

もう3~4年前だね^^

 

Facebookではお互い日常の変化など

見てるので身近に感じてはいたけれど…

 

最後別れ際

「またお会いしますね^^きっと^^」

って言って別れてるんですよね、、、

 

で、再会が今回のモニターセッションに

お申込みいただいたことで叶いました^^

 

では、早速Kさんの感想をシェア!

 

「mtvssを受けて
モニター募集をされている記事を見て

ゆきえさんにやっと会えるかも

と思いながら連絡をしました
mtvssがどんなものなのか

あまりわからずに行ったのですが

今日が必然のタイミングだったんだと

思いました

横になって手を当ててもらった所が

熱くジンジン
手の先がピリピリしました

そして腸が動く動く ゴロゴロキュルキュルと

面白いくらいになってました(笑)
うつ伏せの状態では温かさと

スッとした感じでした

再び仰向けに 最初より軽く感じました
痛みのある腕に手を当ててもらって

ゆきえさんの問いかけに答えていると

込み上げてくるものがありました。
心と身体はやっぱり繋がってますね

ゆきえさんの手の温かさが心地よかったです
帰ってからもたくさんお水を飲み
夜はぐっすり眠れました
今朝起きたときは頭が少し重かったですが

時間とともに軽くなりました

また受けてみたいです

ありがとうございました」

 

 

Kさん、ありがとうございました(#^.^#)

 

次回のご予約もいただきました^^

 

体と心は繋がっています。

 

心が何かに占められたら

そこからなかなか離れることが

出来なかったりします。

 

意識ではそこに

目を向けないようにしていても、、、

根底ではそこに目を向けているってことも

ありますよね^^

 

どこからのものなのかによって

唱えるマントラも変わってきます^^

 

Kさんはとっても正直にマントラを変えることで

体が今感じている変化を教えてくれました^^

 

 

注意)マントラは私が心の中で唱えるもので

お教えできるわけではありません^^

 

 

モニターセッション残り4名様です^^

 

お早めに^^

 

モニター満席になり次第

正規の金額にいたします。

 

宜しくお願いいたします(#^.^#)

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2017年

11月

09日

手をかけるだけがサポートではない。何もしないことも立派なサポートです。親子関係

 
 
今日は、プライベートとお知らせかねて、、、
只今ふじたカウンセリングセッションルームは
畳一畳分べっぴん娘に勉強机スペースとして
レンタルしております。
そのため、セッションの時間帯は
このような形でコンパクトに
まとめておりますが
学校から帰宅しますと、、、

一瞬で、このようになります(笑)
おいっ!
これのどこが畳一畳分やねん!
って突っ込みしたくなりますが、、、(笑)
もともと小さい時から
自分の部屋で勉強していたのですが、、、
大学受験生になってから何故か
リビングでやるようになりまして^^
それならば
「リビングの隣のセッションルームにしている
和室に机運んだら?」
と提案したばっかりにですね、 、、
こんなことに、、、(^^;
うちはテレビは誰も見ないので
静かなはずなのですがイケメン息子が
ゲームをネット使って友達とやるので
その時間は結構うるさいんですよ。
けど、そ~言う煩さはべっぴんは
全く気にならんようで、、、
まぁ、うまいことなってます(笑)
そ~言うわけで
もうご存じの方もおられるのですが
一応ブログでもお知らせでした!
なにもしないことがサポートになる。
…ってことがあります。
親は子供が茨の道を選んでも
親が経験していない道を選んでも
いえいえ例えば
親と同じ道を選んだとしても
乗り越えるプロセスは
その子供だけのものです。
親のできることなんて
たかが知れてます。
ただなにも言わずに傍にいて
彼らがやりたいことを見つけたら
納得いくまでサポートし続けることです。
明らかになれば諦めるかもしれないし
光を見つけて邁進するかもしれません。
諦める。とは
事を明らかにする。
というのが本当の意味だそうです。
頑張る。とは
我を張るという意味。
だから、自分で納得いくまで
歩ませるのがサポートです。
自分で「事を明らかに」すれば納得します。
自分で「事を明らかにしていない」のに
「あなたのため」
という美しい言葉を使って彼らを
支配とコントロールに
まみれさせてはいけません。
逆に「逆恨み」に会いますよ?(笑)
「あなたのため」
自分のことについて取り組んでいれば
なかなかこの言葉は人に向けて
言えないものです。
「あなたのため」
気持ち悪くて吐き気がします。
「その言葉の裏にある
てめ~のことを
ちゃんとやってから言え!」
って言いたくなる。
で、こぉ~いうことを書くとね
反応する人が出てくるんですよ。
だから
その反応を人に向けるんではなくて
自分に向けてくださいね^^
無意識なのか、それとも
「これは支配でもコントロールではない!!」
ってマジで思ってか、、、
分かりませんが(^^ゞ巧みな言葉で
子供だけではなく周りにいる人に対しても
やっちゃってる痛い大人、、、
結構います。
パターンってそう簡単に抜けませんから、、、
「あなたのため」
はホントですか?
言われた本人は、分かっていても
見ないふりして許してくれてる人も
居るかもしれません。
でも、これは「優しさ」ではありません。
とても厳しいことです。
その人が自分で気が付くのを
待ってくれているんですからね。
本人が気が付けないと適切なサポートや
良好な関係って築けないし
たいていの場合、人は離れていきます。
自分の内ポケットに隠し持って
普段は見えないけれど
確かにそこにあるんです。
それがあるから、○○であるべき
とか出てくるんでしょ?
他人に対しても自分に対しても。
それをちゃんと見て触って味わったら
今度はどんな風にでも
自分で変えられます。
無理なくね。
そしてもう一つ。
「あなたのため」と言って
あれこれ言ったり、してあげることが
「手をかける」こと
ではありません。
「手をかける」タイミング
「あえて何もしないで見守る」タイミング
ようは子供の経験を奪うことになるのは
「サポートではない」
ってことです。
ここでいう経験って
「親より先に死ぬこと以外」でね。^^;
あ~ぁ!
サクッと終わる予定だったのに、、、
書き始めるといつもこうなる(-"-;A ...アセアセ
なんでじゃろ~~~
私も人のこと言えません(笑)
このパターンはまぁ許そうwww

 

0 コメント

2017年

11月

06日

アクセスボディプロセスの一つMTVSSモニターセッションの ご感想

10月27日京都の先生のところで出会った
「森よしこさん」がアクセスボディープロセスの一つ
MTVSSモニターセッションを
受けてくださいました!!
本当はもっと早くお引き受けしたかったのですが
お互い忙しい身^^
タイミングがこの日となりました^^
MTVSSを受けてくださった感想を
Facebookで早々にシェアして下さり
ブログへの掲載もお許しいただきました^^
以下は森よしこさんがFacebookで
シェアしてくださった感想です^^
「今日は、待ちに待った日‼️
ふじたカウンセラーさんに、MTVSSの施術を
していただきました(#^^#)
まず、仰向けに寝て、額と目元に、
ふじた先生が手を当ててくださったんです。
まあ、なんと、温かいこと‼️
その温もりが、
触っていらっしゃらない目の下まで広がり、
目の疲れが癒されていく感じでした。
そして、不思議なことに、
背面に、伝わり、腰から太ももの裏へと、
何かが広がっていき、
遂に、左足の第1指と、第2指に、伝わり、
抜けていく感じがしたのです。ヽ(*'0'*)ツ
初めは真っ暗だったのが、
次第に白くなってきたんです。( °д°)
うつ伏せになった時は、
とても息が荒く、苦しい状態で、
思わずギブアップと、
思いましたが、
背骨や骨盤がじわじわと動きだしたので、
えっ、何が起こるのだと、
そちらに意識が集中。(ノ´▽`)ノ
足を組むクセがあるので、多分、
骨盤の正位置に戻っていく動きだったのかな
と思います。
腸の動きも、活発になり、
ちょっと、恥ずかしい生理現象を
起こしてしまいそうになりました(''◇'')ゞ
ふじた先生が
ただ手を当ててくださるだけで、
外科的手術もせず、
むしろ温かくていい気持ちと
思っていたら、
呼吸は普通に戻り、
清々しい感じでしたo(^▽^)o
今も、身体がポカポカです。
心もポカポカです。💕💕💕
ふじたカウンセラーさんのお宅から出た時に、
こんな雲が出ていました💕💕💕
雲も知っていたのか‼️
この気分‼️💕💕💕
みなさん、お勧めですよ。(^ε^)♪
私は、次回の予約をしまーす💕💕💕」
施術が終わって
セッションルームを出られたときには
見事なうろこ雲が。
とっても綺麗で思わす写真を撮って
帰られたようです^^
森さんは
霊気、シータヒーリングなどされるかたです。
そのため、余計にご自身の身体への変化に
敏感に感じ取りやすいのかもしれません。
施術を受けながら時折ポツリポツリと
語られたりして
色んな響き愛があったようです♪
森さん、ありがとうございましたm(__)m
早速次回のご予約も頂きました✨(*^^*)
只今10名様限定モニターセッション
残り数名様です。
興味のある方、この機会に是非!✨
今日は
アクセスボディープロセスの一つMTVSS
モニターセッションのご感想」
でした^^
カウンセリングはちょっと怖い、、、
でも、受けてみたい。。。
そんな風に思っておられる方。
ふじたがどんな人かも興味ある方。
この機会にいらしてみてはいかがでしょうか?
カウンセリング、、、とまではいかずとも、
軽いタッチで施術しながら
お話を伺ってもおります。
自分の親のこと
自分の子供のこと
自分のパートナーのこと
自分の職場の人間関係のこと
なんでもOK^^
話ながらMTVSSで宇宙へポイ!
ってしちゃいましょう^^

 

0 コメント

2017年

10月

28日

「お礼参りと自然界の理(ことわり)について」

11/25
奈良の吉野へ御礼参りに
行ってきました✨(*^^*)
気学の仮吉方(輪重)を詢晃さんと
今年7月から9月末まで
それぞれの住まいから方位の良いところへ
仮住まいをした同志です(*^O^*)
無事に二人が終えたなら
吉野へ御礼参りに行きましょう!
とお約束をしておりました。(^-^)
その願い叶っての11/25です。
仮吉方取ってからというもの
二人ともそれぞれ似たような
過密スケジュールに追われております。
それくらい仮吉方は強く出ます。
仕事面、家庭面、対人面、
不必要なものは絶ち切られ
新たなご縁が結ばれます。
これは正しくこの方位を取ったからだな。
…と分かるほど。
まして詢晃さんも私も日常的に
気軽に日盤吉方を取ってきている同志
でもあります。
(キャリアは詢晃さんの方が
断然先輩ですが^^)
その積み重ねが宇宙に毎日
チャリン♪チャリン♪と積み立てられ
大きくそれが作用する日が
やがて訪れます。(^-^)
今回の仕事面での過密スケジュールは
その辺りから来ているのだなと
二人が実感♪✨
そんな話を道中しながらのお礼参り♪
まずは「丹生川上神社中社」から。

そして中社近くにある
水神様へもお参りに。(^-^)
「この近くに水神様がおられるよ^^」
詢晃さんから教えていただきました✨
右から左から流れてくる川が
ぶつかり合って中央へ進みます。
このぶつかり合っての流れが
まるで龍のように見えました✨(*^^*)
台風一過の青空の下
川の濁流の勢いは迫力がありました。
詢晃さん、素敵でしょ!(*^O^*)
てへ!
ちょっとポーズ決めてみました(笑)
そのあと「丹生川上神社上社」へ。
こちらは空気が少し違います。
ピリッとした厳しさの中に
表には出さない温かさも感じます。
IMG_20171027_233122382.jpg
上社のあとは何度も訪れている
「丹生川上神社下社」へ向かうも
先日の台風の影響で
交通規制があってですね、、、
狭い道が超苦手な私に
狭い道しか選べないっていう、、、(;^_^A
で、向かう途中で詢晃さん・・・
「この近くに桜木神社さんがあるよ^^」
て言うんですよ。
狭い道に入ってしまった後でしたので
Uターンしないと行けません💦
途中諦めかけたのですが、、、
うまい具合にUターンできるところに
出くわします。^^
で、立ち寄らせていただきました^^
とっても静かで穏やかな神社さんでした。
その桜木宮に川があって
そこで数枚写真撮りまくりました(笑)
その一枚がこちら^^

光の加減で珍しい絵が撮れました^^
他のも光のシャワー一杯でしたよ^^
で、、、途中金峰山寺を通過して
ようやく、下社へ^^
白ちゃん、黒ちゃん、そして
いつものおじさまがおられて
写真撮っていただきました^^
白ちゃんは呼べば来てくださるんですよ^^
黒ちゃんは照屋さんなので
そう簡単には一緒に写真撮れませんwww
でもね、ちゃんと最後には来てくれました^^
で、、、当然
天川大弁財天神社さんは
行かないわけがない^^
何度来てるでしょうかね、、、
近くのカフェでランチした後
「母公堂」へお参りさせていただき
帰宅しました^^
母公堂は11月から3月一杯は
閉めておられます。
だから今年はこの日が最後かなと思いました。
ちょっと思うことがあるんです。
現実世界に起きている問題の解決は
勿論必須です。
そして
目に見えない世界にばかり目が行き
すべてをそこに向けて
本質から目を逸らすのは
確かにちょっと違うかなと思うんです。
私はこの仕事を始めたころ
目に見える世界だけに注目し
クライアントさんに伴走してきました。
でもね、どうやってみても
違うんじゃないか、、、
ここだけの問題ではない気がする。
そういう感覚になることが出てきました。
その場合は私の管轄ではありません。
しかるべき先生にお繋ぎしております。
管轄外であってもある程度のものであれば
昇華可能ですが、深いものは触れませんし
やはりね、餅屋は餅屋なんですよ。
例えばね、私たちよりも自然界の年輪を
何百年と重ねてきた木々たちは
何の理(ことわり)もなく
伐採してはいけないのです。
伐採した人にではなく
命令した
指示した者へ
筋を通して向けてきます。
これは、今までにも見てきたし
私の身近な友人の話でも聞かれています。
最近こんな話も聞かれます。
知っているのと知らないのとでは
大違いです。
神社さんにお参りすればいいことがある?
私はこう考えます。
神社さんは願掛けをするところではありません。
「感謝し、宣言する場」 です。
パワースポット流行がありますが、、、
まずは氏神さまでしょう?
これも、「理ことわり」じゃないでしょうか?
あそこへ行けば○○を感じた。
そんなんは人によっていろいろです。
相性だってあります。
パワースポットは自分がそこにいて
気持ち良く落ち着く場です。
それは神社さんだけじゃありませんよ?
お店かもしれませんし
お寺さんかもしれませんしね。
その自分が縁あって
今、住まわせていただいている土地は
確かに縁があってのことなんです。
そして、その縁はどこと繋がっているかは
自分への信頼から感じる物です。
人によって
「あの人は危険。」
と感じる人も居れば、別の人にとっては
「あの人は私にいつもサポートしてくれる人だ」
と感じる人も居ます。
周りの雑音に振り回されないことですね^^
だってね、みんな、それぞれ
生きてきた積み重ねのご先祖様も
過去性も違うわけでしょう?
今生のご縁は過去性のご縁
(どの過去性かは分かりませんが)と
繋がってるんですもの。
その影響は確かに存在します。
でも、今生でどう生きたいか。
ご自身の魂はよくご存じなんですよ^^
今回も長くなりました(#^^#)
今日は
「お礼参りと自然界の理について」
でした^^
0 コメント

2017年

10月

19日

大失態!親子の会話、気を付けよう(笑) 自分の問題は自分で片付けるしかないんですよ。

って話です。
し、か、も、、、
プライベートです。www
9月初旬まだ私は気学の仮吉方中で
イケメン息子は大学が夏休みで
自動車学校の合宿から
帰宅したその週末。
こんな写真が「家族line」に届きました。

ん?これは、、、魚やな。(笑)
その時のlineがこれです。
IMG_20171019_153418876.jpg
で、その時、出かける直前だったんですね。
写真見て、釣りか?って送信して
魚釣ったんやな。
今夜のおかずはイケメンがべっぴん娘に
魚料理振る舞うのね。
って思いながら電話したわけです。
「どこへ行ってきたん?」
イケメン
「ん?大阪。○○君と行ってきてん」
「へぇ~、、、これサバ?」
イケメン
「そうそう、、、なぁ、お母さん
これ夜までどうやって保存したらええの?
塩振っとけばええ?」
「塩?あかんで、先に水で
良く洗い流さないと、、、」
って話ながら我に返ったんです。
ん???この写真のまな板と包丁、、、
これ、、、うちちゃうか?
え?
うち?
ってことは、、、
「ちょ、、、ちょっと待てい!
これ、、、
うちのまな板と包丁ちゃうか???」
イケメン
「せやで?」
「もぉ~~~~~!!!!
なんでやねん!!!
なんで台所でやってん!!
あほか!!!
庭!!庭に洗い場あるやろぉ~~~!!
鱗飛ばしまくってるやん!!!」
イケメン
「(爆笑)大丈夫やって!!
(爆笑)きれいなもんやって!!」
「うそこけぇ~~~!!!
絶対細かいのあちこち飛んでるって!!
あんたはええねん!!
愛犬が大事やねん!
口にしたらどうするねん!!!」
イケメン
「大丈夫!大丈夫!
なんも問題ないって!!(爆笑」
「もぉ~~~~~!!!
あんた嫌いや!!!
もぉ~~~嫌い嫌い!!」
イケメン
「前から俺のことは嫌いやろぉ~~~^^」
「ヽ(`Д´)ノプンプン
もっと嫌いになったわ!!!
もぉ~~~~~!!!!」
イケメン
「でさ、これどうやって保存したらええ?」
「(急に冷静になる)
塩はな菌を呼び込むから
先にしっかり水洗いした?
(で、また急に思い出す)
魚臭いからしっかりシンクも洗ってや!!
内臓は別の袋にとった??」
イケメン
「取った!取った!!笑笑!!」
「とりあえずネットでも調べてみ」
イケメン
「分かった^^」
「ちゃんとまな板とか消毒しといてや!!
もう!!」
イケメン
「ハイハイ!(^^)!まかしとけい!!」
「ほんまに信頼ならん!!ヽ(`Д´)ノプンプン」
でですね、、、
ここまではいつも通りなんです。
こんな会話はいつも通り。
だからこれで終わるはずやったんです。
仮吉方の家に戻る前に自宅へ顔出すと
イケメンが嬉しそうにおりまして
イケメン
「きれいにキッチン片付けといたで^^」
と言うわけです。
そして
イケメン
「あの時○○君も横におったんやで?^^」
「!!!え~~~~!!!」
イケメン
「電話音声聴こえるようにしとったで
オカンの声、丸聞こえやったで^^
一生懸命声抑えて
大爆笑してはったわ!!www」
っと、、、超満面の笑みで
嬉しそうに言うやないですかい!!
「ほな、、、あれ、、、全部、、、
聞かれとったん??(>_<)」
イケメン
「wwwせやで!www」
「もぉ~~~~~!!!!
おまん、嫌い!!!
やっぱり嫌いやぁ~~~~!!!」
イケメン
「知ってるって!!www」
こりゃ、やられたぁ~~~~!!!
慰めやったのは
そのお友達のおうちのお母さんも
私と似てるそうで
同じようなやり取りをしてはるとのこと^^
まぁ、きっとそう^^
うん💦
あなたのおうちも、そうですよね?
(っと同意を求めるwww)
ってか、、、似たような親子さん
教えてください💦
そしてお仲間に!!www
今日は大失態のお話でした^^
お分かりだとは思いますが
真剣に怒ってはいません笑笑
以前は
「勝手に何してくれてん!!」
みたいなところがありました。
それは
「私の許可なく」 
とかね
「私の了承を得てからにせんかい!!」
とかね、、、
でもこれって
支配とコントロールなんですよね。
そして
「私の許可を!!」とか
「私の了承を!!」とか思う時点で
私の傷です(笑)
いかに過去に人から
コケにされ
バカにされ
無力感を植え付けられてきたか
です。
もともと背が小さい私は
誰かと同じことを言っても
生意気だとよく言われてきました。
改革、変革、革命、など起こそうとしても
耳を傾けてくれる人が居ない。
いわゆる小型犬が
キャンキャン言うてる感じ。
でも、大型犬がたった一言
私が言ってたことと同じことを言えば
革命は一気に起こる。
これを何度も何度もです。
今でもあります。
違和感あるなと思って言っては見ても
すぐに周りは動かない。
時間差で別の人が同じように
違和感感じて言えば一瞬で皆が動く。
捉え方を変えれば
一番最初って変化を恐れるから
誰も聞かんのです。
だけど、そのあと
同じこと別の誰かに言われると
ああ、やっぱりそうか、、、ってなる。
まぁ、私の伝え方も
相手の傷に触れる言い方を
してしまっているのでしょうけれど
それは私の傷じゃないしね、、、www
信号のないところでの死亡事故現場も
何回か繰り返し犠牲者が出ないと
信号が付かないように。
誰が植え付けたわけでもない傷もあるし
誰かによって意図的に
自分が優位であるために
相手に劣等感・無力感を植え付けて
優等生で居ようと
その今の自分の立ち位置や席を
維持固持しようとして
ダウンロードされる傷もあります。
だけど忘れてはいけませんよね。
そうやって自分の立ち位置、席を
維持固持しようとすることで、実は
ご自身の首も同時に絞めている。
ということになるんです。
相手に植え付け
ダウンロードしたつもりでも、、、
そこに気がついた相手が
自分自身で
アインストールすることもあるしね、、、、
そしたら、もう二度とその人に
ダウンロードなんかできませんよ?
「自分の問題は
自分で片付けるしかないんです。」
だから相手が悪いとか
相手が消えればいいとか思ってね
その相手の存在を
無価値なものにしようとして
ダウンロードしても
相手が自分で気が付けば
もう二度と相手は意のままには
操れないってことです。
つまりそれは、
相手が悪いとか相手が消えればいいとか
思ってしまう自分
相手の存在を無価値なものにしようとして
躍起になってる自分
それがその人のなかにある傷
だからなんですよ。
だから
「自分の問題は
自分で片付けるしかないんです。」
カウンセラーやセラピストが
するんじゃないんです。
カウンセラー、セラピストは
サポートし、寄り添うだけです。
だけどね、これとっても必要なものです。
これがあるから脱出できるんです。
深海なのか
暗い長いトンネルなのかは分かりませんが
抜けるためのサポートを
させていただいております^^
あなたのその勇気
私たちはいつだって歓迎いたします^^
あなたが
あなたの人生を生きるために。
誰かに乗っ取られた人生から
降りるために。

 

0 コメント

2017年

10月

13日

免疫システムにダイレクトに働きかける。MTVSSについて。

10月5日

∴桜の庭∵ 櫻井 詢晃(じゅんこ)さんの所で

アクセスバーズのMTVSSを受けてきました^^

 

本日のアメブロ記事…

 

MTVSSとは何か?それは

こちらに詳しく書かれております^^

 

 

なかなかの便利なツールでしょ?^^

 

一家に一台!ならぬ一家に一人

できる人がいると便利よね^^

 

受講し、体験してみた感想から言いますと、、、

 

途中から寝ちゃったんですよね(笑)

 

だから、それくらい心地よかったんです。

 

記憶に残っているところは前半のあたりですね。

 

なんか、急に胸のあたりからポコッ!って

何かが出たがってるというか、、、

 

あと何の記憶か分かりませんが

鳩と龍神がそれぞれの別の場面で

急に浮かんできました。

 

あと、、、デーモン(笑)

 

もとの場所へお戻りいただきましたwww

 

 

なんのこっちゃわからんでしょ?

 

体験したものの…

説明難しいですね💦

 

でも、施術してもらった時の体験より

自分が施術した時の体験のほうが

説明しやすいかも、、、

 

 

施術した体験では

手が熱くなったり

しびれたり

ピリピリしたり

重くなったり しました。

 

受けてる人が色々話してくれるので

そこに対して何をアンクリエイトしたがっている

注目しながら放牧していきます^^

 

放牧(解放)されると私の手に感じていた

熱さやピリピリや重苦しさも

消えていき 感じなくなります。

 

それが合図ですね、、、

 

 

人によっては言語化できずに

全く話さない人もいるでしょうが

それはそれでいいんじゃないかな、、、

 

 

 

無事に受講が終了し帰宅すると

早速悪戯心がわいてきまして、、、

(いやいや

これは悪戯心ではないよね、、、(笑))

 

数日前から咳が出て

喉を傷めているイケメン息子に

 

「明日病院へ行くのと

オカンの施術受けるのと

どっちがええ?」

 

(この時点で強制的に

実験台になってもらう匂いを

醸し出してますよね(笑))

 

…って聞くと速攻で

 

「オカン!!」

 

と言いました(笑)

 

なぜなら彼は病院へ行くのが面倒くさい。

その時間のために早く起きて

大学へ行くより少しでも寝ていたい。

 

という理由からです(笑)

 

「それにお母さんかて「実験台」要るやろ?www」

 

 

 

 

バレてます(笑)

 

 

 

 

で、早速やってみた。^^

 

イケメンはとにかく

 

「暑い〜〜〜暑い〜〜〜暑い〜〜〜〜」

 

を連呼。

 

熱あるのか、それとも

熱が出てきたのかと思って

体温はかるも

 

平熱。

 

熱が体内に籠ってるのかなと

思ったのですが、、、

施術が終わると暑さは引いたそうです。

 

で、翌日の朝

 

「喉の調子は?」

 

と聞くと

 

痰の絡みはあるものの痛みがなくなった!!

 

とのこと^^イエイ!!

 

っまタイミングがそういう時期だったかもしれませんが、、、

 

 

続いてべっぴん娘。

 

彼女は今、中間テスト。

 

大学受験勉強もあるので

睡眠があまり取れていません。

 

だけど、気がはってるので

どれだけ遅くまで起きて勉強していても

寝坊はしないんです。

 

施術開始して直ぐに彼女の胸のあたり

胸骨からピリピリが手に伝わり

頭にも重い感じが伝わてきました。

 

か、な、り、

 

お疲れです。(笑)

 

お腹周りはそうでもなかったのですが、、、

 

施術中何か感じるか聞いてみたのですが、、、

 

べっぴんも

 

「暑い〜〜〜」

 

でした。

 

若いと活性されて暑くなるのかしら???

 

 

 

で、今朝です。

 

いつもの時間になっても起きてこない、、、

 

さすがに20分過ぎても起きてこないので

何年ぶりかで起こしました(笑

 

一階の階段下から二階のべっぴんの部屋に

聞こえるように叫ぶ。

 

「朝やで!!

時間大丈夫か?」

 

「!え!!!」

 

ばたばたばた〜〜〜〜

 

一階へ降りてきながら

 

「目覚まし聞こえやんだぁ〜〜〜〜!!!(*_*)」

 

「そりゃお気の毒、、、」(笑)

 

 

つまり、、、

 

目覚まし聞こえない…ってくらい

緩んだようですwww

 

 

あくまでも我が家の話なので^^

 

(そして我が子の場合、今回のように

受講してきたあとのアウトプットのために

実験台になってもらったり

カラーボトルやカードなど

子供たちから頼まれても

私は必ず「内面(悩み)を親である私に

話さなくていい。」と伝えております。

 

話したいのであれば勿論聴きますが

聞き出すような真似はしないし

そもそも外科医は自分の家族の手術は

しないのです。

 

それと同じです。)

 

 

 

免疫システムは年とともに働きが弱くなります。

 

アクセスバーズのMTVSSは直接そこへ

ダイレクトに働きかけます。

アンチエイジニングにも期待できますし

今まで溜め込んできた沢山の負の遺産も

 

ポイ!!

 

と手放すことも^^

 

 

自分の中で四角四面に

◯◯でなければいけない

△△であらねばいけない

□□でないとだめだ

 

なんていうものを手放したくても手放せないで

生きてきた人の不要な産物をアンクリエイトし

より本来の自分へ近づき戻っていただく。

 

MTVSSはその気付きへの近道となり

お手伝いさせて頂くツールとなるでしょう^^

 

対面セッションでは

クライアントさんの体に触れることは

私はしません。

 

よっぽどの場合は別で、今までお一人だけ

ハグさせていただいたことがありますが、、、

基本触れることはありません。

 

アクセスバーズの場合は逆に触れます。

私の手を通してクライアントさんのどの部位が

反応するか。

 

触れられることで

目に見えないものが混ざりあい

口が重くうまく話せない方でも

言葉にできることもあるでしょう。

 

その方に合うセッションを

選ばれたらいいと思います^^

 

 

少し話が横道へ行きましたが

ここでモニターさん募集です^^

 

MTVSSを受けてみたいという方

10名限定で募集します。

 

アクセスバーズの体験談についてはこちら^^

 

 

MTVSSの施術を体験してみたい方はこちらからお問い合わせくださいまし^^ 

 

 

一回3,500縁です。^^

 

今日は

「アクセスバーズMTVSSについて」

でした^^

 

何をチョイスするかは

あなたが自分で決められます。

 

なぜなら、あなたはそもそも

自分で選べる人だからです。

 

それを思い出してください。

 

誰もあなたを縛れません。

 

もし縛っているとしたら、、、

 

その縛りをほどくことができるのは

 

あなただけなのですから^^

 

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

10月

07日

自分を大事にしようとすると「逃げるのか」と言う奴の「物差し」は歪んでいる。親子・夫婦関係

「自分を大事にしようとすると「逃げるのか」と言う奴の「物差し」は歪んでいる。親子・夫婦関係」

 

☝本日のアメブロ記事

 

そして、あなたのことを理解し守れるのは

あなただけなんです。

 

ってお話です^^

 

 

今日はお友達の紹介からご縁をいただいた

「星読み」の森野さんのユーチューブを二本。

 

森野さんは「星読み」について

無料講座をされていて

皆さんが沢山シェアされております。

 

わたしも受講しておりますが、、、^^

 

今日は先にこちらを紹介したいのです。

 

もうね、ホンマに、、、

何も言わんとこれ観てください!!

 

私の個人的な過去の話は

何度かしてきておりますので

いつも読んでくださってる方は

同じ内容になるかと思いますが、、、

 

 

人はショッキングなことが起きた時

どうするか?

 

対応不能になって

何事もなかったかのように

日常をとにかく生きる人も居るかもしれません。

 

感じる余裕がない。

 

感じてたら今目の前に居る家族が

たちまち困ってしまうからね。

 

「私がオロオロしてる場合じゃないんです。」

 

 

そうやって生き延びる。

 

 

または、停止状態です。

 

思考がストップです。

 

無気力な状態。

 

 

ここで私の個人的な話は

やはりやめしょう(笑)

 

先日テレビで公に話されていたある話を。

 

 

元ダイアナ妃が事故で亡くなったあと

多くの国民、そして世界中の人々が

悲しみに暮れました。

 

ダイアナさんのファンは多く居たものね。

 

(ファンじゃない人は別ね^^)

 

でその際、葬儀で列になって

車の後について歩く 二人の青年。

 

お兄さんはあの時

 

「前髪を垂らして少しうつむき加減で居た。

そうすればマスコミから自分は

姿を消していられる気がしていた。

なぜ、母のことをよく知らない人々が

こんなに涙を流せるんだ。

なぜ、母のことを何も知らないのに

分かっていないのに、、、、」

 

そんなようなことを

繰り返し言うているのを観ました。

 

言葉は違ってると思いますが、、、、

☝こんな感じです。

 

要は人のこと(母ダイアナさんのことを)

何も分かっていない

理解していないのに

分かったような

理解してるような、、、

その姿に違和感を感じた

 

…のかもしれません。

 

 

 

さて、森野さんの動画とリンクです。

 

自分のことをよく分かっているのは

世界中どこを探しても自分だけです。

 

そして、その傷ついた痛みも

そして、その傷ついた悲しみも

そして、その傷ついた怒りも

そして、その傷ついた、要は「心」も

 

理解できるのは

あなただけなんです。

 

 

 

まずは、「自分を大事に」

 

って私はいつも言う。

 

その「自分を大事にできる親の姿」を観て

子供たちも、自分に対しても

そうしていいんだ。

 

って思えるんですよ。

 

やり方を覚えるんです。

 

 

そしたら、それだけでも

あなたが自分を大事にしたことで

自分以外の誰かが

自分を大事にできる人を増やせるんです。

 

その連鎖は続きます^^

 

 

 

もし

 

不当な扱いを受けたと感じたなら

そこはあなたにとって

害のある場所かもしれません。

 

速やかに離れてください。

 

離れることを「逃げることだ」と言って

笑いものにしたり

噂話に花を咲かせている

低次元の人がいます。

 

そこも乗ってはいけません。

 

相手の仕掛け、罠 です。

 

あなたはあなたを大事にし

護る権利があるんです。

 

 

相手が

自分のパートナーであれ

自分の親であれ

自分の子供であれ

ともにやってきた仕事の仲間であれ

 

まったく関係ない。

 

 

あなたが逃げたことで

恐らく次誰かがまた

ターゲットになります。

 

そのターゲットになりたくない人たちが

噂話をして罠を仕掛けてくるんです。

 

 

 

だけど、そんなこと…

 

知ったこっちゃありません(笑)

 

 

相手が決めた常識

不当な扱い

 

例えば、、、

 

旨いところを持っていくために

雑魚をあなたに与えておいて

良い人に見せておいて

あなたをいつの間にか

支配とコントロールにまみれさせる。

 

あなたの気持ちを一切言わせず

勝手に代弁され口を閉じさせられる。

 

もしこれが組織でなされていたなら

偉いことです。

 

その場から速攻で離れましょう^^

 

 

 

 

森野さんの動画は分かりやすい。

でも、???って思う方もいるかもしれません。

 

居てもいいんです^^

首をブンブン縦に振ってみることができた方

できなかった方、合わせてお伝えしたい。

 

この動画を見て終わりにしないでほしい。

 

それだとただのインプットです。

 

三日もすれば忘れます。

 

何に反応し

何に感じ

何に違和感を覚えたか。

 

身近な方で話せる方が居たら

話してみて欲しい。

可能ならセラピスト、カウンセラーに

話してみて欲しいのです。

 

きっとそこでまた新たな気づきに出会えます。

 

 


 

 

Facebookの投稿へも書きましたが、、、

 


京都の先生とはまた味が違います。(^-^)

自分を大事にすることに罪悪感を覚える人は
少なくないと思います。

また、自分を大事にしたいのに
それは「逃げることだ」と
他者から植え付けられた人も居て
自分を大事にすることができない人もいます。

外から植え付けられた

その「物の価値観」
その「ものさし」 は
あなたの物ではありません。(^-^)

必要な方へ届きますように、、、



 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

9月

16日

カウンセリングに幼少期の親子関係と過去生。どう関係あるの?

「カウンセリングに幼少期の親子関係と過去生。どう関係あるの?」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

気学の仮吉方が終わって

落ち着くかと思いきや、、、

なんだかんだとバタバタしてて

お陰様で日々が慌ただしく

過ぎております^^

 

今日はお仲間の紹介とともに

カウンセリングについて

ふれたいと思います。

 

 

自分の想いを形にする1

 

 

お仲間の典子さんのブログです。

 

典子さん、リンクの快諾

ありがとうございますm(_ _)m

 

 

どうしても今回は典子さんのブログを

お借りしたくお願いしました。

 

典子さんは私のクライアントさんでは

ありません。

 

私の尊敬する京都の先生のところで

共に学んできているお仲間です。

 

ただ、典子さんの場合は心理職ではなく

「美容師」です。

 

ですが、美容師さんって

私個人的に思うのですが

カウンセラーだなぁ〜〜〜

と思うのです。

 

傾聴のプロと言いますか、、、

 

お客様は美容師に髪の毛を

カットされていくうちに

徐々に心の開放をしていきます。

 

その時、どうお話を聴いていくか、、、

カットしながら

セットしながら

パーマを掛けながら

同時進行で行うんです。

 

傾聴のプロでしょ?^^

 

 

その美容師が自分の問題を抱えたまま

お客さんのお話を聴き続けるのって、、、

しんどいことだと思います…

 

 

さて、典子さんのブログを

リンクさせていただいたのには

理由が在ります。

 

カウンセリングって何?

 

または

 

受けたことがあるけど

違和感感じて一度きりだった。

 

という方。

 

そんな方に読んでいただきたいのです。

 

典子さんは今回、数年前から

私の先生からカウンセリングを

継続的に受け続けて来た中で

自分がどんなプロセスを踏んできたか

詳細を書いておられます。

 

私はそばで時々見ながら

こう感じていました。

 

しんどいやろう。

もうやめたいやろう。

逃げたいやろう。

なんで?って思うやろう。

 

だから何度か「大丈夫か?」

声を掛けたい衝動にかられました。

 

彼女のそばには私だけではなく

私よりも彼女を身近に

見てきた人もいてますから

その方は、もしかしたら私より

もっと思っておられたかもしれません。

 

でも、私は「大丈夫か?」とは

一度も聞きませんでした。

 

これは彼女の問題だからね、、、

 

彼女が決めたことに任せるしか

ないのですから。

 

継続的にカウンセリングを

受け続けるなかで途中から

彼女の身体から放つステートが

変化しだした。

 

臭っていたものが臭わなくなり

軽くて明るくてお花畑の香りに変化した。

(これは私の主観ですので^^)

 

でも、まだ

臭うものは混じっていました。

 

とはいってもね、、、

出会った当初のことを思えば

大きな変化でした^^

 

 

カウンセリングを受けることによって

何を目的としているか?

 

クライアントさんからすれば、恐らく

今、目の前にある問題を

どうにかしたくて来てるんですよね。

 

(なかには様々なことに気がついた状態で

来られるかたも、稀ですがおられます。)

 

 

でも、それってそこへ行き着くまでの

プロセスを遡ると幼少期に行かねば

根本的な問題解決にいたらないことが

多々あります。

 

幼少期だけではなく

前世とか過去生からの影響も

ある場合もあります。

 

だけど、そことどう関係があるのか?

なんて、、、クライアントさんには

分からんことですよね。。。

 

分からないからイラツク。

 

どう繋がっていくのか見えないからね。

 

サッサと「今ここ」の問題を

解決したいのに…と。

 

 

とにかくですね、、、

今ここで私がウンタラカンタラと

説明するよりも典子さんのブログを

読んで見られてください。

 

シリーズ化しておりますので

毎日少しずつ書いておられます。

 

一度に読むより

分かりやすいかと思います^^

 

 

 

今日は

「カウンセリングに

幼少期の親子関係と過去生。

どう関係あるの?」

ってお話でした^^

 

私の主軸としておりますのは

 

「若い人のサポート」です。

 

ですがそのためには、その若い人を

育てている親たち、大人たち

(母親、父親、祖父、祖母

学校の先生たち

近所のおじさんおばさんたち)

のサポートは必須だと考えております。

 

サポートする側の人たちこそ

サポートは必要です。

 

なぜなら

自分の問題解決が

なされていない状況では

若い人の話を聞くことは

困難だからです。

 

若い人、子供たちは知っています。

 

上っ面ではなく、どの大人が

自分の味方かどうかなんてことはね。

 

 

子供たちの目から見て

憧れる存在の大人って

どんな姿でしょう?

 

自分の味方って

どんな大人を見て感じるのでしょう?

 

ただ単に無責任に応援してくれるだけの

大人が自分の味方だと感じるだろうか?

 

自分が失敗した時、

例え仮に失敗しても、

 

ギリギリまでは自力で何とか

頑張ろうとします。

 

だけど、大事なのは

ここからでしょう?

 

ここで、大人たちがどんなサポートが

彼らにできるか?

 

最善

 

ベスト

 

サポートするなら

サポートする人が沢山の失敗経験を

資源として持ち合わせ

彼らから失敗する経験を奪うこと無く

必要な時に必要な手を広げて

見守りサポートできること。

 

つまり、、、

 

サポーターが自分を信頼し

だからこそ、

彼らのことも信頼できるところから…

じゃないでしょうか?

 

 

典子さんのブログにもそんなことが

書かれているかと思います。

 

 

そして、もうひとつ。

 

 

私はかなり、おごっていました。

 

自分は相当セッションを受けてきたし

セラピストとしてかなり

「行けてる」と

思っていました。

 

でもある日

自分のインナーチャイルドの

催眠療法を受けたとき

それはもうショッキングな自分の姿を

目の当たりにしました。

 

あることについて

ヒーリングを受けたときは

鬼の形相を見、ショック過ぎて

放心状態で、、、

京都からどう帰宅したか記憶ない日も

ありました。

 

仲間が私の放心状態で動けずに居る

その姿に思わずバグをしにきたり

ただ黙って傍に来てくれたりしたとき

キチガイのように

大声で泣き叫んだこともありました。

 

その叫び声があまりにでかすぎて

当然お堂の外に漏れて

今日は何事かと思われたらしいです。

 

 

だけど、仲間のお陰で今も私は

 

生きています。

 

あの時のショックは生々しく

今でもハッキリと記憶しております。

 

だからこそ、典子さんに「大丈夫か」と

お声がけしたくもなり

でも

思い止まれた。

 

私も典子さんも自分の問題について

そのプロセスを踏んだ仲間なんです。

 

 

もしかしたら、典子さんの方が

前進しているかもしれない。

 

だからといって、カウンセリングを

受けることについて

どうか怖がらないで。

 

誰もが乗り越える力をお持ちです。

 

そして必ず傍にどなたか

サポーター居てます!

 

私達も必ず傍に居ます!!

 

 

蹴散らかし、拒否せず

受け取れたなら、、、

 

何かを得て大きな改革が

自分史に刻まれるかもしれません。。。

 

まずは典子さんのブログ

 

読んで見られたし^^

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

9月

08日

子供を信頼し任せることは親側に相当の覚悟が必要でしょ?親子関係

「子供を信頼し任せることは親側に相当の覚悟が必要でしょ?親子関係」

☝本日のアメブロ記事

 

 

先日のチャリティー番組で

金メダリストのフィギュアスケート選手が

ある発言したことで

その喘息の子供を持つ親が

自分の傷に反応し、感情が出た。

 

そんな内容をユーチューブで見つけました。

 

私はその選手が滑っている時

テレビで観ていたのですが。

 

彼の発言は私にとって

とても納得の行く内容でした。

 

でもね、その子供を持つ親にとっては

自分の傷に反応しているということに

気が付けず、怒りの感情が出る人も

居るだろうな…とも思っておりました。

 

テレビの編集も下手くそやしね。

(言いすぎかしらね?)

 

ちょっとここで、自分の身を切ってみますね。

(切ってるつもりはないけれどwww)

 

 

今、大学生のイケメン息子は

4歳と6歳の時に胸の手術をしております。

 

その際、術前の検査、術後の定期検診

毎月一回、三ヶ月、半年と

段々に定期検診の間隔が開いて

2年ほどした時

手術をしてくださったドクターから

こんなことを言われました。

 

「この子、走ったりしたら

息、直ぐに上がりませんか?」

 

先生は成長していく中で良くなるかも…

ということで術前から黙って

様子を観ておられたようですが

実は別の問題も発覚してたようで、、、

 

ですがその新たに発覚した問題は

手術して治るとかいう問題ではなく、、、

でも日常生活に支障はない程度の問題。

 

「っま、オリンピック選手は無理よっ^^

て思っておいて^^」

 

程度。

 

 

その後、小学校になると

プールが始まりました。

 

泳げるようになりたいという本人の希望で

スイミングに通い始めました。

 

彼の場合

無酸素運動でも有酸素運動でも

どっちにしろ

 

しんどい。

 

それでも

中学のリレーは足が速いということで

アンカーを走り、2位を取ったことも^^

 

根性だけはある彼は、金槌だったけれども

泳げるようになりたい一心で

メドレーもこなせるようになります。

 

メドレーは本当にキツイらしく、泳いだ後

何度もプールサイドでしばらく息が整うまで

長く時間が必要だったと言います。

 

夫が何度かスイミングスクールへ

お迎えに行ってくれていましたが

バタフライを泳ぐ姿を見た時

 

「あいつ、バタフライ泳げるんやで。

尊敬するわ」

 

と言うてたことがあります。

 

自己ベストタイムがなかなか更新できない時

コーチからこんなことを言われました。

 

「限界は自分が決めたら

その時点で限界なんだよ。」

 

「限界はない。」

 

タイムを更新することではなく

いかに美しいフォームで泳ぐか。

 

途中からそこに気持ちを向けるように

なったと言います。

 

それによってタイムも伸びた。

 

高校受験直前で

スイミングはやめたのですが、、、

 

 

何が言いたいってね、、、

 

彼にとって、この体

当たり前なんですよ。

 

そして、それに対して私が

 

「こんな体で息子を生んでしまって

申し訳ない」

 

って思うのは

 

私の傷なんです。

 

(実際、そんなこと、⇧ 

これっぽっちも

私は思ってはいない(笑))

 

もし、生まれたときは何ともなかったけれど

徐々にその傾向が出てきて発覚した。

 

って言うならば、楽な時期もあったので

そこを知っていれば

彼はしんどいと感じるでしょう。

 

でも、先天性の場合

最初からそうなので

それが彼にとって普通であり

当たり前なんですね。

 

そこに向けて、周りが過剰に反応するのは

逆効果ではないだろうか?

 

って個人的に思うのね。

 

(この時点で腹が立つ人も

おられると思います…)

 

だから、あの時、金メダリストが

 

「これって、僕らにとって

(と言ったように思う)

当たり前じゃん?^^」

 

って言った発言は凄く腑に落ちましたし

何より、同じ病気の人で

スピードスケーターのメダリストに

憧れて彼もヤル気になり

原動力になったわけですしね、、、

 

他の発言に対しても

私は負の感情はわかなかった。

 

ただね、だからって

負の感情を持ってしまった方を

悪く言ってるのではないの。

 

人は本当に理不尽かもしれないけれど

死ぬまでにする経験って

人それぞれなのね。

 

その経験をするために

この世に生まれてきてる。

 

それに対して

周りがどうこうできる問題ってないの。

 

それはその人の「もの」だから。

 

心配してはいけないとか

言ってるんじゃないの。

 

例えば、

 

大学受験。代わってあげれるの?

 

就職、仕事代わりに決めてあげるの?

 

結婚相手、代わりに探して

あてがってあげるの?

 

どれも、誰の問題なの?

 

って話なの。

 

子供には子供の時代がある。

 

そして、

 

それらは子供の時代に子供しか

乗り越えられないものでしょう。

 

境界線を持ってサポートすることが

ベストではないか?

 

って思うのです。

 

 

だって彼らはちゃんと乗り越える術も

持ち合わせている。

 

私たちはそんな彼らを覚悟を持って

信頼し見守ることではないだろうか?

 

 

守ることは割りと たやすいのです。

 

信頼し見守ることの方が

実は難しく覚悟が必要なんです。

 

親側がそれができれば

子供は思った以上に成長します。

 

親が必要以上に感情が動くのは

多くは親の傷(問題)です。

 

そこを癒やせば必ずきっと

子供を信頼し見守れます^^

 

 

その親の傷を癒やし覚悟が持てるよう

 

サポートさせていただきますよ^^

 

 

今日は

「子供を信頼し任せることは親側に相当の覚悟が必要でしょ?親子関係」

ってお話でした。

 

その傷は

親が不足しているからではないのです。

 

その傷は

親が与えてもらえなかったものを

子供を利用して

自分の身代わりになってもらって

埋めて自分(親)が安心したいだけなの。

 

でも、厳しいようだけれど

 

それをどれだけしても

 

あなたのその穴は埋まらないよ?

 

だって対象にしているのは

(身代わりにしているのは)

子供であって

あなたじゃないんだもの。

 

その穴は自分でしか

埋められないのです。

 

だってそれも、あなたの

あなただけの問題だからね、、、

 

 

最後が厳しくなってしまいましたm(_ _)m

 

お許しを、、、

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2017年

9月

04日

そもそも自由なんて始めっからなかった。それホント?あなたが放棄しただけです。親子夫婦関係

「そもそも自由なんて始めっからなかった。それホント?あなたが放棄しただけです。親子・夫婦関係」本日も痛い記事です。

☝本日のアメブロ記事…

 

痛いけど、今タイミングだと思われる方だけ

お読みくださればいいです^^

 

 

ゆうじさんのブログです。

 

 

最後まで読めましたでしょうか…

 

 

本来の自分を探す自分探しの旅に

今更出るなんて、、、

 

今までの自分は何だったのかと、、、

 

そう思うと悲しくて

涙が出るかもしれません。

 

触らないで、

触れないで、

観ないで、

入ってこないで、

暴かないで、

いじらないで、

今までの自分でいいから。

 

どうかこのまま

そっとしておいてください。

 

そう叫びながら、

あなたはものすごく怒ってるでしょう?

 

表面では涙は流さなくても、

メンタルは涙の洪水でしょ?

 

悔しくて、

悔やんでも悔やみきれなくて、、、

 

 

どうして、ここに自分は生まれてきたの?

何の意味が在るの?

学びだって?

ふざけないでくれ!

こんな学びがしたくて生まれてきたんじゃない!

 

自分は…

普通の幸せ

当たり前の日常

お友達のおうちみたいな

そんな家族に生まれて来たかった。

 

だけど、知ってる。

 

分かっている。

 

そことは掛け離れた場所に自分は居て

でもそれは口には出せなくて

周りから引かれないように

気づかれないように

生きてきたんです。

 

うちも

あなた達と同じような家庭に育った身。

 

そう思われるように偽って。

 

だから周りに合わせて笑って

周りに合わせて

そつなくこなそうと頑張ってきた。

 

でもなぜか

 

ピントが合わない違和感が在る。

 

健全な人は

その違和感に敏感ですから、、、

 

 

 

親を恨んでも始まりません。

 

赦せないなら赦せないでいい。

 

ただ、

 

親も親で、あの時代

それ相当の痛みを経験して来ております。

 

その経験を肥やしにできる人も居れば

出来ない人も居る。

 

ただ それだけのことです。

 

肥やしに出来ない人は

一生そのまま 逝かれます。

 

私は、、、

そこが悲しい。

 

でもね、それがその親の

今生での成長なのです。

 

全く進んでいないわけじゃないの。

 

そしてそれは

あなたの問題じゃないでしょう?

 

ここで大事なことはなんですか?

 

あなたが

あなたの人生を生き抜くことです。

 

ちょっとここで想像してみて?

 

例えばあなたの可愛い娘が

DVにあっていたとしましょうか?

 

暴力に耐えかねて

 

「離婚したい」

と相談に来たとしましょう。

 

どうされますか?

 

世間体を気にして反対しますか?

子供が居るから我慢しなさいと言いますか?

もう一人子供が出来たら変わるかもしれないよ?

 

とアドバイスしますか?

 

 

仮に、上記のアドバイスを受けて

戻ったとしましょうか?

 

数ヶ月後、生死をさまよう事態になったら

どうされますか?

 

 

 

 

あのね、DVって

簡単に治るもんじゃないんですよ。

 

根本的に観ていかないとね。

 

勿論カウンセリングも必要です。

 

 

そして、DVの人は

その人だけが悪いのではないのです。

 

脈々と続く連鎖です。

 

表面だけ観て

どうこうできることじゃないの。

 

それでも、共依存の人は

なかなか離れられなかったりするのね。

 

そして自分を攻めちゃったりするの。

 

 

大きな事件が起きなければ

気がつけませんか?

 

その前に何度も信号は

その前に何度もサインは

送られてきていたはずです。

 

どうかそれを見逃さないで。

 

あなたは、そもそも自由なんです。

 

それを放棄した瞬間

自分の人生を放棄したのと同じなんです。

 

 

それがあなたの今生での学びと言うなら

仕方在りません。

 

だって、それは、

間違いなく

あなたの問題なのだから、、、

 

 

最後に

私が尊敬している方のブログをもう一つ…

 

元 三森真人さん

今現在は

響玲童さんのブログ

 

 

「部屋に鍵はかかっていない」

 

 

 

 

あなたは、サーカスのゾウですか?

 

 

今日は

 

「そもそも自由なんて始めっからなかった。それホント?あなたが放棄しただけです。親子夫婦関係」

 

ってお話でした。

 

今回はDVに絞りましたが

DVだけじゃないです。

 

自分の子供を愛せない。

どう子育てしたらいいのか自信が持てない。

親になるのが怖い。

 

そう感じる時点で

既に火種は持っています。

 

発火する前に

処置できればいいですね^^

 

 

そのあなたの生き苦しさ。

 

サポートさせていただきますよ^^

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2017年

9月

02日

ママのその不安はどこから来てるの?孤独にならないで…親子関係

「ママのその不安はどこから来てるの?孤独にならないで…親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

ママの心配が伝わってくる。

新しい学校へ入学が決まって

一緒にママの母親と

ママの子供とカフェでランチしながら

ママは心配と不安と得体のしれぬ恐怖で

それを打ち消すかのように

ママは子供に言う。

ママの母親に聞かせるように。

「新しいお友だちがもうできたのよね?
楽しみでしょ?
学校へ行くのが毎日楽しいわよね?

ねぇ!

お母さん聞いてよ!

この子、誰とでも仲良くなれるから

もうお友達沢山出来たみたいなの!

だから、なんにも心配要らないの。」

 



一生懸命なママ

その必死さが

伝わってきて痛いのだ。

 

そして、子供は黙々と

うつむいたまま

ランチを口に運び続けている。

 

 

 

 

 

この光景は今年の4月初めに

大阪へ仕事で行き、帰りに

カフェに立ち寄ったときに出くわした光景。

 

私も身に覚えがあるのですが

夫の転勤で日本国内を移住してきたので

その度に子供たちは転校。

 

方言の違いからか

それとも

文化の違いからか

いえいえ

地方はどこでも余所者を

なかなか受け付けないものです。

 

(もちろんそうじゃない所もあります^^

そして

余所者だから

イジメにあったわけでもありません。

同じところに住んでいても

苛めに合うとおきは合う。)

 

それは地方が悪いのではなく

それぞれの、それまでの蓄積されてきた

情報や経験からお互いを遠退ける。

 

だから、少なからず転校したあとは

私も不安を感じたものです。

 

実際、相当のイジメの経験を

「四年間」に渡って

子供たちは経験したわけですが、、、

 

 

話しがそれましたね。

 

 

で、ですね、実際に新しい環境に

子供が飛び込んだあと

親はどうあれば良いのかと

常に悩むわけです。

 

親も親で一杯一杯。

 

なんせ一人目の子供に関しては

すべてが親も子も初体験!

 

…なわけです。

 

お互いが緊張しピリピリしたりしてね。

 

 

子供が新しい環境へ飛び込むとき

親はどうあればいいのでしょうね。

 

 

冒頭にあげた母子は

ちょっといいところへお受験し

合格した様子でした。

 

(私には、言葉のやり取りからそう感じた)

 

仮に実際そうであったとしましょうか。

 

この場合

親側の期待が何なのかですよね。

 

想像するに

私学受験して合格したのだから

3年間ちゃんと通って卒業してもらいたい。

そして高校又は大学は

さらに上を目指してほしい。

 

途中で合わなくなったとかいって

中退なんて絶対あり得ない。

 

 

子供側はそこに対して

 

とりあえず合格出来たときは親も喜んでたし

自分も頑張ったから嬉しかったけど、、、

この先ホントに皆に置いて行かれないように

ついていけるのだろうか、、、

お友達も皆プライド高そうだし、、、(;^_^A

 

…かもしれません。

 

子供はいつだって親の期待に

応えたいと 願う。

 

だけど、その期待を

裏切る形になってしまったとき

親から見捨てられる不安で一杯になる。

 

親は良くできる自分を

愛してくれているのであって

そうじゃなくなった自分など

価値がないと思うに違いない。

 

皆に置いて行かれぬように

毎日必死で勉強しないと、、、

やばいなぁ~💦

 

かもしれません。(かも、、、ですよ!)

 

幼児さんのお母さんの多くは

「我が子は沢山の可能性がある!」

 

と期待します。

 

私も思いました^^

 

思っていいのです^^

 

当たり前です。

 

どの子にも沢山の可能性が

詰まっていますとも^^

 

ただそこでです。

 

過剰な期待をその小さな背中に

背負わさないことです。

 

最終ゴールはどこですか?

 

明日?一週間後?一か月後?

半年後?一年後?

それとも

10年後?20年後?

 

 

 

私はこう考えます。

 

最終ゴールには

私は立ち会えない。

 

それが本望です。

 

最終ゴールに私が立ち会うということは

 

子供が私より先に逝く

 

ということです。

 

最終ゴールは

今生で自分の人生に幕を閉じるとき。

 

その時、振り返ってみて

本人が自分の人生をどう思うかです。

 

 

親がどうこうできる問題じゃないんですね。

 

 

大きなスパンで見たとき

少し肩の力抜けませんか?(笑)

 

 

私は役行者さんに滋賀県の石山寺さんで

手をあわさせていただいたとき

役行者さんのお母様を思いました。

 

我が息子ではあるのだけれど

その息子が世の人々の助けになっていくのを

ただただ遠くから見ながら

我が子だけれど

我が子ではなくなっていく…

 

そんな風に複雑な思いを抱えながら

見ておられたのではないかと。

 

涙が流れたのです。

 

(その思いを

「まるで○○に取られたような気持ちだ。」

と石山寺さんの龍華さんに

お話ししたエピソードが

Facebookであります(笑))

 

優しい子になってほしい。

誰からも愛される子になってほしい。

人に迷惑かけない子であってほしい。

人の役に立つ子であってほしい。

 

親は子供にいろんな思いを

名前託したりしながら思い願う。

 

だけど、それは親の思い。

 

でも本当は

子供は最終ゴールで

「自分の人生を全うできれば万々歳」

ではないだろうか。

 

だったらその途中のプロセスで

紆余曲折を経験しても

信頼して見守れないだろうか。

 

心配するのは

信頼できていないからですよね、、、

 

 

それはご自身へも言えないだろうか?

 

 

ゴールドの道だけが人生ではないし

ゴールドは人によって内容も違う。

 

例えば

私学へ行ったけど合わなくて

イジメに合って

学校休みがちになって

最終的には中退して

夜間学校とか通信制に切り替えて

バイトしながら自分のやりたいことに

人との出会いのご縁から見つかって

専門学校へ通ってその道へ進んだとしても

その私学へ行って中退したプロセスがなければ

そこにはたどり着けなかったということです。

 

私学は無駄だったと言い切れるのか?

 

学校休んだ経験も

無駄だったと言い切れるのか?

 

よく言われる

 

「皆と同じことができないやつは

社会に出たって通用しない。」

 

これは事実だろうか?

 

 

 

お母さんたち

 

そんなフレーズにどうか

飲み込まれないでほしい。

 

そんなフレーズは事実ではありません。

 

そんなフレーズを入れ込みジャッジし

そして、そうなるように

道を付けられたってことです。

 

もし、そんなフレーズを他者によって

入れ込まれたなら、即刻

アインストールしてやってください。

 

それができるのは、お母さんだけです!!

 

そして自分の子供は何が起きても

立ち上がる勇気を持っている。

 

と信じて見守ってあげてくださいまし。

 

そのためには、まずご自身を

振り返ってみてください。

 

色々あったでしょう?

 

でも今、生きてますやん?

 

生き延びましたでしょう?

 

そのあなたのお子さんですよ?

 

信頼できませんか?

 

 

私のイケメン息子は

こんなことを最近言うてくれました。

 

「俺はあの時(苛めに合ってた時)

母さんのサポートがあったから

今こういう自分で居られるけど

親が学校に対して休むことや

独りでいることに不安を感じられると

子供はしんどい。

あの孤独の時間に

毎夜の読み聞かせや

学校の図書室での哲学書に出会わなかったら

今の俺はないねん。」

 

私の生涯目標は若い人のサポートです。

 

でもね、

 

そのためには

若い人をサポートしている主に

お母さんたちのサポートが必須なんです。

 

だから、

 

子育てをされているお母さん方が

育児をもっと余裕を持って

楽しんでできることを願っています…

 

お母さんでないと出来ないこと

沢山ありますから、、、^^

 

今日は

 

「ママのその不安はどこから来てるの?孤独にならないで…親子関係」

 

ってお話でした。

 

子育てはたった独りでするものじゃありません。

子育てに成功も失敗もない。

あ、でも失敗のない子育てはないね^^

それは親が勝手に思うことだけれど…

失敗したと感じるのは

それだけ親のステージがアップした

ってことです^^

子供たちは自分たちのこと

失敗作だなんて思っちゃいませんよ^^

だって、その経験によって

彼らは沢山のものを得ていますから^^

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

8月

31日

まずは様々なパターンを手放すことから^^親子・夫婦関係

「まずは様々なパターンを手放すことから^^親子・夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

メンタルが0以下の方にはコーチングは

あまり効果が期待できません…

 

と以前書いたことがあります。

 

彼女は実際にカウンセリングを

受けて見られて体感され

それをブログに書いておられます。

 

参考になればいいなと思い今日も

リンクさせていただきました^^

 

 

カウンセリングのススメ♪

 

そして彼女は今…

 

この夏も帰省したよ!

 

 

こんなに軽やかにお母様と

お話ができるまでになられたんですね!

 

びっくりしました^^

 

 

 

昨日も書いたのですが

巷にあふれる啓発本が悪い

…というわけでは在りません。

 

とても参考になると思います。

 

今の自分に出ている症状は

一体何なんだろう、、、

 

それを探していくうちに

そういった本に辿り着き

救われ、安心された方も

おられると思いますしね。

 

ただ、

ご自身のことを知らぬまま

ご自身のことを観ないまま

そこへ走ってしまうと

 

「セミナージプシー」

 

とあまり変わらないように思います。

 

セミナーに参加した。

とても深い学びを得た。

帰宅道中早速実践してみよう!

と思えた!

そして自宅の玄関を空けた瞬間

💣

ぶっ飛んだ!

 

っま!

ここまで速攻で全てぶっ飛ぶことは

ないと思うのですが💦

 

そこと似ていて結局ご自身のことを

無視して無理矢理何かを詰め込んでも

入らんってことです。

 

様々なパターンをぶら下げているのに

そのからくりを観ないで

そして手放さずに、、、

 

(まぁ、手放すのも大変ですよね。)

 

根っこまでたどり着こうとしても

色んなものと複雑に絡み合った

糸(意図)は、こんがらがって

そう簡単に解けないかもしれません。

 

だけども、一個解ければ

芋づる式に解けていきます。

 

そして一本の線で繋がるんです。

 

 

メンタルをそうやって様々なものを

セラピストとともに恐怖と戦いながら

徐々にゆっくりと手放していって

0地点まで戻します。

 

そこで初めて未来へ

目を向けられるんです。

 

深海の魚はいきなり海面へ出せば

目が潰れます。

 

だから徐々に上がるんです^^

 

 

そのサポートを

させていただいております^^

 

今日はこれにて^^

 

「まずは様々なパターンを手放すことから^^親子・夫婦関係」

 

そのパターン。

どうして簡単に

手放せないのでしょうね、、、

 

だって、それのお陰で今まで

生き延びてこられたんですもの^^

 

簡単じゃなくて当たり前なんですよ^^

 

ただ、そのパターン。

 

生き延びる代わりに

あなたを何かで縛っていませんか?

 

その縛りから開放されるために

手放すんです^^

 

 

泣いてもよいのです^^
(この写真はブログ内容とは
一切関係在りません^^ 
先日の石山寺さんでの
講話の様子です^^)

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2017年

8月

30日

言霊?思考の現実化?これには私的な見解ですが「からくり」があります。親子・夫婦関係

「言霊?思考の現実化?これには私的な見解ですが「からくり」があります。親子・夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

今日は私のクライアント様の許可を頂き

blogをリンクさせていただきました^^

 

 

自分が困ったとき、助け合える人がいるか、、、

 

これ凄く大事ですね、、、

 

そしてこの方

怒りの感情を出せるようになってから

ものすごく、ご自分を

大事にできるようになられました。

 

(そして周りの環境たちも

大きく変化されました。

この後のブログも参考になります^^)

 

怒ってる自分に対して

いったん吐き出した後

はて?

どうして自分、、、

こんなに怒ってるんだ?

 

って思えた。

 

そして、それがわかったあと、、、

 

それまで怒っていた相手に対して

素直になれた。

 

これ、ものすごいプロセスの流れです。

 

体感されたかただからこそ

言える言葉たちだなと感じました^^

 

お疲れ様でした^^

 

(終)←ww込み上げる感情。

 

 

 

時々啓発本や心理系の本を手に取って

本屋さんで立ち読みしたり

することがあります。

 

「思考の現実化」

 

こういったものを読んで実践してみる方も

多くおられると思います。

 

先日いなっちと行ったコラボも

怒りの感情がテーマでしたね。

 

ネガティブな感情

言葉には言霊といって魂があるから

言葉に気を付けよう。

 

とかね。

 

私自身怒りを専門に

扱っているように思われがちですが

寂しさ

悲しみも

勿論そこには入ると思って見ています。

 

そして、だから

「思考が現実化する」ってね、、、、

 

ここね、実は「からくり」があるんですよ。

 

時々

過去のあの事件が

あの人が

あの環境が、、、

 

って言いますが、いえいえ、その前に

もっと前の過去に

 

例えば、、、

(これは多くあるうちの一つですよ?)

 

「どうせ私なんか・・・」

「どうせ俺なんか・・・」

 

って口癖無かったでしょうか?

 

その言葉を吐きながら

自分の未来をどう見ていたんでしょう?

 

ね?

 

その時に今の自分の姿を薄っすらとでも

想定してなかっただろうか?

 

だとすれば、、、確かに

 

「思考は現実化」

 

しますね(笑)

 

 

そして同時に

 

「言霊」の話。

 

そこともリンクしますね^^

 

 

マイナスの言葉って言うけどね。

 

その吐きたい気持ちを抑えて

いくらプラスの言葉を使っていても

 

そこに魂入りますか?

 

私の周りで私をよく知る人は

 

「侑杏恵さんの怒ってる時の姿って

そこに必ず「愛」があるんです。

その「愛」を感じるから私は

ネガティブさを感じません」

 

って言ってくださる方が数名^^

 

数名です^^

 

十分です(笑)

 

怒りの感情を出し切ったことがないとね

新しい扉を開ける気持ちになれないんです。

 

だから、一回ここで出しましょう。

 

ってことです。

 

出したら

詰まりが取れて流れがよくなります。

 

そしたら脳の詰まっていた

思考回路が開きます。

 

もう、さっきまで抱いていた

相手への感情が嘘のように

フレームが変わります。

 

これは体験しないと分からんことです。

 

 

どうか、ご自身を

嘘の思考で塗り固めて

苛めないで上げてくださいね。

 

本当は知っています。

 

自分が堪えれば、うまくいくんだ。

 

と言い聞かせ誤魔化し続けていること。

 

 

感情は

出しても大丈夫^^

 

そういう安全な場を確保してくださいね^^

 

今日は

「言霊?思考の現実化?これには私的な見解ですが「からくり」があります。親子・夫婦関係」

 

あなたのその手で掴むんです!!

 

 

誰の人生でもない

あなたの人生なんですもの^^

 

そのサポートをさせていただいております^^

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

8月

27日

ただ単についてるだけか?それとも素直に受け取れるか。これって親子・夫婦・人間関係にも言えないか?

8/25金曜日

アンガーマネジメントのいなっちと

怒りの感情のセラピスト?(笑)

ふじたカウンセリングのトークバトルを

開催しました^^

 

参加者さんは全部で9名。

 

ほぼほぼ最初から最後まで

質疑応答で終わった

トークバトルでした(笑)

 

質疑応答の内容は守秘に当たるため

シェアできませんが、

とても濃厚であっという間の二時間半。

 

Facebookでは参加してくださった方と

コメントでやり取りし

嬉しく読ませていただきました^^

 

個人メッセでは、いなっち繋がりの方が

リクエストしてくださったりと

お互いにまた繋がりが増えました。

 

今日のブログは、そのあとの

いなっちとふじたのプライベートタイムを

つらつら書きたいと思います^^

 

 

岡山県から奈良県へ

遠方はるばる来てくださったいなっちを

奈良観光へお連れしようかと

思っておりましたが、私の中で

 

「いえいえ、弁天様でしょう」

 

という内部の声が聴こえましてwww

 

で、天川弁財天へお連れいたしました。

 

ですが、、、

Facebook繋がりの方は

ご存知かと思いますが、、、

前日の8月24日

夫と丹生川上神社、上社、中社、下社、の

三社参りと天川弁財天をお参りしており

二日連ちゃんでの参拝。

 

天川弁財天さんの前に

丹生川上神社下社へもご案内。

 

通常は2時間はかかります。

 

奈良の道路は混みます。とくに国道。

 

ですが、、、なんと1時間もかからずに

丹生川上神社下社へ到着。

 

私のカーナビ子ちゃんは

ちょっと変わってます、、、

 

同乗する人によって

案内するナビルートが変化します💦

 

今回いなっちを乗せ、出発すると

今まで通ったことがないルートを

案内するんです。。。。

 

あ~~~~まただ、、、

もう勘弁、、、

知らんで、、、この道、、、、

狭い道へつながるんちゃうやろな、、、

 

一抹の不安を抱えつつ、、、

 

ですが、ナビ子ちゃんは知ってました。

 

いなっちは最短ルートが好きなんですね。

 

目的地へ早く到着したい。

 

まさしくその通りに、、、

いつも通らない比較的空いた道を

行ってくれたんですね。

 

その間もお互いの今までの経験談を

楽しく話しつつ、、、

 

で、丹生川上神社下社を参拝後

天川弁財天さんへ。。。

 

ここでも不思議なことが。

 

いなっちが参拝するとき

私は祝詞をここで上げようと決めてました。

 

でも他の参拝者がいたら

ちょっと上げ辛いな、、、

と、、、思ってたんです。

 

そしたらですね、、、

 

誰も参拝者が居ないんです!!

 

こんなことは今まで初めてです。

 

人払いが起きることがあります。

 

伊勢神宮の外宮さんでも

私はそれを見たことがあります。

 

で、私は安心して祝詞をゆっくりと

上げることができました。

そして、しばらくして

他の方がお参りに来られたんです。

 

その後

「お腹空いたね^^」ってことで

いつも行くお店に案内しようと思ったら、、、

なんと「お休み」でして、、、

別のお店にお連れしたんです。

 

そのお店も何度か行ったことがあります。

 

そしたら、ちょうどお店の方

「今日は疲れて、

もう閉めようと思ってたところだ」

と言うんです。

 

で、あらら、、、残念、、、って思っていたら

 

「でもいいよ!ギリギリセーフ!!(^^)!」

 

って言ってくださり、作ってくださいました^^

 

有難くおいしくいただいた後

「女人結界」のある「母公堂」へも

お連れいたしました。

 

でもね、、、

 

もう閉まってたんです。。。

 

「あ~、、、残念!!」って思っていたら

堂守りの方が、ひょこっと、

どこからともなく出てこられたんです。

 

「あ~~~!!こんにちは!!

また来ちゃいました!!(笑)

今日は岡山から

友人をお連れしたんです^^」

 

って言ったら、

 

「岡山から?

そう^^

じゃあ開けるよ!

横から入っておいで!!」

 

と言って入れてくれたんです^^

 

もうラッキー!!

ダブルラッキーです^^

 

いえいえ

 

トリプルラッキーですね^^

 

そしてお経をあげていただき

予定より早く終わったので

 

「せっかくだから、近くに

「龍泉寺」さんがあるんで

寄って行かれますか?」

 

ってことで立ち寄りました^^

 

ここは「日本昔話」ででてきたし、

「シノダシリーズ」の児童書でも出てきます。

 

詳細は長くなるのでカットしますが^^

 

そんな話をしながら本堂で

ご真言を一緒に唱えて

生駒駅までお送りしました^^

 

 

その帰り道に見たのがこの彩雲です^^

 

実際はクジャクの羽のように

もっと色がはっきりしていて

美しい羽根のようでした^^

 

いなっちの前途は明るいなと感じましたね^^

 

そして、、、

 

 

次回は必ず奥様も一緒に来ていただき

もっと奈良をご案内したいなと思いました。

 

いなっちはまるで「鳳凰」っぽいなと

トークバトルでお会いする朝

思ったんですね。

 

「鳳凰」と「龍神」が組むと最強です^^

 

今回もなにも打ち合わせなしで

コラボしたわけですが

全然違和感もなく、流れも滞ることもなく

心地よく終えることができました。

 

近いうちに、奥様にも会いに参ります^^

 

その日が楽しみですね^^

 

岡山にはサムハラ神社があります。

 

もともとは岡山にあったもの。

 

ですが、大阪へ移されました。

 

今もサムハラさんは岡山にも。

 

大阪のサムハラ神社さんは

何度かお参りさせていただいておりますが

発祥の地へはまだなので、ぜひ、、、^^

 

 

今日は

「ただ単についてるだけか?

それとも素直に受け取れるか。

これって親子・夫婦・人間関係にも

言えないか?」

ってお話でした。

 

目には見えない力や世界を嫌うのは

権威と権力への抵抗…

からではないだろうか?

 

そんな風に思うことがあります。

 

私自身、目には見えない世界など

鼻っから信頼などしていませんでした。

 

だけども、権威や権力への抵抗が

薄らぎ始めたころ

並行して目には見えない世界も

受け取れるようになりました。

 

友人からの

重い押しつけのように感じていた思いも

素直に受け取れる自分も

出てきたからです。

 

若い、若さ、青さ、青臭い、

 

そんな薫りがしてた頃かもしれませんwww

 

だからこそ

 

若い人のサポートの大切さ、

そのための

若い人を支えている人たちの

サポートのさらに大切さが

今まで以上に分かり

見えるようになってきました。

 

何でもかんでも言葉にすることが

良いわけでもなく

 

だからと言って

 

何も言わないんも良いわけでもなく

 

だからと言って

 

信頼無さからの言葉にすることの不必要性

 

でも

 

言葉にして伝えることの大切さ

 

こうして人は深さを増していくのかも

しれませんね^^

 

 
 
いなっち!
楽しかったよ~~~^^
ありがとねぇ~~~(#^.^#)
 
 

 

0 コメント

2017年

8月

23日

”アダルトチルドレンの生きづらさ!自分のせい!自分が悪い!それはそのように言った人がいただけです

いつもお前が悪い。
お前のせいでこうなったんや。
お前は無力や。
ほらね、やると思った…
もう向こうへ行ってろ!!
邪魔や!!
こんな言葉を幼少期から
いつも親や兄弟たちから
浴びせられてきたら、
辛いね、、、
今日のブログは我が身を
思いっきり切って、、、
のブログとなります^^
私が尊敬しているセラピスト
読めない人もいるかもしれませんが、、、
勇気あるなら読んでみてください
私が今までずっとblogで書いてきた内容と
リンクしまくります。
これをやって来てしまった親たちは
ひょっとすると
抵抗が出て
反発し
怒りも出て
自分を攻められた感じがする人も
いるかもしれません。
攻めてなんかいないです。
あなたの幼少期の傷が
そう思わせてるんです。
その傷に気が付かれたなら
その感覚を十分に味わってみてください。
味わってみて
今まで我が子に向けていた感情が
何だったのか、、、
そこに気が付かれたなら
どうか逃げずに
お子さんに謝ってみてください。
いきなりは無理でしょう。
だから
ぬいぐるみでもいいし
座布団を置いて我が子がそこにいると思って
声を出して謝って見てください。
謝れますか?
無理かもしれませんね。
いえいえ、もし謝れたなら
今度は誰か見ているところで
謝ってみてください。
こっちの方がキツいかもしれません。。
もしできたなら、今度は
本人へ向けて謝ってみてください。
こうして、段階を踏んで勇気と覚悟を。
私はイケメン息子が
セッション受けて帰宅したとき、
「俺は母さんに失敗を許されてこなかった!」
と言われました。
ああ、いいセッションを受けてきたなと
思いました。
そして私は謝りました。
「そうや、そうやったな、、、ごめんな」
イケメンが、生まれて四日目。
亡くなった息子にそっくりやった。
べっぴん娘がお腹に宿ったとき
出産予定日は
亡くなった息子の命日やった。
だから
二人とも生まれ変わりに違いない。
だから
もう二度と向こうへ持っていかれぬように
私がしっかりと囲わないと。
そう思って
もう必死やった。
私の子供達二人は
私にとって特別やったんです。
特別やからこそ、完璧を求めます。
そして失敗はあり得ないのです。
いつしか自分も子供たちも
コントロールと支配の
迷宮入りですwww
守っているつもり…ってやつです。
これ、何が起きてるかわかりますよね?
これが、親の傷です。
彼等はその私の思いに応えようとし
押し潰されそうになりながら
期待に応えられなければ
自分を攻めたんです。
私が倒れたときも
「俺らの頑張りが足らないから
母さんは倒れた」 と。
そう思ったそうです。
そんな彼らは中学あたりから
大きく変化します。
私が変化し始めたのと同時でした。
つまり
「母さんが自分を縛り付けていた縄を
自分でほどいて解放したから
俺たちも安心して解放できたんや」
と言いました。
私のこのときに浮上した傷は上っ面です。
傷は掘っても掘っても
宝の山のように出てきました。
傷は宝です。
この傷を受けた時は
そりゃきつかったですよ。
許し難し傷!!
受け入れがたし傷!!
でも、その傷の経験で今の私があるんですよ。
あの過去のせい
あの人のせい
あいつが居なければ、、、
で、、、
まあ、この後は何も言いません。
だって、その人の問題です。
答えはいつも一つじゃないし
答えはいつもその人の中だからね^^
過去は変わらん。
でもフレームは黒とか灰色から
パステルカラーに変えられるかも。
ミラクルも起きるかもしれませんwww
その時、「傷は宝」 だと
思えるかもしれませんね、、、
世の親御さん!!
子供はいつだって親をみています。
その目はいい意味でも悪い意味でもです。
まずは、ご自身を
「よしよし♪」
してあげてください^^
0 コメント

2017年

8月

20日

奈良市内のクリニックにて「イライラママのためのワーク」を行いました^^親子関係・夫婦関係

 
一人お疲れ様会✨
8月18日金曜日、奈良市内にあります
クリニックにて研修をさせていただきました。
研修後は個人的なお悩みについて
ご希望のかたのみ
グループセッション&個人セッションを
お引き受けして帰宅いたしました。
帰る途中、少し一息入れたくなりまして、
美味しいケーキとお茶を頂き
しばし
ぼぉ~✨(*^^*)
この至福の時間がたまりません✨❣️
淡路島で採れた甘い甘い
ブルーベリーのケーキです✨
今回はキッズインストラクターの
「イライラしないママの為の質問ワーク」
カウンセリングを交えて
やらせていただきました。
守秘以外の部分で今回も感じたことを
ツラツラと書いてみようとお思います。
気学もやっている私は、
カウンセリングだけではなくて、
気学的なところからも、必要があれば
お話させていただいたりします。
話す中で、話題に上がったりすれば
その流れを大切にしたいので
お伝えしたりします。
私と参加者さんは
どの方も初めてお会いする方ばかりなので
気学のお話になった時に
お一人お一人の星をお伝えしていった所
同僚の方々が
「ほぉ〜!!(^o^)」
「そうそう!!」
っていう反応が在ると、
その星の気質ってあるんだよなぁ、、、って
改めて再認識させていただきました。
気学は占いではなく
学問です。
その学問を今、誰もが
使いこなせる時代を迎えているのです。
これを使わない手はないなと、、、
思うんですよね。。。^^
イライラママのワークは
カウンセリングとは違って
一つ一つが
取り組みやすい内容となっているため
とってもお勧めのワークです^^
こちらからの問いかけに
お答えしていただくわけですが
それも、私の中にある資源
(身近なことからそうでないことまで)を
最大限に活かして
シェアしながら進めていけるし
お互いがやりやすいんですね。
そしてそこから
新たな気付きに出会えます。
自分だけではなく
一緒に参加している人たちと
共有した時間の中で
シェア仕合いながら
発見と
笑いと
驚きの 連続!!
ここが醍醐味でも在ります^^
そして、、、
「新たな自分だけの扉が開かれる!!!」
その場に共に立会人として
皆が同じ時間の中で過ごし、
新たな気付きに出会い、
本人にとっては小さな一歩でも、
実は
大きな一歩でもあるんですね^^
そこから
新しい波と風を受け
進んでいけます^^
新しい流れは
「人生の改革」に繋がるかもしれません。
そしてそんな貴重な場に
立ち会わせていただけましたこと。
ご依頼頂き、参加されたスタッフの皆様に
感謝です^^
ありがとうございましたm(_ _)m
今まで必要だと自分が信じて
様々なものを背負ってきた。
または、いえいえ、そうではなくて
背負っていることさえ気がつけずに
今まできた。
それらの存在に対して…
「それがあったことで
今まで生き延びてこられた」
ということへ感謝しつつ
もう十分に味わい尽くせたので
可能ならば放牧してあげて
同時にご自身も身軽になっていただけたら
幸いです^^
学校関係の父兄向け
教育機関のスタッフ
医療や各企業のスタッフ向けの
ワークご用意しております^^
今日は
「奈良市内のクリニックにて「イライラママのためのワーク」を行いました^^親子関係・夫婦関係」
ってお話でした^^
どんな仕事もそうですが、まず
 
自分と子供
自分とパートナー
自分と舅、姑
との関係が良好でないと
力を発揮できませんね、、、
社会で働くということは
誰かに貢献しているということ。
でも、自分の中の「泉」が
枯渇していると
なかなか他人へは向けられませんね^^
まずは、、、
ご自身から、、、^^

 

0 コメント

2017年

8月

14日

大人になるってどういうこと?キラキラ女子ってキモイわぁ~親子関係

「大人になるってどういうこと?キラキラ女子ってキモイわぁ~親子関係」

☝本日のアメブロ記事

 

明日は、13時からFMハイホー奈良

レギュラーラジオ出演の日です。

 

毎回DJのKACOさんと

楽しくおしゃべりさせていただいております^^

 

その、おしゃべりのなかから

カウンセリングに関係するお話を

打ち合わせなしで

させていただいております^^

 

なので、

毎回毎回なにが出てくるのか

分からないwww

 

 

録音時間は15分間。

FMハイホーにアクセスすれば

過去の私のラジオの内容は聴けますが、、、

 

実際は13時から13時45分まで、

生でがっつり出ております。

 

どっちかと言えば、フリートークでのほうが

中身が濃かったりする日もありますね、、、

 

もしよろしければ、お付き合いくださいまし^^

 

 

さて今日は、

「大人になるってどういうこと?

キラキラ女子ってキモイわぁ~…」

ってお話です。

 

10代の若い人は

時々こんなことを思うみたいです。

 

「大人になるってどういうことなん?

ただ単にお化粧が上手になれれば

それで大人になれるの?」

 

そんな声も聞かれました。

 

ちなみに、、、

 

あなたは、どんな人が

大人やなって思います?

 

そして、

ご自身は自分のこと

「大人になったなっ」

…て思います?

 

私は、もう50前ですが

いまだに自分が大人やなって

思えたことがない…(^-^;

 

小学生の頃は

18歳くらいの人を見れば

大人やなって思ったけど

実際その年になっても

大人になった自分は感じられなかったし、

 

その後も大学生になったら、

働くようになったら、

結婚したら、

子供が出来たら、

 

そう思っては、同じように、

大人になったなって思えぬまま

この年まで来ちゃいましたwww

 

大人になるってどういうことなんでしょう?

 

まずその前に

 

なぜ、今回、10代の若い人は

「大人になるってどういうこと?」

って疑問がわいたんでしょう。

 

そして

 

「キラキラ女子が気持ち悪い、、、」

 

…ってなぜ思ったのでしょう…

 

 

少し踏み込んで聞いてみました^^

 

 

自分の学校の教師を見て

ふと思ったそうです。

 

(そのまま、この若い人が

話した言葉で書のは控えますね。)

 

子供たちにとって

中学、高校にもなってくると

一日の、ほとんどの時間を

過ごす場所は「学校」なんですね。

 

そして、その人たちのことを

知らず知らずのうちに、

意味づけをして

ダウンロードしていきます…

 

 

「ただ単に、お化粧が上手になれば

大人になれるのか?」

 

お化粧をする=大人?

 

早く大人になりたい=お化粧をして

若い人というカテゴリーから脱出?

 

大人=お化粧=権威 ???

 

男性なら

 

大人=スーツ=権威 ???

 

 

 

服装で人を判断する。

 

 

 

人は、生まれたときは持っていなかった

様々なジャッジを外から植え付けられ

自分の持ち物のように

背負わされて行きます。

 

この若い人のように

ふと

「大人になるって?

キラキラ女子キモイ、、、」

 

そう思える瞬間があるということは

私は逆に

 

いいなっ♪

 

て思えます^^

 

そう思っている自分に気が付き

周りのサポーターが介入出来たら

もっといいですね^^

 

そのためには周りのサポーターも

サポートを受けて欲しいなと

思うんですね^^

 

 

 

大人になるって?

 

まず、年を重ねれば重ねるほど

大人になっていかねば

ならないのだろうか?

 

年を重ねれば重ねるほど

人はその人なりの経験を積んでいきます。

 

その経験をどう資源として生かしていくか。

 

自分なら、どう使うか

 

それも自由なんですね^^

 

枠を感じたなら、その枠から出て

外から眺めて見ましょうか^^

 

そうすることで、新しい発見が

あるかもしれませんね^^

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2017年

8月

10日

お母さんって、どんな姿がお母さんなの?石山寺さんでの講話から親子関係

「お母さんって、どんな姿がお母さんなの?石山寺さんでの講話から親子関係」

☝本日のアメブロ記事

 

昨日は滋賀県にあります石山寺さんで

「親子の話」の講話をしてまいりました。

 

午前、午後の二回。

 

乳児さんのお母さんから

おばあちゃん世代まで^^

 

午後の部で

プロのカメラマン木村かのおさんに

お願いして撮っていただきました^^

 

沢山あるのですが、ほんの一部を^^

昨日もFacebookでは

別の写真を投稿させていただきました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話の内容は守秘があるので出せませんが、、、

 

最初に私の方から自己紹介しながら

その瞬間、瞬間に浮かんだ話を

出していきました。

 

私は毎回そうですが

事前に話す内容を考えて

紙に下書きして

持っていくタイプではないです。

 

参加された皆さんのお顔を見ながら

話してまいります。

 

そして質疑応答の時間を

多めにとるのですが、、、

 

一つ、印象に残った話があります。

 

「お母さんの存在について」

 

この話は、質問というよりは

改めて感じたことを話してくださいました。

 

最近、幼い子供を二人残して

亡くなった方への想いや

その方が生前ブログの中で語られている

お子さんとのやり取りの内容から

「お母さんって、、、なに?」

と、漠然としていたものが

改めて気が付かせてもらった、、、

 

と涙を流しながら話されました。

 

 

私たち母親は、いつも、一生懸命

「お母さん」 を頑張ります。

 

仕事をしていた時よりも

育休の時期くらいは

仕事でできなかった家事を

今は働いてないんだから頑張らないと、、、

 

とテレビのドラマじゃないけれど

理想の母親像を見て

そのモデルのように

無理してやろうとしがちです。

 

でも、彼女は、

 

「お母さんって、病に倒れて

何もできなくなってしまっても、

子供たちが病院に来て

「お母さん!!」

って笑顔でそばに来て甘えてくれる。

ベットに伏せっている姿であっても、

どんな姿であっても

「お母さん」 

に変わりないんだな、、、

 

と、気付かれたそうです。

 

ここで一つ私からも

話をさせていただきました。

 

私は今年になってラジオのお仕事を

二本いただいたわけですが、、、

 

その話をイケメン息子にしたとき

彼からこんな風に言われました。

 

「あなたが何をしていようとも、

僕の母親であることに

変わりはありませんから、、、」

 

彼は私を「凄い人」に

仕立て上げなかったんです^^

 

これが何よりも

ありがたかったです^^

 

私を”凄い人”として

家族に祭り上げられてしまったら

私は最初は頑張ったかもしれませんが、、、

そのうち、しんどくなったでしょう、、、

 

子供たちにとっては

母親が何をしていようと、、、

母親であることに

変わりないんですね、、、

 

そして、夫もそうです。

 

報告した時

 

「ほぉ~!そうかいな^^」

 

終わりです。(笑)

 

夫にとっても私が何をしていようとも

変わりないんですね^^

 

母親は○○でなければならない。

 

そんなものは、誰かが入れ込んだ

ジャッジに過ぎません。

 

自分はどうあればいいんだろう、、、

 

の前に

 

自分はどうしたいんだろう、、、

 

これが先ですね^^

 

今日は

「お母さんって、どんな姿がお母さんなの?

石山寺さんでの講話から親子関係」

ってお話でした^^

 

誰かの声に耳を澄ますとき、

その声は

あなたにとってどんな声なのか?

 

その声が聴こえてきたとき

 

心地いいと感じるのか

不快感を感じるのか

 

 

不都合が起きたときに

あなたを止めるために

あれこれとお節介を焼くふりをして

抑圧掛けてくる人も居ます。

 

巻き込まれないでくださいね^^

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

8月

08日

子供の癇癪を止めれば、意欲を失い挫折し諦める癖が付きます。親子関係

「子供の癇癪を止めれば、意欲を失い挫折し、諦める癖が付きます。」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

親子関係前回の記事

「子供の”かんしゃく”は何の為にあるのか。そもそも、良い子ほど癇癪を起さないものなのか?親子関係。」

 

 

では子供の癇癪は

賢い行為だと〆ましたよね。

何でか?

ちょっとここで実際、

お子さんに癇癪が起きたとき

現実では、どう対処されてるか、、、


恐らく…ですが、大半のお母さんは
この子供の癇癪を何とかなだめすかして
止めてこられたのではないかと…
抑えてこられたのではないかと…
勝手にふじたは想像している所です。

それは大変失礼なことだと知りつつ…
想像しています。

私たち親の多くは
幼いころ感情を出すことを
恐らく許されては来なかった。

泣きたくても唇を噛みしめジッと耐えた。

感情を出すと叱られ
酷い時は
「うるさい!」
と怒鳴られたりした。


だから、感情とは
出すと ろくなことはない。

人は常に冷静に物事に対して
対処できなければ知性的ではない。

と思わされてきました。


でも、感情を抑え続けたら
どうだったでしょうか?

実際知性的に物事を考えることは
出来たんでしょうか?

「子供たちは賢い」と言ったのは
実際に癇癪を起こした時
じだんだ踏んで床に寝転がり
両手両足をバタバタさせることはあっても
誰かに物を投げつけたり
殴りかかったりすることはない。

 

(少なくとも最初は。)



それは、その怒りは

誰かのせいではない。

ということを知っているからです。


ただ、今はまだ

「自分に出来る」

と思っていたことが
実際はまだ無理だった。

ってことを受け止めきれずに
その現実を受け入れるために
挫折感を払いのけるために
「自分への怒り」
を出しているんです。



ただ、それだけ。

そしてその怒りを出し切った後
子供たちはどうなるか。


再び活力も知性も回復し
新たな考えがわいてきます^^
いえいえ
例え、まだ新たな考えが浮かばなくとも
気持ちはスッキリしていることでしょう。



しかし、・・・です


しかし、もし、この癇癪を
周りの環境たちが
力や権力で抑えつけたりしたら

 

どうなるか…



問題はここです。


抑えられた子供たちは

まず
意欲を失います。

そして
挫折します。

そして更に
諦めることを覚えます。





これが



傷になります。





この傷、この先、

同じような場面に遭遇した時に
同じことを繰り返すパターンになります。



まず

意欲を失います。

次に

挫折します。

最後に

諦めます。




これが

延々と繰り返される

パターンの始まりです。





思い当るところ

ご自身にもあるかもしれません。


この一番最初って どこ?
って思い出せないほどに

古い過去の出来事。


傷はこうして 重ねられていく…


重ねられていった傷は

いくつもの層になります。

 

ワケワカメになって怒りが積み重ねられ

人に攻撃的になります。

 

クレイマーになったり

文句が言いやすい相手

ターゲットを探し続けます。

イジメも含みます。


癇癪とは
自分を信頼し続け
どんな物事にも諦めないで
受けて立つ覚悟をするため


に起こすのです。


歩き始めた よちよち歩きの赤ちゃんが
何度も転んでは泣きわめいて
また泣きやんでは繰り返し立ち上がり
歩いたように…

それは、つまり、自分はできると信じて
諦めないで受けて立つ覚悟をする為に
泣いては立ち上がる。


その諦めずに受けて立つ覚悟をするための
癇癪だと思えたら、いかがでしょうか?

そう思えたら一時的に納得できて

受け入れられるかもしれませんね、、、

 

でも、これは知識です。

 

頭で理解しただけのことであり

心まではまだ浸透していないかもしれません。

 

だからまた、繰り返す…

 


だったら繰り返さないためにはどうしたら?


その為には

子育てしておられる方が

自分自身にサポートを受けることです!!

 

もしそのサポートを

受けてみる勇気を持たれたなら、、、

 

私たちはいつだって歓迎いたします^^

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。

 

かなり過去記事を加筆しました。

削除した部分も沢山あります。

 

先日お仲間と話したんですけど

もし可能ならもう一度私は子育てをしたいと

真剣に思っています。

 

勿論それは不可能なことです。

 

帝王切開3回で4回目はもうだめだと。

膀胱と癒着が激しくて出血も多かった。

 

でも、私が生まなくても他の方法は

いくらでもあります(笑)

 

こんなこと書いたら夫は慌てそうですがwww

 

何が言いたいかって、

 

全く抑圧を掛けずに子育てがもしできたら

どんなに楽しいだろう。

 

そう思うからです。

 

 

片や、私の子供たちは

 

イケメン息子

「俺らは もうええわ。

あの時に戻りたくない、、、」

 

べっぴん娘

「私も、もうええわ。」

 

イケメン息子

「なぁ?戻りたくないよな?」

 

 

転勤が続いて=転校が続き

 

結構痛い経験をしてきました。

 

もういい、

あの当時には戻りたくない。

 

そう思うのはきっと、あれ以降

あれ以上の辛い経験をしていない。

 

ということかもしれません。

 

あの経験に比べれば、あれ以降

少々の痛手は大したことがない。

 

と感じることができている。

という意味かもしれません。

 

だから、学校で色々あっても

乗り越えるすべを身に着けて

時には怒りも出したりしながら

乗り越えてきた。

 

だけども、またあの経験は…

 

「もういい。」

 

ということでしょう。

 

それくらい、彼らは小さい時期に

私の想像を超える経験を

したんだと思います。

 

そして私は、あの当時、

本当に怖くて恐ろしい

 

「くそばばぁ~」

 

でした。

 

もし、今の私が、あの当時の私より、

「物差し」を持たずに子育てできたら

毎日が楽しいだろうなと、、、

 

これ、今だから思うんですね、、、

 

人生うまいことなってます。

 

後世へ伝える役割を

いただいたんですかねぇ~~~(;^_^A

 

 

 


ふじたカウンセリングfacebook  

 

0 コメント

2017年

8月

06日

子供の”かんしゃく”は何の為にあるのか。そもそも、良い子ほど癇癪を起さないものなのか?親子関係。

「子供の”かんしゃく”は何の為にあるのか。そもそも、良い子ほど癇癪を起さないものなのか?親子関係。」

 

☝本日のアメブロ記事…

 

 

本日は親から見て

 

子供の問題行動と思われる悩みについて。

 

「子供が泣き止まない時。どう向き合うか?」&「The 虐待」親子関係」

 

 

 

ともリンクします。

 

子供の癇癪と傷の回復のプロセスは

少し似ています。

 

ちょっとここで前置き。


傷からの回復のプロセスは
カウンセラーによって違うと思います。
それぞれの手法があるので
ふじたが行っているものは、あくまでも
その中の一つだと思ってくださいね。

そもそも、何が正しいとか
何が間違っているとか
ないのです。

カウンセラー自身が
「私はこのやり方で回復したから
この方法が正しい。」

って思いこんで押し付けるのは
ふじたは危険だと思っています。

感じるのはクライアントさんです。
そして
その人に合うやり方ってものがあります。

それが合う合わないってことなんでしょう。

だけども、、、

食わず嫌いでは、

合うのか合わないのか

分からないままですよ?


さて、話を戻しますね。

 


そもそも、自分と向き合うったって
それ自体が良く分からんというか…

ふじたの所に来られて

セッションを受けられた方で
実際にクライアントさんに起きた現象を

例えると…

「話しながら体が震えた」 とか

「唇の震えがなかなか止まらなくて
おさまるまでしばらくかかった」 とか

あとは、そうですねぇ~~

「頭痛」とか「肩こり」が

多いですけれど

多くは、

「汗」「止まらない涙」

「勝手に後から後から

拭いても拭いても流れる涙」

だったり…


その体験を実際にされた方は
ブログ読んでて

ああ、あの時ね…

って思われる方もおられるかも…です。



あと

ふじたの仲間内でのセッションでは
もっと激しい…

…と言っても

分かり辛いかもしれませんね。

激しいって何が?…ってね。




なので

今日はもう少し踏み込んで…^^



っま、これはね
今までにも書いてきてはいますけれど…


つまり、子供の

「癇癪。かんしゃく。」

ですね^^

俗にいう

「良い子」は癇癪を起さない。

って思ってる方、

おられるかもしれませんね。

さて、それはどうでしょうかね…

「癇癪の役割」って何なのか

ご存知の方おられます?

 

癇癪の役割とは…


「自分を信頼し続け
どんな物事にもあきらめないで
受けて立つ覚悟をするため。」

に起こすのです。

んん?ワケわかめですかね(笑)

はい、ふじたもこの構造というか意味が
実は最初は良く分かりませんでした。


だってね、私らの世代は、

癇癪を起させてもらっていない方が

多いと思うんですよね。


だから癇癪を起した時に出る

泣く
汗 
(それも冷たい汗と

温かい汗があることや)
怒り
哀しみ

あくび
震え

といった行為が自分の傷を回復させる為に
役に立つってことも理解できませんでした。

だからこそ、感情を出すことに
あまりいいイメージはなかったし
そんなことで傷を回復させることが
本当にできるのか?…

…ってまたここでも、怒ってました(笑)

これ、傷だらけである証ですね💦


自分のセッションで感情を出せと言われても
なかなか出来ないので

(そもそも、何でもない時に

感情を出せってねぇ〜〜〜💦)
そこでもセッションを受けることに
嫌気をさしてました。

だから、ふじたは 

クライアントさんには
無理強いはしたくない。

と決めました。


信頼関係が大事だからね。


はい、出ましたね^^


今、信頼関係が大事だと。


この信頼関係があってこそ
感情が出せるんです。

(でも、自分がいくら信頼していても

相手が傷だらけの大人だと無理です。

見事に裏切られますよ?

 

よほど自分の傷を癒した方でないと

無理です。

だからこそ、子育てされるお母さん方には

そこをクリアーにされるといいなと

心から思うんです。

 

そこがクリアーでないのに

頭だけの知識だけの理解の場合、、、

 

 

自分の子供の感情だけでなく

人間関係において

相手の感情の受け流し方がわからないので

 

受け止めきれないし

受け流せない。

だから

抵抗が出るんですね、、、

 

つまり感情を出している相手を

信頼できずに拒否るんです。)

 

 

さて、話を戻しますね。

 

「信頼関係があってこそ」
感情が出せるんです。



でしたね。

 

(そして、癇癪へどう繋がるのか?)


癇癪は

どういった時に起こるのか?


もし
うちの子は癇癪持ちだと

思っておられるお母さん
また
今は癇癪を起さなくなったけど
以前はよく起きていたというお母さん

我が子を観てて

その癇癪を起こした時って

どんな時か
また
どんな時だったか
思い出せますでしょうか…


子供たちは自分をとても信頼しています。
その信頼度は絶対です。

以前ふじたのべっぴん娘が

自力で机とイスを作りましたよね。
そのブログはこちらね。

「私は出来る!」っていう信頼です。

でも、それは、時に子供が思う

「自分はなんだってできる!」
という思いとは裏腹に

「できる!」 っていう思いと
「実際にできること」は

悲しいかな、違ったりします。


やりたい思いが強ければ強いほど
実際は上手くいかないその差に
頭の中はパニックになります。

さて、こうなったら
いくら周りの大人たちが

アドバイスをしようが
何かを言ってなだめようが
飴玉で誤魔化そうとしようが(笑)

一切無駄です^^;

処理しきれない そのイライラの感情は
考える力を奪ってしまいます。

思考が停止状態になってしまうのですね。

「自由と押し付けと…そしてサポートと」とリンクしますね(笑)

そうすると どうなるか?


はい、ブチっと切れて…

癇癪が起こるんですね^^

悔しさがにじみ出て
涙と鼻水と汗とで
心も 
その かわいらしいお顔も

ぐちゃぐちゃになります。



周りの大人たちは手におえず
さぞお困りになられるでしょうが…

しかし、この行為。

とっても賢い方法です^^



なぜ?



それは また次回書きますね。

なんせ、これ

簡単には書ききれないですからね^^

 

今日は

 

「子供の”かんしゃく”は何の為にあるのか。そもそも、良い子ほど癇癪を起さないものなのか?親子関係」

 

ってお話でした^^

 

手に負えない我が子を見て

自分の不甲斐なさから

子供を攻めてしまう親は多いです。

 

そうやって子供を攻めると同時に

親は自分も攻めて

幼少の頃のご自身を虐めています。

 

どうぞ、ご自身に

もっと優しく労ってあげましょう^^

 

優しくされたことがない分

それを受け入れることは

確かに困難かもしれません。

 

それも、カウンセリングで少しずつ

進めてまいりましょう^^

 

 

一人じゃ出来ないことも

立会人(セラピスト)が傍にいることで

勇気づけられ

前へ前へと進んでいけますよ^^

 

絶対大丈夫!!

 

あなたの無意識は知ってるもの^^!!

 

あなたのその一歩前へ進む勇気

歓迎いたします^^


ふじたカウンセリングfacebook  

 

 

 

IMG_20170521_134031723.jpg

 

 

0 コメント

2017年

7月

30日

8月9日滋賀県の石山寺さんで「親子の話し」講話します^^

8月9日水曜日
滋賀県に在ります石山寺にて
午前、午後と二回
「親子のお話」の講話を
させていただくことになりました^^
石山寺と言えば、、、
パワースポットでも有名なお寺ですね^^
先日、石山寺の鷲尾さまと
観光協会&「有限会社 至誠庵」取締役
井上様と打ち合わせをしてまいりました^^
Facebookでも
イベントで立ち上げておられますが
現時点でどれくらい参加希望が
来ているのかと思ったら、、、
すでに昨日の時点で午前・午後共に
25名から30名ずつ。
お母さんや
子育てに関わっておられる方々の
応募が来ておりました。^^
ビックリ!!
石山寺さんはこの日は入場無料です^^
その為、私もそこに乗っかって
今までやったことがないのですが
今回に限り
無料でカウンセリングも
させて頂く運びとなりました^^
基本的には
ボランティアでやっていた時期以降
無料カウンセリングはしない
決めていたのですが、、、
今回は特別です!!
打ち合わせのときに知ったのですが、、、
この話を打ち出したのが、、、
なんと!!
滋賀銀行さんです!!
お仕事中に、このイベントをどうするか
どんな風にしようか
今日まで皆さんで力を合わせて
時間を割いて
打ち合わせをしてこられたと
聞きました。
その思いに
私も乗っからせていただきたいなと
思いましたので、今回に限り^^
そもそも、、、
石山寺さんの鷲尾さまとの
ご縁があったからこそ
このお話をいただいたので、、、^^
このイベント、講話に
参加されたお母さん方!!
遠慮なくお声がけくださいませ^^
そして、井上さまも
子育ての大先輩でおられます。
快く相談に乗ってくださると思います^^
打ち合わせさせていただいて
話していくうちに分かったことですが…
鷲尾さまも
井上様も
私、ふじたも
三者ともに「思い」は同じ方向でした^^
「こういうことを
いつかやってみたい。」
って、ずっと思ってたんですね、、、
でも、自分一人では出来ないことも
今回、滋賀銀行さんからの依頼があって
その「思い」と
井上さまと
そして
「親子の話なら
ふじたカウンセリングのふじたに、、、」
とご依頼下さった
鷲尾さまと、、、
それぞれの思いが重なって
大きく育ったように思いました^^
(いえ、これから育つんですね、きっと)
昨日の打ち合わせでは
本当にそれぞれが気持ちよく
同じ方向性でお話ができ
楽しい時間でした^^
お近くのかた
少し遠いけど行けないこともないなって方
是非いらしてくださいませ!!
ここは今まで何度も
一人でお参りに来させて
いただいておりますが
不思議なところです。
優しいお顔の仏様に今回もまた
癒やされました^^
イベントページリンクしておきますね^^
石山寺さんの
パーキング場の近くにあるお店で見つけた つばめのヒナ、、
後もう少しで飛び立ちそうです^^
食べられないように、皆さんで
見守っておられました^^

元気に飛び立てよ~~~^^

 

2017年

7月

26日

命の重さはその数や大きさでは決まらない。この行動を起こさせた黒幕は誰なのか?親子関係

「命の重さはその数や大きさでは決まらない。この行動を起こさせた黒幕は誰なのか?親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

命の重さは、その数や大きさでは

決まらないんだよね。

一人の狂人がしでかしたこと、と

片づけるには根が深い問題だと思います。
「障害者がいなくなればいい。」

っていう容疑者の言葉に

過剰に反応しすぎると本質を見失うよね。

この事件を引き起こした

黒幕は誰だって話です。
この容疑者は今までは真面目な「いい子」

だったと思いますよ。
「いい子」っていうのは

親や教師にとって、ね。
「自分のことは自分でしましょう」

「人に迷惑をかけないようにしましょう」

大人はそんな「物差し」で

容疑者を縛り続けたと思います。

そんな「物差し」に照らしたら

障害者はダメな人たち。

ってことになるよね。

物差しに縛られれば縛られるほど

それができない人たちへの憎悪は

募ったと思うよ。

自分のことができない人や

迷惑をかける人が

生きていけることに

怒りを感じたと思うよ。

その辺に踏み込めない限り

この類の問題は続くと思う。

この事件の黒幕は、容疑者に

「物差し」を植え付けた人ですよね。


・・・って話が通じるのかな。
通じる人とつながりたいです。

 

~~~~~~~~~~~~

※一年前に投稿した記事です。
一年立ったところで、また掘り起こして放送されていますので、今一度再投稿です。

忘れないように、、、という想いも込めて…

~~~~~~~~~~~~

 

この文章は先日アメブロで繋がっている

ろぷのーるさんがFacebookで

投稿されていたものです。

 

私はこの投稿に

こうコメントさせていただきました。

 

 

その深い部分は

ご自身と向き合った人間でなければ

見えないこと。

全ての行動には肯定的意図がある。

これにつきると私も思います。

その人の後ろにある、

背中におぶさった背景たちは、

実はこの社会組織を

物語っていることでもあるのだから。

法を犯してはならない。

わかっていても自分が神に成り代わって

皆のために犠牲にならねば。

そんなことも思ったかもしれない。

 

 

私は命について、そして

最近起きた生々しい事件について

書くことは避けています。

 

それは、そこに関わった人達

またはそのカテゴリーとリンクする人々が

こういう文章を見て必ず感情が動かされる。

 

そしたら本質が見えないまま

攻撃的になることは

目に見えているからです。

(そうじゃない方もおられますが^^;)

 

 

攻撃的になるのは

私自身が我が子の時に

散々嫌になるほど

経験してきたこと。

 

だから、その胸を掻きむしられるような

張り裂けるような感情は

痛いほど経験済みです。

 

その時期は誰が何を言ってこようが

耳になんか入りはしない。

 

だって、感情が先ですから。

 

 

吐き出しきっていないから

本質が見えないんですもん…

 

 

だからね、今回の投稿はそれでなくても

読めない方多いと思われる、、、

そんな、ふじたのブログです。

 

 

読めない方は遠慮なく

スルーしてくださいねm(_ _)m

 

 

 

 

さて、、、本題です。

 

(先にお断りしておきますが

ろぷのーるさんの投稿は

一つの見解です。

他にもあるかもしれません。

ただ、私と、ろぷのーるさんの見解が

一致したのでお願いしてお借りしました。

そこだけご理解くださいねm(_ _)m)

 

 

 

他の方のFacebookへの投稿でも

書かせていただいたのですが…

 

 

全ての行動には肯定的意図がある。

 

 

この言葉は

私の先生の言葉です。

 

 

一行にまとまった言葉ですが

私はこういうふうにはまとめられなくて

今まで何度かブログでは

 

誰かが何かをやらかした時には

その本人のみが悪いのではなく

そういう行動を起こさせた

周りの環境たちにも

必ず責任の一端はある。

 

と書いてきました。

 

言うてる意味は同じなんです。

 

 

もっと簡単なところから行きましょう。

 

 

家族の中で必ず問題児扱いされる人。

居ると思います。

 

ですが、その人は決して

問題児ではありません。

 

問題児役を引き受けさせられている。

 

これが正しいです。

 

 

 

これ分かる人は恐らく

ご自身と向き合ってこられている方です。

 

分からない人、頭では分かるんだけど…

って言う人もいるかもしれませんね…

 

分からなくてもOKです^^

 

勇気があるなら

このまま読み進めてみてくださいね^^

 

 

 

 

 

子供は誰も好き好んで

嫌われ役を演じたりしないんです。

 

 

 

その役を引き受けることによって

この機能不全家族を

どうにかしたいと心から願っています。

(本人でさえ

気がついていないでしょうけれど…

無意識で、そう思っています。)

そして、限界が来たとき、

「もう無理です、、、誰か助けてください!!」

・・・とね、助けを求めるために

外へ向けて発信するんです。

 

 

 

その発信の仕方は確かに

間違っているかもしれない。

 

法を犯すなんてやってはいけないことだと

分かっています。

 

だけど、もう

怒りの感情が限界を超えてしまった時

 

演じ続けることが出来なくなって

思考回路は迷路に入ります。

 

 

 

ろぷのーるさんが言うてることが

正しいとか間違ってるとかじゃない。

 

 

可能性の一つとして

私もあり得ると思います。

 

正しく周りの大人たちの言うことを

良く聞いて頑張ってきた。

だけど

見えないところで時々悪さもしてきた。

 

そうやってガス抜きして生き延びてきた。

 

(それが体に絵を掘ることだったり

ドラッグだったりか?

なんて思う方もおられるでしょう…

 

だけど考えてみてください。

 

子供のちょっとした悪さと

大人のちょっとした悪さは

中身が違う。

 

だから私はいつも子供のうちに

沢山の失敗の経験をさせておくことは

大切だと思っているんです。

 

子供のうちの失敗経験は

大人になってからする失敗に比べたら

その多くは些細なもんです^^…)

 

 

幼い頃から厳しい環境の中で育った自分が

もし居たとしたら

見た目は大人の姿をしていても

あまりにも、自分と違いすぎるその姿に

 

最初は良い人を演じて

気の毒がって

かわいそがって

一生懸命やってきたかもしれない。

 

でも、途中から

 

なんで出来ないんだよ!!

 

…って怒りが湧き始めたかもしれない。

 

 

 

 

私のべっぴん娘は小学校の頃

施設の人と交流する時間が

定期的に設けられていました。

 

見た目は大人なんだけど…

その人、何も言わずに

急に娘の頭を叩いてきたそうです。

 

 

「びっくりした、、、」

と言うてました。

 

私が小学校、中学校の頃

完全に分断されていたので

交わることがなかった。

 

だから大人になって

どう接したら良いか分からず

保育士の資格取ってる時

施設の実習は正直、苦痛だった。

 

 

 

分からないんです。

理解出来ない…って言うより

理解し難いんです。

 

 

 

数日間ならまだしも

それをずっと…ってなれば

恐らくその人が育ってきた環境が

前へ出てきます。必ずね。

 

 

すると、思考がざわつき始めます。

 

 

これって、どうなの?

これでいいの?

こうすべきじゃないの?

そしたら世の中よくなるのに…

皆楽になるのに…

 

 

ろぷのーるさんが言うておられるように

この黒幕は誰なの?って話ですが

 

犯人探しをしてるわけではないんです。

 

 

例えばこういう深いところも

キャッチできるようになると

子育てする側になった時

若い人のサポーターになった時

怖がらずに子育てを

怖がらずにサポーターを

楽しめるんじゃないかと思うんです。

 

 

こういう事件が起きる度

本質とは大きくずれたところに

報道が行くので、、、

 

 

 

今回は思い切って

書かせていただきました。

 

 

子育てをしておられる

お父さんお母さん。

 

子育ての最終目的は何ですか?

 

世の中の役に立つことですか?

 

世間様に羨ましがられるような

人生を生きさせることですか?

 

いえいえそんな馬鹿なこと

思ってませんよ、ふじたさん…

子供には自分のようにならずに

幸せになって欲しい…

ただそれだけです^^

 

ならばお聞きしたい。

 

 

子供の幸せを願わない親は居ない。

 

だけど

親が願う子供の幸せと

子供が願う子供の幸せは

違うということを

 

ご存知だろうか?

 

子供が願う人生を

子供の足で歩むということは、

 

子供が自由に自分の生き方を選んで

生きるということです。

 

それはつまり 自由と責任 を

知ることでもあります。

 

自分が選んだ人生ならば

例え茨の道であっても

その茨の道は最終目的へのプロセスならば

納得するでしょう。

 

それが自分へのこの道を選んだ責任です。

 

 

自分が自由なら他人と比較して

妬んだり嫉妬したりすることなく

他人を見て怒りを感じることも

ないでしょう。

 

ということは

自分が出来ること

他人が出来ることは

同じじゃないということを

知ることでもあります。

 

もし、親が自分のやりたかった人生を

子供の幸せのために良いことだと信じて

子供に強いてきた場合…

でも子供はその親が願う子供の姿に

なれなかった時

 

子供は罪悪感を背負います

 

つまり無意識に親に

 

「親の思う通りの子供になれなくて

ごめんなさい。」

 

と謝り続けています。

 

 

そして子供は、だから

自分は幸せになってはいけない。

 

 

そう無意識で思って

目の前にある幸せを選べない人生を

歩むことになるんです。

 

十字架を背負うんです。

 

自ら自分に罰を強います。

それが自己犠牲です。

 

 

俺が 私が 皆のために、、、

 

 

 

 

子供が親の思う通りの人生を

歩んでくれなかったからといって

そのことについて子供を詰り

攻めたりしないでください。

 

 

仮に、親の思う通りの人生を

歩んでくれたとして…

 

子供は親が死んだ後、自分の人生に

今までレールを敷いてくれていた人が

いきなり居なくなったら

自分でその先レールを

敷いていかねばなりませんが…

それ出来ると思いますか???

 

今まで些細なことは

自分で決めてきてたとしても

大きなことについては

親が決めてくれていたとしたら…

 

これ難しいですよ?

 

 

 

 

子育ての最終目標は「自立」です。
(誰の助けも借りない自立ではありませんよ?

誤解してる方おられるようですが、
間違わないでくださいね。)

 

自分の人生を自分の足で歩むことです。

 

誰かと比較して嫉妬や妬むのではなく

誰かと比較するときは

自分の今の立ち位置を知るすべとして使い

目標を立てたりするときにね^^

 

過去の自分と今とでは

どれだけ進歩したのかという時にね^^

 

自分が自由であればこそ

色んな人を

ある程度許容できるようになれます。

 

失敗もOK 出来ないもOK

 

 

親は特別なことがない限り

子供より先に死ぬんです。

 

 

死んでも子供の傍に居ることは

出来ないんですから…

 

 

ここを抑えておけば

報道で垂れ流されている情報になんか

振り回されずに行けます^^

 

 

本質からずれた内容に

ハマらずに行きましょう^^

 

 

今日は

 

「命の重さは

その数や大きさでは決まらない。

この行動を起こさせた黒幕は誰なのか?

           親子関係」

 

って内容でした。

 

今回は少し疲れました(^_^;)

 

色々読みながら刺激が走り

様々な感情が動かされた方。

それでも最後までお読み下さり

ありがとうございましたm(_ _)m

 

疲れましたね^^;

 

だけどね、自分を持つってこと

大事なんです。

 

誰かの思考に振り回されないで

生きるんです。

 

相手と私とでは例えば

お家の中身が違って当たり前なんだもの^^

 

持ってるものは自分で選んで

配置するもの^^

 

それがオリジナルでしょ?(笑)

 

 

 

ご協力くださった

ろぷのーるさん

ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

0 コメント

2017年

7月

23日

「子供が泣きやまない時。どう向き合うか?]」&「The 虐待」親子関係」

「子供が泣きやまない時。どう向き合うか?]」&「The 虐待」親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

(※本日の記事は過去記事を加筆修正し再投稿です。)

 

 

先日あるお教室の日、女の子の幼児さんが

 

泣きながらおじいちゃんに連れられて

やって来ました。

 

仮に あーちゃん。^^

 

基本的に彼女はよく泣きます(笑)

よく泣くので、泣きながらお教室に来ても

さほど驚きはしませんが…

(これまた(笑))

 

一番乗りでやってきたので

手が思いっきり空いていたふじたは

彼女に近づいていきました(笑)

 

お椅子に座ってずぅ~っと泣いています。

 

で、、、傍に座ってその泣く姿を

じぃ~~~っと笑顔で見続けるふじた。

 

あ、断っておきまけど

この笑顔はあくまでも

「笑顔」です。

 

「カラカイの笑み」

ではないですからね!!

念のため。

 

 

で、ですね。

 

 

それでも、まぁ泣いとるわけです。

 

 

でも、それでも、ふじたは懲りずに

笑顔で彼女を見守り続けるわけです。

 

で、ふと、

あることに気がついたんですね。

 

で、質問してみました^^

 

 

「あーちゃん、、、あーちゃんさぁ

いつも泣くときさぁ~

そうやって声出さへんように泣くん?」

 

「(シクシクシク。。。

しゃくりあげながら泣いている。)」

 

「ほれな?泣く声を飲みこんどるで?」

 

「(シクシクシク…)」

 

「お教室やから遠慮しとるんか?(笑)」

 

「。。。。。」

 

「誰もおらへんし今やったら遠慮せんと

声出して泣いてもええで?」

 

「('◇')ゞ」

 

「幼稚園でなんかあったん?」

 

「(コクリと頷く)」

 

「そうか^^ そしたら、それ

お母さんにお家へ帰ったら

     聞いてもらおか?」

 

「(黙って頷く)… (そして…)

ビェ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!」

 

 

「お母さん」 という言葉が

キーワードとなって初めて声を出して

泣きました(笑)遠慮してたのね

 

「その聞いてもらいたい話は

今は一旦幼稚園のおカバンへ

閉まっとこか?そのカバンは

何でも入るカバンやで?(笑)」

 

「(深く頷く)」

 

でも、まだ、泣き続けています。

 

 

私が言ったことでまたそのシーンが

鮮明になったのか

思い出して更に泣きます。

 

(ヨシヨシ^^そうそう^^

泣くんだぁ~~~!!!)

 

って思いつつ黙って見守る^^

 

 

 

さてここからです。

 

様子が変化します。

 

 

チラリチラリと

ビェーン。゚(ノωヽ。)゚。チラッ(ノω・ヽ)

こちらを涙を拭う手の隙間から

伺う様子が見られます^^

 

 

どうやら、、、泣き止むタイミングが

分からなくなったようです。

 

 

こういう時は

十分彼女に注目を与えたため

あーちゃんはもう満足し始めた状態

         …かもしれません。

 

そういう時は

そっと何処かへ行って放置

 

…って方法もありですが…

それも良いんですけど…

 

 

ふじたは こっちにしました。

 

「あーちゃん、京都の水族館

    行ったことある?」

 

「(首を降る)」

 

「先生昨日な、京都に行っててん。

京都の水族館の隣に公園があるねんけどな

その公園の近くの建物に入って

お勉強会してたんよ。

その、水族館の隣の公園な

すんごい広くてな

いっぱい子供ら遊んでたんよ。

遊び場も沢山あって

食べ物もメッチャ美味しいしな、、、

       最高やったで^^」

 

 

そう言うと、

 

へぇ~~~


って顔で

笑顔になりました。^^

 

 

あーちゃんのお母さんとは

結構話しやすいので

 

「ママにいつか、連れてってもらい!」

 

と言うと

 

「うん!!」

 

「よし!

じゃぁ、今日は何からお勉強する?」

 

 

…ってわけで、あーちゃんは泣き止んで

機嫌よく始めてくれました^^

 

 

勿論、あーちゃんのお母さんには

ふじたから京都のお話しをしたのは

言うまでもありません^^

 

あーちゃんママ…

「あ~!そうなんですか!!

京都の水族館まだ行ったことないです^^」

 

ふじた…

「は?ちゃうやん!私が言うたんは

その隣の公園やっちゅうねん!!」

 

あーちゃんママ…

「(ノ゚ο゚)ノ あ!そうでした…(笑)」

 

 

 

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

 

 

 

で?

 

このあーちゃんの話で

終わりなわけがないですよね~(笑)

 

ちょっとここからは

意地悪な内容になります。

 

 

 

子供が泣く姿を直視出来なかったり

長時間見守ることが出来なかったり

…そんな大人、居ますよね…

 

ふじたもそうでした。

 

「まだ泣いてんの?」

「いつまでも

グジグジ泣いとらんとき!」

 

と子供たちに言うてたもんです💦

 

今は、そんなひどいこと

よく言ってたよなと

思うんですけどね。(笑)

 

 

 

まぁ、、、この先は

人によっては…って話ですけど。。。☟

 

子供が泣く姿を直視できないのは

何故でしょう?

 

子供の泣き声が聞こえてくると

「うるさい!!」って

何故言いたくなるのでしょう?

 

子供の泣き声が聞こえてくると

何故イライラするのでしょう?

 

そして、

 

そういう感情や辛い言葉を子供に投げた後

 

何故

罪悪感を感じてしまうのでしょう?

 

何故

そう言い放った後

更にイライラするのでしょう?

 

それでも

子供は親にすがり愛情を求めてきます。

 

そうすると、更に邪険にしたくなります。

 

邪険にされた子供の怯えるような

悲しい目で親を見る姿に対し

 

誰を見て(誰を投影し)

イライラし

怒りを感じるのでしょう?

 

そして、なかには一線を越えた時

虐待をしてしまっている親も

 

いるかもしれません。

 

 

 

 

お願いがあります。

 

 

 

 

もし、、、

 

 

 

これに近い、又は正しくその親の姿は

自分だと認識されたなら

早めに…

いいえ、早急に

お近くのセラピストまたはカウンセラーを

お訪ねください。

 

 

体だけではありません

言葉の暴力も立派な虐待です。

 

 

その、親の傷は

その親自身だけのではありません。

その親自身だけの問題でもありません。

 

 

 

ですから、早急にその「傷」に対して

敬意を払い

大切に取り扱い

交渉し

その継承されてきた傷に話し合いに

応じていただかねばなりません。

 

 

 

そのお手伝いをさせていただくのが

私らのような者の仕事です。

 

勿論、ふじたも引き受けます^^

 

7月はもう、ご予約が一杯ですが

8月ならあと数日、空きがあります。

 

お早めに

お問い合わせくださいませm(_ _)m

 

 

今日は

 

「子供が泣きやまない時。どう向き合うか?」&「The 虐待」親子関係」

 

ってお話でした。

 

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

この記事を書いて約一年が過ぎました。
この当時の幼児さんは年長さんになりました。
今でも時々泣いてお教室にやってきます^^
ですが、随分逞しくなりました。
泣いても自分の意思は
しっかりと伝えてくれます。
世間的には、とても性格のきつい子だと
思いがちです。
ですが、こうして泣きながらも
自分の意思を伝えることができることは
自分を守ることにも繋がる
とても大事なことです。
私は、そこに注目したいのです。
でもね、、、
「これは躾です。」

 

 

そう言って、

子供が自分を守ろうとする姿に反応し

抑え込もうとする親御さんも

なかにはおられます。

 

私らの世代の親たちはそれでOKでした。

 

学校の権威、権力のある先生から

例え殴られても

今の時代では考えられないことですが

「お前が悪いから殴られたんや」と

子供から話もろくに聞かずに

           容認された時代。

 

今は行きずぎて

先生たちも親たちも彷徨っている。

 

 

何が暴力で

何が行き過ぎで

何が適切で、、、

 

 

マスゴミに振り回され

それ一体誰の考えよ?っていう

 

「受け売り思考」も多い。

 

オリジナリティのない偏った思考。

 

形にこだわった思考。

 

分からない、知らないことを

「分からない」「知らない」

とも言えない。

 

自分と向き合っていないからこそ

子供とどう向き合い

接していいか分からない。

 

 

だから、、、

 

世間が流す情報に振り回される。

 

未成年者の凶悪犯罪があった日には

色んな肩書を持つ人達

(これぞ権威権力者よね。)

の言葉に耳を傾け

我が子と照らし合わせる。

 

 

上っ面だけなぞったところで

解決なんて出来やしない。

 

 

権威ある人の言葉は真実か???

 

そもそも

自分の考えを持たせてもらえなかった人達は

こういうところに頼ってしまう。

 

 

そして

「この人が言うのだから間違いない。」

という前提が入る。

 

すると、そのまま、

または

自分の都合が良いように歪めて解釈し

あたかもそれは

自分の考えであるかのように振る舞う。

 

 

ですがここで間違ってはいけない。

 

 

そういう人は

色んなところから思考を寄せ集めする。

 

すると何が起こるか?

 

 

 

矛盾です。

 

 

内容に筋が通らない。

 

 

ですから、会話が成立しないんです。

 

 

 

 

そんなこんなも

ご自身と向き合うことで

色んなことが一本の線で繋がっていくのを

感じられるようになって参ります。

 

 

 

もしこの記事で何かを思い出したり

感じられたなら、お考えください。

 

 

カウンセリングは

後ろ向きじゃありません。

 

むしろ、前向きです。

 

ご自身を大切にし

ご自身を守り

ご自身を楽にする。

 

まずは、親が解放されることです。

 

さすれば

それが周りにも響いていきます。

 

 

それが、カウンセリングです。

 

 

そして

それを受けてみようと思われたなら

貴方のその勇気

私たちはいつでも歓迎いたします^^

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

良かったら遊びにいらしてくださいね^^

0 コメント

2017年

7月

19日

完全なものはない。人間も自然の一部ですよ^^赤目四十八滝から感じたことあれこれ。

「完全なものはない。人間も自然の一部ですよ^^赤目四十八滝から感じたことあれこれ。」

☝本日のアメブロ記事

 

三連休のお休み中、夫と二人で

三重県名張市にあります赤目四十八滝へ

行ってきました^^

 

今日はプライベートです^^

 

「赤目四十八滝」

 

IMG_20170716_183355084.jpg


IMG_20170716_183355184.jpg

沢山写真を撮ったのですが、

きりがないのでこの辺で、、、

 

こちらは私が小学生のころ

連れて行ってもらった記憶のある場所

なのですが、、、


もう40年ほど前の話で、、、

景色も私の中で記憶に残っている景色と

一致する場が見当たらず、、、

 

そりゃそうですよね、、、


往復4キロだったかな、、、

この道のりを3時間かけて登ります。


去年の春ごろに初めて夫と

奈良の大神神社さんへ

登拝させていただいたのですが、、、

 

いやいやなかなかどうして、、、


大神さんとどっこいどっこいの

ハードな登りと階段の連続、、、


人が行き来できない道もあって、

お互いが譲り合って歩きます。

 

赤目と名が付いた由来が

途中で書いてありました。


不動明王さんが牛に乗って

やって来られたのだそうです。


その時の目が赤かったことから

赤目と付いたそうです。


あとね、弘法大使さんがおられた

洞窟だったかな、、、


あったのですが、、、


私はそこへはまだ行けなくて💦


夫に「無理無理無理💦」と連呼して

慌てて通過しました。


 

私の撮影した写真で

どこまで伝わるかは謎ですが、、、


自然しかない景色の中を

延々と歩いていると

青森に住んでいたころに

良くドライブに出かけた

十和田湖へ行く途中の奥入瀬渓流を

思い出しました。


あそこも本当にきれいな景色で

新緑の時期は特にきれいでした。

でも、四季を通した顔があって

どの季節に行っても

まるで繭か何かに自分の体を

くるまれてるような気持ちに

なったものです。。。


赤目の景色も本当にきれいでした。


人は五感を通して様々に感じますが、、、


観たいように見るんですよね、、、


日常の景色から完全に離れた場所で

川を流れる水の音があって、その音は

問題を洗い流してくれるかのように

感じたり、自然の上を歩くわけですから

アスファルトの上ではないんですよね。


だからこそ、大地にゆだねて

面倒なものを返していけてると

感じたり、、、するわけです。


そしたら気分が汗もかいて

最後まで歩ききった自分に対して

デトックスしたように

スッキリ爽快になる。


同時に外気と内気が一致して

整ってきます。


最後まで歩いて

パーキング場に行く途中、、、


タンポポコーヒーのアイスを

購入しました^^


これがまた、やり切った感の後なので

美味しく感じるわけです^^

いえいえ実際美味しかったですよ^^


滝のそばでマイナスイオンたっぷりのなか

食べたお弁当もすごくおいしかったです^^


多分、日常の中でなら

ここまで美味しいと感じなかったかも

ですが、、、


自然の力って改めて凄いなぁ~~~~って

思ったのでありました^^

 

 

まぁ、、、考えてみればですが、、、

私たち人間も

自然の一部なんですけどね、、、

おっほっほ!!

今日はプライベートでした!!

 

私たち人間も

自然の一部ですよ?

完全なものなどありません。

不完全で、完全です^^

そして

完全は不完全^^

あ、、、

わけわかめになってきましたね(;^_^A

 

今日はこの辺で💦

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

7月

17日

”イベント~Rintoss夏の陣”

今日はリブログです!!

 

お仲間の典子さんが楽しい企画を

立ててくれましたので

私もそこに加わらせていただきました^^

 

詳細はお仲間の

ようこさんがシェアしてくださっておりますので

よろしくお願いします!(^^)!

 

”イベント~Rintoss夏の陣”

 

私は八百万の神からの

言霊カードシリーズを3種類と

カラーボトルは確実に

ご用意させていただく予定です。

 

あとは当日の直感でお持ちいたします^^

 

どんなカードを開いたとしても

必ず道が開けるサポートを

させていただきますし、そもそも

怖い意味のカードなどございません^^

 

 

安心してお越しくだされ!!

 

 

ほかのメンバーさんも

同じ事が言えると思います^^

 

お伝えする側の思いは

クライアントさんが今この瞬間から

あなたが自分の幸せを

あなたが自分で選択できるサポート

そして

あなたの素敵な笑顔が見たくて、、、

 

です^^

 

この二日間で

楽しい時間を共有できたらと

思っております^^

 

・・・って、私は

8月3日のみ参加ですが(笑)

 

タイミングが合う方、、、

お待ちしております!!

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

7月

15日

”人生こんなに楽しい~” ありがとうございますm(__)m 親子・夫婦関係

「”人生こんなに楽しい~” ありがとうございますm(__)m 親子・夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

8月9日に行ったアンディとのトーク会を参加してくださった方がシェアしてくださいました^

 

 

「満天セラピー手相で♪ま~るい人間関係を!」

 

 

の、「みったん」です^^

別名 「満ったん」ともいう^^

 

彼女も書いてくださっておりますが

出会った切っ掛けは

「キッズインストラクター」のセミナーです。

 

その時、とても意欲的で

どんどん吸収したい!

っていうエネルギーを強く感じました。

 

器が大きくて

まだまだなんでも入りそうな勢い^^

 

だから、時には迷ったりしながらも

それさえ肥やしにしていく力のある方です。

 

ですから、彼女を見ていて

内側にある力を強く感じる方も

おられると思います。

 

それを恐れと感じるか、

それを喜びと感じるか、

 

人によりけりかな^^

 

彼女も書いてくれていますが、

必要な時にのみ必要な手を!

 

この距離感が

とっても難しいのかもしれませんね、、、

 

それは、もう直感的なもの。

 

例えば人との距離感、

自分と相手との境界線について

 

安心できる人

話していて楽な人

沈黙であっても気にならない人

 

これ楽だよね、、、

 

でも、何かあるとすぐに、

それを見ていられなくなって

世話を焼きたがる人は

私は個人的に勘弁です。

 

それ、その人から

経験を奪ってることに

なるんですけどね、、、(^^ゞ

そして

それを愛だと疑わないので

厄介なんです。

 

黙って見守ることができないんですね、、、

 

でもそれは、

それはサポートじゃないからね、、、┐(´д`)┌

 

やってる人は気が付いていないかもですが

世話してる自分に

ただ気持ちよくなってるってことなんです。

 

そして

その反応事態

自分の内側に何かあるからでしょう。

 

 

京都の先生を見てると時々

「あ~~~これかぁ、、、」

って思うことあります。

 

基本的に受講生の態度に

何も言わない先生です。

 

「究極やな」って思います。

 

私、過去に

 

「先生の一言って

すんごい影響力あるやろうにな、、、」

 

って思ったこと何度もあります。

 

でも、一切言わない。

 

「この子は今、

こういう状況の中に居てるんや」

 

そういうスタンスで見ておられる気がします。

 

なかなか出来ないことです。

 

何も言わないのは

優しさでも

冷たさでも ありません。

 

そして

 

本当に必要な時のみ

必要な手を!!です。

 

そのスタンスから、

学ばせていただくことが沢山あります。

 

それでも、インプットできても

アウトプットに至らない事象も

沢山あります。

 

伴走って、簡単じゃないです。

 

でも、そういう関係性が本来

楽な関係だと思います^^

 

今日は、お仲間の、

満ったんのリブログからでした^^

 

「伴走。」

 

これは私の永遠のテーマですね^^

 

満ったん

ありがとうございましたm(__)m

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

7月

13日

親子・夫婦の会話が無くならないために奮闘している方へ…

「親子・夫婦の会話が無くならないために奮闘している方へ…」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

昨日は午後から素敵な女性と

打ち合わせしてきました^^
九星気学でいうところの

同じ星を持つ方です。

私は本音トークが好きです。

上っ面でのお付き合いが苦手なので

表面だけのお付き合いなら

深い話なんか信頼して出来やしません。

今年の私達の星回りは

不必要なものと

必要なものが ハッキリと分かる年です。
そういう意味では、

切る。

繋がる。

がハッキリ出るともいえます。

彼女とは、深い繋がりがあり

本音トークもガッツリ出来ます。

そして、人に対する愛の深い方。

学ぶところの多い女性で

私の憧れでもあります^^

腹のなかに何も隠し持っていない…

 

そこがたまりません!!^^

お口と心に不一致がない。

これ大事です!!!

目に見える物で例えれば

大勢でいる時と

個人対個人でいる時と

態度が違えば不一致バリバリって

分るでしょう?

言葉と心と行動。

ここに不一致があると違和感が出て

嫌悪感も出て吐き気もする。

今年は、いつになく色々見えてるなと、、、

そんな話をしてわかれました^^

本音トーク。
怖くて出来ない方が多い。
それは、傷の深さとも

関係しているのだと思います。

 

本音を出した時

感情を出した時

周りにどうみられるかの恐怖。

そしてそれができない自分への怒りです。

感情を出せる相手への

怒りではありませんよ?

 

前置きが長くなりました。

 

前々回のブログ

 

「遠方から千都味噌をご購入の方へ。メンタルと体は深く繋がっていますよ!!親子・夫婦関係」

 

 

ここでも書いた内容とリンクします。

 

親子の会話について少しふれましたよね?

 

時々学校関係で

講話させていただくのですが

最近はあまりしなくなったけど、

クローズで「10代の喋り場」とかね。

 

「人が怖い。」

 

っていう人がいます。

 

「過剰な期待が嫌。」

 

これも上位ランキングです。

 

今日は最初に挙げた

「人が怖い」にフォーカスです。

 

 

人が怖い。=安心できない。

 

 

ってことかなと思います。

 

色んな意味で、

人に対して傷があるということです。

 

自分の子供との親子関係で

うちに来られたクライアントさんの多くは

「孤独」と常に戦っておられます。

 

誰も信頼できない。

誰の助けもない。

何かあった時、そんな自分だからこそ

その何かあった時のことを常に考えて

いつその何かあった時がやってくるかと

恐怖でビビッて息を潜めるようにして

守るべき子供たちを囲って

敵がやってきたらどう守ろうかと、、、

 

その24時間緊張状態から

そのうち限界を超えてぶっ倒れます。

 

子供たちを守ることに集中し

そして子供を信頼できていないのではなく

世間を信頼できていないので

ついつい子供たちにも口やかましく

色々言ってしまう。

 

そしてそれに対して

子供たちの態度が悪いと

また更に孤独に陥って

子供をコントロールできない

支配できないことから

(この場合のコントロールと支配は

子供を守る意味でね。)

もう何かあったら本当にこの世の終わりだ!

くらいにね、、、

 

ちょっと大袈裟かな^^;

 

子供のことを心配して色々言うのは

それだけ子供のことを

大事に思っているから?

 

それはどうなのかしらと、、、

思うわけですよ。

 

親のメンタルが不安定だと

それは子供に連動し、響きます。

 

そして、なんだかおうちの中の空気は

ギクシャクギクシャクです。

 

何か互い違いな段差が

沢山あるような感じ、、、

 

でも、一個、段差を整えていくと

そこで引きあって

別の段差も整ってきます。

 

つまり、親のメタルが安定すれば

連動して子供のメンタルも

安定してきます。

 

負のスパイラルが止まるんですね。

 

もしそこで

負のスパイラルがストップしても

変わらない関係性の友人関係や

同僚などがあれば、それはもともと

繋がってはいなかったってことです。

 

つまり

 

離れてもいいんです。

 

それは、親子であってもです。

 

 

話がそれましたね💦

 

親のメンタルが安定すれば

実は子供は安心します。

 

そして、親のメンタルが安定し整うことで

子供に対する見方捉え方も

同時に変化します。

 

さすれば、

親から信頼されていないと感じていた

子供側の行動も同時に変化します。

 

(実際は子供を信頼していなかったわけでも

世間を信頼していなかったわけでも

ないのですが(^^ゞ)

 

すると

おのずと子供の行動や言葉に対して

親側が今までとは違う反応が

できるようになっていきます。

 

徐々に、、、

おうちの中の空気が変わっていきます。

 

そして

 

「おうちの中の空気が

安心と安全な場所」へと

 

変わるんです。

 

 

夫婦の会話が

親子の会話が

無くなるから、うちでは○○しています。

 

って会話が時々聞かれます。

 

それは、親側の傷ですよね…

 

そんなことをしないと

夫婦の会話も親子の会話も

できないのでしょうか?

 

実際、それをやることで

ボールがはじけるような楽しい会話が

生まれていますでしょうか?

 

そこに、義務感で話しをしている。

ということはないだろうか?

 

一日あったことを何か報告しなければ…

という、、、

 

それは、、、

楽しい時間だろうか?

 

 

 

そもそも、会話って、、、

自然発生的に出る物であって、、、

 

義務で話すもんではないし、、、

 

だけどもね、

相手から話しかけられたりがないと、、、

 

避けられてるのではないか?

嫌われているのではないか?

 

それを相手からの話しかけの多さで

図ろうとしたりするんですよ、、、

 

で、それが無いのは怖いので

半ば強制的に会話する状況を作り

自分を安心させるんですね、、、

(この安心は一時的にですけどね、、、)

 

さて、これ、何が隠されているのか

もう、お分かりですよね?

 

親側の傷ってこういうことなんですよ。

 

だから親のケアが必須なんです!!

 

親が最優先に

サポートされなければなりません…

 

私はそれをずっと言い続けております…

 

今日は

「親子・夫婦の会話が無くならないために奮闘している方へ…」

ってお話でした。

 

○○にならないために△△しましょう。

 

こんな文言を時々見かけますが、、、

 

それ、その中に何が隠されているのか、、、

 

お分かりですか?

 

そんなことで解決できるなら

状況は今とは違ってるはずです。

 

ってことは

 

そこじゃないってことです。

 

まず、あなたが息を吹き返しましょう^^

 

あなたの人生、まだまだです^^

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2017年

7月

10日

どれだけ失敗を容認され寛容に受け止め流されてきたか。これ大事!親子夫婦関係

 
昨日は
「Andyとふじたカウンセリングの
人生こんなに楽しくて委員会」
のトーク会でした^^
やっと、、、アンディに会えた!!
そんな感じした^^
奈良駅までお迎えに行きましたが
一瞬ですぐに見つけました^^
沢山参加してくださった方が
写真を撮ってくださいました(^.^)
ありがとうございます!!
親睦会(^-^)
15時から18時までの予定が、、、
気が付けば20時!!
びっくりしました!!
アンディは歌手でもあり、
将棋氏の先生でもあり、
大学留学生の「人間学」の講師でもあり、
落語家でもあり、、、
 
引き出しが沢山です(笑)
人を楽しませることが大好きなアンディ^^
そのアンディから沢山の学びを
私も含めて参加者さんも
お持ち帰りされたと思います^^
ちょっとね、守秘もあるので
内容までは言えませんが、
今回は、こんなことを感じました。
私たちは自分の人生を
どう生きればいいのか、、、
分からないで迷子になるときがあります。
余裕がなくて生きることに精一杯だった
戦後と今は時代が違います。
私たちの世代はあの戦後の時代を知らない。
 
ありがたいことに
恵まれすぎているのかもしれません。
「この国は平和ボケしてる。」
親睦会ではそんな声も聞かれました。
そうです。
だからこそ、余裕ができて、
自分の人生について考えたりできる時間も
生まれたんだと思います。
ならば、その時間をどう生かし使うかです。
私たちは
「経験するために生まれてきたんだよ。」
私の先生はそう言われます。
幸せになるためじゃないんです。
経験するために神様に志願して志願して
やっとその経験をさせていただくために
契約してこの世に命を持っ
て生まれてこられたんです。
でも、その経験は時には怖くて
怖気づいて逃げたくなったり、
自分の人生を放棄して
誰かに任せたくなったりするもんです。
チャレンジすることの恐怖は
失敗への恐怖です。
その失敗は幼少期にどれだけ経験し
どれだけそれを容認され寛容に扱われ
成功までのプロセスを応援されてきたか…
 
によります。
子育ても失敗の連続です。
だって分からないから。
自分が受けてこなかったものを
どう子供に与えていけばよいのか
分からなくて当たり前なんですよ。
だから、親にもサポートが必須なんですね。
そして、一個でも多く
子供に失敗の経験を積ませて
成功までの伴走が一個でも多くできたら
それだけで十分素晴らしい経験が
親子でできている。
と言えるのではないでしょうか?
もう3年前の記事ですが、3年前の今日
Facebookでこんな投稿をしていました。
 

中三のべっぴん娘がアメリカのシアトルから
無事に帰宅しました(≧▽≦)
今回も帰宅途中にトラブル発生…
 
イケメン息子も中三の時に行きましたが
サンフランシスコから成田へ向かう時、
二時間の足止めを食らい
成田から関空へ向かう連絡が間に合わず
半泣きで空港の人に話をして
何とか別の便で帰宅…
 
べっぴん娘はもっと最悪でした。
シアトルから成田へはスムーズに到着。
でも、成田から関空へ向かうピーチが20分遅れ。
そのせいで生駒への帰宅は断たれました。
 
で、どうしたか。
 
ありがたいことに藤田の実家が大阪です。
娘はジジへ℡し、受け入れ許可をもらいます。
ですが又問題が。
 
最終電車にそもそも間に合わない可能性も
出てきました。
知らない空港でたった一人で知らない駅まで
ダッシュしなければいけません。
ピーチは第二ターミナルなので
駅までシャトルバスを使用します。
それは知っていたようで、
とにかく荷物が出てくるのを待て
人の流れに乗ってシャトルバスへ。
 
私と夫(単身赴任先から)は家族のlineで
娘を応援し、空港にも私が電話して
電車の時間やルートを確認し
lineに流します。
 
で、無事に実家の最寄りの駅まで到着。
零時を過ぎておりました。
 
実家の両親には本当に感謝です。
 
改めて人は
サポートがあってのことなんだなって思いました。
 
勿論、やるのは本人です。
傍に私たちは居ないわけですからね。
 
でも、傍にいるよ^^
って言うメッセージは大事かなって
思うんですね。
 
イケメン息子はこのlineを変にメッセ入れずに
ただただ見守っていました。
 
これも経験ね^^
 
今回の教訓。
 
帰りの飛行機は 終電に十分間に合う時間を
選ぶべし。
 
前回の教訓
 
乗り継ぎは 二時間以上空けるべし。
 
前回の教訓は生かしてたんですけどね^^
 
ではでは、皆さま 台風に気を付けて…
 
 
ピンチの時って、ハラハラしますね。
偶然の重なりは奇跡だと私は思います。
その奇跡を経験出来て感謝です^^
若いうちにする失敗は、
大人になってからする失敗に比べたら
たかが知れています。
一個でもたくさん失敗の経験をしておくと
大人になった時その経験の数が
自信にきっと繋がります!!
そのためには、その失敗の経験を
容認され寛容に受け流してくれる
サポーターの存在は必須です。
そしてそのサポーターにも
サポーターは必須んでんすね^^
 
今日は昨日のアンディとのトーク会から
 
「どれだけ失敗を容認され
寛容に受け止め流されてきたか。
これ大事!親子夫婦関係」
 
ってお話しでした!!
 
アンディ!
そして参加してくださった皆様!
 
ありがとうございました!!
 
 
 
0 コメント

2017年

7月

08日

遠方から千都味噌をご購入の方へ。メンタルと体は深く繋がっていますよ!!親子・夫婦関係

「遠方から千都味噌をご購入の方へ。メンタルと体は深く繋がっていますよ!!親子・夫婦関係」

 

本日のアメブロ記事。。。☝

 

今年二回目の千都味噌、麦味噌が

届きました!!

 

こちらの味噌は

毎回ご紹介させていただくたびに

しつこく言いますが、

 

本物の3年味噌です!!

 

その辺で販売されている、

あっという間にできてしまうお味噌では

ありません!!

 

毎年金賞を受賞されており、

老舗の旅館やお店が

大量に買い占めはります。

 

そして、

毎回ふじたがブログでアップするたびに、、、

日本全国から

 

送ってほしい。

 

と連絡がくるそうで、、、

 

嬉しい^^

 

で、私のクライアントさんでも

関東、東北、島、いろんなところにおられて

そこから郵送でお願いしたはいいけれど、、、

 

「開封の仕方がよく分からない。」

とクライアント様数名から連絡頂きました。

千都味噌さんからも、お届けの際、
メモ書きを一緒に入れて
郵送されてるようですが、
いかんせん言葉って難しいのよね、、、
なので、
今回は、ふじたの方から開封の仕方を
ご伝授!(笑)
あ、
私、
別に千都味噌の社員でもないし、
役員でもないのですが💦💦💦
本物のお味噌を
全国に知っていただきたいだけの
ことでして💦💦💦
勝手にアップしますね。
まず、紐を取り外します。
で、ふたを開けますね。
そしたらビニールを外側へはがします。
はがしたら、そのビニールを手繰り寄せて樽にぴったりとさせます。
※お味噌の上にある小さいビニールは
捨てないで!!
乾燥してしまいます。
タッパーへ移し替えるたびに
ちゃんとお味噌の上に
空気が内側に入らないように
優しく被せてあげてくださいね^^
ようは紐で結ぶときに邪魔臭くならん程度に。(^-^)

うーん、あまりうまくいかなかったな、、、
苦笑
ダンディーなおじさまが退職されたので、、、
あのおじさまなら
もっと上手くされてたのですが💦💦💦
っま、こんな感じよ!(笑)
以上!!
本日は千都味噌の開封の仕方でした!!
 
 
私たちの
体は口に入れたものでできています。
スーパーフードアドバイザーとしても
言わせてもらうとですね、、、
自分の体が喜ぶことは
心も喜ぶんですよ。
体も心も喜ぶと
自分を大事に自分ができてるので
他人にも優しくなれます^^
まぁ、
体が不健康になって心が壊れるか
先にメンタルがやられて不健康になるか
どっちかなんですけどね、、、、
心と体は繋がっていますからね、、、
美味しいものを
ありがたく
感謝していただきましょう^^
そりゃね、手作り、難しいときあります^^
うちなんか、
カレー三日続いて
四日目にカレーうどんに化けますし
シチュー三日続いて
四日目にグラタンかスープスパゲティーに
化けますし、、、
冬なんか、キムチ鍋二日続いて
三日目はキムチうどんですwww
あれ、変な自慢話www
でもね、誰と食べるか
そして、その食卓は楽しいか?
そして、変なルールはそこにないか?
例えば、
食べる順番とかね、
テレビとかね、、、
 
その家でだけ通じるルールですね。
あまりそんなの
ごちゃごちゃ言わんことです。
…って言うてる私ですが…
結構うるさく言うてましたので、、、
今では、なんも言わんですがwww
「会話が無くなるから、うちは○○してる。」
って人とよく耳にしますけどね、、、
うちは
「何やってても逆に
会話は無くならんですがwww」
「会話が無くなる、、、」
が前提やから
 
あれ禁止これ禁止でしょう?
それ禁止して、
ホンマに楽しく弾むような会話が
食卓に流れるならOKですけどね、、、
 
いくら強制的にね良かれと思って
○○禁止
○○OK
ってやってもね、、、
 
ホントにそれで楽しく美味しく食べれてるか?
 
それ次第で食欲も変わるし
それ次第で栄養吸収も変わるし
だからこそ、体と心が喜ぶことを、、、
 
本物のお味噌!!
 
美味しいものを食べて
会話が無くなるか???
あ、、、余計なことを
また書いてしまいましたね💦
今回はこの辺で、、、(笑)
 
ようは、メンタルと体は
繋がってるって話でした!!
 
※だからって千都味噌食べれば
家族円満になれるとか
そんな保証の話じゃないですよ~!!

 

0 コメント

2017年

7月

05日

”「人生こんなにおもしろくって委員会!」第2回 2017.7.3 のメモ”

先日のラジオ生放送
 
なんと!
 
ヨッシーさんが録音して
言葉に起こしてくださいました!!!
 
有難うございます!
そもそも、題目、流れ以外は
ほとんど打ち合わせなし!
 
今回のみ、しっかりと話し合って
台本作ったけど、いざ本番になったら
台本に書いてあることより
別のことが頭に浮かんで、、、(笑)
 
なので、やっぱり私は
台本とか、なにか、縛りがあると
邪魔くさいなぁ~ってなるので
 
「不要だわ!」
 
って思いました!(笑)
 
 
ヨッシーさん、すごいですよね~
 
録音もして何度も聴いてくださり
 
「この内容で
再放送がないのは勿体ない!」
 
という思いから、作ってくださいました。
 
ホントにありがとうございますm(__)m
 
今回は前回のラジオの内容でした!!
 
 
ヨッシーさん!
ありがとうございます!!
 
0 コメント

2017年

7月

02日

本音はいつも棚上げか?言葉で伝えることの恐怖は相手に理解されないという傷から。親子・夫婦関係

「本音はいつも棚上げか?言葉で伝えることの恐怖は相手に理解されないという傷から。親子・夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事

 

カウンセリングをさせていただく中で、

 

ああ、これって巧妙な苛めだな…

 

って感じることが多々あります。

 

夫婦間で、家族間で、

友人や職場の同僚間で。

 

言葉で表現して訴えるにも訴えにくい形で

苛めは行われます。

 

でも、それをどうやって言葉で表現すれば

相手は誤魔化し通せないと理解し

納得してもらえるか、、、、

 

それは、ものすごく困難な形でやってきます。

 

例えば、

言葉で相手を傷つけるようなことを

言ったりした場合

 

「その言葉に傷ついた」。

 

と言うことができます。

(仮にその言葉によってなぜ相手が

傷ついたと訴えてくるのか

理解できなかったとしても、、、です。)

 

恐喝されたとか、

暴力を受けたとかであれば

分かりやすいです。

 

でも、です。

 

その人が醸し出す空気でやられた場合。

 

厄介です。

 

空気を読むってあるでしょ?

 

楽しい空気か、

怒りの空気か、

悲しい空気か、

 

でも、それを訴えても認めようとしない人には

「感じていることについて」

いくら説明しても受け入れません。

 

いえいえ

 

実際は本人も分かってるいる場合もあります。

 

分かっていても目に見える証拠がない限り

 

「それはあなたの被害妄想だ。」と

言い張ります。

 

ね?

厄介でしょう?

 

本当に厄介なのはここからです。

 

先日、セッションをしてて、ワーク中

 

ああ、、、この傷かぁ~~~~~!!!

 

ってお互い気が付いた瞬間がありました。

 

苛めてる側は

その自分の傷を見ないようにし続けています。

ここが何より厄介なんです。

それをワークで見つけ、

相手の潜在意識に繋がったとしても、

恐らく相手はスルーし続けます。

 

やはり、それぞれの解放が大事です。

 

今日、Facebookでこんな記事を見つけて

シェアしました^^

 

「言うべきことを、言うべき相手へ」一番短いお説法

 

 

相手に伝えたい思いを言葉にして伝えても

受け取る側は必ずしも

100パーセントその思いを

相手からの言葉によって

受け取れるとは限らない。

 

そこには差異があるもの。

 

そもそも100パーセントはあり得ないんですね。

それでも分かろうとする思いや気持ち

それでも、そこになぜ?って相手が思う疑問に

言葉で伝えようとする気持ちが合わさって

少しずつずれがなくなって重なっていく。

 

ご紹介したblogと少しリンクして、、、⇓

 

時々、外に出ると色んな親子や夫婦の会話が

耳に入ります。

 

おっさんがおばあさんを怒鳴てる姿も

最近見ました。

親子のようでした。

 

自分の時間を奪われ、

母親に付き添わねばならない苛立ちを

吐き出しておられました。

 

 

とてもきつそうな表情の女性と

軽いノリの男性と

小学生くらいの女の子。

 

大人の会話を黙って聞いてた女の子が

つい言葉を発した。

すると

 

「あんたに何がわかるん!!

その人の気持ち、あんたみたいな子供に

分かるわけないやろ!!」

 

って急に怒鳴りだした。

 

両方とも親子です。

後者については男性は子供を

フォローすることもなく、、、でした。

 

 

老いていく親を受け入れられなかったり

自分の中にある怒りに気が付けずに

ターゲットを見つけてはぶつけたり、

幼少期に感じた無力感を、劣等感を、

どうにかしたくて誰かをダミーにして

傷つけたり、、、

 

それはどれもこれも

自分では分からないことで、、、

 

でもね、カウンセリングに来られた方に

私時々聞くんです。

 

「本当はあなたは

何を一番伝えたいのですか?」

 

それを言語化して相手に伝えること。

もう何年もやってきてないんだもの、、、

分からなくなってますよね。

 

それでも、あなたが相手に本当に伝えたい事。

ご自身が一番よく知っているはず。

 

本当はこんな関係ではなく。

本当はあんな関係になりたいのだと。

そして

本当はこんなことが言いたいのではなく。

本当はあんなことを伝えたいんだと。

 

その足かせになっているものを

取っ払ったら言えませんか?

 

それでもね、夫婦の場合、

あなたが解放されても

相手は解放されないかもしれない。

そしたらその時は、

その相手を変えようとするのはエゴです。

 

あなたがまず楽になること。

あなたがまず解放されること。

 

何よりも私はそこが

一番大事だと思っています。

 

さすれば、例えば、

相変わらずの相手が仕掛けてくる

巧妙な苛めにも

俯瞰して見ることもできますよ^^

 

あなたと相手のステージが

違いすぎますからね、、、^^

 

解放されていない人と

解放されている人では

比較しようがないのですから…

 

あ、、、また最後が私も意地悪です💦

お許しを💦💦💦

 

今日は

「本音はいつも棚上げか?

言葉で伝えることの恐怖は

相手に理解されないという傷から。

親子・夫婦関係」

ってお話でした^^

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2017年

6月

25日

通信制の鹿島学園 藤井寺校で 講話させていただきました。生の生徒さんたちの声から^^

通信制の鹿島学園 藤井寺校で 講話させていただきました。生の生徒さんたちの声から^^

☝本日のアメブロ記事…

 

 

6月23日金曜日鹿島学園通信制の学校で

講話をさせていただきました^^

 

久しぶりに「10代のしゃべり場」です^^

 

しかもクライアントさん繋がりでも何でもない

初対面の 「しゃべり場!!」

 

行く前からドキドキワクワクでした^^

 

 

ちょっとその時の様子を、、、⇩

 

 

講話が終わった後の様子。。。

 

IMG_20170625_113716386.jpg

 

半分ぐらいの人が帰ってしまった後でしたが

残ってる人たちだけで集合写真^^

 

IMG_20170625_113716483.jpg

 

なんと、今回、自由参加にも関わらず

20名以上の人が参加してくださいました^^

 

ありがたかったです^^

 

とても正直に飾らずに心の中をシェアして

語ってくださいました^^

 

一番多かったのが

 

「普通ってなに?」

「普通でいて」の「普通」っていうものを

押し付けられるのが嫌。

 

「遅刻しそうになると、うるさく言われる」

 

印象的だったのが。。。

 

「人が怖い…」

 

 

ふじた 

「とてもいいシェアだね^^」

 

と言葉を返しました^^

 

「私も人怖いよ^^

今こうして話しててもドキドキしてるし

この「語り」でいいのかって思ってるし

みんなこの場にいて

どう思いながら聴いてるんだろうって

不安になりながら話してるしね。

人が怖くない人って、逆にいるのかな?て

私は思うよ^^」 

 

「普通」っていうのもね、

「あなたの普通」と「私の普通」は違うんだよ!!

って思うよね^^

 

遅刻もそう。

私たちは失敗する権利もある。

それを奪われるってことは

成功する経験も同時に奪われる。

…ってことなんだよ。

失敗のない成功なんて

ないんだからね。

 

などなどシェアしてくれた内容によって

話が膨らむって感じでした。

 

 

最後に、、、

 

「自由」

 

についてフォーカスしたあと

クロージングしました。

 

 

 色々な経験を経て

この学校に来た生徒さん達だと思われます。

テレビのドラマの世界でしか

見ないような経験を

今まさにしている最中の若い人も

居るかもしれません。


 

 

ちょっとここで今回改めて思ったこと。

 

第三者の目から見ればそれは

想像以上に壮絶かもしれない。

 

 

だけれども、第三者は第三者です。

 

当事者では在りません。

 

当事者はその渦の中に居て

本当に大変だからこそ

その大変さをあえて感じないようにすることで

生き延びることも在ります。

 

平気なフリ。

なんでもないふり。

自分の身の上に起きていることは

大したことじゃない ってフリ。

 

 

だけど、今もし、ここで

その感じないようにしている恐怖を認め

その感じないようにしている恐怖を受け入れ

その感じないようにしている恐怖を

感じてしまうことで、、、

 

今以上に苦しくなることも在ります。

 

今はとにかく感じないようにすることで

今日を行き

明日を行き

一日一日を積み重ねて

一ヶ月

半年

一年を乗り切ります。

 

だけど数年後

 

振り返る余裕が出来た時

 

 

あの時抑え込んでいた感情を

やっと自分で引き受ける覚悟ができ

その時初めて吐き出すタイミングが

やってくるかもしれない。

 

だからこそ

私らはその当事者をサポートする時

なんでもええから吐き出させる方向に

向けるのではなく

今その人にとって必要としているサポートに

目を向けることが大事なんだと思います。

 

なんでもええから

出せばいいってもんじゃないんですよね、、、

 

相手がどうしたいのかがサポーターの軸として

ブレたらアカンですよね。。。^^;

 

その恐怖を知ってるからこそ、、、です。

 

その代わり…

 

当事者が出しかけたものを

怖がってるからと言って

中途半端なやり方で中断するのは

 

違います。

 

出しかけたなら

難産覚悟で伴走です。

 

出かかっていたもの

出したがっていたものを

また押し込めてしまったら

そのものは出るに出られず

また出るタイミングを失い

また更に自分への

怒りを押し込めることになります、、、

 

今日は

「通信制の鹿島学園で

講話させていただきました^^」

てお話でした^^

 

カウンセラーに興味を持って

「カウンセラーになるためには

どうしたらいいのか?」

と聞きに来てくれた生徒さんも居ました。

 

興味を持って沢山参加して下さり

ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

ふじたカウンセリング

 

0 コメント

2017年

6月

21日

昨日ラジオで話した内容のフォローです。親子関係、夫婦関係

「昨日ラジオで話した内容のフォローです。親子関係、夫婦関係」

 

☝本日のアメブロ記事。

 

昨日はFMハイホーのラジオレギュラー

生放送でした^^

 

DJのKACOさんとのトーク。

私がすっかり忘れていた幼少の頃のことを

思い出させていただきましたwww

 

ガラス張りのラジオ局なので、

お客さんのお顔が間近で見れたりして

ちょっとドキドキ💛しながらの

生放送でした。^^

 

15分枠と思いきや、、、

 

「15分では帰しませんよ!」と言われまして、、、

結局私は13時から13時50分まで

がっつりお話させていただきましたwww

 

事前の打ち合わせも全くないままにですね、、、

告知コーナーが突然始まったり、、、www

 

メンタルの深い話になったりして、、、

局長さん、抵抗が出て眠たくなるwww

 

とても、面白いあっという間の時間でした^^

 

ちょっとね、そのラジオでは

語りつくせなかったといいますか、、、

生放送ですし、瞬時の判断で物を言うので

言葉にできない部分もあったりしました。

 

今日はリンクするかは分かりませんが

過去記事を引っ張り出してきました。

 

「抑圧がかかったセッションは無意味。その理由。」

 

私は出来るだけセッションでは

親御さんに対して責めたりしたくない。

と思っています。

 

確かに、

「なんでそんなこと子供にするん?」

「なんでそんなこと子供に言うん?」

 

そんな場面は

日常でそこらへんで見てきました。

そのたびに、私の夫も子供も

その場面をともに見ては、

苦笑をし何らかの反応をして

吐き出してきました。

 

それでも、うちに来られた親御さんに対しては

私は出来る限り責めたくはないのです。

 

ブログではボロカスに言うこともあります。

 

「それ、誰の問題?」

 

って。

 

セッションでも言います。

 

でも、

言い方は

表情は

仕草は

責めてはいないつもりです。

 

むしろ、その逆です。

 

通じるかどうかは別ですけどね、、、

 

 

何の因果応報か。

 

親子で、夫婦で、ご縁をいただき、

今生でその問題と

お付き合いすることとなります。

 

今までにも何度も書いてきております。

 

誰かが何かをやらかした時には、

そのやらかした本人のみが悪いのではなく、

その本人にその行動を起こさせた

周りの環境たちにも

責任の一端はあるはずだ。

 

もっと簡単に言えば

 

人が起こす行動には

何らかの肯定的意図がある。

 

です。

 

 

その人の脳に、細胞に、遺伝子に、魂に

刻まれたものは、そう簡単に

解除できません。

 

いくら愛をもってしても、

その愛は受け取れやしないんです。

 

その人が求める愛と、

相手が投げる愛は、違うから。

 

その人にとって、投げてる側の愛は

「押し付け」、「お節介」と感じることもある。

 

だから

 

受ける側は

それ求めてないってことなんです。

 

ここに垂れ流されるエネルギーが存在します。

 

投げてる側は

愛と信じてやまないかもしれないけれど

それ受ける側にとっては

 

本当に窮屈なんです。

 

思考もそれぞれなので、

どうしてそんな風に考えるの?

って言われても

 

無理なんです。

 

それ自体、

攻撃に感じたり、

攻めに感じたりします。

 

過去記事の後半にこんな風に書いています。

 

戦い続けてきた人にとって
戦うことをやめることは恐怖です。

手に持っている矛も盾も拳銃も
手放すことは とにかく怖い。


この武器を
「もう今日からは戦わなくていいんだから
手放しても良いんですよ…」
って言われても無理ってもんです。