2018年

11月

12日

我が家のおこた、嫁がせたいのです!もらってくださる方おられませんか?m(__)m

先日ちょっと不思議なことが起きました^^
「無機質なものにも感情はある。」
応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    
私のセッションルーム
今現在こんな感じです。
撮影があまり上手でないので、、、お許しを。
実際はここにカラーボトルや色んなカードが常に常置しております。
ほんで、このこたつをアップするとこんな感じ
我が家に来て25年以上ですね。
これと同じタイルの絵柄でキッチンにはワゴンがあります。
嫁入りするときに母が選んでくれたものです。
以前にも書いたかと思いますが
私は自分の服を40過ぎまで親が買ってきてて
帰省するたびに私のために購入してある服を持ち帰るという、、、
これがね、、、結構きついのよ。
この時の年代までそれされるとね
自分の服を自分で選べないという現象が起きます。
勿論親は悪気なしよ(^.^)
っま、今では自分で選んで購入できるようになりましたけど、、、
嫁入り道具もね全て親が選んでまして、、、
これもその一つ。
「気に入らなければ言いなさい。」
って言われてましたけど、
その当時の私は
なかなか言えんわな。
電化製品なんかは転勤するたびに壊れていったので
その時に好きなもの選び直していきました。
ただ、このこたつはね結構気に入ってるんです。
でも、セッションってだいたい二時間くらいかかるんですが、、、
正座、もしくは足を崩して座っていたとしても、、、
立つときアイタタタ~~~って
なるんですよ。
若い人から50代60代70代の方まで来られますので
いつか椅子型のこたつにしないとな、、、
とは思ってたんです。
ほんで、思い切って先月に決めました。
で先日届くはずだったんですよ。。。
今自宅にあるこたつは
新しい椅子型のこたつを届けてもらった際
引き取っていただくように
お願いしておりました。
で、
新しいこたつが届く予定の前日、、、
しみじみとこのこたつを眺めて
今日が最後やなぁ、、、
今までおおきにやで
ありがとうな
またええ人にもろてもらえるといいな、、、
なんて思いつつ
いえいえ
それよりもお別れがしのばれて
どうにかこの子を残しておけないかと、、、
模索しておりました無意識に。
でもね、ここに椅子型のこたつが届いたら
この子を移動させて置いておくなり
片付けておくような部屋がもうないんです。
やっぱりあきらめるかと、、、
そう思っていたら、その数時間後
業者から電話が入ったんです。
「申し訳ございませんm(__)m
明日お届け予定のこたつ、工場の方に取りに行ったら
無くてですね…
それで、あともう少しお待ちいただけないかと…」
つまり発注したけれど、、、なのか
発注ミス、、、なのか
それとも
一個だけ作り忘れたんか
それとも
うちに届けるはずの同じこたつが
別の方も同じこたつをうちより後に注文していて
その方に間違って優先されてしまったのか
そこらへんは分からんけれど
ようは
明日届けられなくなった…
ということです。
で、延期です。WWW
この出来事、現象をどう見るかは自由ですので、、、
お仲間に聞いてみた!(^^)!
これって、私が別れをしのんだせいで
この子がもう少し此処に居られるようにしたんか?
そうかもね^^
とか
それあると思います^^
とお返事^^
「無機質なものにも感情はある」
と聞いたことがあるんですね。
思い入れのあるものを骨とう品とかね預けたら
感じる人は感じるらしく、、、
だからこのこたつもお別れが寂しかったのかな、、、
と思いました。
全然話飛ぶけど
野球選手で遠征に行った先のホテルで
退室するさい部屋を綺麗にしてからチェックアウトする
とか
バットを打った後、放り投げずにそっと置いてから走り出す選手
とか
そういう人には日々日常の中で何らかの影響が起きている
ていう話を聞いたことあるんですよね、、、
嘘か誠かはわからんけど
でも物を大事に扱ってると気分は良いよな、、、
って思うのね。
ついものにあたりたくなる時あるけど('◇')ゞ
当たってしまったときは
あとで
ごめんなさい、
言う(笑)
で、前置き長くなりましたが、もしこのこたつ
もらってくださる方が居たらお嫁入させてください!!
何度も転勤しておりますので傷もあるし
こたつなのにコンセントがどこかへ行って行方不明です。
なのでホットカーペットつけてこたつ布団かぶせて使用しておりました。
(木は桜の木を使用していると
家具屋さんから聞いた記憶があります。)
足はこんな形です。
内側の汚れもあります。
青森に住んでいた際、和室の湿気により
使用せずに置いていたので
こんなことに(-_-;)
それでもいいという方!
申し訳ございませんが取りに来られる方限定です。
もしよろしければ
もらってやってくださいませんでしょうか?
その方がこの子も喜びます。
全く知らない人のところへ行くよりね^^
サイズ
縦 74センチ
横 140センチ
高さ 36センチ
うちへ嫁がせてもいいよって方
Facebookメッセから
もしくは
HPのプロフィールページより
Gメールで直接お問い合わせくださいませ!

 

よろしくお願いしますm(__)m
てことで今日はプライベートでした(^.^)
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 

0 コメント

2018年

11月

07日

自分を幸せにし自分を安心させること。 自分を緩やかな○○への復讐から 解放すること。親子関係^^

「自分を幸せにし自分を安心させること。 自分を緩やかな○○への復讐から 解放すること。親子関係^^」

 

☝本日のアメブロ記事^^

 

前回のブログ

「おかあさん、バカじゃないの?世間じゃね、そういうの愛って言うんだよ。親子関係」

 

では、「あなたは私。」ということを書きました。

 

「投影投影ってな!OKな投影もあるわ!!」

 

ってことにゼロリセットのSKワークをやって気が付いてしまった、、、

 

とも書きました。

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

あ、、、先にお知らせね^^

 

ゼロリセットのワンディでのセミナー依頼がきました。

 

今年一杯は私もスケジュール的に余裕がないため

来年の2月13日水曜日とさせていただきました^^

随分先ですいません💦

もし受講してみたいという方、Facebook個人メッセからでも、smile.happiness.fujita.soudan☆彡gmail.com

(☆彡を@に変えてくださいね^^)

でも連絡くださいまし^^

 

 

さて、、、「あなたは私」そして「OKな投影」

 

ゼロリセットを受講するまでの私って

なんとまぁ沢山のジャッジを持っていたもんだと

今は思えるんです。

 

結構自分では楽になって来てると思ってたんですけどねぇ、、、

(苦笑)

 

SKワークといって本質に目覚めるワークを

ノートを使ってガンガンやり続けたら

出るわ出るわ(^^ゞ宝の山よwww

 

副人格の福ちゃんと

本当の自分のホントちゃんの統合を終えた後、、、

 

愛犬ちわちゃんのお散歩をできるだけしよう!

っと思った。

 

今までちわちゃんの散歩は本当に

”たまに”

だったんです。

 

両ひざの脱臼で両足手術したうえ

片足の膝に止めていたピンが動いてしまい

そのピンを抜く手術をし

さらにはひざの裏の十字靱帯断裂してしまい

その手術も今年したばかり、、、

 

坂道の多い生駒市の道を歩かせすぎて

負担がかかり脱臼させてしまったと

私は自分を責めていました。

 

だから手術してからはお散歩は基本的になし。

 

お出かけして連れ出したときに少し歩かせる程度で

すぐに抱っこwww

 

そんな生活で余計に筋肉が固くなって悪循環、、、

 

分かっていてもお散歩に連れていけなかった…

 

お散歩→足への負担→また悪化する。

 

この方程式が頭の中をめぐって連れだせなかったんですね…

 

これ、まさしく私www

 

私は下半身がむくみやすくて原因が分らんのですが

腎臓の負担と不整脈と関係してるのかと、、、

 

ちょっと座る姿勢が長くなると足が重い。

 

だから動き回るのが怖い、、、に繋がる。

 

まるで自分を見てるようで連れだせない、、、

 

 

福ちゃんとホントちゃんとの統合により

私の内側で何かが大きく変化したのは言うまでもなく、、、

 

Facebookでも投稿したのですが

ちわちゃんを守り過ぎていたんだと。

 

そして同時に

 

私にもです。

 

そこで今のところ一日一回は30分くらいかけて

お散歩に出ています^^

 

以前なら、、、

「散歩が終わったらあれしてこれして、何時までに何を終えて、、、」

と頭の中は次々とやることの段取りで一杯で

ちわちゃんとの散歩を楽しむなんてできなかったんですが、、、

 

今はあえて一段落した時間を選んで

ゆっくり散歩ができるようにしています。

 

さらに、、、

 

ちわちゃんとの散歩が楽しくて仕方がなくなったんです。

 

後ろ姿^^

てんてんてんてん歩く姿

時折立ち止まっては道路の調査(笑)

そしてふと思い立ったように

またてんてんてんてん歩く姿。

 

どれも愛おしいwww

 

調査するところが沢山あるので

時間がかかるのですが、、、(笑)

 

ちわちゃんの満足度を見る=私の満足度に繋がりwww

 

 

これを感じたときに

 

「あなたは私」

 

が出てきたんです。

 

 

よくね、「自分を大事にできれば人も大事にできる」

 

言いますね。

 

そう、確かにそう。

 

 

けど、、、これどこまで理解できるかな、、、て思うのね。

 

文字で説明するにはこれが精一杯。

これ以上の説明のしようがない。

 

だけど実際は人によって難しいと感じる人が居ても

不思議ではない。

 

ホントちゃんと統合したことで

今まで分かったつもりになっていたところが

沢山あったことに気が付き

「OKな統合もある」

ってところに行きついたんですね。

 

何度も繰り返し見てきた夢は

それを知っているのに否定している自分に対して

教えてくれていたかのようですね、、、

 

自分を愛しむかのように相手を愛しむことができるのは

それを知ったからだと思います。

 

足が悪くても外の空気に触れられる喜びや、

季節を感じられる喜びや、

自分の足で歩ける喜びや、

道行く人がちわちゃんを見て声かけていただき、

構ってもらえる喜びを一緒に感じながら歩ける時間は

幸せ以外の何物でもなく、

この時間を今まで逃していたんだなと、、、

 

今気が付けて良かった!と思うと同時に、、、

子育ての時にこれを感じられたらもっと良かったと思うし、

夫に対しても、もっと別のやり取りができたのではないかと

今は思うんですよね、、、

 

 

以前にも書いた

何かがあるから幸せ。

ていう条件が整っての幸せは

いつかそれらは消えて無くなってしまうのではないか…

という恐怖を感じながらのものだけど、、、

 

今ここにある何の条件も必要としない幸せというものは

消えることはないでしょ?

 

ほんでもって、、、

 

幸せなんてものはそこらへんにいくらで転がっていて

(転がっていて、、、っていう表現はどうかと思うけど(^^ゞ)

それを見つけてもらいたくて向こうもじっと待ってるんだよね。

 

それこそ逃げずに。

 

そしてそこには支配もコントロールもない、ただそこにあるだけです。

 

いくつかの希望する条件が整っているから、、、

で太鼓判を押してもね、

そんな条件はいつ消えるかわからんものです。

 

ただそこにあるものを否定し

自分の人生を支配しているようで

実は自分が条件に支配され

自分が自分を縛っている状態になります。

 

だから、、、

 

こんなはずではなかった、、、

 

という日がやってきたりする。

 

それも学びですし、そこで私たちは何の気付きを得るか、、、

なんだと思います。

 

ものを言わぬ愛犬ちわちゃんは

よく今まで黙って待っててくれたと思います。

 

なんも考えてないやろ!

犬なんやからwww

 

って人もいるでしょう^^

 

それもアリですね^^

 

何を感じ何を受け取るかは

本人が決められるのですから^^

(☝これ最強やで!!

自分で決められるんですからね^^)

 

「あなたは私でした」

そして

「OKな投影」

 

自分を愛するって一番難しいのではないか?

 

何か対象があって

それを大事に思えることを知ることで愛するということを知る。

 

それもアリです。

 

ただ後者の場合

そしたらそれは

対象に向けている矢印を自分に向けてみて?

な?それって

自分に対しての感情でもあるよね?

 

…って言われて納得するまでに

時間が少しかかるかもしれませんね^^

 

そして、、、

自分を愛せていない人は

もしかしたら、、、

いろんな場面で生き苦しさがでることで

気付きを送られているのかもしれません、、、

 

 

 

自分を幸せにすること。

自分を安心させること。

自分を緩やかな○○への復讐から

解放してあげること。

 

 

そのサポートをさせていただいております^^

 

今日は

「自分を幸せにし自分を安心させること。

自分を緩やかな○○への復讐から 解放すること。親子関係^^」

ってお話しでした^^

 

ここに入る○○って、人によって違うと思う。

大抵の人は自分を不幸にしてそれを○○に見せつけることで

復讐するらしいけど、、、

私は自分が幸せになることで

その幸せを○○に見せつけることで復讐をしていました。

 

ホントに人によって違うしテキスト通りじゃないんですね。

 

そして、、、

今ではその○○に対して

それでも、不器用なりにも上手に愛そうとしたけれど

うまく愛せなかったその人たちの苦しみが感じられるんですね、、、

生い立ちからくる素直に表現できず

表現の仕方がわからず

そしてその自分に怒りを感じ後悔してもしきれぬ悔しさ。

 

その感情に更に蓋をしてベクトルを違う方に向けて

誤魔化し続けるんです。

 

その苦しさだけが伝わってくる。

 

だけれども、愛はそこに確かにあるんですよ。

 

ないと言い切ってもいいけれど、実際はあるんだから(笑)

その人のピュアな部分ではしっかり存在しています。

 

それを本人が受け取れたらいいですね^^

 

 

 

カウンセリングでは今まで生きてきた「出来事」たちによって

あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を 

私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり

時には縫合したりして共に治療していきます。 

 

そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを

ダウンロードされたことによって

思い込みや、信念を埋め込み、 

選択種が他にないように思いこまされたり、

あなたの人生を生き辛くさせたりします。 

 

だからこそ、言葉にして語ることで

抑え込んでいた感情も一緒に吐き出しやすくなり

そこで新たな発見や気づきに出会い

一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^

 

一つひも解けば、その分軽くなります^^

その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^

だからこそ、 軽くなりたい方、大歓迎ですぞぉ~~~!!!

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 

 

0 コメント

2018年

11月

02日

おかあさん、バカじゃないの? 世間じゃね、そういうのを 愛 って言うんだよ親子関係^^

「おかあさん、バカじゃないの?

世間じゃね、そういうのを

って言うんだよ親子関係^^」

 

☝本日のアメブロ記事、、、

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

 

「義母と娘のブルース」

後半で娘の口から出てきた言葉です。

 

セリフは忘れましたが、この言葉を娘から言われる前

義母役の綾瀬さんはこんな内容の意味を娘に言うています。

 

自分の生い立ちは…

幼いころ両親を事故で亡くし祖母に育てられます。

祖母は口癖のようにこう言って聞かせます。

「自分で生きていけるようになりなさい。」

 

祖母が先立ち施設へ預けられ彼女は一生懸命勉強します。

就職した先で優秀な結果を残し認められ

部下を沢山持つまでになる。

 

だけど、たわいもない話をする相手が

自分には居ないことにある時ふと気付き

人恋しくなる。

 

そんな時に出会ったのがパートナー。

そのパートナーは妻を先に亡くし

自分には娘が居るのだが

自分も癌になってしまい先に死ぬので娘を育ててほしい。

 

そんな申し出を引き受け彼女(娘)を見たとき

かわいくてかわいくて可愛すぎたと。

 

「あなたは私でした。」

 

そう娘にこの時、伝えております。

 

さらに

 

この子の笑顔が見たい。

この子のためならなんだってしてあげたい。

私はあなたを幸せにすることで自分を救たんだと。

 

だから私に負い目を感じる必要はないんだと。

 

そう言われた娘が放った言葉が

涙を流しながら

 

「おかあさん、バカじゃないの?

そういうのをね世間では

て言うんだよ。」

 

 

 

このドラマを見たのは数か月前のこと。

 

この時の私は

 

胡散臭い。

こんなんドラマで言うたらアカン。

こんなのは愛ではない。

ただの投影やないか。

これをやられて子供は困ってんだよ。

 

そう内側でぶつくさつぶやいていた。

 

だけどここでちょっと待って、、、

 

この数か月で

ゼロリセットのSKという本質に目覚めるワークを

ガンガン自分にやることで

見えたものがあるんです。

 

なんでもかんでも投影投影ってな

 

OKな投影もあるわ!!

 

ってことに・・・

気が付いてしまったんですね、、、

 

 

よく見ないといけない。

 

自分の中にあるフィルターが邪魔して

本質を見えなくすることがある。

 

 

言葉のやり取りの中によく見て。

 

自分で勝手に削除して受け取ってることあるでしょ?

 

そこと似ている。

 

このドラマの中で義母は

一度も娘に対して支配やコントロールはしていない。

 

勿論、危うい場面はいくつかあったんです。

 

でもね、娘に直接押し付けの愛情はぶつけていない。

 

私からはそう見えた。

 

常に娘の気持ちを尊重し

娘がどうしたいのか

そのことだけ。

 

いい大学に行くことよりも

娘のやりたいがあるのなら

それが最優先に来る。

 

ぶつかった時も決して押し付けず

そんなつもりはなくとも彼女を傷つけていたことを深く反省する。

 

こんな時、実際に産んだ母親ならどうするのか。

義母だから娘にそんな風に思わせてしまっているのではないか。

 

非常にグレーではあるけれど、自己犠牲のようで

このおかあさんはそれを苦痛として感じるよりも

ただそうしたくてしている。

 

 

「あなたは私でした。」

 

そう娘に告げたとき

これアカン奴やん(-_-;)

 

って思たんですけど…

 

それは私の勝手な思い込み。

 

 

受け取れない愛があってもいい。

受け取ってもらえなくとも

自分がそうしたくてするのなら

周りから見てその姿はしんどそうであっても

本人はしんどいとは思っていなくてむしろ

その痛みを痛みとは感じていないのだ。

 

 

 

これは私の話ですが

何度か今までに同じ夢を見てるんです。

 

私の大切な者がやられてる。

そんな時、どこからそんな力がわくのか

その者の前に立ちはだかって

私がやられるんです。

 

私は全く痛みを感じません。

夢だからではなく

その痛みを私が代わりに感じることで

その者を守れる喜びに満ちてるんです。

 

この痛みをこの者が感じずに済むのなら

自分が死んでも全然かまわんのです。

 

これを自己犠牲という人も勿論いてるでしょう。

 

それもOK.

 

少なくとも

 

私はやりたくてそうしてるだけです。

 

そしてそれを

受け取るのもOK

受け取らないのもOK

なんですよ。

 

受け取れない愛があってもいいんです。

いつか

受け取れる日が来てもOK

受け取れないまま逝ってもOK

 

親子のもつれって

色んなケースがあるんやなと思います。
それを型にはめるのではなく。

 

その人がどう感じ

その人が何を思い

その人がどの道を選択するか。

 

私らはそこにただ寄り添うだけなんですね。

 

アドバイスや

道しるべもいらん。

 

自分で選んで行きますさかい、、、

そしてその力をもともと誰もが持っています。

 

必要な材料の提供だけでええんです。

 

先に提供する必要はないんです。

 

私のセッションはこの先もその方向性で参ります。

 

ゼロリセットワンディセミナー

興味がある方どうぞ^^

 

今日は

「おかあさん、バカじゃないの?

世間じゃねそういうのを

って言うんだよ。」

ってお話しでした。

 

激しく反応するキーワードがこの中にあったら

それはチャンス。

 

その向こう側に隠されていた美しい光景が

あるのかもしれません。

 

それがあなたの本質ですからね^^

 

私なんて汚い。

私なんて腐ってる。

私なんか誰からも愛されない。

私なんか誰からも信頼されない。

私はいつも独りぼっち。

私はどうせ皆から嫌われている。

 

これはほんの一部ですが恐らくあてはまるもの

一個くらいあるかもです。

 

そういったものを癒すことで新たに見えてくる世界があります。

 

もっというなら

あなたは何も悪くない。

 

満たされなかった思いも

救われなかった辛い経験も

止まらなかった涙も

振り払ってここまで来られたかもしれません。

 

そのストロングさ。

尊敬します。

 

もしよければ

ちょっとそのストロングを

休憩してみませんか?

 

一瞬でもいいんです。

 

休むとどんな感じか

体感してみませんか?^^

 

それも怖さが走ると思います。

 

怖いですとも^^

 

未知の世界なんだから。。。

 

それでも、私等みたいな者が傍におりますよ^^

 

 

カウンセリングでは今まで生きてきた「出来事」たちによって

 あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を 

私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり 

時には縫合したりして共に治療していきます。 

 

そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを 

ダウンロードされたことによって 

思い込みや、信念を埋め込み、 

選択種が他にないように思いこまされたり、 

あなたの人生を生き辛くさせたりします。 

 

だからこそ、言葉にして語ることで 

抑え込んでいた感情も一緒に吐き出しやすくなり 

そこで新たな発見や気づきに出会い 

一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^ 

 

一つひも解けば、その分軽くなります^^

 その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^

 

 だからこそ、 軽くなりたい方、大歓迎ですぞぉ~~~!!!

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 

0 コメント

2018年

10月

28日

もしあなたの子供が満たされない思いを埋める為 無意識に自己犠牲をし続ける人生を生きたら?

「もしあなたの子供が満たされない思いを埋める為

無意識に自己犠牲をし続ける人生を生きたら?」

 

☝本日のアメブロ記事

 

ある青年がある出来事に遭遇するたびに

自分の過去を思い出し、

今、目の前にいる人に対して投影し

そこに反応し、

過去の時間と今現在の時間を同時に行き来する。

 

過去の自分を戒めたり

或いは

助けるため、守るために

今現在の自分が悪者役

(本人はヒーローの役だと思っているが、、、実際は悪役です。)

を引き受け、無意識に自己犠牲し

そこで結果的に周りの大人たちから

疎まれ

説教され

滾々と言い聞かされ

満たされなかった承認欲求を満たすどころか

期待は裏切られ

益々見捨てられ不安が増長するという

悪の連鎖を循環させているとしたら、、、

 

その子は一体どこで救われるんだろうか、、、

 

 

お母さんのメンタルケアがしたくて

私はこの仕事を選んでいます。

 

応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

お母さんたちを

守りたいとか、救いたいとか

そんなたいそれたこと思っていないです。

 

人は人によって助けられ救われ成長させていただけると思います。

 

だけども、こちら側は誰かに対して

救ったり助けたり成長させたりだなんて思ってはいなくて

その方ご自身が真剣で本気だからこそ

前進されていると思っています。

 

ただ、そこには癒しが必要で

癒されることで

今まで目に向けていなかったところに

目が届くようになったり

見ていなかったところや

見たくなかったところを

見られるようになることで

新たな気付きを得たりして

 

メンタルがケアされていくんですね。

 

本質に近づいていくんだと思います。

 

本質に近づいていけると、シフト変更が起きる。

 

今まで自分が握って怖くて手放せなかったものが

どんどん手放され解放されていく。

 

前回の記事でも書いたのですが

子供は

親の役に立ちたいとか

親を助けたいとか

親を守りたいとか

 

思っているものです。

 

勿論それは無意識に。

だからそこに本人自身が

気が付いていないことが多々あリます。

表現の仕方は下手くそでも

それは愛からの行動です。

 

コマーシャルでも時々ありますね。

 

お母さんが風邪ひきで困っていると

幼い子供が一生懸命お手伝いして

ママの役に立とうとするシーン。

(これが愛からの行動でしょ?)

 

「だけど、ゆきえさん、うちの子はそんなこと

全然やってくれませんよ?」

 

っていうお母さんの声もあるかもですね、、、

 

では、どんな関係性であれば

お子さんは率先してママの助けになろうと

一生懸命やりたいと思うでしょうか???

 

 

ここにヒントあると思うんです。

 

 

 

もしね、これができない関係性となると、、、

ひょっとしたらその子は外で

ヒーロー役を演じようとするかもしれません。

 

ママを助けられない自分を覆すため?

満たされなかった承認欲求を満たすため?

 

或いは、かなり進行した状況であれば

外に向けて

自分の今の状況に外部の人から

理解を得たくて

問題を起こすことで助けを求めるかもしれません、、、

 

 

 

満たされなかった思いはお子さんだけではありません。

 

きっと、ママ、お母さんもですよね?

 

お母さんも幼いころ

随分辛くて寂しくて悲しくて居場所がなくて

いつもオドオドしていたかもしれません。

 

傷つく言葉を浴びせられても

生き延びるためにじっと耐えてきたかもしれません。

 

冒頭に書いた青年は

ママから見たら胸がチクチクするかもしれません。

或いはザワザワ、イライラ、モンモン、、、

 

ここでは代表でチクチクにしますね。

 

チクチクしてもいいんです。^^

 

その、胸のチクチクはなんて言うてますか?^^

 

そしてそのチクチクさんと語り合ってみませんか?

 

 

お互い分かり合えたら、自然と軽くなります^^

 

あなたが軽くなると、さっきまで感じていたチクチクさんは

もう、チクチクではなくなります。

 

同時に冒頭の青年を見ても

もうそのチクチクさんも

あなたの胸をチクチクさせなくなります。

 

同時に

もしその青年のような息子さん娘さんが

あなたと親子なら、少しずつ関係に

変化が起きてくる可能性があります。

 

例えば

心配し過ぎて子供を注目し過ぎて

その注目は監視の目になることありますでしょう?

 

お母さんのメンタルがシフト変更されれば

監視の目は

あたたかい注目の眼差しにかわります。

 

子供に対する思いが変化するということです。

 

駄々洩れだった境界線も、しっかり引かれることでしょう。

 

お互いの領土に土足で踏み込まなくなります^^

 

それは同時に

相手への信頼であり

愛であり

思いやりです。

 

そんな関係性が持てたら、

親子だけでなく、

夫婦関係も、人間関係も

自然に変わっていくし、

人はそもそも成長したり変化したりするものです。

 

成長したり変化したりするからこそ

今までの親子関係や夫婦関係に

メンタルにシフト変更が起きたことで

それまでとは違って良好な関係になっても

なんら不思議ではありません^^

 

人間関係では肉親・血縁関係とは違って

くっついたり離れたりが起きて当たり前です。

 

仕事での関係であれば、うまくかわしたり

上手にお付き合いができるようになってきます^^

 

仕事以外なら

今までかかわっていた関係性にも変化が起きて当たり前。

 

自然に疎遠になる関係もあってもいいんです。

 

代わりに

 

新たなご縁がそこには起きているはず^^

 

そうやって私たちは

変化したり成長したり学んだりしていくんだと思います^^ 

 

カウンセリングでは今まで生きてきた「出来事」たちによって

あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を

私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり

時には縫合したりして共に治療していきます。

 

そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを

ダウンロードされたことによって

思い込みや、

信念を埋め込み、

選択種が他にないように思いこまされたり、

あなたの人生を生き辛くさせたりします。

 

だからこそ、言葉にして語ることで

抑え込んでいた感情も一緒に吐き出しやすくなり

そこで新たな発見や気づきに出会い

一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^

 

一つひも解けば、その分軽くなります^^

 

その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^

 

 

だからこそ、

 

軽くなりたい方、大歓迎ですぞぉ~~~!!!

 

 

今日は

 

「もしあなたの子供が満たされない思いを埋める為

無意識に自己犠牲をし続ける人生を生きたら?」

 

ってお話しでした!

 

お子さんを見ていて心配になったり

不安が襲ってきたりしたならまず、

あなたが、お母さん自身が

軽くなることです^^

 

 

 

さぁ!

今日もたくさんおもろいこと、楽しいこと

おもろかたこと、楽しかったこと

見つけよう!!

 

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

ブログパーツ

 

2018年

10月

25日

どんな苦悩も一瞬で消すゼロリセットインストラクターになりました!(^^)!

どんな苦悩も一瞬で消すゼロリセットインストラクターになりました!(^^)!

 

☝本日のアメブロ記事^^

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

最初にこの言葉を知った時は何のことかなと思ったんですけど、、、
興味がわいて直感で沖縄の中川先生に「奈良へきてセミナーしてください!!主催させてください!!ほんで同時に受講させてください!!」
って直訴して、、、セミナーワンディでゼロリセット受講し、二日目は本質に目覚めるセミナーSK受講。
なんだかあっという間の二日間でしたが、どうにかノートを購入し、こなしてみる。
ゼロリセットとはあらゆる苦悩を一瞬で消すもの。
それは過去記事で書きましたね。
セミナー受けた時の様子も書きました。
そして私には副人格が居てそのせいで皆さんのようにリセットがうまくいかなかった、、、主催者やのに参加者さんに置いてかれたんですね…
この置いてきぼり感も後々わかるんですけど、、、なんでそう感じてるのかっていう自分のことね。
ゼロリセットはあらゆる苦悩消す言うけど、、、私には効果がない。
セルフノウィングの方がやりやすい。
なので、それも色々あっていいしな、、、と思ってたんです。
ほんで、ゼロリセットはどっちか言うたら傷があまり深い人には向かないのではないかと、、、受講した後、思ったりしたんですね。
実際はその逆だったんですけど、、、(笑)
中川先生はすぐに私の副人格の存在に気が付いてくれました。
私は多分「重い人」やから個別で個人セッションを後で申し込もうかなと思ったんですけど、、、「ゼロリセットのインストラクターの受講内容で副人格扱いますよ^^」って教えてくださったんですね。
なので、それは楽しみだ!!
って思いインストラクターになるための講座も10月に受講いたしました。
でもね、、、
人のメンタルって改めてすごいなって思ったの。
副人格の話になると、、、私、寝てたんです。
だから、ガッツリそこだけ抜けてるんです。
副人格のお話が終わると、、、目が覚める。
だから先生に「今日副人格の話されましたっけ?」って質問してるんです。
一番前に座って構えていのに、今日そのお話なかったじゃないですか、、、とWWW
ほしたら皆さん「しましたよ^^」
「え?・・・い・つ・?」
「あんなに丁寧にされてたのに、、、」
「嘘!!!」
ほしたら先生
「あ~~~そうだ!藤田さん寝てました寝てました!!WWW」
え~~~~~~!!!!
ですよ、ほんまに、、、
不都合なことがあると眠らせる副人格さん💕かわゆす!!WWW
結局、二日目の親睦会で個人的に伝授受ける。
受けるけど頭に入らん💦
そこで偶然同じホテルに泊まっていたアンテさんにホテルのロビーでお仲間と一緒に副人格の統合をしてもらいました^^
アンテさん、凄腕でした。
あんだけ、こじらせ屋の副人格を1時間で統合終わらせてしまったんですからね、、、
ああ、先に言っておかないといけませんでしたね💦
中川先生のおっしゃる「副人格」とは一般的な心理学でいう副人格とは全く違う者です。
誤解なきように、、、
だからインナーチャイルドも然り。
ここでいう副人格とは、、、
分かりやすく言えば、邪魔をします。
実際は副人格さんはそんなつもりは、もうとうございません…
(本当の自分がこれ以上傷つかないように一生懸命守ってくれています。
だから、決して邪魔してるつもりはないの。)
だから副人格さんのお陰でゼロリセットのセミナー受講した日、私だけうまくリセットできなかった。
そして
インストラクターの受講のなかでは副人格の話になると二日間とも寝てたんです。
自分(副人格さん)にとって不都合が生じると思ったら主人格を眠らせてしまうほどの影響力があるんですね、、、^^、
アンテさんに副人格(福ちゃんと呼んでいます^^)を統合していただいてFacebookで繋がっていただき
アンテさんが本質に目覚める勉強会(SKB)をネットでしておられると聞き参加させていただきました。
そこで新たなお仲間も増え、さらに本当の自分さん(ホントちゃん)との統合も終え
その後のクライアントさんとのセッションではゼロリセット、セルフノウィングを組み込んだセッションができるようになりました。
この組み合わせによって何が大きく変化したか、、、
セッションタイムが今までの半分になったことです。
セッションに時間がかからないということはクライアントさんにとって時間も経済的にも負担が軽くなるということ。^^
私はこれがしたかったんです。
これがしたくてインストラクターになりました。
お母さんのメンタルケアがしたくて始めたカウンセリング。
お母さんが軽くなればお子さんも軽くなります^^
だって、子供はお母さんを助けたくて守りたくて無意識に色んな役割を担い背負ってしまいます。
だけど一たびお母さんが軽くなったら子供は安心し自分の人生を生きやすくなります^^
お母さん^^
軽くなってもいいんです^^
あなたが気にして心配してその手に、その肩に背負っている荷物は本当にあなた一人が全て請け負わなければいけないものですか?
それを手に持ち背負うことで自分の内側にある何を見ないで済むようにされていますか?
そこが透明になったら、同時にあなたの人生も大きくシフト変更されます^^
Facebookでも投稿させていただきましたが、今回セッションでゼロリセットを組み込んだクライアントさんたちは今までのカウンセリングとは全く違っていたのでスッキリ感が断然違うと好評でした^^
興味がある方!

ゼロリセットのワンディセミナーもさせていただきますよぉ~~~!!!
てことで今日はゼロリセットのお話しでした^^

中川先生と^^

奈良で主催した時に出会ったお仲間と、姫路の先生、アンテさん^^


3っ日間受講したうち、二日目にマイバースディでした。^^
ほんで、セミナー後の親睦会でラッキーなことに皆様にお祝いしていただきました!!!なんて幸せ者なんだ!!(^.^)
さぁ~今日も一杯おもろいこと楽しいこと
おもろかったこと楽しかったこと
見つけよう!!
 
軽くなりたい方大歓迎ですぞぉ~~~!!イエイ!
応援クリックして頂けると喜びます^^

    

 


ブログパーツ

 

0 コメント

2018年

10月

19日

無理やりなポジティブは苦悩を生む。あなたが軽やかに幸せに生きるために…親子関係

「無理やりなポジティブは苦悩を生む。あなたが軽やかに幸せに生きるために…親子関係」

 

↑本日のアメブロ記事...

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

先日、亡くなった息子の23回忌でした。

 

本当は去年だったんです。www

 

毎日手を合わせて

「おはよぉ~」

とか

「今日もありがとねぇ~~~」

って朝夕声かけてるんだけど、、、

うかつにも23回忌を

すっかり忘れていたwww

 

私の夫の父、舅が

いつも言うてくれるんです。

 

「今年は13回忌やで」とかね、、、

 

 

けど、その舅も、、、

 

忘れていたwww

 

そして今年

「23回忌やで。」

と言うてきたんですけど、、、

言うてきた本人が

「あれ?チャウチャウ!

ホンマは去年23回忌やったで、、、」

と思い出す。

 

じじ、、、すごい、、、

それだけでも凄い。

 

私ら家族は

すっかり抜けていたんですもんwww

 

 

ほんで、法要って

早くするのはええらしいけど

過ぎてからは普通しない。

 

しないのに、じじは

皆で集まる機会も欲しいんでしょうね。

 

お寺さんへ電話してくれて

「うっかりしてたんですけど、、、

一年おくれでもええですか?」

聞く。

そら

「かまへんですよ!!^^」

言うわな!!

 

ってことで、一年遅れの23回忌でした。

 

 

じじは皆で集まりたかったのね。

 

ちょうど今月の10月は

私を含めた誕生日さんが3名いるんですね。

 

だからそのお祝いもしたい。

 

ってことで、、、

 

 

じじの気持ちを有難くいただき

私の子供たち

イケメン息子もべっぴん娘も

バイトを調整し

その日はあけておいてくれてたんですね。

 

夫も仕事を調整して

お休みを取ってくれました。

 

 

な、

の、

に、

 

 

イケメン息子、法要前夜

塾のバイトで帰宅が終電。

 

夕飯食べてお風呂入って

「明日は8時半に家を出て

大阪のお寺さんやから早う寝や^^」

「うん、わかってるで^^」

言うて先に私は寝たんです。

 

翌朝、、、

 

呼んでも、、、

 

起きてこん。

 

仕方ないから二階へ上がる。

 

ドア開けて声かける。

 

 

爆睡ですwww

 

もう、おもろいくらい、爆睡www

 

「時間やで!」

「zzz、、、ん?ん?ん?」

「時間やて!!」

「zzzzzzzzzz」

 

こらアカン。

 

起きん!!

 

 

しゃぁ~ない、

 

「ほな寝とき~」

 

言うてお寺さんへ3人で向かいました。

 

じじ、ばば

イケメンが居ないことに気が付くわな。

 

「それがなぁ~~~

疲れて起きんかってん。

 

「ご馳走食べる時間に間に合うように

後から来るか?」

 

言うたんやけど、、、

 

「ん~~~寝る!」

 

言うから、仕方ないわ。」

 

二人とも、とても残念そう。

 

でも、べっぴん娘が来てるので

機嫌は良かったです^^

 

 

たらふく美味しいご馳走をいただいて

帰りました^^

 

 

帰る頃にふと思ったんです。

 

以前の私なら亡くなった息子の法事に

家族そろってないなんてあり得ない!!

 

って怒ったと思うのね。

 

べっぴん娘も

「以前のお母さんなら

絶対怒ってたwww」

 

と…^^、

 

ようは形にこだわって

生きてたということです。

 

その「形」に

別の言い方すれば

 

「囚われていた。」

 

その形式通りにしなければ

亡くなった息子はどうなると

思っていたんでしょうねぇ、、、www

 

 

毎日、、、いえいえ、

時々お腹すきすぎて

食べる前に手を合わすの

忘れることもあるけど^^

 

「今日もありがとね^^」

とか

「おはよ!!」

とか

心の中で声かけてるんですけど、、、

 

それも、

家族全員じゃないこともあるし、、、

 

ただ、だからといって

 

日々日常で手を合わせたり

法事に参列しないからといって

 

亡くなった兄弟家族を

どうでもええ存在だとか思ていないことを

私は知っています。

 

形式に囚われ過ぎて、気持ちが重くなって

しんどくなってる人に

手を合わされたいやろうか、、、

(それはどうか知らんけど、、、)

 

極端な話

お仏壇だって欲しければ迎えたらええし

写真とか、その代わりになるものを

置くことでも十分やと思う。

 

宗教的なことは知らんけど、、、

 

息子を亡くした時

転勤族なので父親が気にして

 

「仏壇なんてものはな、見栄や。

デカければええんちゃう。

小さくてもええんやで。」

 

と言うてたのを今、思い出しました。^^

 

 

 

法事の後、べっぴん娘が

バイト用の靴が傷んでいるというので

靴屋さんへ3人で行き

夫も会社用の靴を一足買って

私がお財布出そうとしたら

 

「ええで、出しとくで」

「マジで?らっき~~~!!」

 

ってことで、この日は私は

自分の靴は買わんかったけど

らっき~な気分を味わったのでした^^

 

 

よくね、母親が機嫌よかったら

家庭は安泰言うんですけど、、、

 

これは本当やと思うんです。

 

ただし、、、

 

ここで一つ自分自身に問うてほしい。

 

「私が機嫌よくないと、アカン!!」

 

って思って無理ポジ(無理やりポジティブ)

していませんか?

 

それだとね

苦悩がそこに押し込められてしまいます。

 

その苦悩をひた隠しにして

機嫌よく居ても

その思惑通りのいい波動は伝わりません。

 

逆に周りは

無理してるあなたを感じてしまいます。

 

無理しているあなたを見て

周りは本当は気が付いていて

心配しているかもしれません。

 

頑張ることがいけないんじゃないんです。

 

本人がそれを

やりたくて

やりたくて

やりたくて仕方ないから

やってるんであれば

全く問題ないのです。

 

でもさ、自分が頑張って

こういう姿を見せていれば

皆が喜ぶとか

楽しめるとかね

自分が我慢すれば

周りがうまいこと行くとかね、、、

 

もし思ってるんだったら

 

それは自己犠牲ではないだろうか?

 

犠牲になってるのに

なぜかあまりいい方向へ行かない。

 

とすれば、そのあなたの中にある苦悩は

 

「こんなに皆のために

私一人で頑張ってるのに!!」

 

と怒りとなり、その怒りが波動として

伝わってるからじゃないでしょうか…

 

私自身が心から軽やかであれば

自然に周りも軽やかになります^^

 

もし、そこに重たい人が居ても

そこに巻き込まれることなく

あなた自身が軽やかで居続けられるように

もし、なれたなら、本当の意味で

人生楽しく幸せが沢山

 

見つけられるように

なるんじゃないだろうか。

 

重い人には重い人なりの理由があります。

 

そして、それは本人にしかわかりません。

 

その重い状態の人には

見えない幸せって沢山あると思うんよ。

 

あるのに、

その目の前にあるのに

それを見ようとしない。

 

だって自分は重い人やと決めつけているから

自分が重い人であることを証明するために

見ようとしないんだもの。

 

あなたが軽やかになれば

あなた自身がまず些細なことでも

笑って過ごせるようになり

そしてそんな人を見て

素敵だなて思う人が

周りに集まってきます。

 

自然に^^

 

そのお手伝いをさせてもらっていると

私は思っております。

 

人生笑って軽やかに生きたい人^^

 

大歓迎ですよぉ~~~^^

 

 

 

今日は

「無理やりなポジティブは苦悩を生む。あなたが軽やかに幸せに生きるために…親子関係」

ってお話しでした!

 

さぁ~!

今日も楽しいこと、おもろいこと

そして

楽しかったこと、おもろかったこと

 

沢山見つけよう!!

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 

 

0 コメント

2018年

10月

10日

夫婦関係が良好なら基本的に子供に執着することはない。母親は母親のお役御免が怖いのだ。

 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    
 
先日セラピスト仲間の大場の兄貴
奈良でデートしてきました。
奈良まちでお豆腐メインのランチをしたあと
車で移動してお気に入りのカフェへ^^
 
その名も「大仏カフェ!!」www

 

ここはオーナーが元お相撲さんで
奈良の大仏が大好きでこの名を付けたと
この日行ったときに
オーナーの娘さんがおられて
教えてくれました^^
 
元お相撲さん、、、までは知ってたんだけど
奈良の大仏好きっていうのは、、、
 
あれ?ただ単に奈良が大好き、、、
だったかも、、、💦
 
 
人から聞いた話ってさ
こんな風に受け手が勝手に解釈したり
適当に、、、あ、適当ていうか
大体で聞いたりすると
伝達が変わっちゃうもんよね、、、www
 
 
こういうフィルターが
人とのコミュニケーションで悪気はなくとも
誤解が生まれたりするんだよね、、、(笑)
 
ってことで、話し戻して、、、
 
カフェで食べたものね^^⇓
 
美味しそうでしょ?(笑)

 
今日はプライベートだけど
ちょっと書きたい内容もあるんだよ。
 
 
大場の兄貴と不定期で奈良と京都で交代で
お互いの近況報告をするようになって
毎回いろんな気付きや再確認、再認識を
いただくんだけれど、、、
 
今回も結構あってね、、、
 
なかでも今回のヒットがこれ。
 
 
「夫婦関係がうまくいっていないと
親は子供に執着する確率が高い。」
パートナーとの関係が
うまくいっていないからこそ
子供を利用し
パートナーとうまくいっていない事実
パートナーとうまくいていない現実を
誤魔化す。
誤魔化すために、、、
時には子供を問題児に仕立て上げ、、、」
 
 
まぁ、このあたりで止めておこう。(-_-;)
 
これ、、、、あるなぁ、、、って。
 
そしてその役目を押し付けられた子供は
ホントにしんどいし、ええ迷惑です。
 
この話を大場の兄貴としてるとき
「過保護のかほこちゃん」のドラマを
思い出した。
 
親が子供を心配し、
親が子供をかわいがり、
親が子供を愛しているようで
実は夫婦関係がギクシャクしている。
 
子供を心配し
子供のやりたいことを止め
子供のそばから離れられない。
 
子離れできない母親は
母親の役割を失うことを
 
最も恐れる。
 
 
だからこそ子供が自分の足で立とうとすると…
 
「私が居ないとだめでしょ?」
「お母さんが居ないと困るでしょ?」
 
これを立証したがる。
立証して
子供に泣き付かれ
子供に頼られることで
喜びを感じ
自分の存在価値を証明したい…
 
もっとえぐいことを言えば
ただ「自分の存在価値」を
立証したいだけなのだ
 
何より
子供に対して親として
何もしてやることがなくなる自分が
怖いのだ。
 
無価値観を感じ
何か親としてできることはないかと、、、
必死に探し続ける。
そのなにもしてやれることがないと
母親として役立たずな親になったようで
寂しくなり
子供の人生の道を
そんなつもりなくとも結果的に邪魔してしまう。
 
いえね、これがホンマに
愛から生まれてくる行為なら
いいんだよ。
 
だってそれが
本当の真心の愛そのものからの行動
本当の真心の愛そのものからの行為
であれば、、、
その結果がどうであろうと
子供から見返りなんて求めないからね。
 
ホンマの「健全な愛」からではないからこそ
子供から承認欲求を求める。
 
パートナーと良好な関係ではないからこそ
そこから目をそらす。

いずれ向き合わなければならない時が
どうせ来るのに、、、
 
だけど、、、
夫婦が向き合い夫婦関係が良くなると
それまで向けていた子供への監視の注目は
無くなる。
だから子供もやっと解放され
自由にはばたける…

☝これ押さえておいてくださいね^^
 
夫婦関係が良好にならぬまま
親が子供に執着し続けた場合
どうなるか、、、
 
ある程度子供が大人になった時
もう取り返しのつかない関係性に
子供の方から持っていくことがある。
 
この役割はもうこれ以上
お引き受けいたしません!
もう十二分に役割は果たしましたでしょう?
あなた達との契約はここまで。
 
と、、、宣言します^^
心の中でね。
 
親やその子の兄弟姉妹達は
その役割を今まで通り担ってくれていないと
今度は自分の身が危ないことを
知っているからこそ
躍起になって以前のように
役割をもう一度今まで通り担ってもらおうと
あれこれ仕掛けてくる。
 
だけどもう、、、
そんなものに惑わされることもないし
振り回されることもないので、、、
 
諦めきれない親族は
 
最後のあがきに出る…
 
子供はね、どんな親兄弟姉妹でも
魂の部分では赦しているし
魂の部分では理解してるし
魂の部分では感謝もしてるんですよ。
 
だけど、もう距離を縮めることはないです。
 
自分が生まれてきた人生を
生きるためです。
 
そしてそれが最善の親孝行だということを
知っているからです。
 
 
気が付けぬまま逝くのも自由です。
 
それは子供の問題ではありませんからね、、、
 
親兄弟姉妹の問題ですから。
 
・その生き辛い人生を選んだのはその人ですし
 
・悲劇のヒロインを演じ続けるのを選んだのも
その人ですし
 
・あなたのせいで私たちはこうなったんだと
人のせいにし、
自己犠牲を演じ続けるのを選んだのも
その人です。
 
 
 
人のせいにしたって自分が苦しいだけやん。
 
でも、その苦しみを自ら選んでるんです。
 
まるで何かの罰が当たって罪を償うかのように。
 
 
だから、周りサイドは何もできないです。
 
あの人がこんな風だから
私たちは苦しんでいるんだ。
あなた、どうにかして頂戴!!
 
そう言って訴えたところで
 
「それはあなたの問題でしょ?
これに関して
私がどうこうできることではありませんよ?」
 
と、せいぜい突き放されるのがオチです。
 
あれがあれば幸せ
これがないから不幸せ
 
誰かと比較して自分の方が○○だから幸せ
あそこと比べたら比較にならないほど
うちにはないから不幸
 
不幸だと認めたくないからこそ
自分よりも下を探して
自分は優位だと思いたい…
 
 
そのジャッジ。
 
自ら追い込んでますよね、、、
 
よくね、私は以前から
「かわいそう、、、」って言葉に反応して
嫌うんですけどね、、、
 
かわいそうも、幸せも、不幸も、
他人が決めるんじゃないんですよ。
 
自分で決められるの。
 
 
自分で決められない人はね、
多分だけど、、、
 
何か大きな痛い出来事にあった時
初めて気が付けるんかも。
 
過去を振り返りあの頃は幸せやったと。
 
その時、初めて誰かと比較なしに
自分が自分を感じるの。
 
光の中だったから
気が付けなかったかもしれない。
影に襲われて
初めて過去の光に気が付ける。
 
可能なら、今、この瞬間の幸せに
気が付けるといいね。
 
私は今最高に幸せやねん💕
 
そう気が付けたら
案外幸せなんてものはどこにでもあって
ずっと幸せなんちゃうか?
 
って思う今日この頃^^
 
幸せに定義はなくて^^(笑)
 
自分で決められる幸せやねんな^^
 
そうは言ってもね
毎日事件は起きるし(笑)
人の心はコロコロ変わる。
 
ちょっとした怒りだって毎日感じる。
 
それも、寝る前にはリセットして
自分を愛でいっぱい満たしてあげられると
いいね^^
 
 
自分をむっちゃ愛せるのは自分だけやで^^
 
それができたら
 
周りにも循環して
愛を回せるようになるんやで~~~~^^
 
 
 
おお!
ふじたが
愛を語ってもうた💦
 
 
お初かも~~~~
 
 
おっほっほ!!
 
今日は
「夫婦関係が良好なら基本的に子供に執着することはない。母親は母親のお役御免が怖いのだ。」
てお話でした^^
 
私はいつも
親御さん達にお伝えしたいのです。
愛を表現することがあまりにも不器用で
下手くそで慣れていなくて、、、
 
だけども、本当の自分は
そんな風に言いたいんじゃないでしょ?
そんな風に接したいわけじゃないでしょ?
そんな風にやりたいわけじゃないでしょ?
 
その埋め込まれた情報は本当ですか?
最初から生まれた瞬間から
その情報ありましたか?
誰かによって埋め込まれ
思い込まされたものじゃないですか?
 
それは何ですか?
 
その苦悩。。。
 
持ち続けたいですか?
 
あなたが解放され楽になれたら
今まで眠らせていた本当の「愛」に
目が覚めます。
そして私がそうでしたが
「愛」とか「愛情」とか
歯の浮くような言葉も
すんなり受け入れられるようになり
表現も無理なく
心からお伝えすることができます。
 
あなたが軽くなれば
子供もパートナーも
勝手に自然と軽くなります。
 
そしたらあなたの周りはもっと軽くなります^^
 
まずは自分を知るところから^^
 
自分のことは自分が一番良く知ってると
思い込んでいる人は多いです。
 
もう一度自分と、、、
出会いなおしされてみませんか?
 
私はいつだってそのためなら
全力でサポートさせていただきます^^
 
 
 
今日はプライベート&いつものブログでした^^
 
 
 
 
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 
0 コメント

2018年

10月

01日

子育てがしんどい…と感じるなら、 まず親が自由を知り解放されること^^

子育てがしんどい…と感じるなら、
まず、親が自由を知り解放されること^^」

本日のアメブロ記事、、、☝

 



前回のブログでは

「自分を大事に。10代にしゃべり場から。妊娠・中絶を繰り返す10代の子供。親は知らない。」

自分と向き合うって大事ね…


って閉めたんですけどね…

 

応援クリックして頂けると喜びます^^

 

本日の記事は2014年の記事を加筆修正し再投稿したものです。


時々ふじたのブログを読んでくださった方から
メッセージきます^^

嬉しいっす!!!(^^)!

 

 

 

ただ、個人的な悩みには

 

 

 

お応えしかねるんですね。

 

 

 

私等の仕事はそこと共に向き合うことで
対価を頂いてる仕事なので、
商品をただで差し上げることと
同じになってしまうんです。

なので個人的な悩みには
お応えできないのですが…

その代り ブログで

これ以上書けるか!

ってくらい情報出してるつもりです^^

で、なかでもダントツ一位の質問が、

自分の子供なんだけど愛せない…

ってやつです。

これ多いですね…

考えてみれば、、、

そりゃそやろ!って話です^^

 

 

 

親は自分が実際に親になるまで
封印していた傷を

 

子供を産んで育てることで

 

過去の古傷が思いっきり
顔を出してくるんですね。

 


だって、その古傷である自分の感情は
今迄「透明人間」にされて
「姿無き者扱い」されてたんですからね。


さみしかったんだもん…


これを機に私の心に気がついてぇ~~~



っと封印していたもう一人の自分が
一生懸命アピッテきますね^^


見たって見たって!

知って欲しがってるで~~

その存在!


臭いものには蓋をしろ。

じゃないけれど、
邪魔者扱いされてきてたので
必死こいてアピッテきますね…


この機会逃がしたら
もう、一生知ってもらえやんままになる…

 

 

 

そう思うからこそ

 

 

危機感感じて必死になります…


出来ることなら、
そこと向き合ってやって欲しいところです…

つまり
カウンセリングを受けてみてもらいたいんです。


あのね、なかなかね
自分一人では難しいもんですよ…

 

 

誰かがそばに居て初めて

 

 

泣けたり怒れたりします。

 

誰かがそばにいることで

 

勇気が出たりするもんです。

 

 

 

いつだったかのブログでも

書いたんですけどね

 

 

何もしてもらわなくてもいいです。

ただ、一緒に職員室へ行ってもらって
掃除当番の理科室のカギを取りに行くのに
付いて来てもらうだけでいいんです。

やるのは私よ。
でも、独りだと怖いんです。

誰か仲がいい人について来てもらうだけで、
スイスイできたりする。

それと同です。


子育てって大変でしょ?

一人の人間を自立できるように
サポートして行かなければいけません。

そこにはどんだけの投資が必要や思います?

その為に親は一生懸命働く。

 

 

でもね
働きながらも腹が立ってくるわけですよ。


いえね、働いていなかったとしてもです。

 

 

自分の時間をどれだけ費やします?

 

 

って話です。


そして、いつしか

良い親になろう
良い子に育てよう。


こんな子になって欲しい

あんな子には なって欲しくない。

いつの間にか理想を思い描いて
子供をレールに乗っけてしまう。

 

 

 

または

 

 

ふとした子供の行動や表情やしぐさに

 

 

嫌悪を感じる。

 

 

(それ、誰見てるん?
   って話でもありますね。)

 


このあたりから子育てがしんどくなる。

イライラ母さん。

 

 

おにばば?

 

クソばば?


の始まりでしょうか…



子供に期待しない親は居ない。

期待されない子供は寂しい。


でもね、 


過剰な期待は「邪」でっせ^^

期待され過ぎる子供は親を疎みます。


なぜなら、自分の考えや意思や気持ち、
感情を無視された状態になるからです。

そこに、自由はないでしょう?

自由ってなんざんしょ?


自由の裏には何がありますかね?




その自由を
本当の意味での自由を知らずに
子供は自立できますか?


って話です。

 

 

 

 

子供はロボットじゃないからね

 

 

 

 

思う通りにはならん。

 

ならんけど抑圧を与えることで
強制的に思う通りに出来る時期があります。

その時は子供達は言うこと聞きますわ。
だって経済的に無力だからね。

でも、ある程度の時期になると
10倍返しで反撃来ますよ。

それでも、
その反撃を更に強い抑圧を与えることで
無理やり抑えた場合、

大人になってからさらに

 

大きな問題が
浮上する可能性をはらみます。

 


その時になってから子供本人が
人生を取り戻そうとしたってもう遅い。

 

 

 

だから親に対してこう思ってしまうんです。

 

 


俺の、、、

私の人生を

返してくれ!

 

 

 

こう思ってしまった

子供の怒りはそう簡単に治まらんです。

 

いえね実際は

本人が最終的に選んではいるんです。

 

選んではいますけどね、、、

 

そこまで
彼らの人生を追い込んだのは誰や?
って話でもあるんです。

 

 

だってねぇ、、、
だったら、あの時期
彼らに他にどんなやり方があったでしょう?

 

 

生きるために
生き延びるために致し方なかった。


今の自分なら 出来ることもね…



さて、今子育て中のお母さんお父さん

そうなる前に、まず親が解放されましょう。
自分がj解放されていないのに
自由奔放な子供を見て
受け入れることは困難なことです。

 

だからまずは、、、
子育てしている親のサポートは必須です。


そして、
本当の意味での自由っていう物はなんなんか
そこを知りましょう^^


まずはそこからですよ!!


ある程度傷が癒えたなら
子供と良好になっていかれます。


虐待していた親も
近所から通報されていた親も
常にイライラしていた親も

 

 

子供と対等に向き合えるように

 

なっていかれます。

 


もし、子育てが辛い、しんどい。

そう思われる方がおられたら、
自分に合うカウンセラーをお探しください。

そして、サポートを受けてみてください。


きっと トンネルから光が射してきます^^


勇気を出して^^

その勇気、私等心理職の人間は
いつだって歓迎いたしますよ^^

 

 

~~~~~

 

今日で過去記事からのアップは

一旦終わります。

読み聞かせ記事から始まったのですが

最終的にはここまで引っ張りたかったんです。

 

親がしんどいと子供は楽にはなれんのです。

 

その意味は次回へ繋げたいと思います。

 

 

時々私の記事を見て

何かハッ!と目覚めたかのように

お問い合わせくださる方がおられます。

 

それは直感的に魂からの"お知らせ"か、、、

もしくは

瞬間湯沸かし器のようになられたか、、、

 

 

ですが、どちらにしろ、”お知らせ”です。

 

そのお知らせを受けたままに

お問い合わせしてくださり

カウンセリングをご予約される方と、、、

 

 

逆に

 

折角何かに気が付こうとされたのに

時間がたつことで思考が前に出て

変化しようとするのを恐れ思考が邪魔します。

 

そしてキャンセルされます。

 

それを繰り返すんです。

 

動こうとしたその行動を

いつものパターンが発動し

「諦める」方へ持っていくんですね。

 

勿論、決めるのはご本人です。

 

覚悟が決まらないのに受けていただいても

中身と対価が見合わなければ

なんの価値もありません。

 

そして

変わりたいのに変われないという場合

実は

そこをうろうろ一生し続ける。

という課題をお持ちかもしれませんしね、、、

 

自分が別の世界へ飛び込み変化するって、、、

怖いですよね。

 

だからこそ、その勇気を

私はいつだって歓迎するのです。

 

そして、誤解があるといけないので…

 

カウンセリングは怖いものではないです^^

 

安心してお話しできる場でもあります。

 

 

完全にあなたの守秘は守られるのですから^^

 

だから、なんでも

安心してお話しください^^

 

 

ふじたカウンセリングfacebook  

良かったら遊びにいらしてくださいね^^

 

応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ

 

 

0 コメント

2018年

9月

28日

自分を大事に。10代のしゃべり場から。 妊娠・中絶を繰り返す10代の子供。親は知らない。

「自分を大事に。10代のしゃべり場から。

妊娠・中絶を繰り返す10代の子供。親は知らない。」
☝本日のアメブロ記事…


このブログを読まれる方の中に
中絶の経験をされた方もおられるでしょう。
この先のこのブログの内容は
中絶を責めてるわけではありません。

でもね、思い出して辛くなるかもしれません。
そういう時は逃げてくださいね。
自分を守るために^^

※本日のブログは2014年10月に

投降した記事を加筆修正して

再投稿したものです。)


前々回

 

「どうしてふじたは親子での読み聞かせを勧めるのjか、、、理由があります。」

 

ではサクっっと軽く行ったのに…
今日はグロイxxx


あさのさんの本を紹介して思い出す…
過去の10代のしゃべり場…



自分を大事にしてほしい。

そう感じる場面に
彼ら自身が同じ10代に対して
感じることもある。

 

応援クリックして頂けると喜びます^^

 

性教育。


受けるよね。


小学校高学年辺りから。


今は、中学、高校でも更にあるみたいですね。


小学校時とは違って
男子生徒女子生徒分けるのではなく、
一緒に受けるようです。

学校によって違うかもですけどね…



さて、この性教育では、
あるお話を講師が聞かせてくれたそうです。


男と女が出会てお付き合いする。
その「成りの果て」に
男性が女性を妊娠させ、中絶させる。


中絶させたにも関わらず、
また数か月したら同じ子が中絶に来る。

これを繰り返す。





大抵はここで被害者と加害者が誕生する。


勿論 被害者は女性で加害者が男性です。




う~ん…



そうでしょうか?



って話です。







「そんでな、この女の子にその医者はこう言うわけ。

「あんた、なんで怒らんの!怒らなあかんやろ!
もっと彼氏に 

”何で私にこんな目に合わせるん!”


って怒りなさい!」



「アウトやワァ~~~
ここで大人が怒ったらアウトやん。
それって女の子の問題を完全に奪ってるやん。
その大人も問題ありやわ。」


「そうやよなぁ~だって、これ、この構図、
完璧に男が悪い!
ってなってるけどさぁ~。
そりゃな、うん、男悪いっすよ!
こんな男ゴミ!
でも、こんな男にくっついていく
この女の子もアカンやろ!

 

コイツにくっついてて自分幸せかよ?

 

って話やん。
この女の子自体が
自分を大事にできない問題を
抱えてるってことやろ?」
「だから、ここで大人が怒ったらアカンねん。
もう、この女の子自体が自分の問題を
誰かが代わりに解決してくれる、、、
ってなってまうやん。」

 


この会話を思い出しました。


言葉に出来るようになった若い人は、
同世代の人とはちょっと違って見えます。

でもね、ホントは皆こんな人たちなんですよ。


感じることをサポートしたら、知性は回復します。


皆、抑えてるし、

 

 

自分の考えに

 

自信を持てなくさせられてるんですね。

 

 


もし、子育ての段階で、
これがしっかりできていれば
生きる力を早いうちから持てるようになる。

かもしれませんね…



この人がこんななのは どうしてだろう…


そう思えるってことは
自分と向き合った人でないと
見えてこないでしょ?


そして、人間関係で
どうしてもそういう困難な人と
付き合わなければいけないとき、
対応策も練れるでしょう?


それは、その人に振り回されるでもなく、
ボーダーをごっちゃにされるわけでもなく…




彼らはここで言うてますよね?

 

 

 

 

「この女の子自体が
自分を大事にできない問題を
抱えてるってことやろ?」

 

 


さて、私等大人はどうなん?

自分大事にできとりますかね。

この女の子に怒った医者はどうなん?

なんで怒ったん?

 

 

 

 

この医者がもし

 

 

自分を大事にできてる人やったら、

 

 

この女の子になんて言うたんでしょう?

 

 

(あ。。。この医者
「自分大事にできていない」

 

っが 前提…
になってしまっていますけどね…^^;)


実はふじたは助産師になりたかったんです。
赤ちゃん大好きなので^^
でも身長制限で なれなかったんですね。

今の時代はそんなんないかもしれんけど…


で、中学時代、彼らが受けたこの授業と
ほぼ同じ内容の本を読みました。
あの時の私は、この医者を絶賛した(笑)●~*

彼らのようには思えなかったし
感じられなかった。


この差は大きいです。


自分と向き合う。


大事なんですね…


ちょっと今日は
内容が踏み込み過ぎたかもしれません。

例えが きつかったかもしれません。

でも
言いたいことは一つです。


自分を大事に。

これだけです。

でも、 それが出来ないのはどうして?
って話です。

 

 

 

そこと向き合えたらいいね…

 

 

~~~~~
自分を大事にって、、、
簡単に4年前に言うてますけど、、、
ホンマは難しいことですわ。
だって
「まずは人の気持ちに立って考えなさい。」
とか
「人に迷惑をかけるな。」
とか
「お友達を優先に考えなさい。」
「自分のことばっかり言うて
わがまま言わんの!」
とかね、、、
言うたらきりないわ。
そういう育てられ方をしてきた人に
一体どうやって自分を大事にする生き方を
言えようか?
そもそも時代背景が違いすぎる。
私らの親の世代は自己犠牲は
普通のことやったかもしれん。
もしくは、
それをいとわなかった。
仕事があることが有難い。
そういう世代。
だけど、若い人が自分を大事にしようとすると
怒りが出るのは何故?
考えてみてほしい。
その怒りは
自分たちはそれは許されてこなかった。
それなのに、
なんでそんなことできてしまえるのか?
その怒りではないのか。
ってことは、
本当はやりたくてやってきたことではない…
ということになる。
ナニクソ根性論で生き抜いてきた人は
その人から見て
生ぬるいことを言う人に怒りを感じやすい。
それはその生ぬるさを
自分に許してこなかったからでしょう。
跳ね返るは自分に対しての怒り。
だけど、それを受け止められないから
相手にぶつけて
自分の汚物を投げつけるんです。
その行為は卑怯です。
弱い若い人に向けるやり方。
部下や後輩や
弱者に対してしか強さを見せつけられない
本当は弱い人のする行為です。
もしくは、、、
上記の過去記事のように
自分を守り切れなかった怒り。
それを投影し本当は自分を助けたかったけど
助けられないから今目の前のその人を
自分の身代わりにして
相手の問題を自分の問題として
見てしまうということ。
親子でも
教師と生徒でも
上司と部下でも
パートナー同士でも
起きること。
だから
自分を知り自分を先に癒しておくことは
問題を冷静に見るためには
必要なんだと思うんですね、、、
必要以上に反応せずにいられるからね。
だから、逆に何かに反応したときは
チャンスなんだよ。
今、自分が何に反応し何を見ているのか。
それを知れたら半分解決やね^^
今日も過去記事からでした^^

 

 

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ

 

0 コメント

2018年

9月

24日

グット ドクター最終回に違和感。脳死とド臓器提供を待つ人と、、、

「グット ドクター最終回に違和感。脳死とドナー提供を待つ人と、、、」

 

☝本日のアメブロ記事、、、

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

私は連ドラは滅多に見ないんですけど、、、

今回は「グットドクター」と

「義母と娘のブルース」

珍しく見ておりました。

 

先日どちらも最終回を迎え

義母と娘のブルースは

まだ見れていないのですが

グットドクターはその日に見ました。

 

どちらのドラマも結構私の中では

考える場面が多く

違和感はどんなドラマにもあるし

それはまぁええんですけど、、、

 

違和感ていうのは、こんな短い時間内で

人の心が一気に変化するというか、、、

ええように回っていくということですね…

 

紆余曲折なんかホンマの人生劇場みたいに

入れてたらきりないですからね、、、

 

※ホンマの人生劇場=今生で生きてる私たち

それぞれの舞台での劇場

ドラマっていう意味ね^^

 

そうは言ってもこの違和感は

大した問題ではない。

 

 

で、本題。

 

あ、今日は長い長い私の呟きですから(^.^)

中身はあまり深く考えて書いてないので(^^ゞ

 

グットドクター最終回では小児科の中で

今すぐ臓器提供を受けないと

死んでしまう患者さんについて

助けるためにどうしたら、、、

と思っている最中

 

川遊びしていた子供が救急車で運ばれてくる。

最善を尽くしたが脳死状態、

心臓もあと一週間ほどで停止してしまうだろう、、、と家族に告げられる。

 

 

同じ小児科内の病棟に

臓器提供を緊急的に待つ患者さんと

脳死状態で心臓もあと一週間ほどで

停止してしまう患者さんが

別々の部屋で存在する、、、

 

 

臓器提供は

脳死した患者さんが

自分が脳死したら臓器提供する

という意思表示があった場合

 

もしくは未成年の場合は

その保護者が同意したときに

行われるというもの。 

 

ここで

数時間前、数日前まで日常を

健康な状態で生きていた

脳死状態の子供の家族は悲しみに暮れる。

 

しかし

 

臓器提供することで

脳死しした子供の命が

またどこかで誰かの命を繋ぐことで

生き続ける。

 

ドラマの中で、そういう捉え方に

親御さんの心が変化していき

臓器提供を緊急的に

必要としていた患者さんに

その命を繋げていき、ドラマは終える。 

 

 

涙を流しながら見た方も

多くおられたと思います。 

 

泣いてはいけないとか、

そういう意味ではなく

 

なぜだか私は癖なのか、、、

 

涙どころではなかったんですね、、、 

 

これは私の捉え方ですが、このドラマ、、、

えらい問題提起したなぁ、、、

 

って勝手に思ったんですね。 

 

脚本家の意図は知りませんが、、、

 

臓器提供を待つ側。 

数日で心臓が停止してしまうのなら

その停止を待たずに今すぐにでも

必要としている方へ

提供し役立ててもらった方が

いいのではないか、、、

 

そう私には聞こえたんですが、、、

 

微妙、、、どっちも微妙、、、

 

 

今、生きているうちに

待ってる人に早く提供した方が

いいんだろうか?

 

脳死状態の家族は

「生きている」

と思っていると私は個人的に思う。 

 

医学的な定義とか良くわかりませんが

私の中での人の死とは

心臓が停止してゆっくりと時間をかけて

肉体から魂が抜けていく。

 

それが人の死だと私は思っている。

 

もし、脳死状態の家族を持つ人が

このドラマを見たなら、、、

 

これは色々感じるだろうなと、、、

思ったんよね。 

 

意思表示があったとしても、、、 

 

それでも、ちょっぴり正直きついかも。

 

 

逆に臓器提供を待つ側にとって、、、

 

ドラマの中でも言うてました。

 

「待つということは

死んでいく人を待つということ。

その家族の人たちにとって

それは悲しいこと。

本当に待っていいのか、、、」

 

その答えが

「その子は一人では生きられませんでした。

それはとてもとても悲しいです。

だけど、、、、」

 

このあたりがあやふやな記憶なんですが

「あなたしか亡くなった人の命を

(つまり臓器を)

生かすことはできませんよ。」

 

という意味内容だったと思います、、、

 

命を繋げてもらう人にとって罪悪感なく

繋げてもらった命を

大切に生かしていけるように、、、

 

という思いが感じられました。もし私なら、、、

 

臍帯血バンクというのがあります。

妻帯は小児がんに有効と聞き

私も娘を出産するとき帝王切開でしたが

誰かの大切なお子さんが助かるならばと

お願いしました。

 

その臍帯血を採取している間に

出血がひどく止まらなくなり

ちょっとやばかったんですが(^^ゞ

 

どうせ捨ててしまう妻帯血。

使わないと勿体ない。

 

だけど、それとは今回同じこと

 

ではないんですね。

 

私もそれぞれの立ち位置に立った時

こんな綺麗ごと言うてられんでしょう。

 

亡くした息子の臓器を提供依頼されていたら

恐らく、

むっちゃ怒り心頭だったと思います。

 

勿論そんなこと

誰も言いに来られませんでしたが、、、

 

どの立ち位置に立っても

このドラマの最終回は

色々思わせてもらった内容だったなと、、、

 

そういう意味でこのドラマは

深い問題提起してる気がした。

 

 

医療の発展とともに

様々な病気も治るようになった。

 

大昔なら助からなかった命も

助けられるようになり、寿命も延びた。

 

ただし、、、

 

それにより、周りの人たちの手を

借りなければ途絶えてしまう命もあって

最近では

 

安楽死の権利

 

も主張しているところもある。

 

誰にも迷惑かけることなく

若い人の時間を奪いたくない。

 

という思いからのものです。

 

宗教的に言えば自らの命を絶つことは

許されないという説もあるし

 

この世に生まれてきたのは

それさえも織り込み済みであり

そういう終わり方を選んでも

また次の経験のために輪廻する。

 

という説もある。

 

人間がどこまで人の命を触れるのかな

とも思うし、触ったら触ったで

死ぬ直前まで若々しく居たいから

「不老長寿」を望む人も出てきても

不思議ではない。

 

命がテーマに上がると涙どころではなく

あちこちの風景から眺めてしまう癖がある。

 

今回のドラマはそういう意味で

良い味してたと思う。

 

ってことで、、、

 

長い独り言でしたwww

 

 

 

助けたいという思いと

助かりたいという思いが

一致していなければ

 

そうは言っても

治療は難しいと最後にいつも思ってました。

 

それは学習現場である

学校や塾でもそうだし

カウンセリングでもそう。

 

知りたいという意欲と

伝えたいという思いとの一致。

 

知ろうとしていない人に

いくら何を言ったって

馬の耳に念仏。

 

 

 

 

だから

 

そこに

 

よこしまな考えや

中途半端な思いで手を出すのは

 

ご法度。

 

 

サポートも同じ。

 

 

中途半端なサポートなら

しない方がよっぽどマシ。(笑)

 

 

 

あ、、、

 

また最後が辛口に、、、

 

 

おっほっほ!!

 

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 

 

 

 

 

0 コメント

2018年

9月

20日

どうして ふじたは 親子での読み聞かせを勧めるのか… 理由があります。

「どうして ふじたは

親子での読み聞かせを勧めるのか…
理由があります。」

☝本日のアメブロ記事…

前回のブログで

若い十代の芽を摘むと、どんな大人になると思います?親子って本当は重いね、、、

 

あさのさんの本から
いくつか抜粋したんですけどね…

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^o 

 

あれは、何を隠そう

ふじたの中三のべっぴん娘

(今現在は大学一年生)が

小学高学年の時期に毎夜の読み聞かせで

あさのさんの「ガールズ・ブルー」
を読んだ時に印象に残って「好きだ」と
思ったところなんですね。



ブログを書くのに
あさのさんの本を引っ張り出していたら

「あ、あさのさんやん。ブログに出すの?」

「うん、せやで」

「私、あさのさんの本で 
”この言葉好きっ!”
…ていうのが何か所かあったんだよね…」


その後 本を奪われてしまい…(^^ゞ


そして 丁寧に教えてくれたのが
前回のブログでアップした数カ所です。




何を言いたいかって言うと、

本を読むことで
今自分の問題とリンクする箇所に
出会えるということですね…

(問題…っていうと
ちょっと悪いイメージあるかな?

「宝」にしましょうかね^^)

はい、仕切り直し^^

今迄自分が隠し持ってきている
「宝」と
出会える。

ということなんですね^^


ふじたは 「かわいそう」
 って言葉に反応するので

ブログで引っ張り出してきた。

でも、べっぴん娘は

印象に残った部分が
ふじたとは違いますよね?



あの時の彼女も 今の彼女も変らず

あの箇所が好き!

って言うことは
そこに救われたのかもしれませんね…

ふじたも あさのさんの あの 

「かわいそう」

の部分で胸が
すっ、、、
としたのを覚えています。




一つ一つの言葉を目で追うことで
脳を刺激して感情と繋がる。



ああ、こういう言葉を
自分は欲していたんだなと…




その繰り返しが
言葉に変換する作業を手助けしますよね…

そして沢山の言葉や表現を
児童書から得ることで
その場に可能な限りマッチした言葉たちと
出会いその語彙力を育てることもできます。
語彙力大事です。^^
児童書であれば
少しずつ毎夜続けて読むことで、

「夜の読み聞かせタイム」を
楽しみにしてくれていたりしてね…

っま、無理にすることはないですけどね^^

週末だけとかね…


でもね、そうやって約束していたのに、
子供は待ちきれず

全部自分で読んじゃった!

って話も何人かのクライアントさんから
聞いたことがあります。


そうなったら しめたもんですね^^

読み聞かせが好きだった子供は、
自分で読めるようになり、

いわゆる 本の虫…

になったりしますね…



べっぴん娘が幼稚園の頃
よくアンデルセン童話の大きな絵本を

床に広げて、かぶりつくように
読んでおりました^^

 

あの後ろ姿はホントに
可愛らしかったですねぇ~~^^

 

 

カエル座りをしてチラリと見える

その両足の裏が小さくてね、、、^^

今 高2のイケメン息子
(現在大学二年生)は
科学の本が大好きで、


地球誕生!

とかね、

恐竜!

とかね

進化!

とか、、、

それはもう目を皿のようにして
読み漁っていました。




静かだなぁ~~

って思ったら…
妄想の世界に入り込んで
本を広げて

ニタリ…


ですわ(笑)


 

妄想することはイメージ、想像力を育てます。
想像力は危機管理能力にも繋がります。
このまま行ったらどうなるか?
あらゆるイメージがわきます。
当然そこには
沢山の失敗という経験を積むことも
同じくらい大事ですし
失敗したときに周りのサポーター達が
どう彼らに働きかけるかによっても
影響力はマイナスにもプラスにも
大きく変わります。


勿論 そこでサポーターたちは
自分の心と向き合うことは必須です。


たかが読み聞かせ?
されど読み聞かせです。
はい。


そんなわけで

今日は
読み聞かせのお勧めでした^^


今日はサクッ!と軽くね^^


いいっすよ!

読み聞かせ^^

やってる方は
もう よくご存じですよね^^


これからの方、悩んでる方、

まぁ、やってみて^^


っね!!

~~~~~

 

 

五年前の記事です。

 

読み聞かせについて書くのは何度目か、、、

 

それでも

伝えても、伝えても、

伝え切れていない気がしてなりません。

 

それは読み聞かせをしている親が

その我が子との時間を

今しか味わえないこの瞬間を

楽しい!!と感じられ

愛しい!!と感じられ

その体感をした方でなければ

伝わらないでしょうし、、、

 

正直なところ私は

この読み聞かせをした児童書から

得たものがあったからこそ

そのベースがあったからこそ

カウンセリングの先人たち

ロジャースやフロイトやユングの

ワークとか療法が飲み込めたんだと

思っています。

 

児童書から得られるものは

子供の気持ち、

親の気持ち、

子供の立ち位置からみた親への思い、

親の立ち位置から見た子供への思い、

パートナーや友人、会社の同僚や、

先輩・後輩 様々なところで

繋がることが見つかります。

 

それは、その物語の中で

それぞれが疑似体験し、

いかなる困難が起きようとも

読み手と聞き手で手を取り合って

乗り越えていくというところからもです。

 

その時、聞き手の子供たちは

それぞれに人生の岐路に立った時

アイテムをいくつかゲットし

役立てていくんですね。

 

あさのさんの児童書のなかで

べっぴん娘が印象に残ったところを

読み返してみると、

 

なるほどな、、、

 

と思うんです。

 

それらは他の本からも

アイテムをゲットしたんだろうと

思われる会話が以下の会話から

感じられます。

 

それはこんな風に日常会話の中で

突然クイズが始まったりしたとき。

 

「バッテリー!と言えば?」

「あさのあつこ!

「教育画劇!」

 

「誰も知らない小さな国!」

「コロボックル物語!」

「さとうさとるさん!」

「講談社!」

 

「ゲド戦記!」

「アーシュラ・k・ル=グウィン!」

「清水雅子 翻訳!」

「岩波少年文庫!」

 

「ナルニア国物語!」

「C・S・ルイス」

「瀬田貞二 翻訳!」

「岩波少年文庫!」

 

「果てしない物語」

「ミヒャエル・エンデ」

「佐藤真理子翻訳!」

「上田真面子 絵!」

「岩波少年文庫1」

 

必ずこうしてセットで

作者と翻訳者と絵を描いた人と出版社が

出てくる。

 

ここに飛び出す本達は彼らにとって

誤解を恐れず言うならば

相当印象に残り

影響を与えた本達だから、、、

 

なんだと思う。

 

とくにナルニア国物語で登場した人物たち

アシュランがルーシーに語り伝えた言葉や

兄弟達のやりとりは印象深く

今でも出てくることがある。

 

笑い話の本に

「ぼちぼちいこか」

「おかあさんのパンツ」

 

も欠かせない。(笑)

 

児童書は心理学と非常に近くて

小難しくなく分かりやすい。

ホンマにお勧めです。^^

 

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^

 

 

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^

 


ブログパーツ

 

 

0 コメント

2018年

9月

12日

若い10代の芽を摘むと、どんな大人になると思います?親子ってホントは重いね…

「若い10代の芽を摘むと、
どんな大人になると思います?
親子ってホントは重いね…」

☝本日のアメブロ記事、、、

 

 

今回も2014年10月に投稿した記事を

加筆修正して再投稿です。

読み聞かせに通じるブログとなります。

 

我が子たちが幼少期から思春期になるまで

毎夜読み聞かせしてきて、

子供達が大人になりつつある時期に、

読み聞かせしてきた本から得た会話が

飛び出します。

 

そういった内容を加えていきます。

~~~~~~~

昨日に引き続き(←前回のブログ)
あさのさんの本からいくつか抜粋したい。

あさのさんが登場人物の少女たちを通して
何を言いたいのか。
どんなメッセージを送りこんでいるのか。

それは各々で感じること違うでしょうけれど…

そこにフォーカスして見てくださいね^^

 

 

 

ガールズ・ブルー (文春文庫)/文藝春秋

¥514
Amazon.co.jp


自分を愛して何が悪い。
十七歳のあたしはシミも皺もない、
つややかな肌を持っている。
どんな高級なファンデーションも
かなわない光沢があるのだ。
淡いピンク地になでしこ柄の浴衣なんて、
今じゃなければ似合わない。
今のあたしだから、似合うのだ。
薄く眉を描き、薄くリップを塗っただけの、
ほとんどすっぴんのあたしを、
なでしこの浴衣が華やかに演出する。
それを愛して何が悪い。
十七歳のあたしたちに、
均等に与えられている今を、
愛するのも憎むのも
疎むのも受け入れるのも自由だ。
睦月
(むつき→主人公の友人の名前)のように、
目指し、励み、
やがては到達する夢も目標もないけれど、
あたしは無条件で
今のあたしを受け入れ愛している。




「死んでたまるかって思う。
あたしは強いんだ。簡単に負けるかよって」

あんたは負けないよ。
負けたことなんて、一度もないじゃないか。
美咲だけじゃない。
あたしたちは負けないのだ。
しょっちゅう酸素吸入や
点滴のお世話になっていても、
万引きを疑われても、
「いくら?」と、おじさんに尋ねられても、
高校を退学させられても、
負けてしまうわけには、いかないのだ。




あたしたちの前には、長い長い時間がある。
それなのに、今しか着れない浴衣も、
今しか感じられない歌も、
今しか愛せないものもある。
今だけがよければいいなんて、思わない。
でも、過ぎていく時を惜しむことも、
これから来る時に怯えることもしたくない。
したくないのだ。





さて、大人になってしまった私たちは

傷を隠し持ち、鎧で固め
とりあえずは見えないようにして
大人になった私たちは
あさのさんのこの言葉を読んで
何を感じますかね…



10代はすでに沢山の傷を持っています。

それでも、若いうちであれば、
向き合うことでわりと早く再生します。



だからこそ、
言葉に変換することが出来るようになると、


怖いっすよ^^;


ストレートですからね。


受け入れてくれると感じたなら
ガンガンきます。




10代…

と言う若さに

苦しむこともあります。

思い出してみてください。




先は、、、

私たちの未来は、
 
 
 
明るい!!!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!





こんな風に☝
明るいと感じていられたでしょうか?
そして実際
明るかったでしょうか?



将来なりたいものが見つかった。

見つかったって、
それになれるかどうかわからない。

なれなかった時の恐怖。


なりたい者(職業)になれるまでの
道のりの恐さ。

まだおぼろげにしか見えていない
将来への道を

自分で切り開いていかねばなりません。

その時に、自分で切り開く力を私たちは
サポートして行かなければいけない。



その年齢まで、
口やかましく言い、
自律を妨げ、
彼らの考えを引き出さずに
育てるのではなく

自分で考えて判断し行動できるよう
そしてその時に沢山の失敗の経験を経て
それでも、
何かあった時、振り返ってみたとき
何とかして乗り越えていった
過去の自分達に
励まされ自信が持てるよう
サポートしていかなければ
今のこの時代を彼らは
生き延びれないかもしれない。

私等の時代とは違うんです。
(経○連もころころ変えるしね。
大学は何をする所かさえ
本来はどういう場だったのかさえ
分からない所になってきてしまっている。)

この子たちが未来歩く道は
私等の時代とは大きく変化している。

アドバイスなんて
実際できっこないんですよ。


そこ、知っておいた方がいいですよね…

仮にね
なりたいものになれなかったとしても、
それも人生のプロセスなんだということ。


その事実を
サポーターである親が知っておくこと。

彼らは彼らなりに
必死で道を作って歩いてるんですからね…



その道中
ある意味とても哲学的なことを考える
10代の時期に
私等親は面倒臭がったり
恐がったりするのではなく…




あさのさんの、いわんとするところ、
見え隠れしていますよね?
セリフの中に沢山 一杯ね。

そこ、聴ける耳と 大きな心の器
持っておいた方がいいね^^


だって、とても知性的だよ?彼ら。

そこの芽を摘んでしまうとね
知性を摘むことになるんだよね…

そしたら、どんな大人になると思います?







あら、、、

また最後がチクッ!とな^^;
今日は
「若い10代の芽を摘むと、どんな大人になると思います?親子ってホントは重いね…」
ってお話でした^^
 
それでも、全てが全て
親の責任でもないんです。
 
親にも子供にも
両方にあるんです。
 
実際はね。
 
だって
 
それ
 
選んでるでしょ?
 
誰が?
 
その年齢まで来たら本人がです。
 
もう
 
誰かのせいには
できないところまで来てると思う年齢です。
 
自分の人生に覚悟と責任が要るよね。
 
そこをその年齢までに伝えておくことが
親側の責任かもしれません。
 
オドオドしくでもなく
大人になることが嫌だと感じさせるような
伝え方でもなく
 
その為には
 
やっぱり親が生きてる自分を
楽しんでいないとね^^
伝えられないでしょ!!
 
良きモデル者として^^
 
完璧でなくていいんですよ。
ゆるゆるでいいのです。
 
そんなゆるゆるな親を見て
子供は肩の力を抜ける。
 
視野を広げて見れるんじゃないかな^^
 
 

 




ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^

 

0 コメント

2018年

8月

31日

本当の意味で自分を知るとはどういうことなのか?自分と繋がれば何が起こるのか?

「本当の意味で自分を知るとはどういうことなのか?自分と繋がれば何が起こるのか?」

☝本日のアメブロ記事…

 

8月29日水曜日

 

8月30日木曜日

 

 

なぜ開催したいと思ったか私の想い。

カウンセラーもセラピストも必要ない世界が私の最終目標。そのためにセルフケアができる術を知ること。

 

沖縄から中川先生をお呼びして

二日間のスペシャルセミナー!

無事に終わりました(^.^)

 

二日間の様子を写真にパシャリ!📷

最後に奈良の鹿さん💕お・ま・け!!
先生にお越し願っての主催者を
初めて経験させていただきました。
はっきし言って、、、
不備ばかりでござんした💦
何度参加者さんの人数を数えても
間違って伝えてしまう💦
一番怖かったのが一日目の参加費を
一晩お預かりしたことです。
先生の利便性を考えて
奈良市内での会場にしたのですが
自分は生駒市というところに住んでおり
朝のラッシュ時間は混むことは
目に見えていたため1時間はかかる。
となると、、、
近くのホテルに泊まった方がええわ!
と思い、
先生には近鉄奈良駅近くのホテルへ。
私はJR奈良駅近くのホテルへ泊まりました。
この大金、一人で守らねばならぬ。。。
寝坊もしちゃいかんと思い
2時間おきに目が覚めるwww
チキンですwww
主催者としては
あまり主催者の仕事は出来ておらず
次回から参加させていただいたときに
学ばせて頂こうと誓ったのでした。
だけど、ゼロリセットにより、
このダメな私も
かわいいんですwww
さて、私の感想ね。
この2日間のセミナーは
本当に深いものがありました。
1日目だけでも十分に気付きに出会えますが
1日目に深い気付きに出会ったからこそ
その気付きを
さらに深める2日目となりました。
頭だけで知ったつもりになっていた。
思考でいつも頑張っていた。
そんな方には
特に特に特に(←しつこくあえて言う!!)
後半では目が爛々としたと思われます。
2日目は午前中から皆でデモで
どなたかの苦悩を一緒に見つめて
取り組む作業で、これは本当に
誰もに思い当たる節のある問題定義を
先生がチョイスしてくださり
誰もの心の中に恐らく
響いた時間となりました。
自分と繋がることは
何も知らない人にとっては
どういうことなんだろう?
そう思われるかもしれないし、
また自分はいつだって
自分のことは良く知っている。
そう思われる方もいるでしょう。
だけど、それは謎です。
このセミナーに参加してみて
それは180度大きく変わると思います。
中には参加してみたけれど
うまく落とし込めなかった。
もしくは、
ふじたがそうでしたが
別の人格が邪魔することもある。
人によってはセミナーで扱うより
個人セッション向けの方も
おられたかもしれません。
それでも、このゼロリセットを
活用し続けてみることです。
出来事は全て
自分を知るための道具です。
この言葉の意味が
参加する前と
参加した後では
皆さん大きく変化したと思います。
絶対に泣いてやるもんか!
先生の思うつぼにはまるもんか!!
そう思っていた私www
おお~~怖い!!www
最後は
泣きながら終わったのでありました!!
チャンチャン!!♪
興味を持たれた方、
また奈良に先生をお呼びいたしますので
その時は是非参加してみてくださいませ!!
(先生懲りずに来てね!!www)
もしくは、
中川先生は日本全国どこかで毎日
(移動日を除く)
セミナーされております。
聞けば、今年は3月から
一日もお休みが無いスケジュールで
びっくりしたのですが、、、
どんなセミナーを
どなたが主催でされているか
Facebookに投稿されています。

 

 

参考になさってみてくださいね^^
今日は
「本当の意味で自分を知るとはどういうことなのか?自分と繋がれば何が起こるのか?」
というお話でした。
今の私は
3日前の藤田侑杏恵ではありません。
(自分で言うのもあれですが(笑))
同じ言葉を伝えていても
今までとは内側が違うんです。
この違いを言葉で伝えるのは難しい、、、
自分が選び、
自分がチョイスし、
自分がそれを決めた。
このくだりは何百回と
唱えてきた言葉です。
でも、同じだけど、内側が違うんです。
その違いが
伝わればいいなと思います^^
自分と繋がるとは
そう言うことなんです^^
参加してくださった18名の皆様!!
そして
中川先生!!
ありがとうございましたm(__)m!(^^)!

2018年

8月

27日

かわいそう?誰がですか?本当にかわいそうなのは誰?読み聞かせの児童書から。親子・夫婦関係

「かわいそう?誰がですか?本当にかわいそうなのは誰?読み聞かせの児童書から。親子・夫婦関係」

 

☝本日のアメブロ記事。。。


今日の記事は

2014年10月の記事を加筆修正して

再投稿です。



昨日のブログではね(2014年10月26日)
良い子 良い人 について

「親子関係。良い人、良い子。いつからそのパターンを持たされてきたの?」

 

 

 

書いたんですけどね…

 


この良い子 良い人 って
優しい人が多かったりするんですね。。。



さぁ~今日は この

「優しい人」

にフォーカスです。。。

   


あさのあつこさん

っていう児童作家がおられます。

中国地方に住む恩師から
一番最初に紹介していただいた児童書が
あさのさんの「バッテリー」です。

 

 


バッテリーI-VI 全6巻セット (角川文庫)/あさの あつこ
    

全部で6冊。文庫本もありますよ^^

約10年かけて書かれたそうです。

これにハマってその後は
しばらく 彼女の他の本も次々と
読み漁りました^^


少年が大好きな あさのさんですが
少女を主役にした本もあります。

それがこちらです。

ガールズ・ブルー (文春文庫)/文藝春秋

 

 

   

全二冊です。


この本の一部を抜粋ね^^

病弱で入退院を何度も繰り返す友人を
見舞う…
その見舞いに来た人が同情し涙を流す。
涙を流された患者側の想い…

~「何よ、なんで、
あたしが泣かれなくちゃいけないのよ。
あんなふうに・・・」

    =略=

他人に対し、かわいそうと泣くことに、
人はもう少し
慎重でなければいけないのだろう。
助力できるなら、救えるのなら、
最後まで支え続ける覚悟があるのなら、
泣けばいい。
友迫さんの涙は、無責任だった。
勝手に泣いて、かわいそうがって
自分の気持ちだけ浄化して、
微笑んでサヨナラなんて、
あまりにも無責任だ。
無責任な覚悟のない優しさは、
ただの憐みにしか過ぎない。
あたしが美咲から学んだことだった。~



この本を紹介するのは何度目でしょうかね…




ふじたは 「かわいそう」という言葉に
とても強く反応した時期があります。

今でも反応します。
昔ほどではないけれどね…



これ、ふじた自身が味わった感情を
とってもよく表してくれています。

愛する人を亡くした時、
よく他者から言われるフレーズに

「故人のご冥福を
 心からお祈りしております。」


祈らんでええっちゅうねん!

って思う。


あんた関係ないやん!

とも思う。

それに

故人?

冥福?


遺族はまだ、愛する者の死を
受け入れてはいない。


受け入れていないのに

あんたの愛する人は死んだんや。

と言われてしまうことの辛さは、
なかなか分かってはもらえない…

 

(最近ある番組に
新婚そこそこで、がん闘病していた
愛する妻を亡くしたばかりの旦那さまが
出演し、亡くなるまでの流れを
テレビが説明したそのあと
「千の風」の歌を
歌手が出てきて聴かせる場面を見た時

あきれてものも言えなかったわ。
勿論、当事者はどう思っていたかは
分かりませんが、少なくとも私は
「え?まだ新婚そこそこで
数か月前に妻を亡くしたばかりの旦那様に
これ聴かせる???」
って思った。

・・・これは余談だね。)

そんなメンタルだからこそ

ご霊前も、ご仏前も、
仏さんに上げるお菓子も。


床に叩きつけたくなる。

当時のふじたはそう思っていました。
(すべての遺族が、ふじたと同じように
思うわけじゃないですからね。
ここが 人の心の難しいところです。)

今は受け入れつつあるので
上記のようなことはないですけどね…

それでも、受け入れつつある…なんですね。

もう20年以上たつと言うのに…です。




さて、
あさのさんの本に戻りますね。

始めに少し書きましたけれど
主人公 美咲 は体が弱く、
入退院を繰り返している。

その彼女の所にお見舞いに来た友人が
彼女の姿を見て泣くのだ。

可哀想がって泣く。


これ、失礼な話です。

数分後には あんた 笑てるんやろ?
この瞬間忘れて笑ってんのやろ?

私の人生を共に生きてくれて
共に痛みを感じてくれるわけちゃうやろ?


ええ人ぶって、何 泣いとんねん。



私の苦しみ分からんくせに…





ってところでしょうか…(どうか知らんけど)





だからって
泣くな!!
…とは言わないけれどね。
相手の感情を感じて
勝手に流れる涙だってあるからね。




先日 ある心理のセミナーで
ファミリーワークをやった際に、

ふじたは母親役で家族会議の中に
他人が一人居る。

と言う設定でね。
家族の今抱えている問題について
皆で感じて向き合って見るワークを
したんですけどね。

その会議の中に入り込んでいる他人がね
ある場面で

「そんな風に言わないであげてくださいよ。
かわいそうじゃないですか…」

って言葉を発したんですね。

その瞬間に、ブチ!っと切れたふじたは

「ええ人ぶるのもええ加減にしてくれるか!
あんたに…
他人のあんたに
何が分かるっちゅうねん!!!」

って怒鳴ってましたね…(^^ゞ
ふじたは怒鳴りながら半泣き状態でした。


これ、台本なしで
各々がその時 自分の役柄を通して
何を感じるか…

それを感じるままに
セリフを言っていくんですけどね。

うまい具合に
ふじたに反応する言葉が
出てきたってわけです。


はい、これにて
自分はまだこの言葉に反応する。

ってことが分かりましたね。


こことリンクしてね、
あさのさんが美咲という主人公を通して
発信されているメッセージは深いと思います。

世の中はカウンセリングなど
受けていない人が
ほとんどなのだから…)

そこらへんの小難しい心理本読むより
ずっとか分かりやすい。

いいえ
分かりやすいだけじゃない。

10代の子供達の心が
とても良く浮き彫りされていると思うんです。

ふじたが時々する
「10代のしゃべり場」で出てくる
彼らの言葉とリンクします。


そう言う意味でも
とても参考になると思いますね。





優しい。

ホントの優しさって 何なんでしょうね・・・



今日は

「かわいそう?誰がですか?本当にかわいそうなのは誰?読み聞かせの児童書から。親子・夫婦関係」

ってお話でした。

そんなつもりなくとも、自分の言葉によって

相手を傷つけることもある。
勿論それは相手の問題だけれども、、、
でも、こちら側の経験不足から・・・
ということも多くある。

だから、経験は宝なんですよ。

特に失敗の経験や辛い経験は
ホントに人生の資源になる。

だから経験を奪わないことなんです。
「お母さん、
私にだって傷つく権利あるのよ。」

何の映画だったか忘れたけど、
そんなセリフを言ってる
病弱の少女の言葉を時々思い出します…

※読み聞かせ記事はまだ続きます^^


ふじたカウンセリングfacebook

0 コメント

2018年

8月

23日

親子で楽しめる読み聞かせ。究極の癒しタイム^^そして深いつながりも^^

「親子で楽しめる読み聞かせ。究極の癒しタイム^^そして深いつながりも^^」

☝本日のアメブロ記事

 

 

バタバタしてて

なかなかblogが書けませんでしたが(^^ゞ

前回の続きで、読み聞かせお勧め本ね。

 

その前に読み聞かせの基本だけ^^

 

・読み手は感情をこめて読まない。

子供はお話の世界に

イメージ想像を膨らませて

妄想しています。

 

そこへ

感情を込めすぎた声で読まれると、、、

 

引きます(^^ゞ

 

悲しい場面で読み手に涙を流されては

せっかく作り上げた妄想の世界から

聞き手である子供は

 

追放されてしまいます。

 

感情を込めすぎず

淡々と読み進めます。

 

絵本であれば

お話はすでに表紙から始まっています。

表紙と裏表紙を一枚にして

広げてみてください。

 

一枚の絵になるように

描かれているものもあります。

 

まず表紙をしっかり見せて上げてくださいね。

 

表紙をめくると一色の色が

一面にぬられているときもあるでしょう。

 

それでも一色のベタページでも

たっぷりと見せて上げてください。

 

何も描いていないからといって

サラッと流されると聞き手である子供は

気になってお話の世界へ入り切れません。

 

 

・途中で読み手が聞き手に

勝手に語り掛けない。

 

このあと紹介する絵本でも出てきますが

参加型の絵本であれば

途中子供の方から

何か反応があったりするでしょう。

 

そのやり取りを楽しんでください。

 

ですが、

参加型でない場合、途中で読み手が

 

「この後どうなるのかしらね」

 

とか

 

「こわいね~」

 

とか

 

「かわいいね」

 

とか

 

言わないの。

 

ただ、淡々と読み続けることです。

 

途中でそんなやり取りしてしまったら

お話の世界から

これまた追放された状態に

なってしまいますので。

 

最後まで読み終えたら

最初と同じで

何も絵が描いていないベタページでも

しっかり見せてあげてから

裏表紙を見せて

最後に表表紙と裏表紙が

繋がっているのであれば

広げて見せて上げて終わりです^^

 

ちなみに、ふじたは必ず

 

・題名

・作者名

・翻訳された方が居ればその方のお名前

・絵を描いた方が作者以外で居れば

その方のお名前

・出版社

 

の順に告げてから表紙をめくります。

 

このうちのどれか一つでも欠ければ

この絵本は生まれていません。

 

子供って記憶力良いんですよ。

 

翻訳家の訳が子供から見て

上手だと感じた人の絵本は

児童書でも見つけてきて

 

「次これ読んで!

この人の翻訳好きやねん。」

 

って持ってきます。^^

 

ある意味

子供が自分で本を選ぶときの

参考になります^^

 

以上

読み聞かせの基本的なやり方でした^^

 

では、お待たせしました^^

 

オススメ本の紹介です^^

読み聞かせをすでにされてる方は

よくご存じの絵本もあるでしょう^^

そして、読み聞かせは

字が読めるようになったら

終わりじゃないです^^

 

うちはイケメン息子が

中学三年の夏休み終わるまで

べっぴん娘と合わせて二人に

それぞれ読んでおりました^^

 

今回は

乳児さんから幼児さんくらいまでの

お勧め本です^^

 

 

これはもう

うちは何百回も読みましたね(笑)

ノンタンシリーズは沢山ありますので

他も見てみてくださいね!!

 

 

 

これは参加型ですので、幼児さん向きね^^

これもシリーズで沢山ありますよ!!

動物の一部がちらりと見えているのが

興味をそそります!!

 

ぼちぼちいこか ぼちぼちいこか
1,296円
Amazon

 

これは子供だけじゃなく大人もいいです。

慌てなくて良い。

自分のペースでいいんだよ。

そんな声がカバ君から聞こえてきそうね^^

海外の本なんですけど

なぜか翻訳家の今江さんが関西弁でおもしろおかしく訳をしてくださっています。

対象年齢は高学年から。

とあるかもしれませんが

幼児さんあたりからでも行けると思います^^

 

 

読み終わったあと

しんみりとひたりたくなるお話し。

小学校で毎週読み聞かせに

行っていましたが、どの学年でもいいね。

 

あ、基本的に何歳でも絵本はいいのよ。

 

お年寄りにもね^^

 

 

 

ふっふっふ!!

これはもう、最後笑えます!!

受け狙いに良いかも^^

ちなみに、貴方のパンツはどんな?www

 

 

あのね、これは、白黒やし

なんだか暗そうなイメージ

持ちそうなんだけどね、、、

4年生のクラスで読んだとき

「それでいいじゃん!」って

ある男の子が言ったんだよね。

意味が分かるんだって思った。

幼児さんからおすすめね^^

誰の評価もいらぬ。

関係ない。

超マイペース(笑)

 

おおきなおおきな木 おおきなおおきな木
1,404円
Amazon

 

独りになる時間。

泣く時間。

少し距離を持つ時間。

誰もに必要。

 

疲れたとき、どこで休む?

 

毎日生きていれば色んなことあるね^^

 

それを教えてくれているように

私は思いました^^

 

それでも、乗り越えていける。

 

そう言いたいのかもしれませんね…

 

 

 

これはねぇ~~~

べっぴん娘がはまりましたwww

絵本の世界へす~~~っと入って

自分もそこに入れ込んでましたね。

絵の細かさも私は好き^^

まるでママゴトを絵本の中でしてるかのよう

(^.^)

 

すてきな三にんぐみ すてきな三にんぐみ
1,296円
Amazon

 

ちょっと怖そうですが、、、

3人のドロボーさん。

子供達をさらっていきますが、、、

最後まで読んでみてね^^

 

 

私の大好きな瀬田貞治さん翻訳!!

ナルニア国物語を約10年かけて

翻訳されましたね。

瀬田さんの訳は表現が素晴らしいと

イケメン息子お墨付きですwww

誰が翻訳されたのか?

これも表現の好みがあると思います。

最後までドキドキさせる。

親子で試練を乗り越えていく。

そんなお話しです。

これは読み聞かせの醍醐味ですね!!

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

他にも沢山あるけどきりがないので

今回はこれくらいで^^

 

次回からは過去記事ですが

読み聞かせを15年子供たちにしてきて

どんなご利益があったか、、、

シェアしていきたいと思います^^

 

 

生きる糧になった。

生きる意味を探して見つけた。

何で生きてるの?

何で自分はここに生まれたの?

 

その答えは、そして見つけたものは

人の言葉でも、本でも、

何でもいいんですよ。

 

自分に合うか合わないかです。

 

だからあの人にとっては

あの本が響いたけど

自分には響かなかった。

 

それもOK(^.^)

 

受け手が何を取るかは自由だもん。

 

だから、誰もに合う手法なんてないの。

 

ただし、合うか合わないかは

やってみないと分からないの。

 

やってみないと出会えないの。

 

そんな話を過去記事から

次回から出していきますね^^

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

0 コメント

2018年

8月

16日

子供との信頼関係を築くには…親子関係・夫婦関係・人間関係

「子供との信頼関係を築くには…親子関係・夫婦関係・人間関係」

☝本日おアメブロ記事

 

 

子育てを笑顔で楽しんじゃいましょ!!石山寺で去年に引き続き今年も「親子の話し」させて頂きました!

 

前回の続きです。

 

滋賀県石山寺「千日会」で8月9日

講話をさせていただいたとき

午前の部、午後の部、どちらでも

お話させていただいたことがあります。

 

それはお子さん一人一人との

「ワクワクタイム」と

「読み聞かせタイム」を

是非!(^^)! と…

 

子育てって、本当に大変。

 

まして二人三人四人って兄弟が居て

旦那様のお仕事が忙しくて

ほぼワンオペで

助けてもらえないとなれば

お母さんへの体力的、精神的負担は

二倍三倍ではなく、

二乗三乗と膨らみます。

 

だからこそ、その負担を軽減するために

どうやって効率的に、時短で

家事と育児をこなすか、、、

 

に駆使します。

 

いかに子供をスムーズに

幼稚園へ・学校へ行かせるか、、、

にお母さんの気持ちは集中します。

 

そして幼稚園、学校へ行ってくれてる間に

買い物や、銀行や、諸々の所用を済ませ

幼稚園へお迎えに行くまでに

学校から子供が下校するまでに

済ませておきたい家事を

いかに早く終わらせるか、、、、

 

お仕事をされている方は、早起きして

夕飯の下ごしらえや

仕事から帰宅した時点で

少しでも所用を済ませておきたい。

 

少しでも早く夕飯を作り

お風呂に入れて

寝かしつけるまで。

 

子供たちが寝てやっと

自分の時間だったり

持ち帰った仕事ができるわけです。

 

本当は寝かしつけて

そのまま自分も寝落ちしたい。

 

だけど、そうはいかんのです。

 

旦那さんが帰宅遅ければ

そのあと夕飯を旦那さんに

用意しなければいけません、、、

 

ちなみに我が藤田家は

夫にお願いして

電子レンジでチン!してもらい

自分でお皿も洗って

片付けてもらっておりました。

 

帰宅が毎晩

日付変更線超えるあたりだったので、、、

 

 

で、何が言いたいかって言うと、、、

お母さんたちは朝起きたら

一瞬で

夜が来てしまうんです。

 

あっ!!!

 

という間です。

 

(勿論、世の男性たちも

お仕事そうだと思いますが

このブログは今、お母さんたちへ

フォーカスしていますので、お許しを。)

 

子供はコントロールが効きません。

 

だけど、それは

大人の事情と分かっていても

母親は時間に追われて忙しいので

つい

子供たちを支配とコントロールして

予定の時間通りに動かそうとします。

 

それは無意識に。

 

・学校は行かなければいけないところ。

・遅刻させてはいけないところ。

・宿題はやらせなければいけない。

 

だから、管理して確認し

先生に子供が叱られないように、、、

 

配慮する。

(ん?、、、配慮だろうか、、、

ここ、本当は違うよね。(-_-;))

 

 

でも、子育ての本当の目的というか、、、

目標は、ふじた的な持論ですが

 

「自立」でしょ。

 

でも、孤独になる意味での

「自立」じゃないの。

 

時々「自立」を「孤独」って

捉えている人いるけど。

 

そして言葉そのものの意味は

そうかもしれないけど

 

私の言う「自立」はそうじゃない。

 

「自立」についてはまた別の機会にね。

 

 

で、その目標を大きな目で見たら

遅刻しようが、宿題忘れようが、

親は関係ないのね。

 

子供が学校で

忘れものしたり

遅刻したり

宿題忘れたまま登校しても

そこで何か学ぶから。

 

何かを学んで帰宅したのに

家に帰宅してからも更に「ヤイヤイ」

親は言わないのね。

 

「お疲れ様(^.^)」

 

で終わっとけばいいの。

 

イケメン息子が小学校の時

学校へゲーム持って行って

校長室で叱られて

学校から連絡あったり

 

机に自分の名前を彫刻刀で大きく掘って

叱られて連絡あったりしても

私は

 

「ただいま~今日学校で、、、」と

イケメン息子から話されても

 

「お疲れさま(笑)」

 

しか言わなかった(笑)

 

先生から十分叱られてると思うので

それ以上はもう

追い打ち掛けたりしなかったですね。

 

で、少し話それたけど

支配とコントロール

なかなかやめれない。

 

だってそこにはお互いの

「信頼関係」

ないじゃんね。

 

相手を信頼していないから

「さっさとやってよ!!」

ってなる。

待てない。

「待ってもどうせしないでしょ!!」

っていうのが前提にあるから

そう言う方向に行くような態度で

親は接してしまうわけよ。

 

つまり、そうなる方向に

環境が持って行ってるのね(^^ゞ

 

 

 

じゃあ、その「信頼関係」ってどうやって?

 

そこよ^^

 

実はね、、、

私の生い立ちに少し触れるんだけど

 

私、早口なんです。

そして声もでかい(笑)

最初から早口で声がでかい人って

いないと思う。

だから

早口で声がでかくなってしまったのには

私なりの理由がるんですよ。

 

これ講話でも話したんですけどね

理由はこうです。

 

自分の話を黙って最後まで

あたたかい眼差しを受けながら

聞いてもらったことがない からです。

 

だから、オドオド、びくびく。

 

そして早く話し終えないと今、目の前にいる

この人は何処かへ行ってしまう!!

その前に早く言い終わらないと!!

こっちを向いて聞いてくれていないから

声を大きくしないと!!

 

 

 

です。

 

 

そうするとね、自信もって話せないし

落ち着きもなくなる。

多動です。

常に体が動く。www

 

聞いてる人は聞き辛いよね(笑)

 

幼い時に、自分を信頼し

最後まで話を止めずに

微笑みながら話を聞いてもらった子供は

そのあたたかい注目の中で

心は育まれ、安心を与えられます。

 

安心して何でも話していいんだ!(^^)!

 

と思えます。

 

この「あたたかい注目」を

十二分に注いでほしいのです。

 

その一つに

「ワクワクタイム」と「読み聞かせ」です。

 

「ワクワクタイム」は

子供がお母さんと一緒にやりたいこと

やりたい遊びをします。

 

中心は子供です。

 

子供がお母さんと何をしたいか…です。

 

最初のうちは5分間でもいいです。

 

一日のうち、5分間だけ

しっかりお子さんに注目して

遊びにつきあってください。

 

スマホもストップ。

電話も出ません。

チャイムが鳴っても出ません。

 

お子さんにだけ注目です。

 

たったこれだけでも

お子さんはお母さんと一緒に

楽し時間を過ごせた積み重ねが

信頼関係へと繋がっていきます。

 

そして少しづつ

時間を延ばしていってくださいね。^^

 

 

たったそれだけで、支配とコントロールが

少しづつ不要になっていきます。

 

お母さん自身もお子さんを

信頼できるようになっていくと思います。

 

 

兄弟がいた場合、一人づつしてくださいね。

 

一緒にいる中でじゃなく

上のお子さんがお友達の家へ

遊びに行ってる間に

下のお子さんとワクワクタイムとか、、、

 

お風呂に旦那さんと下のお子さんが

入ってる間に

上のお子さんとワクワクタイム。

 

毎日じゃなくていいです。

 

出来る範囲でね。

 

 

実際に午後の部で参加されたお母さんで

これをすでに何処かで聞いてこられたそうで

実践しておられました。

そして、良好な関係を

お子さんと築いておられました^^

 

素晴らしいことです!!

 

良きモデルが参加者さんでおられて

嬉しく思いました^^

 

まずはワクワクタイム。

 

試しにやってみてくださいませ!!

 

実践してみて

上手くいかないということもあると思います。

 

その場合はチャンスです^^

 

お母さんの中で何かが反応し

感情が動いたということ。

 

お子さんとの「ワクワクタイム」を通して

何かを伝えてくれています。

 

宜しければお近くのカウンセラーの扉を

叩いてみてください!

 

きっとモヤモヤが

ほどけていくと思われます^^

 

 

ああ、また長くなってしまった。。。

 

次回は読み聞かせについて

年齢に合った本の紹介と

なぜ私が読み聞かせをお勧めするのか。

 

について書きたいと思います^^

 

本当はこの記事で読み聞かせのお勧め本を紹介した方のですが💦

 

滋賀県石山寺「千日会」で

講話に参加してくださったお母さんたち~

ごめんなさい~~~

お約束は次回に必ず!!

 

今日は

「子供との信頼関係を築くには…親子関係・夫婦関係・人間関係」

ってお話でした^^

 

話を途中で止めたりせずに

最後まで黙って聞く。

しかも怒り顔ではなく

あたたかい注目のなかで。

 

これは人育てをする

先輩・後輩、上司・部下、

の関係でも言えることです。

 

そして、夫婦関係でも言えること。

 

そりゃね、夫婦ってさ、

生い立ちの全く違う二人が住むんやし、

色々違うことあるわな。

 

付き合っていたころとは違う面も

見えてくるわな。

 

だから、

 

何この人!!

こんな人だったの!!

 

て、がっかりもするさ。(笑)

 

でも、そればっかじゃないと思う。

 

勿論、DVとかな、身の危険があって

暮らしていけないと思えば

自分を大事にする意味でも

 

離婚アリよ!アリアリ!!

 

だけど、

ちょっとした不満なら誰にでもある。

 

そこで、冷たい態度や視線は

ますます関係性を悪化させる。

 

相手の話を

何かしながらではなく

注目しながら黙って聞くって

 

すんごく大事よ!!

 

私はそう思うんだよね、、、

 

もしあなたが、お話をしている最中に

面倒くさそうに話を聞かれるのと

 

黙って落ち着いて注目して

話を聞いてもらうのと

 

どっちが話しやすいですかね?

 

ちょっと想像してみてくださいな^^

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

0 コメント

2018年

8月

13日

子育てを笑顔で楽しんじゃいましょ!!石山寺で去年に引き続き今年も「親子の話し」させて頂きました!

「子育てを笑顔で楽しんじゃいましょ!!石山寺で去年に引き続き今年も「親子の話し」させて頂きました!」

☝本日のアメブロ記事…

 

8月9日滋賀県石山寺にて

「千日会」のこの日。

去年に引き続き今年も

親子に関する講話を

させて頂きました。

 

去年あいにく時間に間に合わず

参加できなかったお母さんが、

 

今年こそ!

 

と私に会うために来てくださった方もいて

とっても嬉しく思いました^^

 

午前の部も

午後の部も

熱心に聞いてくださり

質問も出たり

個人的にあとでお話に来られたり^^

 

今年はお預かり保育がなかったので

参加される方いるのかな…

と思っていたのですが…

 

去年より

とっても濃密な濃い時間が流れました。

 

親子で参加できる親御さんたちです。

お子さんはまだ小さく

幼稚園から小学校高学年あたりまでかな。

 

基本的には

仲の良い親子の方々だと見受けられます。

ですが、それでもやっぱり

どんな親子でも

悩みはあるし、心配事もあるよね。

 

少しでも今、気にかかっていることが

軽くなって余計な荷物を降ろして

帰っていただけたらな…

 

という想いでおりました。

 

帰る時

 

「石山寺最高!!スッキリしました!!」

 

と言って元気にはつらつと

帰られたお母さんもおられて

私個人としては

 

「カウンセリングが怖いものではなく

重いものでもなく

元気になり軽い自分になれるんだ。

と思っていただけたらいいな」 と。

 

もし、怖いとか感じられて帰られては

石山寺が重い印象だけの思い出として

残ってしまう。。。

 

それだけは避けたいなと思っていたので、、、

 

”石山寺 最高!!スッキリしました!!”

っと言って帰って行かれましたよ^^」

 

と観光協会の方々からお聞きでき、

 

「良かった!!」

 

と石山寺の僧侶、龍華さんともお話しました^^

 

 

☝石山寺僧侶 龍華さんと^^

☝観光協会の代表の方と^^

☝龍華さんと「お疲れ様💕」のかき氷^^

 

子育てしていると

色んな「気付き」に出会います。

それが「気付き」なんだと気が付くまでにも

時間がかかる場合もありますね。

 

子育てをある程度終えた方であれば

カウンセラーでなくても

通過した後だからこそ分かったこともあり

その「気付き」を

教えてくださる方もいますでしょう。

 

ですが、中には、そういった「気付き」に

気が付くことさえ無意識に

避ける方もおられます。

 

なぜなら、気が付いてしまうことで

今までの人生を全て覆すことになりかねない

恐怖が待っているからね。

 

今までの人生は何だったのか?と

思いたくないからね。

 

そこへ行きつくまでにチャンスは

何度もあったことさえ

無かったことにしてしまう自分も居るからね。

 

 

だけども、一生懸命子供たちは

自分という姿を通して

親に大切なことを教えてくれています。

 

それを受け取るか否かは

親が決めることだし

受け取るも受け取らないも、親の自由。

 

そして、「親の問題」でもありますね、、、

 

 

思わずカウンセラーから言われた言葉に

反応し涙が出る。

その涙は何に反応してか

分からなかったりもする。

 

だけど、その涙は確実に

その人の心に何かが響いた証拠。

 

そして、その涙は今まで何かを必死で

守ろうとして頑張ってきたけれど

もうすぐそこまで限界がきていることを

知らせてくれている証拠でもあります。

 

 

 

お母さんたちは日々子育てをしながら

自分と戦っている。

 

自分の”思い癖”と”自分の生い立ち”と。

 

その最終的に行きつく所は

厳しいようだけれど

 

自分の枯渇している何かを必死で求めて

その枯渇しているものをダミーによって

埋めて誤魔化そうとしているのかも

 

…しれません。

 

それが何なのかは自分の中にあるからね。

 

 

でですね、、、

石山寺「千日会」のこの日。

講話の中で

午前の部でも

午後の部でも

お伝えしたことがあります。

 

それは、お子さん一人一人との

「ワクワクタイム」を

持っていただきたいということです。

 

その「ワクワクタイム」の中身については…

 

長くなったので次回へ繋ぎたいと思います^^

(ワクワクタイムについても今ここで書いたらか・な・り

長くなりそうなので💦)

 

今日は

「子育てを笑顔で楽しんじゃいましょ!!石山寺で去年に引き続き今年も「親子の話し」させて頂きました!」

 

ってお話でした^^

 

講話に参加してくださった皆様。

ごめんなさいm(__)m

お約束のブログは次回に!!

 

少々待ちくだされm(__)m💦

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2018年

8月

05日

カウンセラーもセラピストも必要ない世界が私の最終目標。そのためにセルフケアができる術を知ること。

「カウンセラーもセラピストも必要ない世界が私の最終目標。そのためにセルフケアができる術を知ること。」

 

☝本日のアメブロ記事、、、

 

今日はふと、、、気が付いたのですが、、、

そう言えば今までちゃんと伝えずに来たな、、、

 

って思ったので

改めてブログで書こうかなと、、、^^

自分をもっと深く知り本質に目覚めていくセミナー中川先生のSK勉強会&本質セミナー奈良で開催決定!

 

 

 

どうして、私が

中川先生を沖縄からお越しいただき

セミナーの主催をさせてほしいと願ったか、、、

 

 

 

中川先生のゼロリセットの投稿を

Facebookで見させて頂いたとき、

 

「これや!!!」

 

っと直感で思いました。

 

そして、こんな光景が浮かんだんです。 

 

 

この世界から

私のような職種の人間が必要なくなり

それぞれが自分で自分のケアが出来て

さらに誰かのケアも出来るようになれば、

 

社会全体、いえいえ国全体が

ほんわか温かい人々で

あふれるのではないか。。。

 

自然と損得関係なく助け合え、

必要なときに必要な手を差し出せる。 

 

誰かのせいにしたり

逆に自分を追い込んだりして

暗い表情になったりせず

明るくて皆が笑顔で生きている。 

 

勿論、生きていれば波は起こりますが、

その波も高波ではなく「ゼロリセット」によって

まるでサーフィンでもするかのように

誰もが軽く越えられる。 

 

そんな光景が浮かび上がったんです。 

 

カウンセラーになったころは

自分が子供を亡くしたときに

メンタルが弱り、そこからケアを受ける中で

徐々に今まで抑え込んでいたものが

生い立ちからのものだと知り

色々経てカウンセラーになり

 

まずは人間関係にしろ

夫婦関係にしろ

すべては自分の生い立ちから来る

 

「親子の関係のもつれ」

 

を見ることからだと。 

 

一つ一つの家庭の集まりが街であり

社会であり、、、

 

まずは半径3メートルから!! 

 

だから私は「親子関係」を中心とした

カウンセラーになった。 

 

日々クライアントさんのお話しを

聴かせて頂いて、

その方が楽になって自分の人生を

生きられるようになっていく姿を

見させて頂いて

私も元気を頂いておりますm(_ _)m 

 

そんな日常の中で

Facebookでご縁が繋がり、

中川先生の「ゼロリセット」

発見いたしました!! 

 

最初にも書いたように、

 

もうね、直感で 「これや!!! 」

 

って思ったんです。 

 

自分でセルフケアなんかできるわけない。 

必ず立会人である

カウンセラー、セラピストが必要だと。 

 

そう思い込んでいた。 

 

でも、中川先生の投稿や

ゼロリセットの詳細を見させて頂くと

直感はますます確信へと変わり、、、 

 

そして、しばらくして尊敬している

奈良で活躍されているヒーラーさんが

ゼロリセットを受講されたことを知りました。 

 

そしたら益々これはもう、どうにかして

中川先生を奈良へお呼びして

セミナーを開催していただけないかと、、、

 

むっちゃ勇気を振り絞って直訴し

開催できる運びとなりました!!

 

日々生きていれば

そりゃ色々ありますよね。

 

だけど、そんな時でも 

もしセルフでケア出来る方法を

知っていれば、、、 

 

自分の感情に振り回されなくてすむし 

逆に

相手の感情にも振り回されずにすむ。 

 

さすれば、当然

 

ある日突然

 

高波が襲って来た!! 

 

と今まで思っていた波も実は

高波ではなかった、、、 

 

ってことに気がつけるかもですね^^ 

今までとは180度違う

軽やかな生き方が出来るようになり

周りの景色も違って見えたり

集まってくる人や

ご縁が繋がる人も自然と変わってくる。 

 

なんてことも起こるんじゃないかと^^ 

 

私自身も勿論この先

クライアントさんのお話しを聴かせて頂く中で

まだまだ自分のケアが足りず

反応してしまうことがあるんです。 

 

勿論そこは横に置いて

お話しを聴かせて頂きますが

あとで、 その反応した部分を

セルフでケアできたら、

もっと自分自身

カウンセラーとして

セラピストとして 

クライアントさんに対し

 

介入するタイミングや言葉やワークが

 変わってくるのではないか…

 

とも思っています。 

 

最終目標は最初にも書いたように

私らのような職種の人間が

必要なくなること。

 

必要なくなるほど

幸せと笑顔が日本中にあふれ

広がっていくこと。 

 

そんな光景をマジで描いております^^

 

 8月29日、30日

二日連チャンで開催して頂ける

またとないスペシャルセミナー!!

 

ご一緒しませんか?(*^_^*)

 

自分をもっと深く知り本質に目覚めていくセミナー中川先生のSK勉強会&本質セミナー奈良で開催決定!

 

 

この二日間で

 

”何か”が起きて

”何か”が大きく動いて

”何か”が大きく変化する。

 

その”何か”は人によって

内容・中身は違うでしょう。

 

その”何か”を

あなたが自分で見つけてみてください^^

 

答えはいつも自分の中に…^^

 

お会いできますこと

楽しみにしております!!

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2018年

7月

29日

その弱者へ怒りを撒き散らす自分の姿、我が子へも堂々と見せることができますか?親子夫婦関係

「その弱者へ怒りを撒き散らす自分の姿

我が子へも堂々と見せることができますか?

親子夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事

 

 

先日女優の綾瀬はるかさん主演の

「義母と娘のブルース」 をみました。

 

第三話では

元キャリアウーマンの義母役の綾瀬さんが

運動会のPTA廃止運動を起こすという、、、

 

みられた方は

スッキリされたかもしれませんね^^

 

廃止を図ったことにおいてでは無く

親の姿として義母でありながら、、、

ここまで背筋を伸ばして

堂々とした姿を見せられるって

なかなかないよなと、、、

 

親が学校に対して、PTAの活動について

疑問に思うこと、結構あると思う。

そしてそれらは周りも思っているけど

怖くて言えない。

 

なぜなら

 

その疑問に思っていることを述べることで、

その親の子供がお友達から

仲間はずれにされたりする現実。

 

だから義母役の綾瀬さんが学校に来て

話すのを止めようと

必死で走って校長室に飛び込んだ娘は

こう言います。

 

「もう私が嫌われるようなことを

これ以上言わないで!!」

 

そしたら綾瀬さんが

しばらく間をおいてから

 

「先生、、、こんな言葉を

子供に言わせてしまってもいいのでしょうか?親が学校に対して何か、物を言えば

その子供は仲間はずれにされる。

だから長いものには

巻かれて生きていけばいいんだ。

だって、大好きなお父さんとお母さんが

そう言っていたんだから!!

………

私事ですが、私は一人娘に対して

そんな親の姿を見せたくはありません。

 

どうぞ、ここに座って私の提案を

お聞き願えませんか?」

 

こんな内容の言葉を校長先生と担任に

話しておられたと思います。

 

私の受け取り方なので、

ちょっと違うところもあるかも知れませんが。

 

結果的に会長から敵対されていた

義母の綾瀬さんは

今回運動会のお手伝い役を

一人でやってみた感想を素直に会長へ

 

これまでの功績を認め称賛し

その上で改善策を述べ

それに対し会長も心の変化が起きて

お互い手を取り合い仲良くなる。

 

という流れで終わります。

 

 

 

あのようなドラマの展開が

現実の父兄の間でも起こっているとは、、、

思いたくはありませんが、、、

 

当たらずとも遠からずな気もしております。

 

 

今日は何が言いたいかっていうとね、、、

 

その姿

我が子の前でも恥ずることなく

見せられますか?

 

ってことです。

 

 

先日、ある場所でこんな大人をみました。

 

 

その大人が怒鳴っていた相手は

恐らくバイトの若い10代の女性です。

 

 

ちなみにこの大人は男性で

50代前後のええオッサンです。

 

 

次の仕事の都合があるのか

こう言っておりました。

 

「はよせいや!こっちは時間ないねん!

領収書の切り方も知らんのか?

バーカ!

バーカ!

ほんまにアホ!

くそやなぁ~~~

とろいんじゃ!!!」

 

周りにわざと聞こえるように

怒鳴り散らしております。

 

「こっちは〇分の電車に乗らなアカンのじゃ!

タクシーはよ呼べや!」

 

 

ちなみに私は黙ってそのオッサンの顔を

マジマジと見ることも無く

全く聞こえていないふりして

待っておりました。

 

他のスタッフも手が空いていそうに無く

その娘は手を震わせながら

一人で戦っておりました。

 

泣きたいのも堪えておりました。

 

 

私はそのオッサンに聞こえるように

一緒にいた友人にこう言いました。

 

 

「自分の行動に責任がとれない

ええ年こいたオッサンって無様よね、、、

私が今いるところの部署の上がさぁ、

自分のミスも部下の私達のせいに

何でもする人でさぁ~…

ほんま勘弁して欲しいわ!

あんな人の為に一生懸命働こうなんて

これっぽっちも思わんわ!

だからそのオッサン可哀想に

誰からも慕われていなくて嫌われてて、、、

ほんと、ああいうオッサンみると可哀想で、、、同時に無様やなって同じ大人として

超恥ずかしい!!って心底思うわ!

幼少期に何かあったんやろうね、、、

ホンマに可哀想で無様な大人よ(笑)」

 

そのオッサン、

流石に自分のこと言われてると思たのか

メッチャ怖い顔して私の方見てましたが

何食わぬ顔して一緒にいた友人も

合わせてくれて

 

「おるおる!うちの親戚にもおるわぁ~~~

ホンマうっとうしいねん!

親戚の中でもその人嫌われてるわ~~~

でもさ、外面は良いのよね、、、

会社とか一歩出ると親戚とか家族とか

例えば食事先のお店のスタッフとかに

当たり散らすねん、、、

弱い男よね、、、かっこわるってマジ思う。

そのおじさんのお父さんも

そういう人やったらしいわ。

母親と子供をいっつも怒鳴り散らしてたって!

そういう大人しか見てないからよね、、、

私の子供達もそのオッサン

「大嫌い!」やって

「あんな大人にだけはなりたくない!」

って(笑)

うちの子供らは逆にあのおじさんを見て

あんな大人になりたくないって言うんやから

そうは言っても

ええモデルしてくれてはるわ!!(笑)」

 

「ああなるほどな!

そう捉えたら、その人ホンマは

ええ人やなぁ~~~(笑)」

 

二人大爆笑ですwww

 

もう、友人最高!!www

 

ほどなくして、そのオッサンはその場から

立ち去りました。

 

私達の順番が来て会計時

バイトの娘に言いました。

 

「怖かったねぇ~~~頑張った!!

貴方は何にも悪くないからね!!」

 

これが世の中です。

 

少なくともこの娘さんは社会に出る前に

こんな大人を知ることができたのは

考えようによっては

良かったのかもしれません。

 

私なんかは実家が商売してたので

「バイトするなら見せ手伝え!

これで食っていってるんやから!」

と言われていたので

バイトは一度もさせてもらえぬまま

社会に出たので

縦の繋がりも横の繋がりも

全く知らんままでした。

 

経験を奪われると結局苦労するのは

本人です。

 

考えようによってはこの娘さんは

痛い経験だったでしょうが

世の中にはこんな大人が居ることを

知れたのは良かったのかも知れないし

 

又同時に今回のことで

フォローしてくれる大人も居ることを

知れたかも知れません。

 

若い、性別の違う人を相手に

怒鳴り散らし

客という立場を利用し

自分の責任を棚上げする行為。

 

電車の時間とか分かってるのに

領収書を書いてもらう時間が必要で

タクシーも呼ばないけないと

分かっていながらギリギリまで

うだうだしてたのは自分。

 

それらすべてを他人を怒鳴り散らすことで

鬱憤をさらす行為。

 

 

 

その姿

 

我が子に見せられますか?

 

 

ということです。

 

 

そこまで自分の内側を追い込む前に

気付いて欲しいですね。

 

ため込んだ怒りは正当な相手に

返せれば良いのですが

それが出来ないのであれば

不当なやり方で吐き出したとしても

スッキリはしませんよ?

 

男性には男性にしか分からない社会での

抑圧もあるでしょう。

 

だからこそ、そう言うときは

同じ男性のセラピストから

セッションを受けるのも良いかと思います。

 

男性は幼い頃から言われ続けてきた言葉に「男のくせに泣くな!」は

結構ダントツに多いと思われます。

 

常に冷静に感情を乱さずに

問題を解決させることを求められる。

 

だから、女性のように感情的に

ものを言われると

自分たちには許されてこなかった行為だけに

怒りも湧く。

 

外で抑圧受けた分

弱いものにストレスを吐き出す。

 

感情を抑えて問題を解決することを

強いられてきた分、外で感情を露わにして

自分より弱い者をターゲットにして

怒りをまき散らす。

 

 

 

あるアニメの映画を制作された監督が

こんなことを言うてました。

 

「子供っていいな。

感情を思うままに表現できて…

自分はそれが出来ない大人に

なってしまったから、

映画の主人公達を使って

思う存分喜怒哀楽を表現している…」

 

そんな意味の言葉だったと思います。

 

これは何を意味するか?

 

 

感情の抑圧ですよね。

 

 

この冒頭にあげたオッサンも

会社ではこんな姿見せていない、、、

 

でしょうよ。

 

恐らく、

 

多分、

 

………だと思いたいわ。

 

 

会社でもこうやったらかなり痛い。(笑)

 

 

っま、ここでこういう会話をしてしまう

私と友人も、権威と権力への怒りが

まだまだあるってことですが💦

 

おっほっほ!!

 

 

 

今日は

 

「その弱者へ怒りを撒き散らす自分の姿

我が子へも堂々と見せることができますか?

親子・夫婦関係」

 

ってお話でした!!

 

自分には助けが無い。

 

自分には理解者もいない。

 

 

 

これは孤独ですよ。

 

でもその前に

 

 

自分は自分のことを

大切に出来ているんでしょうか?…

 

 

 

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

 

~告知~

 

その自分自身の経験から

 

その傷のケアをできるセミナー

二日連ちゃんで沖縄から

中川先生をお招きして奈良で初の

 

ゼロリセットセミナー開催します^^

 

壊れ切る前にいらしてください!!

壊れてなんかいない。

軽いんだけど、ケアしたいという方も

大歓迎!!

 

 

詳細はこちらから^^

 

「もしセルフでメンタルケアが出来たらどうでしょう?ゼロリセット&セルフ・ノウィング・ワークショップ」

 

 

「自分をもっと深く知り本質に目覚めていくセミナー中川先生のSK勉強会&本質セミナー奈良で開催決定!」

 

 

直感でピン!と来た方!

お待ちしております!(^^)!

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2018年

7月

19日

鹿島学園藤井寺校で講話させていただきました^^自分の人生にリーダーシップをとるとは?

7月12日大阪藤井寺市にあります鹿島学園にて
講話をさせていただきました。

本当はね7月6日に予定しておりましたが、大雨で警報が出て
記録的な豪雨。
それで延期となりました。
延期となった7月12日は1年前にも鹿島学園で
講話をさせて頂いた日と同じ日。
偶然ですね、、、
今日はこの日、感じたことをツラツラ書いてみたいと思います。
今回のテーマは「自分の人生にリーダーシップを取る」でした。
 約一時間半お話し、
そのあと個人的に何かあればどうぞと。(*^^*)
集まってくれた学生さんは12人。
当初予定していた日にアルバイトなどを調整して
お休みを取ってくれていた人もいたかもですが、、、
そして逆に、延期になったことで
来ることができた人もいたでしょうし、、、
いえいえ、先生から
「単位取得の意味でも参加した方が良い」と言われて
来てくれた人もいたでしょう。
通信制の学校なので毎日顔を合わす訳ではない生徒さんたち。
今日初めて顔を見る人同士でどこを見ていれば良いかと
緊張していた人もいたでしょう。
それでも、参加費を払って皆さん来てくださいました。
その一つ一つが自分で決めているんですね。
面倒くさいなとか思いながらでも、
「行く」と決めて自分の足で来てくれています。
極論言えば、その行動一つ一つ自分で決めて
行動しているということ。
Facebookでも、ちょろっと呟いたのですが
年齢は関係なくこの若い10代の学生さんたちは
私の経験していない経験をしている人ばかりです。
その経験が「あきらめる」という方向に走ることもあるでしょう。
怒っても仕方がない。
泣いても仕方がない。
だって
何も変わらないのだから。
痛い経験をした後、どうしてこうなってしまったのかと
時間の経過が悔やまれて
前をなかなか向けないでいる人もいるでしょう。
理不尽さに、もういい加減慣れてしまって、
世の中に対して
社会に対して
大人達に対して
見て見ぬ振りしてやりすごすことを覚えた人もいるでしょう。
尊敬できる大人など居ない中で
社会に出ることに恐怖を抱える。
それでも、講話の中では伝えきれなかったのですが、、、
大丈夫!!
プロセスだからね。
その先に成長した自分に出会える。^^
たった一回の小一時間では
どこまで伝え切れたかは分からないけれど、、、
私の失敗談を中心に話をさせていただきました^^
一人一人、一言ずつ数回話をしてもらったのですが
それよりも講話の後の個人的な会話の方が
どの人も自分を出してくれて^^
そして私の方でも新たな発見もあり、有難い時間でした。
ちょっと最後に、、、
Facebookで繋がっている奈良の学園前の高落伸ちゃんが、、、
伸ちゃんって言っても、私と同じく、ええオッサンですがwww
(あ、ですが尊敬するセラピストでもあります!!)
こんなことを先日呟いておりました。
いわゆる人生の目的とか、
世間の中でうまく生きてゆける自信とか、
そういうのは未だにないままだが、
いつの間にか、なくても良いと思うようになった。
実際、なくても不自由しないし、かえって自由な気さえする。
目的や自信はあっても良いが、
それらがないことに気を取られつづけて気に病む必要もない。‬
これを見て私はシェアするときにこんな風に呟いております。
これ、若い人の多くが悩んでいること!!!
伸ちゃんや、私みたいな
年齢のオッサン、おばはんでも
これやねんから、若い人に伝えたいね~ーー!!!

読んで!

若い人!

てか、年齢関係ないけど!(笑)
こうでなければならないとか
ああしなければならないとか
あんな風でいなければいけないとか
そういう決まりって、そもそもないんだけど、、、
なんでそういう風に思うようになってしまったんやろうかね、、、
そんな自由さえないってことにしてしまっている、、、
この解放が実は難しいんだよね、、、
これ若い人に言ったらその人によるけど、泣きながら怒りそう。。。
「そんな自由はそもそも最初から私達には無いんだ」と。
私のべっぴん娘も関東におられる
空耳アワーで有名なセラピスト(笑)
「自由」について書いてるブログに対してや
トーク会に私が参加した時にゆうじさんに伝言を託し
怒ってましたね、、、
「そんな自由はそもそも最初から私達には無いねん!!」
学校という枠の中で行事があったりして
嫌なクラスメートが居ても関わらないわけにはいかない。
 
自分だけ出来ないとか無理とか言えない。
 
皆我慢してやってるんだから、、、体調悪くても言えない。
それでも段々に伝われば良いなと思います^^
今は分からなくても少しずつ^^
(周りも不自由だからね、、、)
それは自分に対して色々決めごとやジャッジを
与え続けてきた過去が、なかなか許さないでしょうし
許可も与えないでしょう。
沢山の鎧を身にまとい、不自由を自分に強いていることさえ
気が付けぬままかもしれない。
自分を解放するってことは、自分を大事にすることだし、
自分を大事にできるようになるってことは
他人に対しても自然に大事にできるようになるってこと。
これがわかるまでに、このおばはんも随分時間がかかりました。
高校生諸君!
10代のうちに浸透しなくてもいいから
頭の片隅にでも置いといてね^^
今日は
「鹿島学園藤井寺校で講話させていただきました^^自分の人生にリーダーシップをとるとは?」
ってお話でした^^
この年になって思うのは(今年50)
自分の周りに尊敬できる人が数名いてることの有難さ。
大勢でなくていい。
数名でいいんだよ。
その方々が居てくれるだけで勇気が持てるから^^
☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡
~告知~
その自分自身の経験から

 

その傷のケアをできるセミナー

二日連ちゃんで沖縄から

中川先生をお招きして奈良で初の

 

ゼロリセットセミナー開催します^^

 

壊れ切る前にいらしてください!!

壊れてなんかいない。

軽いんだけど、ケアしたいという方も

大歓迎!!

 

 

詳細はこちらから^^

 

「もしセルフでメンタルケアが出来たらどうでしょう?ゼロリセット&セルフ・ノウィング・ワークショップ」

 

 

「自分をもっと深く知り本質に目覚めていくセミナー中川先生のSK勉強会&本質セミナー奈良で開催決定!」

 

 

直感でピン!と来た方!

お待ちしております!(^^)!

 

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2018年

7月

14日

悪役を演じてくれる人がいるから光が分かる。ただ、、、強烈だと光を感じる前に壊れる。親子・夫婦関係

「悪役を演じてくれる人がいるから光が分かる。ただ、、、強烈だと光を感じる前に壊れる。親子・夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

今日はプライベートです。

なのでツラツラと書きます。

 

先日久しぶりに京都の先生のところで

ヒーリングの研修に行ってきました^^

 

 

 

 

お寺なのでバックが阿弥陀様です^^

休憩が入るとボードに

何時から開始と書かれます^^

 

ここで開かれたコンストレーションの内容は

開示できませんが

この場に参加することができて

感じたことを今回は書きたくなりました。

 

ヒーリングコースは3か月に一回のペースで

二日連ちゃんであって

三日目は二日のうちどちらか参加された方

対象に質疑応答の時間を

多くとってくださいます。

 

なので、この京都の先生に出会った頃は

三日連続で奈良から京都まで

朝8時過ぎに出て帰宅が21時ごろで

ヘロヘロになりながら通っていました(笑)

 

とにかく先生から吸収したいものが

沢山あって行くたびに深い学びが

得られるので、いい意味でアリジゴクです(笑)

 

知れば知るほど己の無知を知る。

 

そんな感じです(笑)

 

とはいうものの主婦にとって朝8時に家を出て

帰宅が21時が三日続くのは

家事投げないと出来ません(笑)

 

ここ最近は三日続けてい行く時間が

取れなくなり一日だけでも

参加させていただいております^^

 

久しぶりにお仲間にも会えて元気チャージ^^

 

ロールプレイのグループセッションでは

ファシリテーターの方が

エリクソン大好きな方で

彼女の口から出てくる言葉はとっても響ます。

 

言葉が響くとは同じ言葉を出していても

その中に何かが詰まっていないと

響かないんですよね。

 

ただ言うてるだけの言葉には恐らく誰もが

敏感に感じ取り響くところか

怒りが出てく人も

いるのではないでしょうか、、、

 

それは、その人の中にある傷とも連動する。

 


メンタルの軽い人、重い人って

表現することあるんだけど

軽い人には重い人のこと

理解しがたいと思うんだよ。

 

だからブログも重い内容だと

避ける傾向がある。

 

でも本当は、ひょっとすると

軽いと思っているけど実は

重いのかもしれないよね?

 

それを見ることで

引っ張られるのが面倒だから

そして

その重いメンタルの経験はあるけど

そこを見ないようにして生き延びてきたから

そうすることでしか生き延びれなかったから

見ないようにして

思い出さないようにして

感じないようにして

避けているのかもしれない。

 

まぁ、それもアリですけどね、、、

 

だけれども、、、

なぜだか日常うまくいかない…

ちょっとしたストレスを日々感じながらも

見逃している。

 

そこにはその人の奥深くにある傷が

立ちはだかっているんだと思うんです。

 

機能不全の家族の中で育った人にとっては

人と対峙することは至難の業です。

 

サバイバーですもの。

 

誰も自分にとって味方が居ないと感じます。

 

 

それでも世の中でうまく生き延びていくために

一生懸命頑張るんですよ。

 

 

去年ね、ある通信制の高校へ

講話をさせていただいたときのこと。

 

 

ある青年が「人が怖い」って言ったんです。

 

 

怖いよね。

 

とっても正直に言ってくれて私は嬉しかったね。

 

 

怖いですよ。

 

 

その怖さ、どこから来てるのか

それを直面化させることは避けましたが

 

「私も怖いよ^^こうしてお話しててもね

生徒さんたちはどう思いながら

聞いてくれてるんだろうかって

評価が気になる自分も居てる。

この内容でいいのか?

この語りでいいのか?

瞬間的に決断しながら話してるから。」

 

この私の恐怖も過去の経験からのもの。

 

この経験、、、

 

 

例えば

 

先生

 

って漢字は

 

先に生まれる

 

と書いて先生。

 

だけど、若い人よりも確かに

沢山経験してるかもしれないけれど、、、

だからと言って、彼らと自分の人生経験は

どっちが壮絶かは謎です。

(いや、別にここで

比較することはないんだけどね。)

 

私の知らない経験のキャバを超えた経験を

この若い年齢で乗り越えてきている生徒さんは

沢山いますし、それを私は知っています。

 

傷って言うのはね、誰かと比較して

上とか下とかジャッジするもんでもない。

 

だけれども、私が生きてきた中で

受けてきた傷と

今目の前で語っているクライアントさんが

受けてきた傷は違う。

 

上とか下とかじゃなく比較ではなく

 

違う

 

ということです。

 

その違うという傷に対して敬意を払い

そこに正直言えば恐れも感じます。

 

私の経験の無い経験をされて

生き延びてこられた方に対して

軽はずみな言葉で介入しようとは

思いません。

 

ただ、お話を伺い

その人の中に入ってみる。

 

そうすることで、どんな感覚で何を感じて

言葉で表現するとしたらどんな言葉が

適切だろうか、、、

 

てなことは私なりにですが

常に感じながらいます。

 

だから、目の前にいて

目の前にいない感じに近いかもしれません。

 

そうしなければ、言葉の中に

何も入っていないものを

送ってしまいかねない恐れを

いつも感じます。

 

それでも、最終的に

そのメンタルをケアできるのは、、、

 

自分だけなんですよ。

 

私らがどうにかできるもんじゃなくて、、、

 

お手伝いしかできないんです。

 

今回のヒーリングコースで

先生の口から思わず出た言葉。

 

「踏ん張れ!しゃがみ込むな!立て!」

 

今回は見ている私も

ずっと泣いてました。

自分とリンクする部分が多くて。

そして

毎度京都の先生の愛は厚い。

(熱いでも暑いでもないよ。厚いのです。)

 

その踏ん張りどころで

手伝うことしかできないんですね。

 

ああ、出産に近いかもね、、、

 

本来私の中でいつも理想とするのは

大人たちの自分の傷のケアを

最優先にしてほしいと願っています。

 

そこをケアすることで

その大人の周りにいる若い人に

傷を擦り付けずに対応できるように

なるだろうから。

 

だけど、だからってね

どの大人も傷のケアをして

若い人に対応できるのがいいとは、、、

正直思ってもいない。

 

傷を与える大人がいるから

その役割を演じてくれている大人がいるから

別の所から光を与えられたとき

その光を感じることができるんだし

その経験は宝でもあります。

 

だから自分の人生全てを

否定しないでほしいのね。

 

それ含めたその人の人生は

その経験が生かされるときが

きっと来るんだから。

 

そうやってケアしあえる地球人で

あってほしいなと思います。

 

今日はスケールでかくなりましたwww

 

経験って、年齢で上とか下とかないし

もっと言うなら

経験って、内容に対しても

上とか下とかもないの。

 

それ感じるとしたら

他人がジャッジするんじゃなくて

自分に対して自分が決めること。

 

そしてどの人の人生も

お互い包みあえる関係が良いな^^

 

 

その自分自身の経験から

 

その傷のケアをできるセミナー

二日連ちゃんで沖縄から

中川先生をお招きして奈良で初の

 

ゼロリセットセミナー開催します^^

 

壊れ切る前にいらしてください!!

壊れてなんかいない。

軽いんだけど、ケアしたいという方も

大歓迎!!

 

 

詳細はこちらから^^

 

「もしセルフでメンタルケアが出来たらどうでしょう?ゼロリセット&セルフ・ノウィング・ワークショップ」

 

 

 

「自分をもっと深く知り本質に目覚めていくセミナー中川先生のSK勉強会&本質セミナー奈良で開催決定!」

 

 

直感でピン!と来た方!

お待ちしております!(^^)!

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2018年

7月

05日

豆腐のメンタルでは理論武装しても守り切れはしない。ならばどうすればいいか?親子・夫婦関係

先日もFacebookで投稿させていただきました^^
中川先生のゼロリセットセミナーの入門編DVD^^

 

かなり端折っていると思われますが、それでも伝わりました^^
Facebookで投稿させていただいた内容です⇓
~~~~~~~~~~~~

昨日やっと
ゼロリセットの入門編の、DVDを観たのですが、

 

なるほどなと、、、

中川先生は心理だけではなく
宇宙のこと地球のこと、そして人間のこと

 

なんで人間は宇宙と繋がっているのか?

 

などなど分かりやすく説明してくださっていました。

宇宙の引き寄せの法則系の本も沢山あるけど

ああ、なるほどぉ~~~

って腑に落ちる。

中川先生にピン!ときて
直訴したのは
共鳴したのかもしれません。
(*^^*)

理論武装していると
なかなか伝わりにくいやろね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

理論武装。

仮に自分の内側のメンタルが

ガラスとか豆腐のメンタルだとした場合。

 

それを守るために一生懸命理詰めで相手を攻撃して

自分の正しさを主張します。

 

誰がそんなことを言ったのか?

それを誰が見たのか?

科学的根拠はどこにある?

それは法律で決まっているのか?

 

 

上は例えばですけど、、、(^^ゞ

 

いつだって自分の言葉を認めてもらえなかったり

誰かと比較されてきたり

常に信じてもらえなかったり

バカにされてきたり

お前が悪いと言われ続けたり

そうやって劣等感を植え付けられた人は

他人をバカにし、見下し、差別し、

常に自分が偉くて上だと

 

アピールします。

 

そして、こんなに自分は頑張ってきたんだと。

 

だから、まず否定から入るんです。

 

「どうせお前なんかこの程度しかできひんやろ?」 と。

 

そうすることで自分が上だと自分の中で立証する。

 

けれど、自分が思っているほど周りは認めてくれはしない。

 

気が付けば自分の周りから人が居なくなり

どうしていつも私は独りぼっち???

誰も私のことなんか認めてくれない。

誰も私のことなんか理解してくれない。

 

 

って、、、また怒りで一杯になり人を信頼できなくなるんです。

 

アイツに傷つけられた。

また裏切られた。

 

ってなる。

 

ひどいとね、、、

社会に自分の存在を分からせるために、

やってはいけない行為にまで行きかねないんです、、、

 

そして、そうやって助けを外に求めます。

 

 

 

心癖ってあるでしょ?

 

相手が自分をどう思っているか試す。

もし自分に対して○○って思ってるなら

こういう行動をとるはずだ。 と。

 

そしてその通りに相手が行動したり発言したりしないと

裏切りにあった!

とか

人間不信に陥り引きこもる。

もしくは

心を貝のように閉じます。

 

かといって嫌われたくはないし

人から尊敬されたいし

人気者になりたいって思ったりもするし

良い人でも居たいので、、、

周りに気を使い自分の時間を費やし

帰宅すると、どっと疲れが出る。

 

だから気持ちの浮き沈みが激しくて

時々切れて周りに火の粉を散らします。

 

そんなだから、あとでまた周りにどう思われただろうと

不安に襲われ他人のちょっとした態度や行動を一々気にして

 

自分をアイツはバカにしてるんだ!

舐めてる!!

 

って怒りと落ち込みの負の連鎖です。

 

 

 

それらは全て過去の出来事からの傷が再浮上した状態。

 

それをケアできるのは自分だけです。

 

そしてそれらは全て

あなたに何らかの気付きを与えてくれている

大切な宝でもある「経験達」です。

 

 

その自分自身の経験からその傷のケアができるセミナー

二日連ちゃんで沖縄から中川先生をお招きして奈良で初の

「ゼロリセットセミナー」 開催します^^

 

詳細はこちらから^^

 

 

「もしセルフでメンタルケアが出来たらどうでしょう?ゼロリセット&セルフ・ノウィング・ワークショップ」

 

 

 

「自分をもっと深く知り本質に目覚めていくセミナー中川先生のSK勉強会&本質セミナー奈良で開催決定!」

 

 

直感でピン!と来た方!

お待ちしております!(^^)!

 

自分の人生にリーダーシップ取りましょう!!^^

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

応援クリ
0 コメント

2018年

6月

29日

自分をもっと深く知り本質に目覚めていくセミナー中川先生のSK勉強会&本質セミナー奈良で開催決定!

前回のブログで中川先生のゼロリセット取得セミナーについて

投稿しました^^

 

実は、、、中川先生のセミナー

一日だけではありません!!

ナント( ..)φメモメモ

二日目もあります!!

 

二日目のセミナーは一日目のセミナーに参加された方

もしくは

過去に何処かで同じセミナーを受講された方

限定になります。

 

ただし、午後13時からの「本質セミナー」は

どなたでも参加できます^^

 

今回もFacebookのイベントに投稿した内容と同じ内容を

アメブロでも告知させていただきますね^^

 

すでにFacebookのイベント告知を見てくださった方々から

両日の参加表明の連絡をいただいております^^

 

ありがとうございます!!!(^^)!

 

一日目のゼロリセットと自分を知ることを学んだあと

二日目のセミナーではさらに自分を知ることを深めていきます。

 

それを知ることで問題の書き換えもスムーズになり

問題が跡形もなく消えていくことを

体感されていくのではないでしょうか、、、

 

そして自分の本質を知っていく流れとなります^^

 

 

 

 

詳細は中川先生の言葉をお借りして

Facebookでイベント告知した内容を

以下に記しますね^^

 

 

 

中川先生を奈良にお招きし、前日の8月29日水曜日の

 

 

に引き続き
「sk勉強会&本質セミナー」
を主催させていただくご縁をいただきました
ふじたカウンセリングの藤田侑杏恵です。

※このセミナーは前日の
「ゼロリセット&セルフ・ノウイング・ワークショップ」に
参加された方、又は過去にこのセミナーを
受講したことがある方が対象になります。
但し、午後からの本質セミナーはどなたでも参加できます。
「本質セミナー」だけ参加したい方は
午後13時からお越しくださいませ^^


では、以下に詳細です。
中川先生のプロフィールはこちら
★SK勉強会
「セルフ・ノウイング勉強会」は、
「セルフ・ノウイング・ワークショップ」に
ご参加くださった方限定の勉強会で、何度でも参加できます。

そして、「セルフ・ノウイング・ワークショップ」は、
「ライフ・プログラム・ヒーリング」か、
「ゼロリセット修得セミナー」
ご参加くださった方限定のワークショップです。

ワークショップでは、自分を知ることと、
自分が深層で思っている信念を見抜くことを中心に、
メソッドを体得して頂きます。

勉強会では、
無自覚に自分のことを下げたり、
無自覚に抵抗感のあることを述べてしまいますが、
その背景にある信念を、みんなで見抜き合います。^^

これはすごく楽しい時間となり、笑いながら、
「あ、ホントだ!」と気づきます。

条件が整ったら幸せになるのではなく、根本原理として、
「自分を知って」周波数が高くなるから条件が整うのです。

★私たちは、億万長者になる為に
見守ってもらっているのでしょうか?
  http://mothership.ti-da.net/e8917901.html


勉強会はその部分に特化しており、自分を知ることで、
楽で軽くてスムーズになってゆくことを
体感いただく楽しい時間です。

これまでの実績としては、
大体2回~4回来ていただいた全員が、
自分で自分のことを当たり前に見抜けるようになります。

すると、その効果として、
もう無自覚に自分にブレーキをかけていることは終わり、
自覚してブレーキを外せる自分にシフトしてゆきます。

毎月開催していますので、ご興味あれば、
お待ちしておりますね!


「自分でゼロになれる」ということは、
「人生で一番大切な日常」が圧倒的に楽になるという、
とても素晴らしいことです!!

ちなみに、最初の勉強会の主旨を下記のブログに書いています。

  ★プロ向けセルフ・ノウイング勉強会:
  http://mothership.ti-da.net/e8263960.html


深く体得されたい方や、直観あります方は、お待ちしております!

丁寧なご指導を心掛けております。^^

ご縁をありがとうございます。

全てに感謝


(午後から)⇓
★本質セミナー
★あなたがあなたを愛するだけでうまくいく
★本質に目覚めるセミナー

== 人生の仕組みとは? ==

みな、一生懸命に生きている最中に、ふとしたキッカケから、
何かを思い出すように不思議なスイッチが入る。

教えられていないのに、常識の歪みに気づき、
本来の目的が見え始める。

愛の学びの中では人類全員が正しいことを理解し、
全ての植物・動物・鉱物と、母なる地球に愛しさを感じ始める。

自分の光を育て、
その光を使いたいと感じる取り組みに奉仕をしたくなる。

それは生き方であり、感じてしまったら、もう後戻りはできない。

そんな何かを思い出した人は、ソバ屋さんにも、花屋さんにも、
海人さんにも、道路工事の人にも、サラリーマンにもいる。

そして、思い出しているプロセスの最中、自分の頭は混乱し、
職場では変わった人に思われてゆく。

そのギャップをうまく整理できないことは、
僕自身が山ほど経験しました。

「何か感じている」けどモヤモヤしている方や、
「どこか目覚めかけている」ように感じる方に、
お伝えしたいことがあります。

それは、僕の15年分の学びを纏めたものですが、
きっとあなたのお役に立つと感じています。

或いは、既にライトワークをされている方にとっても、
次元・宇宙・地球について
整理された基盤をお渡しすることになるので、
参加された方はみな、
「自分の持っていたパズルのピースがキレイにはまりました」
とおっしゃります。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

「私たちはひとつに繋がっている」

だから、あなたがあなたを愛するだけで、うまくいく!

========================

      < 本質に目覚めるセミナー >

      ~♪ 人生の仕組みとは? ♪~

========================

地球の磁場層の中で、私たちの意識は
「ひとつ」に繋がっています。

その仕組みから、私たちは、
お互いに良い影響を与え合うことができます。

私たち一人一人が自分を愛し、
ハートの内側をクリアにすることで、
繋がっている磁場層もクリアに戻り、
地上の現象も穏やかに、全てが少しづつ整ってゆきます。

宇宙全体を眺める大きな視点を伝授して、
ハートで「あなたとこの世界の繋がり」を感じて頂きます。

何のためにココに居るのか、
あなたが持っているパズルのピースがはまり、ロックが外れます!

本質に目覚める、魂に響く「いのち」の話し。

本当のあなたは壮大な背景の中にいます。

直感がありましたら、どうぞお越し下さい!

ありがとうございます。


このセミナーは、2007年より開催していた
「本質に戻るワーク」「人生のバランスワーク」
「マザーシップ・ライフ・マスタリー・スクール」で
講義していた内容に近いものです。

或いは、近年では
「アース・フィールド・クリーナー(地球磁場を浄化する人)」
という名称で講義していた内容に近いものです。

天地統一体セミナーが
ドッシリと生きる為に必要な「コア」とするなら、
このセミナーは、
どうして浄化が重要なのかを知り、
さらに揺るぎなくドッシリと生きる為に必要な
「バックボーン」となる宇宙観をお伝えして
感じて頂くものになります。

僕は、15年ほど精神世界の勉強をしてきて
「コアとバックボーン」の両方をご提供させていただくことで、
ひとつの到達点に来た感覚があり、ワクワクしています。

マザーシップの願いは、
クイックに人の心をゼロポイントに戻す、ということです。

多くの人が本質的に目覚めてゆく喜びを、
分かち合いたいと思っています。

今までも、そのルートから外れているものには
全く興味がありませんでした。

ヒトは、本来目覚めていて当たり前であり、
その生き方の中に全てがあります。

やがて、多くの人にとって、そのような価値観が
一般的になるのだと感じています。

それぞれの流れですから、
みんなそれぞれの「時点」を楽しく味わいましょう!

ピンときた方は、
あなたの内側が送ってきた直感を信じてあげてください。

お待ちしております。^^

ご縁をありがとうございます。

全てに感謝

マザーシップ 中川角司&コカ

================
開催日時 8月30日木曜日
午前9時から午後18時 途中お昼休憩1時間挟みます。
参加費 13500円+お部屋レンタル代
本質セミナーのみの参加の方は 10000円+お部屋レンタル代
本質セミナー再受講の方 3000円+お部屋レンタル代
SK勉強会&本質セミナー両方再受講の方
6500円+お部屋レンタル代  
  
持物  筆記用具+楽な服装

講師  中川角司 (ゼロ・リセット指導者) 

開催場所 参加表明された方のみお知らせいたします。
(近鉄奈良駅から徒歩で5分ほどの所を予定しております。
お部屋をお借りするのに皆様にご負担いただくことを
ご了承願いますm(__)m(1000円以内)
参加者人数が多いほど負担金額はもう少しお安くできます。
その際はお知らせいたします。)


参加希望の方は
smile.hichiinaso36@gmail.com

 


題名「Sk勉強会&本質セミナー」
メッセージ
お名前 
携帯番号
※再受講の場合どちらで受講されたか、
お手数ですがお知らせください。
懇親会参加有無

参加費は当日
お釣りのないようにご用意願いますm(__)m

それでは、沢山のご参加!
心よりお待ちしております!!
一緒にこの先の人生を楽に楽しみながら生きるメゾットを
ゲットしに参りましょう!!

ふじたカウンセリング 藤田侑杏恵

ふじたカウンセリングFacebook

0 コメント

2018年

6月

25日

もしセルフでメンタルケアができたらどうでしょう?ゼロリセット&セルフ・ノウィング・ワークショップ

スモールストマック「SS健康法」を精力的に広められた

沖縄の中川先生。

セルフでメンタルケアをできてしまう方法を伝授されている

中川先生のゼロリセット&セルフ・ノウィング・ワークショップの

主催をさせていただくことになりました^^

 

昨日Facebookにてイベント告知させていただきましたが

amebloでも告知させていただきたく

投稿させていただきますね!!

 

正直言ってですね、、、中川先生のような方に

セルフでメンタルケアできる方法を伝授されたらね

私らみたいな職の人は必要なくなるから困るんですwww

 

でもね、独りでも多くの方が自分でケア出来たら

何が起こると思います?

 

ね?

 

ワクワクしませんか?

 

そんなわけで、私も

 

そんな世界が広がったらいいな!!

 

その為には

 

まずは自分の周りから!!

この住んでる土地、奈良県民から!!

勿論、他府県大歓迎!!

 

ってことで主催させてください!!

 

って直訴しました!!

そして

中川先生、快諾してくださいました(*^-^*)

 

 

以下は昨日投稿させていただいた内容です^^

長いですが、ピン!っと来られた方お越しくだされ!!

 

 

奈良に中川先生をお招きして
「ゼロリセット&セルフ・ノウイング・ワークショップ」の
主催をさせていただくご縁をいただきました
ふじたカウンセリングの藤田侑杏恵です。

中川先生のセミナーはあっという間に満席になってしまいます。
その為今回少し広いお部屋をご用意させていただきました。

中川先生のプロフィール


私のところには親子関係などの悩みを抱えてこられる
クライアントさんが多く来られます。

セルフで自分のメンタルをケアが出来たら
こんな素晴らしいことはないと思いませんか?

中川先生の最愛の奥様を見送られたときのことも
後半に記させていただきました。

傷とは様々にあります。

私自身も我が子を亡くす経験をしました。

どんな傷であろうとも自分でケア出来たなら
自分の人生をこの先、生きてく上で
大きく、前に進む自信と勇気が持てるのではないだろうか。

あなたのその傷もです^^

では、中川先生のセミナーを受けることで
どんな素晴らしいご利益があるのか?

セミナーの内容は以下に記しましたのでご興味がある方は
この機会に是非ご参加くださいませ!!


★全てを許す生き方★ゼロ・リセット修得セミナー!
★もう感情に困らない★ゼロ・リセット修得セミナー!

== シンプルでパワフルな新しい時代のメソッド ==

「許す」とは、自分が掴んでいるネガティブな想いを手放して
楽な状態に解放されることです。

「全てを許す生き方」とは、出来事に対する想いや、
相手に対する想いを、その場で瞬時に許す生き方です。

ゼロ・リセットは、「出来事」から生まれた感情系の想いを
数秒で消してしまう画期的な方法です。

このセミナーでは、「ゼロ・リセット」が
全員出来るようになります。

人生を変えてみませんか?

  =====================

  セルフ・クリーニング技法「ゼロ・リセット」修得セミナー

        ~♪ 全てを許す生き方 ♪~

  =====================

人生には常に「出来事」が起こり、その選択は
「許すか・執着するか(手放すか・掴むか)」のどちらかです。

「許す」とは、自分が掴んでいるネガティブな想いを手放して、
楽な状態に解放されることです。

出来事から生まれた「感情もわだかまりも信念も」、
記憶層から無意識に選択した自分のオリジナルの反応です。

つまり、反応そのものが「あなた」です。

「あなたを知った」なら、知るに至った想いを
手放す(許す)ことで、スムーズに次の課題に進みます。

人生は、「自分を知り」、「自分を大切にする」ドラマで、
そのプロセスの中で「愛を学んでいる」80年です。

何が起きても瞬時に自分を知り、瞬時に全てを許すことは、
宇宙と同調しています。

出来事のあと、「頭では分かっているのに釈然としない」のは、
思考レベルではクリアしていても、
感情レベルで反応が残っていますので、
これが許せない原因です。

思考系(思い込み・信念・知性)の
バランスを取ることに慣れていても、
感情系(情緒・体感・欲望)で
バランスを崩されるのが実情だと思います。

ネガティブ感情はコントロールするものでもなく、
お付き合いするものでもなく、

消すものです!

巻き込まれる程のネガティブ感情でさえ消すことができ、
瞬時に消す手法を「ゼロ・リセット」といいます。

ゼロ・リセットは、「出来事」から生まれた感情系の想いを
数秒で消してしまう画期的な方法です。

体感が伴う感情の一例:

  ●ワナワナ震えている
  ●何かが詰まっている苦しさ
  ●ハートにヒビが入った
  ●ドヨンとした重さ
  ●気持ち悪くて吐きたい感じ
  ●グサッときた痛み

その体感も含めて、長時間かけてジンワリと消えるのではなくて、まるで手品のように消えてしまいます。

呆気にとられるように、肩透かしを食らうように、
キツネにつままれるように、消えてしまいます。

えっ?・・・・ ワオ、消えちゃったぁ~!

それはある意味衝撃で、それはある意味感動です。

そして、セミナーでは、思考系の想いを消す方法も伝授します。

自分を弱める信念は厄介ですが、
思い込みとして定着する前に消してしまいましょう。

ポイントは、「こんな思い込みがあったのか」というのは、
過去のどこかの出来事が創りだしたものとして
丁寧に消すしかありません。

しかし、今からは、
出来事に遭遇して信念が創りだされたとしても、
思い込みとして定着する前に
全てを許してしまう生き方に切り替えることです。

「全てを許す生き方」とは、出来事に対する想いや、
相手に対する想いを、その場で瞬時に許す生き方です。

そして、思考系(思い込み・信念・知性)と、
感情系(情緒・体感・欲望)の、両方を手放すことで、
本当の許しに至ります。

ゼロ・リセットは、ご指導した直後から
即座に使えるようになります。

あなたの人生を解放してください。

難しいことは一切なく、瞬間瞬間を感じて、
シンプルに手放してゼロに戻るだけ。

私たちは、地球の磁場を共有して
集合意識を創り上げている住人であり、
一人ひとりの意識は集合意識を変容させる力を持ちます。

あなたは全てを許して自分に愛をかけてあげることで、
集合意識を浄化していることになります。

素晴らしいと思いませんか?

全てを許すあなたには、
地球の未来を明るくさせる力があるのです。

下記の様な方々にマッチするセミナーです。

  ●人生を軽くしたい方
  ●心の浄化に興味がある方
  ●地球と共に生きる方
  ●ありのまま楽に生きたい方
  ●人生を想い通りに進みたい方

このセミナーでは、下記の内容が出来るようにご指導いたします。

  ●ネガティブ感情の消し方
  ●わだかまりの消し方
  ●ネガティブ信念の消し方
  ●ポジティブな自分に戻す方法
  ●自分に愛をかけてあげる方法

感情を消してしまう人生に慣れてしまうと、
もう感情に巻き込まる必要はありません。

どうぞ、このチャンスを活かして下さい!

僕は、妻を亡くした人生最悪の状況下、
寂しさや悲しみの感情が出るたびに、即座に
「ゼロ・リセットする習慣」を身に付けました。

妻を亡くした方は、通常、「1年以上悲しみにくれる」ことが
常識のようですが、僕は3ヶ月ほどで、
ほぼ普通のメンタルに戻りました。

ゼロ・リセットは、僕の実体験からお勧めいたします。

この記事の最後の方に、僕が「いつ」ゼロ・リセットを
コカさんから教えてもらったかの状況について書いてみます。

コカさん直伝の感情の瞬間抹消手法「ゼロ・リセット」は、
本当に体感で気持ち悪くなっているエネルギーでも、
キツネにつままれたように、
胃もたれの際「液キャベ」を飲んだ如くスッキリと消えます。

直感でご参加ください。お待ちしております。

このセミナーでは、「ゼロ・リセット」が
全員出来るようになります。

出来事も相手も許して、自分に愛をかけて、
地球も軽くしちゃいましょう!

さらに、ゼロに戻ったあなたをポジティブに戻す方法と、
その後で、あなたから、
あなた自身に愛をかけてあげる方法も伝授いたします。

♪ 人生を変えてみませんか?
 
<♪ ゼロ・リセット伝授秘話 ♪>

僕が「いつ」ゼロ・リセットをコカさんから教えてもらったかの
状況について書いてみます。

まず、前提として、コカさんの生前は、
ゼロリセットについて僕は教えてもらっていませんでした。

その存在は知っていましたが、言葉で説明をうけても、
よく分からなかったというのが実情です。

下記は、初めて公に書く内容ですが、
僕はコカさんが亡くなった翌日に、
ある方から下記のようなメールを頂きました。

  ========
  『そんなにも最愛の人が亡くなったというのに、
   どうしてあなたは、淡々とブログを書けるのですか?
   あなたは本当に奥さんを愛していたのですか?
   あなたは本当に悲しんでいるのですか?
   単に注目されたいのですか?』
  ========

あの<最初のブログ>は「お知らせしなくては!」との気持ちで、5時間ほどかけて、ヘロヘロになりながら書きました。

その数時間後で、コカさんの亡骸を病院から受け取って
搬送している際に到着したメールでした。

妻を亡くした翌日にまさかこのような内容を頂くとは
思いもよらなかったので、激しく落ちていた気持ちが、
一転、激しく怒りに包まれました。

その際、搬送しているコカさんにコンタクトしました。

  『この出来事、あまりにも違和感があるよね。
   これ、コカちゃんが演出してるでしょ?
   一人の方を悪者にして、僕の感情を出してるでしょ?
   だったら、僕のとてつもなく凄い怒りの感情を、
   コカちゃんのやってた手法で消すから教えて!』

すると、即座にコカさんから、ゼロリセットのやり方が
映像で送られてきました。

僕は車を運転中でしたが、その映像通りにやったら、
怒りで肩がパンパンに張って
やりどころに困っていたエネルギーが、
本当に「一瞬」で消えました。

信じれない!!

人生の最悪の状況で立ち上がった燃え上がるほどの
「怒りの感情」は数秒で消えてしまい、
張っていた肩も楽に戻りました。

これがコカさんの棺を乗せる車を
追いかけている高速道路の中で起きた衝撃です。

一文字の説明もせず、一発で確信を見せてくれました。

さすがコカさん!!

後日、しばらくして、恐ろしいほどの後悔や、
死んでしまいたいほどの自責が出た際に、
再びコカさんに聴くと、
貯め込んでいた古いエネルギーも消えると教えてくれました。

高速道路の怒りはフレッシュなエネルギーで、爽快に消えますが、貯め込んでいた古いエネルギーは腐っているようで、
消えた後で、肉体反応として吐きました。

そして、その後は完全にスッキリです。

ゼロ・リセットの手法は、何人もの方に試していただきましたら、全員が、旬なエネルギーも、溜めていた古いエネルギーも
全て消えました。

中には、何年も親御さんに対して持っていた重たい感情が
消えた方もいます。

ゼロ・リセットは、コカさんが長年ひとりでやってきた手法です。

自分の感情が消せたコカさんは、毎日、
朝から夜までをひとつの人生として、
その日に遭遇した出来事から産まれた感情と思考の全てを
味わいきって消してから寝ていました。

後年は、自分で自分にするのみならず、
人の苦しみもコカさんが消すことができたので、
コカさんと出会って話しているだけで、
沢山の方がなぜか苦悩が消えてしまい笑顔に戻りました。

僕はコカさんの生前に聞いてもよく分からなかったのに、
コカさんが亡くなった翌日に教えもらい、しかも、
人生最悪の感情さえ消える体験をしてしまったので、
そこに意味を感じて、この手法を多くの方に伝えたいと
思うようになりました。



★あらゆる苦悩が消えてゆく
★セルフ・ノウイング・ワークショップ!

あなたの幸せを遠ざけているものが、
あなたの思考だったらどうしますか?

あなたの豊かさを遠ざけているものが、
あなたの思考だったらどうしますか?

出来事が起きた時、先に信念があるなら、
信念に反応して作られるものは、
「行動・言動・思考・感情」です。

つまり、人生は、あなたの信念が作ります。

地球を素晴らしい星にしたいと思う気持ちが
素晴らしいのであって、
地球を素晴らしい星にしなければならないのなら、
一瞬で気持ちが重たくなる。

それは勿体無いので、だからこそ、
シンプルなメソッドを提供したいのです。

このメソッドを用いることで、
自分を知る作業が圧倒的に速くなります。

自分を一つ知れば一つ楽になり、
自分をどんどん知ればどんどん楽になれます。

気づくことに気づいた後は、全ての出来事は
「自分を知る」気づきに使えます。

沢山の気づきは沢山のシフトを起こし、
本当の人生を生きるようになります。

つまり、『 自分を知ることで世界が変わる!』ということです。

苦悩が消えるなら周波数が上がり、
その幸せな自分を誰かに役立てたくなります。

達成したり、勝ち負けに執着するのは、
ただのプロセスであったと悟ります。

気づいたなら、
プロセスの中で産まれる反応そのものが「私」であると分かる。

そして、
その場に表現したい愛そのものも「私」で、
思いこんでいたのも「私」。

そう、その「私」こそ、宇宙を創っているもの!

そして、セルフ・ノイウングとは、自分を知ることです。

それは、気づくこと・目覚めること、それら全ての入口。

気づいたなら、さらに気づきが増え、
より深い次のレベルの気づきの波がやって来る。

気づく練習をしているのだから、
「私は気づける」と知ることで
気づいてゆく不思議なパラドックス。

自分に素直になれば、あらゆる苦悩が消えてゆきます。

自分を知ることが人生の目的だから、
自分を知ったなら課題は不要となり終わり始める。

それは本質セミナーでお伝えしている自然界の法則としての
「自分を知ったら楽になる」ということです。

法則を使ったうえで、さらに
「ゼロリセットの経路」を使って下さっているなら、もう、
「自分を知っただけで苦悩が消える」のです。

凄い時代になったと思いませんか?

ワークショップの次のステップには、
自分を知る実践を深める「勉強会」もあります。

参加者の皆さんは、自分を知って、自分に気づくなら、
「たったそれだけで」、どんどん楽になるということを、
実感くださっています。

このメソッドは、クイックに自分で楽に出来る手法です。

参加対象は、ゼロリセット修得セミナーか、
ライフプログラムヒーリングを受けて下さった方となります。

直観があれば、それを大切に起こし下さい。

あなたにお渡ししたいものがあります。
 
☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

★全てを許す生き方★ゼロ・リセット修得セミナー!
★あらゆる苦悩が消えてゆく
★セルフ・ノウイング・ワークショップ!

参加費26000円+お部屋レンタル代
ゼロリセット&セルフ・ノウィング・ワークショップ
再受講の方の参加費
6000円+お部屋のレンタル代

持物  筆記用具+楽な服装

講師  中川角司 (ゼロ・リセット指導者) 

場所は参加表明された方にのみお知らせいたします。
(近鉄奈良駅から徒歩で5分ほどの所を予定しております。
お部屋をお借りするのに皆様にご負担いただくことを
ご了承願いますm(__)m(1000円以内)
参加者人数が多いほど負担金額はもう少しお安くできます。
その際はお知らせいたします。)

セミナー後は懇親会も予定しております。
(場所はまだ未定ですが奈良町で考えております。)


参加ご希望の方は
smile.hichiinaso36@gmail.com

まで

 

※送信してもお返事がない場合はお手数ですが
Facebookのメッセでお知らせいただけると助かります💦

題名
「ゼロリセット&セルフ・ノウイング・ワークショップ」

メッセージに
お名前
携帯番号
※再受講の方はどちらで受講されたのか
お手数ですが、お知らせください。
懇親会の参加有無

をお知らせください。

参加費は当日
お釣りのないようにご用意願いますm(__)m

それでは、沢山のご参加!
心よりお待ちしております!!
一緒にこの先の人生を楽に楽しみながら生きるメゾットを
ゲットしに参りましょう!!

ふじたカウンセリング 藤田侑杏恵

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2018年

6月

20日

自分の気持ちに応えてあげること。それを優先させるために無意識は選択し続ける。親子関係

「自分の気持ちに応えてあげること。それを優先させるために無意識は選択し続ける。親子関係」

☝本日のアメブロ記事

 

先日、夫と休みを合わせて一泊二日で

熊野三山へ行ってきました^^

 

ってことで今日はプライベートです^^

 
まずは、熊野本宮大社⇓
熊野速玉大社⇓
神倉神社⇓540段の石段を上ると、、、
ボランティアの方がおられて。。。
こんな姿をするように言われ^^:
写真撮ってくださいました^^
まずは、夫と二人で^^
(夫は仕事上顔出しなしです^^)
 
で、、、今度はあぐらをかいて
両手は膝の上に
親指と人差し指で輪っか作って
目は菩薩さんのような目で・・・
 
と指示が入りまして…^^
その気になってやってみましたwww☝
 
そのあと、車を港に停めて
いざ!船でホテル浦島へ^^
カメさんの船です^^
「忘帰洞」の温泉は海を一望でき
その名の通り
温泉から出るのを忘れるほど、、、
気持ち良かったです^^
 
翌日は熊野那智大社
そして写真にはないですが
青岸渡寺です!!
那智の滝!!
間近に上がらせていただいて
滝のしぶきを沢山浴びました^^
ものすごい迫力でした。
もう びっくり!!
そして少しだけ熊野古道を歩いて三重塔へ。
実は…二階でエスカレーター降りた瞬間…
目に飛び込んできた絵に、
二年前、高千穂へ行ったときに
天安河原神社へ行ったのですが
あの時に感じたのと同じ感情がわき…
吐き気しました(^^ゞ
(皆が皆そうなるわけではありませんよ!
夫は全然大丈夫でしたから^^)
速攻で4階へ上がり、
そしたら激しい風が吹いて
4階から眺める那智の滝も素晴らしく^^
少し落ち着いたところで
一階へ降りて出ました。
二日目は雨が降ったり止んだりで
実際には山にかかる雲が
とても荘厳な感じがしました。
いやいや、ええ旅でした^^
何で今回熊野三山へ行ったのか、、、
 
今年の春、玉置神社さんへ
参らせていただきました。
ここは、何年か前から
知ってはいたんですけど、、、
行くのが怖く感じられて
なかなか行けなかったところです。
 
ですが、急に「明日行こう!!」って思い立ち
単身赴任している夫にlineして
「明日行こう!帰れる?」
夫、、、
「(自宅から玉置神社まで)
4時間くらいかかるで?」
 
私、、、
「じゃぁ早起きしなくっちゃ!!^^」
 
…で決まりですwww
 
玉置さんへ参った帰り道。
 
「今年は熊野三山へ行こか」
ってなりました。
 
で、友人の繋がりで
ツーリストの方がおられるので連絡し
ホテルを取っていただきました^^
 
 
 
タイミングってあるんですよね。
 
あれだけ怖くて行けないと思っていても
「明日行きたい!」って思ったら
その自分が行きたいと思った気持ちに
応えてあげる^^
 
私の夫は有難いことに
毎度私の行きたいところへ
毎度、付き合てくれます。
 
でも、夫が行きたくないって思えば
無理強いはしませんよ^^
 
私一人で行ってきます^^
 
ただ、今まで それがあまりないんだよね。
 
30代のころ、二人で夜飲みに行った時
(私はゲコなので飲めませんが。)
 
夫が
「年を取ったら日本の神社仏閣を
二人でまわりたいな」
言うたんです。
 
本人は私にそんなことを言ったこと
覚えてないかもですが、、、
私は覚えてます。
 
何故なら、、、
 
内心
 
(え~~~神社仏閣???
なにがおもろいん、、、
いややぁ~~~)
 
って思ったからなですね。
 
神社仏閣が嫌なのは
怖いという恐怖心が、そのころ
気が付いてはいませんでしたが
あったからなんですね。
 
ここ数年で
一人でもお参りに行けるようになりましたが。
 
そして古事記にも興味が湧いて
難しい名前も覚えてきましたが…
 
それでも
行ける所と
行けない所が
まだまだあります。
 
これがね
見える世界と
見えない世界
なのだと思うんです。
 
潜在意識は知っていて
何かに反応してるんですね。
 
まぁ
この反応を楽しんでいこうとは
思てます(笑)
 
カウンセリングもね
行こうと思っても行けないこと
あると思うんです。
 
潜在意識は知っているので
変化すること
変容することを
阻んだりします。
 
今の自分のステート
背後のお働きによって繋がるご縁も
当然変わってきます。
 
それが、見えない世界なんですね。
 
見える世界と見えない世界を
無意識に選びながら
私らは生きてると思います。
 
それでも、選んでいるのは
 
自分なんですね…
 
ってことで、、、
 
今回はプライベートでした^^
 
余談ですが、ふじたは
一か月以上前に階段を踏み外してこけました。
 
右足首を負傷し、それでも放置して
自然治癒を期待。
 
その結果、負傷から一か月半後の
旅行から帰宅した直ぐ
病院へ向かう決心。
 
診てもらったら、ナント、、、
 
足首外側内側靭帯損傷し
剥離骨折もしておりました。
 
ケガして直ぐ行っておけば
早く治ったでしょうに、、、
 
その代わり、旅行はいけなかったね…
 
神倉神社さんなんて、、、
上がれなかったですね。
 
540段の一段一段が高い階段。
 
痛いのに、その時は
登れちゃうんですからね、、、www
 
潜在意識、、、のお働きかどうかは、、、
 
 
正直
 
 
謎!!!(笑)
 
 
 
 
 
 
 

 

0 コメント

2018年

6月

15日

親のケアなしに虐待は減ることはない。親子関係

「親のケアなしに虐待は減ることはない。親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

やっぱり、親の傷がどういう状況かで

受け取り方は変わるんだと思う。

先週の日曜日のこと…

大学も休み、塾のアルバイトも休みで

家に居たイケメン息子。
(べっぴん娘は大学の部活の合宿で

土曜日から留守)

「やっぱりさ、子供は親のこと

嫌いやと思うねん。
でも、嫌いでも

親を大事に思えるか、、、やと思う。」

 

この前からニュースでも度々目にする

親子関係の話題が上り…

 

私、、、
「(ウンウンと何度か頷く)」
(あれ?今なんて言った?ん???)
「ちょっと待てい!!

今、オカンのこと”嫌い”言うたな!!」

イケメン、、、
「いっしっし!!」

 

(小憎たらしい顔やホンマに!!!)

私、、、
「オカンはオマンがオカン嫌うより

もっとオマンが嫌いじゃ!!!!」
(いっしっし!!)

イケメン、、、
「あ~今、俺のハートはBreak heart、、、」

どこがじゃ!! ボケ!!


私は冗談がなかなか通じませんでしたよ。(笑)
相手が言うてきた言葉に反応して

流せませんでしたのでね…
柔らかさも信頼もなく、例え冗談であっても

「本気」がそこに

込められているのではないかとか、、、

まぁ、その場合もあるでしょうwww

でも、それも、「相手の怒り」ですから。

親のケアって本当に大事なんですよ。

傷だらけの親は、愛に飢えてます。
だから、生んだ子供にその飢えを

埋めてもらおうとする。

痛いでしょ。

ここのところ、誰もの心に反応させるような

お手紙を書いていた

5歳の女の子の事件がありましたね。

 

今月のラジオでも虐待する親とか

凶悪犯罪を起こす事件とかについて

話したいなって思ってるんですけど、、、

 

経験は武器になる。

沢山の経験を積んでおくに

超したことはない。

痛い経験こそ後に武器になる。

 

だからってね、死んだら終わりやで!!!!

そんな経験は不必要な経験や!!

その場合はその背景をケアして

公開しなアカンのや。

 

なぜなら、

 

自分は関係ないと思ってる人にも

啓発するためや。

無関係やと思ってても

違う可能性高いねん!!

 

アメリカのハリウッドスターの

パワハラあったでしょ?

日本のある女優さんが

ハリウッドで活躍して今帰国してるんやけど

この前テレビで言うてました。

 

「日本では、パワハラなんて訴えられない。

上下関係がある時点でパワハラやから。

だから、皆、訴えられることになる。」

 

言うてましたね。

 

虐待もネグレクトもやってないつもり。

でもやってた。

その事実、受け入れられないでしょう?

 

観たくないメンタルですもんね。。。

 

イジメもそうです。

 

私の好きなある学校の先生も

Facebookでよく言うてますわ。


「イジメをなくしましょうって、、、

そうじゃなくて、その前に

イジメは無くなるのか?

っていうところ観ないとね、、、」

 

ここで反応する人、居てると思います。

 

それでもそれも、自分の中のものです。

 

先日も、私の尊敬する ゆうじさんも

こんなブログ書いてましたね。

 

アダルトチルドレン!目黒虐待死!痛くてニュースが見られない!その痛みの原因は自分の中!

 

 

これ読んでホっとしましたね。

ゆうじさんも、痛いんやって…

 

私は虐待してもいい自由なんか

無いと思ってるし

「これもこの子にとって

必要な経験だったんですね?」

なんて、これっぽっちも思っていないし。

虐待は犯罪だとさえ思ってます。

 

けどね、イケメンがこのニュース見て

言ったんだよ。

 

「ああ、、、俺も思い出すな、、、門限破って

家に入れてもらえなかったあの日~~~」

 

理由も聞かずに

入れなかったんですからねぇ、、、

 

しつけだと思ってたんだよ。

 

 

あの頃の私が、冒頭で書いたような会話を

もしイケメンからされていたら、、、

 

今のような反応は出来ないです。

 

1000%

 

イケメン曰く

 

「こういう内容も

軽く話せる関係が楽やねん。」

 

これはあくまでも藤田家の話。

 

親のケアが出来ていれば

幾通りもの軽やかな家庭が

出来るんやないかと、、、

 

 

ちょっと話が飛びますが

 

今の若い人たちは口には出さないけれど

世の中に対する不満は抱え持っています。

 

学歴社会と言われ、学の無い親は

自分自身に学歴がないことで苦労した分

我が子にはその苦労はさせまいと

少しでもいい大学へ入学

できれば少しでもいいところへ就職

そしたら幸せになれると思って

一生懸命になった。

 

就職活動しようとしたら

今度は○○連が制度を変える。

大学受験のセンター試験もまた変わる。

 

浪人した生徒はどうするよ。

 

そんな不安が襲う。

 

自分たちの責任だけでは

どうしようもないところで

お上がコロコロ変えていく。

 

声を上げて何かを言うことさえできない

持って行きようのない不安と怒りが

溜まるんですね。

 

誰がいつ何が切っ掛けで

何を突発的にやらかすか

分からないとさえ私は思うんです。

 

虐待にしろ、親のケアなしに

ただ監視し訪問し

状況によっては子供を預かり、、、

 

だけでは何の解決にもならん。

 

根本的なケアなしに

いくら刑罰与えられても

頭だけで理解してるだけで

自分のしたことがどこから来たものかなんて

わかっちゃいない。

 

ケアをし、初めて自分の傷に気が付き

己のしたことの重大さを知ったうえで

罪を償うならば、また意味が変わってくる。

 

更生とは?

 

頭だけではあかんのよね、、、

 

今日は

「親のケアなしに虐待は減ることはない。親子関係」

ってお話でした。

 

自分が虐待を受けていたなんて、、、

まず受け入れること難しいですね。

 

無視されていた。

存在を否定され続けた。

何をしようとしても

「ダメな子」扱い受けていた。

体への暴力を受けていた。

性的虐待があった。

 

だけども

そこに愛があったと信じたいからね。

 

自分の親は尊敬できる親だったと

思いたいからね。

 

そうやって無いことにしても

自分が子育てする中で

何故私はこの子を愛せないんだろう、、、

愛し方が分からないんだろう、、、

 

って思うんです。

思うけど、打ち消す。

 

その繰り返し。

 

もし、そこまで気が付けているのであれば

あと一歩です。

 

そこまでご自身で気が付けていないのと

気が付けているのでは全然違います^^

 

お近くのセラピストをお尋ねください!!

 

私たちはいつだってその勇気を

歓迎いたします^^

 

誰にも言えないで閉まっていた感情。

 

お引き受けいたします。

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2018年

6月

07日

出来ないってことを認めるって、劣等感、自己肯定感の低い人には、とっても勇気が要ります。親子関係

「出来ないってことを認めるって、劣等感、自己肯定感の低い人には、とっても勇気が要ります。親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

自分の弱さを受け入れるって

劣等感や自己肯定感が低い人にとっては

ハードルが高いことです。

 

その劣等感と自己肯定感を低く設定させた

出来事が胸の奥底にしまい込んであって

それを観たくないが為に自分の弱さを

引き受けられないのだからね。

 

 

これは一つの例えです。

 

早生まれのお子さんって

幼稚園とか保育園の最年少クラスの時期

結構大変だったりします。

 

なぜなら

3月生まれさんと

4月生まれさんでは

一年違うんです。

 

2歳児3歳児のこの時期

一年の月齢差は

出来ること、出来ないこと

メッチャ大きいです。

 

私は結婚までの5年間保育士していました。

(結婚後は夫が転勤族でしたので

退職しましたが.。)

 

5年間のうち4年間は新入園児さんでした。

 

そうするとね

月齢で観てあげないといけないこと

沢山ありました。

 

はさみの持ち方一つ

排泄の自立も

服の脱ぎ着

靴を履くこと

 

どれも3月さんと4月さんでは

差が出て当たり前。

 

全体に向けて話すときも標準は

3月さんに向けて話す気持ちで

話さないとね、、、

 

(のんびりさん、せっかちさんは

個々それぞれのものです。

そこは月齢関係ない。)

 

この幼児期に、ほとんどの圓では

月齢に分けたクラス編成なんか

していないですからね、、、

 

保育士は行事に向けて何かを教えるとき

運動会とかお遊戯会とか作品展とかね

園によってはプリント学習とかも

あったりして。

 

付いてこられない園児さんも

なかには居ます。

 

時間に追われて

心ない言葉が出ることもあるでしょう。

 

それによって傷つき

皆と同じように出来ない自分を感じ

一生懸命追いつけるように

頑張りすぎる子供も居ます。

 

「こんなの簡単!!」

「自分は出来る!!」

 

過去に誰かによって言われたことを隠し持ち

その傷を補うようにアピールします。

 

そして出来ない自分や

ミスをする自分が現れたとき

隠そうとしたり

無かったことにしようとしたり。

 

間違い直しがあっても、提出せずに

自分には間違ったプリントなんか

存在していないかのように

ひたすら隠します。

 

それが見つかってしまったとき、、、

 

必死こいて

 

「あれ?あったんだ!!

気が付かなかった!!」

 

と目は泳ぎつつ挙動不審になります。

 

「大人を舐めちゃ行けません。

お見通しだよ。」

 

…って言わなくても

大人はそういう態度を取りがちです。

 

 

その子が

小学校へ

中学へ

高校へと

進学するプロセスの中で

どんな大人に出会っていくか、、、

 

 

 

つい先日のこと。

 

「むずかしくて、

わからないところがあった.…」

 

とっても表情は重く、

言いたくないけど言わざるを得ないと

悟って言ってくれたように思います。

 

「そうだよね、^^

だって難しいところやってるんだもん。

当たり前だよ?

それに、”難しくて分からない”って

言えたことがとても勇気が要ること^^

よく言えたね^^」

 

私たちは、そう言いに来ることが出来たことを

心から歓迎しました^^

 

今まで表情が硬かったけれど

やっと緩んだ顔になりました。

 

自分の弱さを認めるって

本当に勇気が要ります。

 

その人の行動や言葉に違和感があるとき、

 

どうして、そういう表現になるのか?

どうして、そういう行動になるのか?

 

背景を感じてみることは

大事かなと思うんです。

 

必ずしもこちら側が感じたことと事実と

一致するとは限りませんが

可能性の一つとして

 

こういう所から来ていないだろうか

 

と仮説を立ててみると視野が広がります。

 

 

 

もし、

例えばこちらから何らかの働きかけをして

 

「過去にこんなことあった?」

 

なんて聴く必要は無くてwww

 

そんなの聴いたらかえって

離れていきますから(笑)

 

 

 

 

もし、あなたが

ただ、そのひた隠しにしている

胸の奥に仕舞い込んだ傷(宝)を

墓場まで持って行こうと決めていて

でもその日まで仕舞い込んでおくのが

苦しくて、、、辛くて、、、

それによって

生き苦しさを抱え込んでおられるのであれば

一度安全な場所で吐露してみませんか?

 

知り合いにも言えない

友人に話せない

もう、決して誰にも言えない・・・

 

そう思って胸を抑えるようにして

仕舞い込んできたもの。

 

そんな重たい内容だからこそ

ここでは安心してお話し出来ます^^

 

私はそのために此処に居ます^^

 

重い荷物を一度おろしてみる。

 

そしたら、

どんなミラクルが待っていると

想像できますか?

 

私はそのミラクルに

いつも立ち会わせていただけていること。

有難く思っております^^

 

お話し、聞かせていただけませんか?

 

お待ちしておりますm(__)m

 

今日は

 

「出来ないってことを認めるって、劣等感、自己肯定感の低い人には、とっても勇気が要ります。親子関係」

 

ってお話しでした^^

 

問題行動に見えるそのパターン。

背景を感じてみると視野が広がります。

 

子供たちの周りにいる大人たちは

親だけではありません。

 

私も含めてですが

保育士、近所のおじさんおばさん、親戚の人

学校の先生、塾の先生

楽しそうに仕事していない、全ての職種の大人たちも含みます。

 

その大人たちが

弱い立ち位置の子供に対して

そんなつもりなくても心無い態度や行動を

起こしてしまうこともあります。

 

一番厄介なのは、言うてる大人が

 

「その言葉がなぜ傷つくのか分からない」

 

っていう人です。

 

自分はいつだってナニクソ!負けるもんか!

で、きてる人にとって、

そこに傷つく人のことが理解できない。

 

または

 

「そんなことでメソメソするなんて、、、」

 

と自分は我慢を重ねて生きてきた怒りに

目を向けることができていないために

内部の怒りを子供に向けていることに

全く気が付けていないのです。

 

そんな人が子供と関わる仕事をすると、、、

子供はそこから離れていきます。

続かないんですね。

 

だからこそ、自分のケアが大切なのです。

 

隠しているつもりでも、

臭いますから💦

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

0 コメント

2018年

6月

03日

千都味噌。今回は赤味噌です^^本日はプライベートなり^^

ふじたのお気に入り💕
届きました!
本物の三年味噌!
 
その名も『千都味噌』
 
いつも麦味噌をお願いして
配達してもらうのですが、、、
今回はべっぴん娘からのリクエストにより
赤味噌を届けていただきました(*^^*)
 
もぉー懐かしい香りにうっとり、、、
 
であります!
 
私は元々、赤味噌が好きで
小さい頃から母親は赤味噌を使って
お味噌汁を作ってくれてました。
 
でも、千都味噌に出会って
麦味噌を知ってから
麦味噌のファンになり(笑)
 
でもね、赤味噌も好きなのよ💕
 
千都味噌さんのお味噌汁には
沢山の具材は入れない方が
個人的には美味しいと感じます。
 
我が家は必ず煮干しで出汁を取って
お味噌汁を作ります^^
 
今回は今夜のおかず
冷しゃぶに買ってあった
「もやし」が余ったので、、、
もやしのお味噌汁に(*^^*)
 
千都味噌のお味噌汁は夕飯には勿論
朝、時間がないとき
お味噌汁一杯だけ飲んで
仕事したりしています。
 
毎日飲んでいても半年は持つので
三年かけて愛情込めて作られた
本物のお味噌は結果的に価値としては
どうなのかと考えたとき、、、
 
味よし
昔ながらの製法の三年味噌
体喜ぶ
 
ってことで、私はもう何年も前から
千都味噌さんにお世話になってます。
 
過去記事でも書いてますので宜しければ
「千都味噌」で
検索してみてくださいね(*^^*)
 
あ、これだけは言うときます。
 
誤解を招く恐れがあるので。
 
奈良に蔵があるわけではありません。
 
赤味噌、麦味噌、玄米味噌
それぞれ作られている土地が違います‼
 
その詳細だけこちらに
貼り付けておきますね(*^^*)
 
 
 
 
では、我が家の夕飯準備風景をチラリ(笑)

あ~~美味しい、、、
 
この赤味噌ならマーボーナスとかも
いけそうですね^^
 
って、、、味見ばっかして、、、
 
お腹膨れるwww

 

0 コメント

2018年

5月

29日

変わるべきはトップ。それでも、若かろうが年寄りだろうがやったことに責任は伴う。人育て。

「変わるべきはトップ。それでも、若かろうが年寄りだろうがやったことに責任は伴う。人育て。」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

私たちは若い人の(相手の)話に

耳を傾けた方がいい。

(傾ける義務がある。)

 

私たちは若い人を(相手を)追い詰めて

心にも思っていないことを言わせたり

行動に起こさせたりしてはいけない。

 

私たちは若い人が(相手が)どうしたいのか

安心して話せる環境を整える義務がある。

 

若い人は(貴方は)少しでも

自分の心の声と行動に違和感を感じたなら

その心と行動のズレ、違和感について

訴える権利がある。

 

若い人は(貴方は)追い詰められ

判断が出来なくなったなら

拒否する権利がある。

 

若い人は(貴方は)自分の意思をもって

話す相手を選ぶ権利がある。

 

 

 

もし、理不尽な大人から若い人が(貴方が)

傷つけられたとしても、、、

 

その経験によって、若い人は(貴方は)

成長し、理不尽な大人たちに出会うと同時に

自分を守ろうとし

自分を助けようとし

自分をサポートしようとし

自分の味方になってくれる

大人との出会いも経験する。

 

(本人は気が付いていないかもだけれど…

傍にそんな人が近くに居るものです…)

 

そして、その経験が若い人を(貴方を)

強くする。

 

理不尽な大人を見て理不尽を知り

同時に

味方、サポート、助け、守る

ということは

どういう行動を言うのかを知る。

 

 

一見その理不尽な様は同じ大人として

無様で滑稽でもあるが、

若い人の知性と賢さを世間に知らせ

無様な大人と似た人たちに対してまでも

恥を知らせることとなる。

 

失うものが大きければ大きいほど

得るものはデカい。

 

 

ここ最近の報道で若い青年が

沢山の大人を相手に

潔さを見せたことについて取りだたされ

沢山の大人たちの感情に

刺激を与えています。

 

怒る人

胸を掻きむしられるおもいの人

若い人がカメラに向かって見せた姿に

「あれは良くない」と。。。

 

 

私もそう思います。

これによって、彼が社会人になりたくても

今回のことで、もし入社させたときに

「うちの会社の不正を暴かれては困る。」

と拒否する会社があってはいけない。

 

と、、、一瞬私なんかは思いましたね。

 

と同時に、、、色んな大人がいるように

色んな若い人も居るのも事実です。

 

一点だけを見つめて冷静さを失い

一方向からだけを見てジャッジを下すのは

危険でもあります。

 

感情論で周りと話すのは自由。

 

こう思う、ああ思う、これはクソ!

 

大いに結構だと思います^^

 

私も言うwww

 

ただ、、、

 

それと、当事者が自分のしたことに対して

責任をとることは別だとも思う。

 

自由とは

 

そういうことでもあります。

 

 

 

私は親は

何があっても我が子の味方であり

(黒を白に塗り替える為に

親がサポートすること=

何があっても我が子の味方。

ということではないです。

誤解無きように。)

 

親はそのためのサポートを

最後までしていくことだと思うんです。

 

見捨てない。

何があってもそばに居る。

 

そう彼らに伝えることです。

 

 

そしてこの先、ずっとその人を

「可哀想な人」にしないこと。

 

それよりむしろ

この経験を資源にしてその人は乗り越える。

と信頼し見守ることの方が

ずっと有益でサポートにもなります。

 

胸が苦しいのは

掻きむしられる想いなのは

ご自身のなかにある何かに反応してのこと。

 

反応したら素直に感じて

感じたら立ち止まってみる。

 

 

 

自由とは言ってもね

法は犯してはいけないんです。

 

殺したいほど憎くても実際殺したら

法を犯したことになるでしょう?

 

殺したくなるほどの何かが

過去にあったとしてもです。

 

それは若いとか関係なく

そんな自由はないのです。

 

これを読んで

「なんだよ

この人は若い人の味方じゃなかったのかよ。」

 

そう思う人も居るかもしれません。

 

味方ですよ。

 

1000%

 

 

だから書いてます。

 

伝わるかなぁ、、、(^^;)

 

 

「変わるべきはトップ。それでも、若かろうが年寄りだろうがやったことに責任は伴う。人育て。」

 

ってお話しでした。

 

その行動は

ホントに勇気が要ったことと思います。

その勇気に触発され周りの仲間も

動き出したとすれば良い石を投じたことに

なりますものね。^^

 

革命はこうして起こるんですね。

 

どの世界でも言えること。

 

そして始めの方で書いた文章を

「相手」もしくは「貴方」という言葉で

読み直してみてください。

(途中までしかカッコで書いてませんが。)

 

これは若い人に限らず

誰が相手でも言えることじゃないか?

 

って思うんだよね、、、

 

もう、時間は過去に戻せないから

過去からやり直せない。

 

この先どうしたいのか、、、が大事よね?

 

この経験から私ら大人も

学ぶこと、沢山あるね。

 

繰り返しますが

 

可哀そうな人

 

にしないこと。

 

そして

 

信頼すること。

 

これ、自分のことを知っていないと

なかなか出来ないことでもありますね…

 

だからこそ、自分のケアが大事ね^^

 

最後にリンク貼り付けてきますね。

 

部活ってね

上級生が神で

下級生は奴隷ってね、

 

傷だらけの人がやりたがるんだよね、、、

(多分(笑)

 

ちゃんと自分を知り理解できてくると

本来どうしたら良き方向へ向かえるのか

分かってくるね。

 

大学に入って余裕もなくて

まだ慣れていない一杯一杯の新人に対して

雑用はさせない。

雑用、準備は

上級生が率先してやる姿を見せること。

 

一年生は練習中心。

 

上級生は雑用、準備(掃除も含めて。)

一方向の指示は上級生からだけではなく

対等に新人にも疑問点など

投げかけることができる関係性。

 

そして、上級生は伝え方、教え方について

新人を育てるために2年生3年生に

セミナーを定期的に開いて

伝える時間を設けるの。

 

そしてそれを伝統にしていく。

 

その継承をしていくことで1年生の時に

先輩から受けた「目に見えないもの」を

受け取ることで先輩になったときに

今度は後輩たちに

与える側になっていける。

 

昨日もお教室の生徒さんで

お話している内容聞こえてきたけど

スポーツ界は本当に今、このチャンスを

生かしてほしいなと思いましたね、、、

 

内容は書けませんが

3年生=神で1年生=奴隷

っていう構図はどうなの?って思う。

 

「変わるべきはトップ、あなた自身」自立型組織で帝京大ラグビー部を常勝軍団に変えた岩出監督の哲学

 

 

大学行ってるイケメン息子から随分前に
この大学の話を聞いていて
ふと検索したら出てきました。
参考まで^^
本当は神モドキになってる自分も
やってて気持ち悪いと思うんだけどね、、、
感じることできていればっ!!
の話ですけど!!
おっほっほ!!

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2018年

5月

21日

幸せになりたいのなら、まず、、、 何に?どこに?価値をおいてるのか? 親子・夫婦関係

「幸せになりたいのなら、まず…何に?どこに?価値をおいてるのか?親子・夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

先日Facebookの友達がシェアされていて

偶然この記事見つけました^^

 

 

ちょっと長いけど、お勧め^^

 

吉岡医師は以前テレビで無償で子供たちを

治しているということを知りました。

 

その時は時間がなくて

チラリとしか見れなかったのですが。。。

 

 

もう今はおられませんが

生涯現役の医師日野原重明医師も

人生について絵本を出版され

「命=時間」について分かりやすく

子供たちにも伝えておられますね。

 

今回リンクした吉岡医師は

若い人たちに向けて

とても大事なことを

語ってくださっております…

 

自分が幸せになりたかったら、、、

 

自分が幸せになりたかったら

ひとを幸せにするしかない。 

 

ここの部分

ここだけ切り抜いたら

誤解が生じそうですよね、、、

 

この意味は後半に書かれています。

 

そして

 

自分の心の声に従って行動する。

自分の心の声は自分にしかわからへん。

他人にはわからへんから。

だから本質的な失敗っていうのは

行動しないことをいうんだよね。

だから行動することは本当に大切なのよ。

 

 

「本質的な失敗は行動を起こさないこと。」

 

まだまだある。

言葉一つ一つが刺さる方も

おられるかもしれません。

だけどね、読んでみてね。

 

そしてどんな感情が

そこで湧き起こってくるか、、、

感じてみてね。

 

 

自分を大事に大切に。

自分を好きになって。

まず自分。

 

私もここについては、繰り返し繰り返し

ブログでも書いてきたこと。

 

だけどこれ、難しい。

だけどこれ、出来たらきっと

人生が大きく変わる。

 

自分の心の声とか

自分が今何を感じているかとか

そこをスルーし続けてきた人にとって

見るのって、ものすごく困難でしょ?

 

見ないで済むように

全て思考で埋め尽くしてきませんでしたか?

 

その存在を思考で埋め尽くして

まるでそれは無色無臭な透明なものにして

視界から抹殺してきませんでしたか?

 

だから光に充てるとか明るみにするとか

正体を改めて確認するなんてことは

ある意味怖いわな、、、

 

その行為自体が

自分の意志で行動し

自分の意思で行う。

 

ってことだからね、、、

 

それでも、時間は止まらないし

一刻一刻と時は刻んで進みます。

 

それは

どの人にも平等に。

どの人にも一日24時間平等に。

 

だけど、、、

 

寿命は人によって違う。

 

 

 

 

少し話がそれちゃいますが、、、

 

先日滋賀県の石山寺さんで

仕事の打ち合わせに参りました。

 

去年に引き続き今年も8月9日の

「千日会」の日に

お母さん方へ向けた講話を、、、

と、ありがたいお話をいただきまして

観光協会の方や石山寺の僧侶のかたと

お話して参りました。

 

その際、打ち合わせだけれど

話がどんどん膨らんで

それぞれの現状のこととかに

なっていくんですね。

 

そこと講話とリンクする部分があるからね。

 

そしたら、打ち合わせだけれど

とても充実した時間となるんですね。

 

横道にそれているようで、実は

ものすごくリンクしていて

脱線=世間話、、、ではないんです。

 

もし、講話についてのみに焦点を当てて

打ち合わせとなったら

時間は最短で終わるでしょう・・・

 

いいえ・・・ひょっとしたら逆に

 

打ち合わせ時間は長引くかもしれません。

 

話の中身は薄っぺらく、そして

時間が長引くということです。

 

話が膨らむっていうことは、、、

芋ずる式に

それはまるで

連想ゲームのように、

 

「つまり…

それって…

あ~だから…

だったら講話で…」

 

って感じで最終的にどうしたらよいかを

決めていく作業のプロセスを

たどりやすくなるからです。

 

 

実はですね、、、私個人は時間というものに

結構シビアなところがありました。

 

自分の時間を

自分以外の他人によって奪われることは

もっとも嫌いました。

 

そういう時期って

目的の中身を中心に想っているようで

実は全然中身について深く想いを寄せたり

大事にしていなかったりするのよね…

 

今はどちらかと言えば

吉岡医師の言うところの

中身重視です。

 

例えば一生懸命やってだめなら

納得いくじゃないですか。

 

例えばもし迷うのならば

誰もが選ぶ道は

安心で安全かもしれないけれど

そこに自分が求めているものがないのなら

そこに居続けることは結構辛いかも。

 

べっぴん娘が大学受験を終えて

大阪の大学か京都の大学か悩んだ時

世間一般ならば京都を選ぶだろうに

彼女は大阪を選んだ。

 

ネームバリューではなく

自分の学びたい学部を選んだ。

 

もし、、、

 

(まぁ、人生にもしも、、はないと…

「ナルニア国物語」のアシュランも

言うてるのだけれど、、、)

 

京都を選んでいたなら

後悔したかもしれない。

 

レッテル、見た目、世間体を

重視した自分に対しても

この先何かを決める時

大きく影響を与えたかもしれない。

 

「心の声に従う」って

勇気が要りますよね。

 

でも、それで失敗したとしても

従わなかった後の後悔と

従った後の後悔と

どっちがええのか、、、

 

その価値。

 

価値は人それぞれに違うのだから。

 

今日は

 

「幸せになりたいのなら、まず、、、

何に?どこに?価値をおいてるのか?

親子・夫婦関係」

 

ってお話でした^^

 

子供はあながち

親の思考、親の価値観、親の生き方を

無意識にダウンロードしてしまいます。

 

思考、価値観、生き方は

自分の物のようで

実は親から引き継いだものだったりします。

 

だからこそ

親自身がまず幸せであれ^^

 

親は我が子の幸せ願うもの。

 

ならば、、、

 

親自身が幸せであれ^^

 

親のそのまた親が自己犠牲をして

育ててくれたとか

子供をうまく愛せずにネグレクトだったとか

そういう姿を見て育つと

どうしても負の継承をしてしまいがちです。

 

他の方法が分からないから。

 

そして怒りをため込む。

こっそりね。

 

そしたらその怒りの元ってなに?

 

 

 

親が幸せじゃないのに

子供はその親を見ながら

自分だけ親より幸せになっていいとは

思えないものです。

 

親が良きモデルであれば

子供もその生き方選びやすくなりますね。

 

それでもその親が何を

そのまた親から

継承してきたか?

 

…にもよりましょうが…

 


大切なのは、その親が

その負の継承を本当はどうしたいのか

それを自分で決める、決断する勇気が

必要かもしれません。


 

(だからこそ

子供時代に受けてきた負の継承を

その方がどうしたいのか?

サポートするのです。

親を変えることは出来ませんものね。

だからといって

その方を変えるとかじゃなく

ただ単にサポートです。

それがいかに大事か

体感していただくのです。)

 

そして、

それがご自身へのサポートになり

我が子へのサポートにも繋がります。

 

私たちはそのサポートを

させていただいております^^

 

何か気になりましたら

お声がけくださいませ^^

 

あなたのその勇気

いつだって歓迎いたします^^

 

最後に素敵なシェアしてくださった

Facebookのお友達!!

 

ありがとうございますm(__)m

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

0 コメント

2018年

5月

12日

被害者という名の加害者。そして責任のとれない他力本願。カウンセリングは進みにくい。親子・夫婦関係


今日は私の尊敬する
すどうゆうじさんのブログです。

アダルトチルドレン!カウンセリングで治る人とカウンセリングで治らない人の差!それは被害者意識!

 

 

私はセッションのお申し込みを
お引き受けさせて頂くとき
必ずご本人様からお問合せ頂くように
お願いしております。
時々親御さんがお問い合わせくださり
「我が子をお願いします。」
と来られますが、基本的に

「20歳超えている場合はご本人様から
必ずお問い合わせいただきますように」

と、、、お願いしております。

理由は
自分の人生に(自分の舞台で)
責任を持つ。(主役を張る。)
ということです。

誰かに言われたから、、、ではなく
自分の意志で決めて
お問い合わせいただき
一緒に日程を決めていく。

そのプロセスから
すでにふじたと繋がっていただく。

ということです。


一度だけ
「どうしても、、、、」 と言われまして
初回だけお母様が連絡してこられ
ご本人様からの連絡ではなく
お引き受けしたことがございますが、、、
やはり上手くいきませんでした。
誰かのせいにしたりする多くの場合
根底にものすごい「怒り」をお持ちの方が
多いです。
私もそうでしたwww
もうね、どんだけあるねん!!
ってくらい、、、
そのくせ、自分で責任なんか
請け負いたくありません!!
誰かのせいにできなくなっちゃうでしょ?
だから自分で考えて
自分で選択して
自分で決める…なんてプロセス、、、
おとろおとろしくて💦
出来たもんじゃない!!www
だけども、今の自分がこうなったのは
アイツのせい
アイツがこう言うてきたからや
アイツが私の心をかき乱した
アイツがこんなこと書くからこうなったんや
なんでもかんでもアイツが悪いんです。

そして

自分の身の回りにいる人で
何かアクシデントが起きたとき
ちょっとした事件が起きたとき
その当の本人は何も言っていないのに
勝手にその人の代わりになって
その人を庇ったり
その人を守ろうとしたり
その人の代わりに怒ったりします。

その行為は
善意で正義感に満ちているようで
実は良い人、善人であることに
自分自身に酔っている状態。

だったりするんですよね、、、(^^ゞ

そして同時に「投影」です。

その人を見て
その人の中にいる自分を映し出し
その人を庇ったり
その人を守ったりしているようで

実は自分を救おうとしている。

また逆に、実在していない人を
さも実在しているかのように発言し
○○さんはあなたのせいで□□になった。
などとターゲットに
怒りをぶつける人も居ます。

目的は自分の汚物をぶつけ、
なすりつけるためにだけです。
私はね、こういう人を見ると
本当に気の毒になる…
よほど、ご自身を攻めてこられたんやな。
いつも自分に矢印向けてきたんやな。
いつも周りから

「お前が悪い」
「お前のせいや」
そう言われ続けてきたんやな。
だからそう言われないために
自分を正当化し
周りにジャッジを下し
自分が正しいとアピールし
上の者から愛されるように
上の者の顔色ばかり見てきたんやな
勿論、そんな人ばかりではないと
思いますが、、、
多くは
そんな生い立ちなんじゃないかなと、、、
上の者からの愛を独り占めするために?
上の者からの承認を得るために?

頑張ってきたんでしょう、、、
疲れるね、、、
しんどいね、、、
そりゃ呼吸も浅くなるよね、、、
それでも、
その上の者から認められるためなら、、、
歯を食いしばってでも頑張れた。
頑張ってきたけど
思うような結果が得られなかったと
気が付いたとき、、、
上の者に直接怒りを向けるエネルギーは…

ないからね、、、
代替えにターゲットを探すの。
誰かいないか、、、
自分のこの怒りを
自分のこの汚物を

処理してくれるやつ。
この人の汚物処理班を
引き受けてしまったら、最後。
永遠に続きますよ~~~
ぶつけ続けている奴が自ら気が付くか、、、
ぶつけられターゲットにされている人が
そのまま返品するかしないとね、、、

これは、ゆうじさんにも先日
お伝えしたばかりなのですが、、、

私、ある方を無意識に
自分の嫌な人と投影しててね、、、

ホントにその人よく似てるの。

頭いいし、気が利くし、回転早いしね、、、
でも、なんでかその人からいっつも
支持されたり
支配されたり
コントロールされたりしてる気がして
素直に話が聞けなかったんだよね。

反抗的態度で、わざと適当に聞いたりして
ホント、態度悪かったと思うよ、、、

でね、ここでもまた
先日の大神神社で
登拝させていただいたとき気が付いた。
(神様が教えてくれた。
…とかじゃないからね!!)

あ~~~私、あの人のこと
○○さんを投影してたんやな、、、

って気が付いた。

倒れたままになっている倒木とか見ながら
そこには何の執着もない姿を通して

奴に自分を認めさせようとか
奴にギャフンと言わせようとか
奴に自分の方が上だと見せつけようとか

これらは全て承認欲求であり
そこに執着してる状態よ。

でも、それらが
す~~~っと昇華した時

彼女は別人だってことに
頭ではなく
メンタルで理解したんだよね。

その日以降、良きタイミングで
その方に謝罪した。

「私ねぇ~気が付いたんだよ…
あなたのこと○○さんとよく似ててね、、、
投影してたの。
その人は私を無力な人、無能な人、
っていう劣等感を植え付けた人で
いつもバカにされてる気がして
聞く耳が持てなくてね。
ひどい態度取ってたと思う。
ホントにごめんなさいね~m(__)m」


って謝ったら

「そっかそっか^^
そうだったんだ^^
良いよ良いよ^^」


って許してくれはりました^^

投影てね、人間関係まで影響します。

投影された人はとんだトバッチリよね?

迷惑だわよ。

ちなみに、その後、私はその方を
○○さんとはダブらせることなく
その人本体、本質で見れるようになって
関係も良好になり
会話も以前とは全然違うものになりました。

分からないことは何でも聞きあえるし
素直にお互いにお互いの言葉を
聞き入れ、どうしたら良き方向へいけるか
自然に話し合えます。

怒りの感情は大事です。
悪いだなんて思いません。
怒ることで自身を守り
生き延びてこられたってことでもあるんです。

過酷な状況下だったからこそ
怒りを使わないではいられなかったんです。

怒りの下にも他の感情はあります。
その感情を隠すために怒りを使うのです。

怒りは大事です。

ただ、そこで止まっていては
勿体ないと思うんです。

己の人生です。

怒りの感情で己の人生を逆に
支配されコントロール不能に
なってしまっていないだろうか?

怒りって、、、思ってる以上に
エネルギー消費します。

誰かのせいにし続けても
相手は何にも変わらない。

だとしたら
その時間はやっぱり勿体ない。

それでも、その時間が必要で
その長さは個人差あると思います。

どうか、このブログだけではなく
ゆうじさんのブログに飛んでいただき
何度も読み返してみて欲しい。

そして、そこで何か自分の感情が反応し
自分の感情が動いたならチャンスです。

誰かにその感情を
擦り付けたり
ぶつけたり
卑怯な手を使って誤魔化し逃げたりせずに
その感情の下にある感情を
注目してあげて欲しいのです。

注目するっていう行為は
今まで注目されてこなかったんですから
一生懸命逃げようとします。
ここでも「怒り」を使ってね。

それがキツイから擦り付けたり
誤魔化したりして永遠に負のループから
離れられないんですね。

もし、その感情に
注目する勇気が持てたなら
私たちはその勇気
いつだって歓迎いたします^^

誰かに擦り付けることが
やめられない場合は
カウンセリング受けても
長引く可能性が高いです。

カウンセリングそのものが
自分の人生に責任を持ち
自分の人生で主役を張る
第一歩だからです。

他力本願では、なかなか進めない。

それでも、それを承知の上で
お引き受けします。

その怒りの感情を
安全な場で出していただくため。

そしてその姿を自分で見守る為です。

相性が合わない場合もあるでしょう。
そしたら別の人に当たればいい。
私もそうして色んな方から受けて来ました。
そしてそれは、
相性が合う人を探す権利がある。
ということでもあります。


今日は
「被害者という名の加害者。
そして責任のとれない他力本願。
カウンセリングは進みにくい。
親子・夫婦関係」
っていうお話でした^^

被害者は一瞬で
加害者に転じることがあります。

(全てにおいては言っていません。)

被害者意識は誰かを攻め
誰かのせいにし
責任逃れすることに意識が向けられます。

被害者でいることは
「怒り」をぶつけるためのいいエサです。
このエサ、すぐに無くなるので
また次のターゲットが必要になります。

投影を
もしあのまま私は起こし続けていたら
ずっと関係性は
良好にならなかったでしょう。

もし、気になることがあったなら
これってどうなのかしら?
って思われることがあったなら
お尋ねください^^

その為のサポーターですから^^

それでも、その勇気がまだ出ないって方も
おられるでしょう。

そしたら、まだその勇気のタンクは
一杯ではないってことです。

無理しなくていいのですよ~~~^^



 

0 コメント

2018年

5月

10日

愛犬ちわちゃん、至福のひととき^^

少し前にFacebookでも投稿したのですが、、、
珍しくプライベート投稿です^^

今日は、ねーねも、にーにも、
二人揃って大学が3限目から。

ってことで私はお先に家を出る。
 
いつも置いてけぼりで寂しいのだけど
今日みたいに朝ゆっくりで
家の人が居てくれると
こうして(ねーねの)あぐらの中へ入り込んで
寝てしまいます。
 
ねーねは、いつも遊び相手役。
 
朝食後のまったりタイムは
気持ちいいね(*^-^*)
 
少し前に帰宅して
家事を済ませて
お昼ご飯今頂きました!
 
って、もう夕方💦
 
さて
夕飯準備いたしましょ!
 
今日はこの時間帯に
自宅にいられる奇跡!(笑)
 
ちょっとワクワクしたりして!\(^^)/


今日はプライベートでした^^

ふじたカウンセリングFacebook

時々、いえ、結構
こんなプライベートな投稿も
Facebookではしております^^

お友達申請大歓迎^^
ですが、、、
ご挨拶程度で良いので
一言メッセージをいただいた方のみ
承認しております。

ご理解よろしくお願いいたしますm(__)m

2018年

5月

08日

謝罪って何?親子。夫婦。人間関係

「謝罪って何?親子。夫婦。人間関係」

 

☝本日のアメブロ記事

 

人が謝る姿をそんなにみたいのか…

 

今日はそんなお話です。

 

出来ればサクッと行きたい。

(まず無理なのだが、、、(-_-))

 

私は小さい頃、親に叱られると

物凄く惨めな気持ちになったのを

思い出すんです。

 

それを見るとき(感じるとき)

謝罪会見をテレビで観てるとき…

だったりします。

 

人が謝る姿=無様な姿、かっこ悪い姿

 

っていう刷り込みがある。

 

大抵どんなときも兄弟姉妹ならば

喧嘩したとき、妹、弟が悪いっ

てなるんだよ。

 

私には4っ離れた姉が居る。

 

考えてみて?

 

私が生まれた時、姉は4歳

私が4歳の時、姉は8歳

語彙力の差は運例の差があるやろ?

 

普通に考えてもや。

 

だから親は日本語が私よりうまく話せる

姉の話に耳を傾ける。

 

当然よね。

 

そして妹の私は、その事件(いたずら)を

起こす前にどんな感情の動きがあったか

など、、、語れる時間など

与えられることもなく

謝ることになる。

 

表面上は私が悪いからね。

 

でもそこにどんな理由があったか、、、

なんて、本人に以外の人に

理解などできない。

 

 

 

小学校中学年の頃

土曜日だったと思う。

 

あの頃は土曜日も午前授業あったからね。

 

お昼ご飯に母親が

サンマの開きを焼いてたのね。

 

サンマを入れるお皿を

ガスレンジの上に置いててね。

 

焼き終わって

私に食卓に持って行くように言われて

お皿を持ったはいいけど

ガスレンジ側に近かったお皿を持たされて

手に持った時にはお皿は

チンチンに熱かった。

 

それでも

 

熱い!!

 

って思いながらも我慢して

食卓に持って行く途中、、、

とうとう我慢しきれずお皿を落として

無残にもサンマは床へ

お皿は割れたわな、、、

 

叱られるわな。

 

でも、火傷した手は見る見る腫れて

水膨れになった。

 

それでも私は言えなかったよ。

 

「お皿、ガス側になっってて

熱くなってる方を持たされたから

火傷した。」

 

なんて言えませんでしたね、、、

 

 

それでも謝らなければいけなかったね。

 

 

 

謝るってなに?

 

 

 

って思うの。

 

私は、大人になって結婚して

子どもが出来て我が子たちに

こんな生い立ちだからこそ

謝れなかったよ。

 

自分に非があると分かっていても

謝れず子どもたちに謝らせてきたわな。

 

全く理不尽なことよ。

 

「年上を立てなさい。」

「年下が腰を低くして頭を下げていれば

かわいがってもらえるんだ。」

 

そんな言葉もどこかの大人の口から

聞かされたように記憶している。

 

 

謝るって何?

 

 

カウンセリングを受けて

カウンセラーになって

自分の内側が整っていく中で私は

 

「若い人のサポートがしたい」

 

と心から願うようになった。

そのためにブログ発信していく中で

うちに来られるクライアントさんが

増えるようになって、、、

 

でもね、私のブログはこれでも

遠慮して書いてるの。

 

誰に?

 

親や姉によ。

 

私のブログの例え話の多くは

自身の体験だったり

身の回りにいる人の話だったり

クライアントさんの許可をいただいた上で

の話だったりするんだけど、、、

 

でもそれは多くの人たちにも

言える話だったりもするのね。

 

一度、年齢も関係性も全く同じ人のことを

書いたとき

 

何年何月何日の記事を削除しろ。

 

っていう意味のことを言われ

しかも私の写真も顔出ししてるので

世間に知られるということで

色々言われたことがあった。

 

それ以来、私の中でプツンと

何か糸が切れる音がして

 

怒りに満ちました。

 

救いだったのは

家族の私への信頼と応援です。

 

先日も自分の親と年が変わらぬ方々から

 

私を全面的に信頼し

任してくれて

何があっても貴方を守るから行きなさい!

 

って言ってもらったとき

猛烈に感動したのですが、、、

 

このときも

イケメン息子

べっぴん娘

何より夫が全面的にバックアップして

支えてくれた。

 

だから、ブログも不定期でも

書き続けることが出来たんですね^^

 

 

 

それでも根底では

繋がりは切れていないので

監視されてるように感じて

遠慮したブログ書いてたんですね。

 

私の書くブログに反応する。

 

それって自分のことを言われていると

勝手に思うんだよね。

 

これ、投影なんだけど、、、

彼らに説明する余地はない。

 

勿論、そこには

あの時代の世代の背景もある。

 

その背景があっても、

先日の親世代の方々のような人も居る。

 

先日、大神神社さんに

登拝させてもろたでしょう?

 

あのあたりで

もう書く内容を遠慮するのはやめよう

と思ったんよ。

 

私の仕事よこれ。

 

私が好きでやってる仕事。

 

それを

監視して邪魔しようとするのではなく

本当のサポートっていうのはさ

 

子どもがどんな仕事を選んだとしても

応援し見守ってくれること

 

だと思うのね。

 

それを得られないって

本当にがっかりした。

 

他人(ひと)の人生っていう領域に

土足で入ることは

親であっても許されない。

 

私はそう思っている。

 

だから、私自身も我が子たちの人生に

介入はしない。

 

むしろ、やりたいこと見つけて

進んで欲しいと願っている。

 

子どもは

自分の人生を生きてくれることが

最高の親孝行だと。

 

私はそう思う。

 

でも、そう思えない親が居ても

不思議じゃないよね。

 

何でも対局があるんだからwww

 

で、話を戻すね。

 

若い人のサポートしてきて思うこと。

 

若い人はいつも対等でいたいと願う。

 

それは社会に出ても思うよね。

上司部下の関係でもね。

 

ここでや、

 

上司の失態も部下が尻拭いか?

 

これ、

 

これこそまさに無様で滑稽やわ。

 

恥やで。

 

 

これも傷から来てるでしょう?

 

 

謝るって行為はね

 

 

潔くてかっこいいんだよ!!!

 

 

これを謝った伝え方してるから

謝罪会見何度も何度も

関係のない人を引っ張り出して

謝らせる姿を見せつけ

さらし者にするんでしょう?

 

(これは上司部下の関係ではないけど…)

 

おもろいか?

 

そんなに観たいか?

 

人の過ち泣いて謝ってるところ。

 

 

 

アホちゃうかwww

 

わろたるわ。

 

(勿論皆が皆

そう思っちゃいないと信じても居る)

 

 

もしここで

 

 

謝るって言う行為が

 

潔くてかっこいい

 

って伝えられていたなら

 

 

あそこまでシツコク謝罪する姿

報道せんよなぁ~~~

 

って個人的に思う。

 

 

今日は

「謝罪って何?親子。夫婦。人間関係」

ってお話でした^^

 

若い人の意思を無視して

確認作業をせずに勝手な振る舞いをする

大人がいます。

 

対等っていう行為が

できない大人も居ます。

 

尊重とは?

 

権利とは?

 

義務とは?

 

襟を正して見直さないと

いけないのではないか?

 

年が上なのに丸いものを四角いと

周りに言わせる姿は

滑稽でみっともないですよ。

 

それでは

どちらが大人なんでしょう?

 

若い人たちを

大人にしてしまっているのは

誰でしょう?

 

そこに、見えない姿を見たとき、、、

 

恥ずかしい人は誰なんでしょう?

 

そして

 

そこで謝れるか否か。

 

この差は大きいね、、、

 

 

その後の人間関係に

大きな差が出ますからね、、、

 

 

ああ、、

又痛い記事になってしまいました!!

 

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

0 コメント

2018年

5月

05日

機能不全家族の人は人が怖いしコミュニケーション苦手で人との距離感がわからない。親子関係

☝本日のアメブロ記事…

人と人との間合い
人と人との距離感
今日はそんなお話です^^

先日大阪の友人と奈良県桜井市にあります
大神神社さんへ登拝し、その後
天理市の石上神宮へ
参拝に行って参りました^^
この神社さんは、ふじたにとって
意味深い神社で、、、
そこは話すと長くなるので、、、カットね^^
あ…やっぱり
一つだけ言うときましょか!(笑)
去年気学で「方違い」のお引っ越しをした際
ご縁を頂いた神社さんです^^
で、、、ですね^^

上の写真が今回一緒に登拝した友人ね^^
登拝したあと撮影したものです^^
二人とも結構スッキリした顔してます^^
この日はお互い仕事を調整して休みを取り
大阪から奈良の私の自宅の最寄り駅まで
朝7時半に来ていただき
そこから私の車で約1時間半。
まずは大神神社さん^^
「マイペースで行きましょ!!」
言うてね^^
正式には大神神社さんの中の
狭井神社さんで登拝許可いただきます^^
神聖な場所なのですが、ここ数年
パワースポットと呼ばれて
色んな方が登拝されてね、、、
興味本位とかね、、、
私は今回
去年夫と一緒に登拝しておりますので
二回目なのですが、、、
その時よりも
「初めて登拝する方への説明」
かなり厳しくなっておりました。
確かにね、お経を唱えながら
登拝されてる方もいらっしゃいますしね…
皆さん真剣なんです。
(宗教的なことは、ここでは置いといて…)
登拝後、三輪そうめんを頂いて
珈琲フロートなんかも買っちゃって(笑)
天理市にあります石上神宮へ参拝し
心地いい疲れの中
駅までお送りしようと向かっていると
彼女からこんな言葉が出てきました。
「ふじたさんと今回登拝して
思ったんだけど、、、ふじたさん
「間合い」が絶妙やな、、、って」
私、、、
「???」
友人、、、
「お互いが自分のペースを守りつつ
どちらが前で、どちらが後ろとも関係なく
それでいて時々ふじたさんが
後ろを振り返ってくれて
気遣いしてくださるけども
ほどよい距離でまた前に進む…

”ああ、これやな”って思った。
お客様との距離感も、この「間合い」が
大事やなと、、、」
彼女はディプロマエステセラピストなので
お客様のお肌に直接触れるお仕事を
されています。
ほすと、、、
お客さんは段々解放されて
色々話し出すんだよね、、、
きっとそんな時
彼女はほどよい距離感で
お話を傾聴しておられると思うんですね。
そこを言うておられるかもですね、、、



私は私で登りながら
色々気付かせていただくことがありました。
ただの登山ではなく登だからね
登りながら写真とか撮れないんです。
だから言葉だけでお伝えするのですが…


自然の中なので
いじったりしていないんです。
倒れたら倒れたまま。
雷に打たれて折れたところが
ギザギザになっててね
コケとかも生えてて。
そこには執着ってものが何もない。
そんな話を彼女としていたら
彼女の口からこんな言葉を
聞かせてもらいました。
「それでも根っこは
ちゃんと繋がってるからね^^
またこの子たちの肥料になって
育ててくれるからね^^
独りじゃないからね^^」
もう、、、泣きそうになったわ。

人との距離感
(彼女が言うところの「間合い」
とか
人と人との繋がり
とか

これは一度自立して
孤独を感じきったあとでなければ

本当の意味での自立は来ない。
(by 侑杏恵流^^)


と私は思っている。

例えば女同士の集まりで
自分だけ先に帰るってこと
なかなか出来なかったりする人
居てるかもですが、、、

それって過去に似たような場面があって
その時に先に帰った人が居て
その際
居なくなった人の陰口を叩く人を
見てきたりすると
自分の周りにいる人すべてを
信頼できなくなり
今目の前にいる人たちも
あの時と同じように
自分も先に帰ったりしたら
陰口、悪口、言われるのではないか…
という恐怖…からかもしれない。

だけど、それってさぁ、考えてみると
自分もそういうステートの人と
同じステートだということになっちゃうよ?

もし、付き合い程度でそこに居て
先に帰って自分の時間を大事にできたなら
その人たちが自分が先に帰った後で
何を言うていようが
気にならないのではないか?

そもそも
お互いがお互いを大切に思いあい
お互いがお互いを尊重しあえている
そんな関係であれば
不安を感じることはないわけで、、、(^^ゞ

そういう関係性でないのなら
適当にやったっていいわけで、、、

それでも、そこの関係に
こだわるのであれば
裏に何かあるんだと思う。

そこ、傷と繋がってたりする。

その傷がある状況と
傷を癒した後の状況と
物事の受け取り方、捉え方はどうなるか?

例えば同じアドバイスを受けたとしても
傷がある自分と
傷を癒した後の自分では
受け取り方
捉え方は
大きく変わってくることになるんです。

自分の時間を大事に考えて
心置きなく、その場を
立ち去れるか否か
…ってことですね。
(心の自立と繋がってきます。)



今回友人は私の登拝中の
「間合い」
「距離感」が
絶妙だったと言うてくれましたが、、、

それは恐らくお互い自立していたから、、、
っていう可能性が高いように思いました。

もし、どちらかが
依存性が高かったなら、、、

「一緒に並んで歩いてもらわないと嫌だ。」

って思ったかもしれないですよね?

一度一旦自立し
孤独と覚悟と責任の重さと同時に
自由を知り
その上で人と繋がる大切さを学んだなら

自立前の自分が繋がっていた関係性とは
違う質の関係性を持てる人と
繋がることを選ぶでしょう。


それが今回の友人が言うところの
「間合い」と「距離感」
だったのかなと今、改めて
思い返しております。

多くの機能不全家族の人たちで
大人になってきた人たちは
人との繋がりやコミュニケーション
自分というものの扱い方が分からず
混乱したまま日々をやり過ごしていく方が
多いように思います。

先にも書きましたように
自分の傷を受け入れ
大切に取り出し
そこで癒すことをしっかりできれば
その傷は初めてそこで生かされ
次へと進めます。

無駄な傷などありません。

無駄な経験もありません。

勿論、させられない経験もあります。

ですが、例外はともかく
一件マイナスに見える経験は
プラスに転じることが多いのです。

その転じる時、癒しが起きます。

癒しが起きれば
人と人との間合いも
距離感も掴めてくるし
相手の傷も自然に見えてきて
どう距離を持てばいいのか
分かってきます。

さらに、介入のタイミングも
自然に分かってきます^^

自分の傷に癒しが起きれば、それだけ

できること
分かること
見えてくること

が増えます。

生きやすくもなります。
呼吸もしやすくなります。

あなたがもし、観る勇気が持てたなら
その勇気
私たちはいつだって歓迎いたします^^

今日は
「機能不全家族の人は人が怖いしコミュニケーション苦手で人との距離感がわからない。親子関係」
ってお話でした^^

まずは自分^^
自分を助けて救い上げて
(その方法はセラピストによって
様々だともいますが…)
そこを通過して初めて
我が子やパートナーに伝染します。

伝染していないようで
伝染します^^

あとは伝染し感染した人が
発症させるか否か決めること^^

今日も長くなりました!!
いつも、お読みいただき
ホントにありがとうございますm(__)m

ふじたカウンセリングFacebook


0 コメント

2018年

4月

23日

仮面を被ったままでは怒りは溜まる一方です。機能不全家族 あるある。親子関係

「仮面を被ったままでは怒りは溜まる一方です。機能不全家族 良くあるある。親子関係」

 

☝本日のアメブロ記事、、、

 

先日、同じ師を持つセラピスト仲間

大場の兄貴と京都で3か月ぶりに

デートしてきました^^

その時に感じたことを大場の兄貴が

ブログに書いてくれています^^

 

自分に寄り添える分だけ、人のこころに寄り添うことができる

 

何回か彼のことを今までブログで

ふれてきていますよね^^

 

京都の先生のところでヒーリングを受けた際

自分のことについてヒーリングで

ファミリーコンストレーション

っていうのを運が良ければ

お願いできるのですが、、、

そこで代理人で

大場の兄貴が登場人物として出てくれて、、、そこからの繋がり、、、

 

ここら辺については長くなるのでカットね^^(笑)

 

で、、、

 

今回大場の兄貴も書いてくれていますが、、、

 

私も私なりに感じたことが今回あってね、、、

 

私の奥底に密かに隠し持っていたマグマを

チョンチョンと突いてもらったんね。

 

突いてもらったことで、、、

隠れんぼしていたマグマが

「もうそろそろ出てもええころあいやろ?^^」

って出やすくなったんですね。

 

何でもそうですけど、、、

ベストなタイミングってある。

 

私たちは

人を無理やり変えようとしてはいけないし

自分を無理やり変えようとしてはいけない。

 

 

 

そして今

このタイミングで起きている変化変容は

もしかすると、この地球上で誰もに

起きてるタイミングかもしれませんね、、、

 

気学的に見ても今年は隠していた問題が

次々浮上していますよね、、、

もめごとも多くなります。

今まで言わずにいたことが

「この際、言わせてもらいます。」

って感じで浮上しやすい。

 

そんな年です。

 

 

で、話を戻しますね。

 

 

詳細書くと長くなるのでサクッ!!

とね、、、

「こういうことよ!!」

っていう内容で(笑)

 

(それでも十分長いよねwww)

 

 

 

人ってね、自分が傷ついた経験があると

できれば大事な人には

 

「傷つけたくない。」

 

って思うもんなんだよね、、、

 

全くそこに何の

情も

愛情も

友情もない

 

赤の他人に対してならば

平気で言えてしまう言葉も、、、

 

例え相手が

今まで自分を苦しめてきた

肉親や友人であっても、、、

 

なかなかねぇ~~

 

口では悪く言うてても

深海とか海底では

繋がっていたりすんだよ、、、

 

当の本人も気が付けない。

(まさに自分では気が付けない、、、

ってところが

問題をややこしくさせるんだよね、、、)

 

 

「役割」ってあるでしょう?

 

それを甘んじて引き受けてしまう。

 

その時の自分って

仮面かぶってるよね、、、

 

ホントはやりたくない

ホントは断りたい

ホントは引きうけたくない

ホントは切りたい

ホントは関わりたくない

ホントは距離を持ちたい

 

 

でも、どうしてできない???

 

 

それが海底で深海で

相手と自分の無意識が

繋がってるってことなんだよ。

 

繋がりを断ち切ることが出来れば

苦労しない。

 

だろうよ。

 

でも、、、仮面剥がせないんだもん。。。

 

 

例えば家族で

手のかかる人が居るとするでしょう?

 

それで周りは困ってる。

 

でもなぁ、、、

 

困らせる役を演じさせられてる、、、

としたら?

 

それは今生だけの問題ではなく

別のものからってこともあるかもしれん。

 

(そこらへんは話すと長くなるし

ややこしくなるので

今は横に置いてね。)

 

自分は家族からアウェイで反抗し反発し

やりたいことやってると思い込んでて

実は、その役割を演じることで

その家族の機能不全に

何らかの恩恵を家族の誰かに

与えることになっているとしたら???

 

つまり、、、

その困らせる人が居てくれることで

得してる人が必ず居るわけ。

 

これ、機能不全家族ではよく

 

「あるある」

 

ですよね。

 

で、もし、その人が消えたらどうなる?

多分別の誰かさんが

その役目を引き受けさせられるんだよ…

 

もしくは少ない確率だけれども

 

周りがハタと夢から覚めたように

変化変容が起きる。

 

 

親の苦労を見てきた人は

なかなか自分に対して

「幸せになる為の許可」 が

与えられなかったりするのね。

 

実際そういう人、沢山見てきたわ。

 

ここで具体的に内容書くのは

あえて控えるね。

 

でも、その関係性を

片方が断ち切るとどうなるか?

今までのバランスが崩れる。

だから、代わりを見繕って

別の奴に同じ役を演じてもらうか、、、

 

もしくは

 

代わりにさせられそうになった人も

そこから健全な場へ立ち去るか、、、

 

です。

 

 

 

仮面をかぶったままでは居られないんよ。

 

いつかその仮面を剥がす時が来る。

 

仮面をかぶったままで居ようとするのは

何で?

何をそれによって

得ようとしてるのか?

又は

得ているのか???

 

 

前回のブログで書いたでしょう?

 

 

まず自立なんだよ。

 

その自立の前はどういう状況?

 

依存でしょ?

 

共依存もあるかもね。

 

そしたら、仮面かぶることで

お互いうまくいってるわけね 多分。

 

でも、それ、演技だから疲れてくるのよ。

で、怒りがたまってくる。

 

だから

♪ありの~ままの~姿見せるのよ~~~♪

 

がメッチャ売れたの。

 

誰もが仮面かぶってて、しんどいからね。

 

 

型にはまって

何処かの組織やグループに

居場所見つけて

生き延びないとやっていけない…

 

そういう社会システムやから。

 

でも

そのなかでも自分を保つ方法はある。

 

その時、自立が起きるかもしれません。

 

 

「”常に誰かと連絡とりあったりしていないと

繋がってる感じしない”

とか言ってね

確認し続けるママ友がいるんだ。」 

 

と、最近ある新米ママから

教えてもらったんだけど、、、

 

人と係ることの面倒くささを感じ

ある時、独りの自由を知り

自立する。

 

自立によって

独りでいることの自由を感じ切る。

 

他人(人)との関わりを断ち切ることで

面倒くさいやり取りから解放される。

 

すると、そのプロセスの中で

時間の経過とともに

徐々に人と人との繋がりの大切さに

気づき始める。

 

そしたら、そのあとの人との繋がりには

最初の自立する前の繋がりとは

全く別の関係性を

人と築けるようになってきます。

 

それがプロセス。

 

勿論人によって様々だけどね。

 

 

連絡途絶えてると電話しづらいですか?

 

 

でも相手はそんなこと

思っていない可能性が高いかもよ?

 

私は高校時代の友人とは

年賀だけのやり取りでしたが

去年どうしても

高校時代の友人のサポートが必要で

連絡した時、速攻でOKしてくれました。

 

有難かったですよ勿論^^

 

けどね、そういう関係性が

むっちゃ楽やなと思うんです。

 

大場の兄貴とも話してたんですけど、、、

 

自分の周りで増えた新たな関係性で

ものすごく自分が変化できたことの報告とか

新たな発見とかね、お互い伝え合うわけ。

 

そしてお互いそこについて

ともに喜び分かち合える。

 

もし、お互いの中に傷があったりすると

相手の話についてケチを付けたくなったり

嫉妬がわき起こったりね。

 

でも、大場の兄貴とは

お互いの領域を守りながらも

対等性があって

委ねることができても

依存はしない。

 

なのに介入OK^^

 

何でそんなことが起きるんか?

 

大場の兄貴も別の言葉で書いてます。

 

私はこう感じています。

自分へのジャッジも怒りも厳しさも

かなり減ったんだと思います。

 

それでも人間やからね。

 

完璧じゃないし、まだあると思います。

 

「もう私は完ぺきに傷が癒えましたっ。」

 

そう思ってても、ちゃんとクライアントさんが

教えてくれます^^

 

セッションしていたら分かるからね

自分のことも^^

 

私の場合

相手が信頼できるセラピストではない限り

ただの会話やお喋りでは

気が付けないことが多い。

 

そうやって腕を上げていくんだと思います。

 

 

自分の中が掃除されていくと

不思議なことに流れも徐々に

変わってきます。

 

私らは

 

人を変えようとしてはならないし

自分も変えようとしてはならない

 

むしろ

 

その今の自分をまず引き受けてやるんです。

そして、その思考は

誰からダウンロードされたものなのか?

更に、その思考は

いかほど今まで役にたってきたのか?

 

(blogでは書ききれませんね💦)

 

 

まずは体からの声に耳を傾けて

そして心の声にも耳を傾けて

 

仮面をそっと外してホントの自分の顔を

誰も居ない所で見てみる。

もしくは安心できる場所で

安心できる立会人のもとで

(セラピスト・カウンセラーの前で)

 

徐々に

徐々に^^

 

その勇気が持てたなら

半分解決したようなもの^^

あとは

 

お近くのセラピスト又はカウンセラーと共に

寄り添い伴走してもらいながら

自分のペースで歩んでみてください^^

 

私たちはいつだって

あなたのその勇気を

歓迎いたします^^

 

今日は

 

「仮面を被ったままでは怒りは溜まる一方です。機能不全家族 あるある。親子関係」

 

ってお話でした^^

 

そうは言ってもね、仮面が必要な時もある。

 

仮面はホントに必要な時だけで良ければ

随分楽になります。

 

ここでこそ、その仮面取りましょうっ

 

て時、、、

 

怖いよね、、、

 

今までの自分は偽りだったと

相手に伝えることになる。

そしてそれは同時に

相手を傷つけることになりはしないかと。

 

それが怖いんだよね。

 

どっちがいいんでしょうね、、、

 

嘘偽りのあなたでいることで

相手にあなたのエネルギーは

吸い取られてはいないだろうか?

 

あ、、、

 

最後に毒刺しちゃいましたかね💦

 

お許しを、、、

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

お知らせ

5月一杯スモールスカル

モニターセッション受け付けております^^

心と体を一度にリフレッシュしたい方^^

この機会お見逃しなく!!

詳細はこちらです^^

0 コメント

2018年

4月

17日

経験は最高の資源。自分を信頼し自信をもって子供が生きれるよう親がモデルになること。

「経験は最高の資源。自分を信頼し自信をもって子供が生きれるよう親がモデルになること。」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

今日はまず、あさださんのブログのご紹介^^

まずは、読んでみられたし!!

経験することすべてに意味がある。「経験」はこの世界に生まれてきた意味を確認する作業です。

 

 

私の京都におられる先生はこう言います。

 

「私たちは幸せになるために生まれてきた。

ってよく聞くけれどホントはそうじゃない。

だったら世の中

不公平なことばかりなのに、、、

そう思わんか?

 

本当はこうです。

私たちは経験するために

生まれてきたんです。」

 

辛い経験、苦しい経験、悲しい経験

身を切るような痛い経験、切ない経験

地獄のような日々の経験

色々あるけど

その経験をするからこそ反対側の

 

甘い経験、嬉しい経験、楽しい経験

天にも昇るような経験、を感じられる。

 

勿論

しないで済むに越したことはない経験も

多々あります。

 

それについての良い悪いは

ちょっと横に置いといて、、、

大きな視野で見たとき。

 

経験って素晴らしい資源だと思うんです。

 

例えば

幼少期から大人にかけての育つ段階で

様々な経験を子供から奪うことは

社会に出るときに盾も矛も

持たせてもらえぬまま

放り出されるようなもの。

 

特に「失敗」という経験は

多いに越したことはない。

 

一つでも多くの失敗を

子供時代に経験しておくことで

それを乗り越えるプロセスを踏んだとき

 

失敗しても乗り越えていける!

 

という自分への大きな信頼を獲得します。

それは同時に

自分に自信が持てるようになる。

ということでもあります。

その自分への信頼と自信は

最大の武器でもあり

大きな自分を守ることができる盾にもなる。

 

だから、経験はものすごく大事です。

 

でも、今日お伝えしたいことは

これとは別にもう一つ。

 

あさださんが言うておられる

「経験」とは

このもう一つの方だと推測されます。

 

どっちかというとこっちの方が深いね、、、

 

「あなたは知っています。」

 

これね、深く頷ける。

 

あまり公では言わないで来てるのですが

私が最初の子供をお腹に宿したとき

 

「この子は先に逝く。」

 

ということを私は最初から感じていました。

 

でも、打ち消していたんです。

 

結婚するもっと以前から実は知っていました。

 

私の最初の子供は先に逝く。

 

 

何でこんなことを思うんだろう、、、

 

不思議でしたね、、、

 

 

妊娠したら、いつそのときが来るのか、、、

 

探していました。

 

 

でも、段々そんなことを忘れていきます。

 

あれは何かの思い違いだとか

思い始めます。

 

でも、やっぱりそのときは来るんですね、、、

 

魂とか、潜在意識とかいうレベルって

実は何でも知っていて覚えてるんだよね。

 

例えば、犬とか猫とかね

人間と一緒に暮らして飼われていても

野生の習性って残ってるでしょう?

残ってるっていうより、、、

はるか遠い時代の生きていたころに

培われた本能や遺伝子レベルに

組み込まれていて消えないのね。

 

そこと似てると思うの。

 

過去性とか言うでしょ。

 

あれだって何で出てくるの?

 

自分その時代のこと知らないはずなのに、、、

 

ですよ。

 

催眠療法とか、アクセスバーズとかMTVSS

っていうセッションをすると

何故だか皆さん出てこられる。

 

これって知ってるってことなんだよね、、、

 

その経験をもとに、今生で私たちは

さらに経験をするために生まれてきた。

 

最初は私も納得なんかできませんでしたし

今だってそうです。

 

「それにしたってよぉ!!

なんでこんな人生選んだよ???」

 

って感じすwww

 

だけど、ふっとわき起こって

出てきた言葉とか感じることって

 

「今だ!!」

「このタイミングだ!」

 

って自分が(潜在意識が)

自分に(私に)

教えてくれてる感じがするんです。

 

だから、ふと、ぶらりと、

 

「あそこ行ってみたい」

って思って行ってみたときに

ミラクルが起きたりするんじゃないだろうか。

 

批判するわけじゃないですが(^^ゞ

 

「私は○○に守られている。」

 

ってね、、、

これは自分が自分に対して…ですよ^^

はるか遠い彼方からのご先祖さん含めて^^

 

勿論、○○だって万人に対して

そうされていると思う。

 

誰も特別扱いなど○○はしていません^^

 

ようはですね

自分の感覚に従ってみること。

だと思うんです。

 

思考で

とか

損得で

 

ではなく。

 

思考で動くとですね

そこに支配とかコントロールが入るんですよ。

 

それって、「期待」も入る。

 

でも、、、そこには

「心」

が入っていない気がするんです。

 

「人と人とのやり取り」に

「心」がないやり取りは

どこか冷たくて寂しい気がします。

 

自分に対しても冷たい。

 

だから、「心に聴く」んです。

 

自分はどうしたいのか?

 

でも、そこに誰かを巻き込み、

「我さえよかったらええねん、、、」

っていうのは

「我」です。

 

お互いがお互いに

自分を大事にしているからこそ

相手も大事にできる関係

であればいいですね…

 

その為にはまず自立。

 

自立が先です。

 

そして一人の自由を味わってみて

他人と係る面倒くささから解放され切った後

初めて人と繋がることの大切さを

知るんです。

 

まず自立です。

 

そしてそのあと本当の意味での

人とのコミュニケーションが深さを増します。

 

その時、繋がれるコミュニケーションは

相手の顔色を見たり

思考で繋がったり

損得ではなく

お互いが孤独でもあり

困った時は助け合える関係です。

干渉しあわない関係です。

楽な関係です。

 

ここに行くには

プロセスを踏む必要があるんです。

 

自立が先。

 

そして本当の意味での繋がりを知るのです。

 

私たち親は、本当の意味での自立と

人との繋がりの大切さと「自由」を

親自身がモデルになることで

伝えていけたらいいですね…

 

「生き方」は子供が一番身近で見るのが

親ですもの。

 

その為にも

親が解放されていくこと

が先決だと思います^^

 

今日は

「経験は最高の資源。自分を信頼し自信をもって子供が生きれるよう親がモデルになること」

ってお話でした^^

 

言うは簡単

行うは難し

 

親ってホントに大変な業です。

そして子供も大変な業です。

 

親も未熟

子供も未熟

 

私もそうですが

親は子供に育ててもらい

教えてもらうんですよね…

 

そして親離れ子離れが自然にでき

お互いの境界線の距離を保てるからこそ

安全安心がそこに得られ

気楽に帰省出来たりする関係が

生まれるのじゃないだろうか。

 

帰りたくない実家ってことは

それだけその家の空気が重かった。

…ってことでしょうから…

 

まずはそこからスタートですかね、、、^^

 

これって、どういうこと?

どういう感覚なのかしら?

 

そう思われたら気楽に

お近くのセラピストをお尋ねください^^

 

私たちはいつだって

あなたのその疑問 そして

あなたのその勇気を

 

歓迎いたします^^

 

 

最後に

あさださん、いつも深いブログ

ありがとうございますm(__)m

 

これからもよろしくです^^

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

お知らせ

5月一杯スモールスカル

モニターセッション受け付けております^^

心と体を一度にリフレッシュしたい方^^

この機会お見逃しなく!!

詳細はこちらです^^

 

 

0 コメント

2018年

4月

09日

やっぱりメンタルと体は深く繋がっている!!スモールスカルでダブル効果!!親子・夫婦関係


4月4日水曜日
安藤庵の安藤先生による
「第二回スモールスカル講習会」
の主催をさせていただきました!!
 
Facebook上だけで募集かけて
一週間もしないうちに定員20名超えて
キャンセル待ちの方5名!!
 
すごい人気です!!
 
講習の様子をFacebookで翌日に
以下の写真とともに少しだけシェア!
せていただきました(*^_^*)

安藤先生と言えばSS健康法の創始者です。
SSとはスモールストマックの略らしいです。
胃を小さくして健康的にダイエット!!
ふじたも安藤先生から伝授受けられた
詢晃さんから受講しました^^
 
今回は「スモールストマック」です^^
 
<スモールストマックの目的>
・頸椎二番の歪みを整えて
自律神経の働きを正常化させること。
 
頸椎二番の影響は色々あってね
頸椎二番の突起が自律神経の脳に
刺さるように位置しているため
頸椎二番に歪みが生じると
自律神経の脳を圧迫。
それにより、自律神経が乱れるのです。



<頸椎二番が歪む主な原因が三つ。>
・骨盤の歪み
・脊椎の歪み
・頭蓋骨の歪み
 
これらが複合的に
絡み合ってることもあります。
 
骨盤ってよく
「怒りの感情が溜まると痛める。」
っていうけど、、、
ここは「感情の歪みを紐解く場所」
でもあるんですね。
 
脊椎の歪みは内臓体壁反射の
代表的な部分。
 
頭蓋骨の歪みは脳の使い方が大きくでます。
 
つまりどの脳を多く主に使っているのかが
触ることでわかるんです。
 
すると、その部分は膨らむから
微妙に大きさが右と左で違ってきます。
 
これらを下から順番に調整していきます。
 
骨盤→脊椎→頭
 
の順ね。
 
これによって体もメンタルも
整っていきます。

歪みを調整するだけではなく
気の流れも、そのあと整えます。

えいやぁ!
とりゃ!!
もういっちょう!!

なんてやらなくても、そっと触れるだけです。

だから
ゴリゴリ ぐりぐり
のイメージではないです。

そしてさらに、、、
 
ふじたはここで終わりません!
 
カウンセリングも一緒にやってしまいます!!
 
いつも言いますが
メンタルと体は深く深く繋がっています。

だから欲する食べ物もそこで出てきますし、
大きくメンタルにも体にも影響します。
 
カウンセリングとスモールストマックを
同時にすることで気の流れも
断然変わります!!!

さすればメンタルが整い
気の流れも整えば
おのずとカウンセリングも
入りやすくなります。

親子関係・夫婦関係・人間関係の
悩みについて、気の流れが整ったところで
思考癖が自分で見えやすくなり
新たな発見に自ら繋がる可能性が
広がるかもしれません。


カウンセリングのメニューに入れるには
少し慣れるまで練習もしていきたいと
思っております^^
 
そこで!
モニターさん絶賛大募集です^^

お願いできる方、どなたかおられませんか?
興味がある方ドシドシ連絡くださいませ!!

カウンセリング含めても、含めなくても
1回1時間2950縁でお願いしますm(__)m
(☝通常の半額以下です^^)

5月一杯募集いたします^^

今日は
「やっぱりメンタルと体は深く繋がっている!!スモールスカルでダブル効果!!」
ってお話でした^^

この仕事始めたころは
体のことや
食事のことなんて
正直
関係ないと思っていました。

ましてやスピリチュアルなことに対しても
「現実的に解決することが先やろ?
スピなんて誤魔化しやん、、、」
そう思っていました。

だけど、クライアントさんのお話しを
聞き続けていくうちに
現実だけではない世界からも
影響受けることがあるんだな…
ということを
京都の先生から学びましたし
その時のメンタルが欲する食べ物があり
その食べたもので作られる体に
大きくまた健康へも影響することも知りました。

体を整えるだけではなく
気の流れも整え
そして食べ物も自然と変わっていく…
食べ方もそうですね。

安藤先生から施術を受けるたびに
深い学びがあります^^

体って心の状態を教えてくれる
アンテナでもありますね。

誰だって健康でいたい。
大きな病気することなく
人の手を長い年月煩わすことなく
笑って過ごしながら、ある日

コロッと死にたい。(笑)

私はいつからか、そう思うようになりました。

そう思っていたら
こういう流れになりましたwww


期間限定で5月一杯
モニターさん絶賛大募集です!!

なってくれる方が居たら
ホントに有難いですm(__)m

宜しくお願いしますm(__)m

ふじたカウンセリングFacebook



0 コメント

2018年

3月

28日

その怒りはあなたのものです。生い立ちのプロセスからくる負の連鎖。親子・夫婦関係

「その怒りはあなたのものです。生い立ちのプロセスからくる負の連鎖。親子・夫婦関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

 

今日は親子関係のもつれからくる「怒りの感情」についてです。

 

その前にね、この方のブログの一部を先に抜粋したい。

 

Facebookで繋がっている方は先日投稿したので

ご存知の方もおられるかもですね^^

 

Facebookで繋がっているSさんのブログです。

Sさん宛てにこんなメールが届いたそうです。

 

「Sさん。初めまして。

私はあなたをとても信頼しているひとりです。

以前、お世話になっていたヒーラーに、現在生霊を飛ばされており困っています。
脳内が整理されず、なにも手がつかないのです。

それというのも私はそのヒーラーの講座を受講しており、

その時は事業を成功する運気をあげたくて

必死で学んでおりました。

私はその方に500万もの大金を注ぎ込んでおります。
でも「執念が強い」と言われ、破門になってしまいました。

悔しくて悔しくて、今Sさんにご連絡差し上げております。
取り立てたい気持ちがいっぱいです。仕返ししてやりたいです。

こちらが泣き寝入りしていることを良いことに、生霊まで飛ばしてくる輩に復讐したい気持ちです。

まずはこの生霊をどうにかしないとなにも手につきません……

~略~

私の願いを叶えてください。生霊を消してください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



OK、任せろ(*‘∀‘)


生霊消しといてあげる♪

ただし……





あんたが送ってるやつな(´◉◞౪◟◉)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

過去にも何度もブログでお伝えしてきておりますが、、、

 

怒りって厄介。

生き霊はもっと厄介。

その怒りも
その生き霊も

相手からのものではなく

自分やでな、、、

 

その怒りの感情は相手によって

怒りを感じさせられたものではない。

 

っということです。

 

難しいね。

 

説明しますね。

 

前回のブログ。

「あなた達は親孝行をするために生まれてきたのです。本当の親孝行って知ってますか?親子、夫婦関係」

 

https://ameblo.jp/fujita-counseling/entry-12360869812.html

 

そして前々回のブログ。

「卒業式のあとのスピーチで娘に言われたこととは、、、「お母さんみたいになりたくない」親子関係」

https://ameblo.jp/fujita-counseling/entry-12358044493.html

 

 

手前味噌ですが

うちの親子の話を出させていただきました。m(__)m

 

このブログを読んで怒りの感情が湧いた方、、、

おられると思います。

 

なぜ?

 

Facebookのシェアでは200と100を超えているのに?

 

でもです。

 

感じ方はその人のステートによって変わります。

 

皆が皆、OKではないんですね^^

 

そしてそれでOKなんです。

 

 

プロセスは人によって様々です。

 

 

例えば、以前の私なら卒業式の日に娘にクラスメートの前で

 

「以前お母さんみたいになりたくないって

言ったことあったけど、、、」

 

なんてね、スピーチで言われたら

後から結構怒ってたと思います。

 

「何も皆のいる前で言うことないじゃないか!」

「私をさらし者にして!!」

 

そうです。

さらし者の傷があると過剰に反応します。

 

健全な人のようにはいかないんです。

 

でもそこをケアしておけば

「笑い」 に変えることができます。

 

「うん、当然やと思う!!(^^)!」

 

とね。

 

もし、娘も傷だらけなら絶対に皆の前で

こんなことスピーチで言わないでしょう。

顔色見るからね、、、

 

そして実際、私たち親子も夫婦も

過去の私が台風の目だったので

本当に皆を巻き込んで傷だらけにしました。

 

子供たちはボロボロでしたし

夫も手に負えず家に帰るのが苦痛だったと思います。

 

離婚の危機も何度もありましたwww

 

なぜ、いつも繰り返し私が

 

「親のケアが必須だ」

 

と言うのか?

 

痛いほど私自身が身に染みて体験済みだからです。

 

傷が癒えていない人にとって

 

「あなた達は親孝行をするために生まれてきたのです。本当の親孝行って知ってますか?親子、夫婦関係」

 

このブログも怒りが出ます。

 

例えば

親からの「支配」と「コントロールまみれ」になってきた人にとって

 

私は

俺は

今まで散々親の言うこと聞いてきた。

親孝行してきた。

それでもまだ足りないというのか!!

 

って感じるかもしれませんね、、、

 

このブログには一個も親孝行の内容について

 

「親の言うことを聞く良い子供になれ」

 

なんてどこにも書いていないのに…です。

 

むしろ

 

「あなたが自分の人生を生きることこそが

親孝行に繋がるんだ」

 

と書いている。

 

親がどう思うとか関係ないの。

 

そんなことよりも

まずあなたが自分の人生を生きることで

親のようにならずに生きる姿を見せることで

ある意味、親への「復讐」になるかもしれないし

ある意味、万に一つの確率で

親が何かの気づきに出会うかもしれない。

 

 

 

このブログには、こうも書いています。

 

「人と人との繋がりも大切なんだ。
…ということを知って欲しい。


親は、サポートしながら、それをあなた達に
無意識に伝えるんです。

親は本来そのために居るのです。
その継承こそが大切なのです。

その継承をしてもらえなかった子供は

意を決して離れていきます。

 

(先祖代々うんぬんかんぬん…
継承者が居ないうんぬんかんぬん…

 

クソ喰らえです。

先祖はそんなことであなた達に

祟ったりはしない。
そんなレベルの低い先祖は
そもそもどこにも存在しない。
子孫を守るために必死ですよ、むしろ。。。


先祖の祟りだと、誰かにもし言われたら、
疑ったほうが良い。
有り得ないですから。
それに、失礼な話だ。)


誰かのために生きるんじゃない。
自分のために生きることが、
結果的に誰かのために繋がるんです。」

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

苦痛なら

離れたらええんです。

 

いえいえ

離れていいんです。

 

距離を持ったらええんです。

 

それが出来ない人も居るかもしれない。

だとしたら物理的に離れることができないでいる自分に対して

怒りがわいてるんであって

その怒りは他人のせいではない。

 

物理的に離れることが例え出来ていたとしても、、、

「親孝行」という文字に過剰反応し

確実に親と分離できていないから

その自分に対して怒るんです。

 

体が離れていても、メンタルは

 

「こういうとき、親は兄弟は姉妹は○○って言うだろうな、、、」

 

って思い起こしたり

 

何かの拍子に過去の親や兄弟姉妹からの

虐待を思い出したりするだけで

潜在意識は繋がってしまうんですよ。

 

Wi-Fiと一緒なの。

 

そこで「思い出したり」「思ったり」するってこと自体

「呪縛から逃れられずにいる」ってことなの。

 

私ね、このSさんに

「将来は穏やかに死にたいわぁ~」

って何気なくFacebookでやり取りして言うたら

「つまりそれは今穏やかではないってことね^^」

って手厳しく返されたのね。www

 

そうそう^^

 

まだまだ私は穏やかになり切れていないっていう前提が

そこにあるんですね。

それでも以前よりかなり穏やかになりましたよwww

 

もっと常に怒ってた。

 

自分では気が付いていなかったけどね、、、

 

自分の専属のセラピストを見つけるのにホンマに苦労した。

 

「どいつもこいつも本物じゃない!

私のこの怒りの感情を引き受けられる

セラピストもカウンセラーもどこにもいない!!

低レベルの低次元の奴らばっかりや!」

 

えらっそうにそう思っていました。

 

何をしてもらっても、何を言ってもらっても

直ぐに相手を疑い、不信感募らせ、文句を言いケチをつける。

 

相手を承認するだなんてあり得ない。

 

それって自分を自分が受け入れていないからなんだよ。

だから常に怒りを出し続けていました。

 

京都の先生に出会い

そして今は関東にも頼りにできる尊敬できるセラピストに出会い

関西では

奈良県内で何かあった時お願いできるセラピストに出会い

大阪では歌と哲学の尊敬できる先生に出会い、、、

 

そうやって尊敬できるセラピストや仲間との出会いで

私自身が癒されていき

本来の自分を取り戻すことができ

家族との関係もメッチャよくなりました。

 

「負の連鎖は繰り返すまい。」

 

そう思い続けておりましたが

 

いつの間にか

 

そんなことも心の中で呟かなくなりました。

 

こうなりたい!って思ってる時は

まだそうなっていないってことなんですよね、、、

そしてそこには

怒りの感情や復讐心や生霊も飛ばしてるかもね、、、

 

でもね、、、気を付けないといけない。

 

怒りも生霊も自分に返ってきます。

そのダメージが本当にきついんです。

 

これも繰り返し言うてることですね、、、

 

っま、それでも

飛ばしたければ飛ばし続けていればいい。。

 

相手は受け取りませんから

飛ばしても飛ばしても戻ってくるんです。

倍以上になって。

そしたらいつしか、自分のエネルギー枯渇しますよ?

 

怒りの感情の下には沢山の

悲しみや

苦しみや

切なさや

寂しさや

認めてもらえなかった承認欲求や

その他諸々の感情を押し込め

それを隠すために

 

怒りを使います。

 

 

 

辛かったんだね、、、

 

寂しかったんだね、、、

 

本当はもっと話を途中で遮ったりせずに

最後まで黙って笑顔で聞いてほしかったんだね、、、

 

苦しかったね、、、

 

生きているのが苦痛だったね、、、

 

何のために生まれ生きてるのか

分からなくなった日々が続いたこともあったね、、、

 

あなたがあなたを愛し、

あなたがあなたを癒し、

あなたがあなたの味方にならずに誰がなる?

 

あなたを救えるのは あなたしかいない。

 

カウンセラーでもセラピストでもない。

 

私らみたいなものの仕事はただ

そっと寄り添い時々介入するだけや。

 

あなた自身がどうしたいのか

 

あなた自身がどう生きたいのか

 

今この瞬間でさえも あなたは何を求めているのか

 

それらすべては あなたにしか分からないし、

それらすべては あなたの中でしか存在しない。

 

後押しならナンボでもしよう。

一人が怖いなら一人でできるようになるまで黙って傍に居よう。

 

だけど最後に、

 

行動を起こすのは あなただ。

 

その時は、私らは透明人間になってでしか傍にいられない。

 

それでも、心強く感じることでしょう。

 

自分は一人ではないってことを知るんです。

 

今まで、どいつもこいつも

自分のことを理解できる人なんかいなかった。

 

そう感じてきたなら、なおさらです。

 

その持て余している怒りを少しづつ降ろしていくんです。

 

誰もがそうです。

 

誰もが傷を持っているんです。

その傷があるから、私らは沢山の学びを得るんです。

 

幸せになりたい?

 

幸せだけなんてないんです。

 

辛い経験があるから幸せを認識できるんです。

 

光だけなんて存在しない。

もし光だけ存在できたなら、そこには

生き物は存在していないということになる。

だって影がないんだから。

 

影があるから光を感じ

 

光があるから影を認識できるんです。

 

誰もにそれらは存在する。

 

だから理想の人を

過剰に美化しないで居られるようになるんです。

 

 

 

最後になりましたがFacebookでも繋がっている

尊敬するセラピスト中島さんのブログです。

 

内なる叡智と繋がる今日のメッセージ~愛という名の操作

https://ameblo.jp/kaunseringu777/entry-12363813802.html

 

「もうな、読んだって!

もうな、いいね10000000000したるわ!

これよこれ!
これをしよる。
される。

そしたら受け取りかたが歪んだ子供ができるねん!

「誰もそんなこと言うてへんやろ?」

ってな受け取りかたしよる。